気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:女優 > 本田翼



    (出典 cdn.mdpr.jp)



    1 風吹けば名無し :2018/01/05(金) 05:28:02.19 ID:q4mtGkCN0.net

    ゲームに負けたペナルティでカードを引いて意地悪された芸能人というテーマで暴露トーク

    本田「とある映像の女優業の仕事のときにご一緒した方で…無視されました
       私と他の方何人かと一緒にいて挨拶してお疲れ様ですと互いに挨拶していったのに私だけ無視されたということがあって
       ある人に私が挨拶しても返ってこない人がいて私の勘違いかもしれないから見ててほしいと頼んで
       そしてその人に挨拶してもやっぱり返ってこなかった…」

    そして本田がその女優の名をくりぃむ二人にに耳打ちする

    有田「えっ?」
    本田「ご存知ですよね?」
    有田「ベテランじゃないじゃん」
    上田「生々しいよね」
    有田「会ったことあるよね?真逆なのよ明るくて元気のいいみたいな」
    本田「ヤバイヤバイヤバイ…」
    上田「そんな年齢とかも含め」
    本田「スゴく離れてるわけじゃないですよね」
    有田「だってポジション的には後輩的な感じじゃないの?」
    本田「でした」
    上田「あいつそんな嫌なヤツなんだ」
    有田「なんかあったんじゃない男取り合ったとか?」
    本田「取り合ってないでしょ絶対無いです」
    本田「この業界で意地悪されたのはそれが最初で最後です」
    有田「CMとか見れないなもう」
    本田「や~め~て~ください」
    上田「その人と会う時に俺も無視されんのかな?」
    有田「なに恋仲の中に入ったみたいな顔してんだよ関係ねえんだよ」


    【【誰?】本田翼「共演した女優に無視された。何度挨拶しても無視されてそれが芸能界入って一番の嫌がらせだった」】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 shake it off ★ :2017/12/02(土) 14:26:44.98 ID:CAP_USER9.net

    女優の本田翼が2日、都内で行われたHey! Say! JUMPの山田涼介主演の映画『鋼の錬金術師』公開記念舞台あいさつに出席し、“坂道グループ”愛を明かした。

     作品の内容にちなみ、キャストが「○○命」をテーマにトークを展開。本田は『坂道命』と書いたフリップを披露し、「ゲームか漫画か迷ったんですけど…。坂道というのは、乃木坂46と欅坂46の総称のことを坂道グループっていうじゃないですか。それです!」と紹介。「よくメイク中とかも聴いていて…元気が出るんですよね(撮影中も)聴いてましたね」とハマっていることを告白した。

     同作は月刊『少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)で2001年~2010年にわたって連載され、シリーズ全世界累計発行7000万部超を記録した荒川弘氏の大ベストセラーコミック、通称“ハガレン”を実写化。幼き日に最愛の母親を亡くした兄・エドと弟・アルの波乱に満ちた冒険と成長を描く。本田はエドの幼なじみ・ウィンリィを演じている。

     『タオル命』と書いた蓮佛美沙子は「私はタオルが好きで、タオルの角を触るのが好き」と説明すると、ディーン・フジオカが「わかる」と同意。蓮佛は「イエーイ! カップル成立!」と大喜びした。『コメ命』とカタカナで書いた佐藤隆太は、一本書き加えて『ヨメ命』にすると大歓声があがり、主演の山田は「好感度爆上がりですね!」と思わず感心した。

     そんななかで本郷奏多は『山田きゅん命』です。お顔もかわいいですし、もともと好きだったんですけど…」と突然熱弁しはじめ、山田は「奏多くん、そんな感じだった?」と困惑。先日のジャパンプレミア当日に誕生日を迎えた本郷は「実にスマートなタイミング」で山田からプレゼントをもらったといい、「その瞬間にキューンときて、そこからさらに好きになりました! だから山田キュン命です」と“座長”愛を語り、それぞれ個性が光るトークを展開していた。

     舞台あいさつにはこのほか、内山信二、松雪泰子、小日向文世、曽利文彦監督が登壇した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171202-00000308-oric-ent


    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    【本田翼が“坂道グループ”愛を告白 本郷奏多は「山田きゅん命」】の続きを読む

    このページのトップヘ