気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:芸能人 > 木村拓哉



    (出典 hayaritrend.com)



    1 豆次郎 ★ :2018/11/07(水) 15:37:42.49 ID:CAP_USER9.net

    11/7(水) 15:12配信
    マツコ キムタク一家と対面 Koki,は「ボーイッシュ」、長女は「かわいい」

     タレントのマツコ・デラックスが7日、都内でCMキャラクターを務める北海道米の「新米発表会」に登場。高校の同級生である木村拓哉の自宅を訪問し、次女Koki,らキムタクファミリーと対面したことを明かし、その印象を「いい家族。欠点がない」と語った。

     マツコは「つい最近、会ったのよ」と最近、木村の自宅に招かれたことを告白。木村の妻で歌手・工藤静香の手料理を振る舞われたという。芸能一家であるキムタクファミリーについて「本当に1人ぐらいブスが生まれてもいいじゃない。ちょっと悔しくなってくるのよね」と完璧な一家にジェラシーすらにじませ、笑わせた。

     今年5月にモデルデビューした次女Koki,については「ボーイッシュでクールな感じ」、芸能界デビューしていない長女については「上の子は本当にかわいらしいのよ」と印象を語った。そして「いい家族よ。欠点探しても、ないのよー」とうらやんだ。

     なお、静香の手料理は「日本料理と西洋料理…あんまり言うと(おしゃべりって言われるから)」と詳細は控えた。

     木村は4日放送のTOKYO FM「木村拓哉FLOW」でマツコとは時々会い、最近では「4日前くらいも会った」と明かしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000070-dal-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 geitopi.com)


    【マツコ キムタク一家と対面 自宅に招かれ「いい家族。欠点がない」】の続きを読む



    (出典 www.xn--u9jy52gkffn9q8qbux6ab4xi9c4wsx57a.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/04(日) 13:25:42.74 ID:CAP_USER9.net

    俳優の木村拓哉(45)が4日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「木村拓哉 FLOW」(日曜前11・30)に出演。
    ゲストに高校の同級生であるマツコ・デラックス(46)を迎え、プライベートでの親交などについて語った。

    番組冒頭で木村が「本日のゲストはこの人、マツコ・デラックスさんです!」と紹介すると、
    マツコは「すごいね、あんた。そこが超一流なんだね。急にスイッチが入れられるんだ。こんなに声張るんだね」と早速イジり。
    プライベートで木村と会ったことがあるか?との問いには、「会ったことあるってしとくと、色々と言ってしまうから、ないってことにする?」とおどけた。

    普段のマツコの様子について、木村は「リアルトトロみたいな感じ」と表現。
    「普段の方が好きかな。マツコ・デラックスを背負っている必要がないから。言葉が大げさじゃない。思ったことをポロっと出している」とし、
    「テレビでは波動砲みたいにエネルギーを放っている」と笑った。

    マツコは自身の“キャラ”の誕生秘話を告白。「高校卒業する年ぐらいかな?遊びに行くときに女装していたのよ。完全に趣味だったの」とし、
    「そういうことしていると、目立ってくると、イベントとかパーティーやっている人に『ちょっとステージ上がってよ』って言われるようになってくる。
    小遣い稼ぎにやります、みたいな感じでやったりとか、女装仲間が自分でやっているイベントにゲストでちょっとやってくれないってところから、
    商売みたいになってきたわねっていうのが始まり」と明かした。

    当時から木村はスターとしてテレビなどで活躍していたが、マツコは「すごい意地があったと思うんだけど、あなたと同じ学校で近くにいたって話は自分からは本当にしなかった」という。
    「当時はテレビに出ようとか思ってなかったけど、今思うと、私がおとなしい人間だったとしたら、飲みに行ったらキムタクと学校同じだったのってすんなり言っていたと思う。
    こうなった(芸能人になった)のが落ち着くのは、あなたに対して負けちゃダメみたいなのがあったから」と振り返っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15545578/

