気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:アイドル > 須藤梨々花



    (出典 www.lomero.net)



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2017/12/13(水) 21:34:28.61 ID:CAP_USER9.net

    秋元康氏が13日放送の「伊集院光とらじおと」(毎週金・木曜あさ8:30~11:00/TBSラジオ)にゲスト出演。
    元NMB48の須藤凜々花が今年6月の「第9回AKB選抜総選挙」の舞台上で突然結婚宣言をしたことに言及した。

    秋元はパーソナリティーの伊集院光とともに、予定調和に定まらないアイドルの面白さについて議論。
    伊集院は須藤の突然の結婚宣言について「噂でしか知らないけど、あの子に関しても、
    (秋元は)やりなさい、頑張りなさいって感じ…」と秋元に質問した。

    秋元は「あれは前日、“そういう話があります”っていうのが現場のマネジャーから上がってきたんですよ」と
    事前に告知を受けていたことを明かし、「それはもう本人の問題だから、どっちでもいいよと、
    本人と相談して決めなさいと投げたんですよ」と話した。

    続けて「当日どうなるかな、と思って見ていたら、一瞬言おうとするんだけど言わなかったんですよ。
    『ああ、言わないんだ』と思ったんですよ。そしたら(司会の)徳光(和夫)さんが変な感じに気づいたんでしょうね。

    それで話をもう一度話を振ったら(結婚を)言ったんですよ」と総選挙当日を振り返り、「だからこういうことってあるんだな、と。
    まさかああいう所で言うと思わないじゃないですか。だけど、そういうのもありだなと思うんですよ。
    ファンの皆さんには申し訳ないし、でも結局は人間ですからね、みんな。どうなるかは何もコントロールできないし、
    それが集団になると、更に化学変化を起こすわけですからね」と語った。
    https://mdpr.jp/news/detail/1734137

    (出典 cdn.mdpr.jp)


    【 秋元康氏が語る、元NMB48須藤凜々花 “結婚発表”の裏側 「本人の問題だから、どっちでもいいよ」と投げた】の続きを読む


    「不倫を下品だと叩くことの方が下品」発言の 元NMB48・須藤凜々花 


    NO.5953013 2017/12/02 10:29
    「不倫叩きは下品」発言の元NMB48・須藤凜々花
    「不倫叩きは下品」発言の元NMB48・須藤凜々花
    今年の『第9回AKB48選抜総選挙』開票イベントで突然の結婚宣言をし、NMB48を卒業した須藤凜々花(21)。

    11月26日放送の『そこまで言って委員会NP』(読売テレビ)では、山尾志桜里衆院議員の不倫疑惑に対し、「不倫を下品だと叩くことのほうが下品」とコメントし、ネット上で話題となった。

    「須藤の言い分としては『国会議員が恋愛してもいいじゃないか』というもの。さらに、『女性にだって性欲はある』として、山尾議員の不倫疑惑を擁護した形です。恋愛禁止をうたっているNMB48のメンバーであるにもかかわらず、彼氏を作って結婚宣言をした須藤らしい発言ですが、AKB48グループのファンとしては『何を開き直っているんだ』という感覚でしょう」(アイドルに詳しいフリーライター)

    現在、バラエティー番組を中心に活動している須藤。

    彼女に求められるのはいわゆる“ぶっちゃけトーク”だ。

    「バラエティー番組のスタッフが“元アイドル”をキャスティングする時、大抵の場合がアイドル時代の裏話や恋愛事情の暴露トークを期待しています。須藤は、結婚宣言という前代未聞の騒動を起こして辞めているので、過激な話が求められるのもなおのことです。今のところは、まだまだ暴露ネタも尽きていないようで、須藤に対する需要もあると思います」(テレビ局関係者)

    ニーチェを尊敬しているという須藤は、社会学者の堀内進之介氏との共著『人生を危険にさらせ!』(幻冬舎)を出版するなど、“哲学キャラ”でも知られている。

    しかし、バラエティーの世界では、このキャラは邪魔になっているという。

    別のテレビ局関係者は、こう話す。

    「哲学キャラといっても、しっかり大学で学んだわけでもなく、はっきり言って中身はあまりないというのが、業界内での評価です。そのキャラを前面に出してしまうと、底が浅いことが一気にバレてしまう。山尾議員に対するコメントだって、特に膝を打つようなものではなく、誰でも思いつくようなものだし、だからこそ、ネットでも叩かれたわけです。むしろ、自由奔放なおバカキャラくらいのほうが、テレビ的には使いやすいんですがねえ」 そんな須藤のタレントとしての未来はどうなのだろうか?「今の段階ではまだ物珍しさもありますし、炎上狙いでキャスティングする番組もあると思います。ただ、結局のところ“結婚宣言”以外にイジるところもなく、このままだと早い段階で限界がくることは目に見えている。薄っぺらい哲学キャラで生き残れるほど甘くはないので、これからどうにかしてバラエティーの世界での定位置を探し出すしかないでしょうね」(同)

    ちなみに、現時点ではまだ結婚していない須藤。

    来春頃には結婚する予定とのことだが、それまでタレント生命が持つのか……少々心配だ。

    【日時】2017年12月02日 08:00
    【提供】日刊サイゾー


    【「不倫を下品だと叩くことの方が下品」発言の 元NMB48・須藤凜々花 】の続きを読む

    このページのトップヘ