    2018年11月4日 12時37分 スポニチアネックス


    【マツコ・デラックス、キムタクと同じ高校だと自ら公言しなかった理由告白 キャラ誕生秘話も】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/23(火) 21:06:20.68 ID:CAP_USER9.net

    10月19日に配信された「週刊女性PRIME」が、8月に公開された木村拓哉主演の映画「検察側の罪人」公開後に起きたトラブルについて報じた。
    木村は囲み取材の際、記者に嫌悪感を露わにしていたという。

    「記事によると、9月に行われた映画の囲み取材で、ある記者が『いつかはKoki,さんと共演したいですか?』と聞いたそうなんです。
    すると木村は『なんでこの場でそんな質問するんですか!!』と返し、その場は一気に険悪な雰囲気になったとのこと。
    やはり木村への家族の質問はタブーのようです」(芸能記者)

    だが木村といえば、8月に情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)に出演した際、
    MCの宮根誠司から「娘さん、デビューしちゃったじゃないですか」と尋ねられると、
    「彼女がやってみたいって言ってることはその背中を押すしかない」とKoki,への気持ちを明かし話題となった。
    そのため木村への家族に関する質問は、NGではないとの認識がマスコミに広がったようだが、「ミヤネ屋」は特例だった可能性があるという。

    「基本的にジャニーズは、既婚者であっても結婚生活の話題はNGだと言われています。
    一部では、Koki,を取り上げる際、木村の名前や写真は絶対に出すなとの通達がジャニーズから出ているという報道もあった。
    その一方、木村と宮根は、プライベートで一緒にゴルフに行くほど親交が深い。
    そんな関係性もあって、宮根の前では特別に娘のエピソードを披露した可能性があります」(前出・芸能記者)

    来年1月には、話題の映画「マスカレード・ホテル」が公開される木村。
    その会見でも家族の話題が出るようなことがあれば、再び声を荒らげる事態となるかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1547094/
    2018.10.23 18:15 アサジョ


    【木村拓哉が娘Koki,についての“タブー質問”にブチギレた理由】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)



    1 ばーど ★ :2018/10/16(火) 11:24:17.19 ID:CAP_USER9.net


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    「SMAP」という言葉が、消えてしまうのか。分裂騒動を引き起こし、一昨年、惜しまれつつも解散したSMAPの元メンバーはジャニーズ事務所内に木村拓哉と中居正広を残すのみとなったが、その2人に対して「元SMAP」の名称を使わないようにという“使用禁止令”がメディアに通達されていた。いったいどういうことなのか?

     この夏、木村は主演映画「検察側の罪人」が公開され、一時は連日のように番組に出演し、作品のPRに奔走していた。そんな動向が連日、報道される中、ある出版関係者は「ちょうどそのころメディアに対して、ジャニーズ事務所から『キムタクや中居正広に関しては“元SMAP”という肩書を使わないでくれ』というお達しが内々で出ていたんです。キムタクは『俳優の木村拓哉』で、中居は『タレントの中居正広』ということでやってくれという話でしたね」と明かす。

     2016年末の解散以降、即座に「SMAP」という文字を使わないメディアもあったが、「元SMAP」という文言を使用し続けている社も存在した。「まだ使っているところに通達が入った形です」と同関係者。

     すでに解散したとはいえ、一世を風靡したグループ名だけになぜなのか?

     あるテレビ局関係者は「過去を消すということではなく、いつまでもSMAPという文字が使われるのは、本人たちにとっても過去を引きずっているようで、マイナスイメージにつながりかねない」というワケだ。

     それだけではない。17年9月に事務所を辞めた香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の3人が立ち上げた「新しい地図」の影響もあるのではないかという。

     芸能プロ関係者は「新しい地図の3人の躍進は目覚ましいですからね。『元SMAPの3人』という言われ方をしているケースが多いことから、『元SMAP』というと、どうしてもその3人のイメージが強すぎる。3人は地上波のテレビ番組こそ出てませんが、ビッグスポンサーのCMに出まくっている。キムタクや中居がそういう彼らと比べられるのも、決してプラスにはならないという判断もあるんじゃないですか」。

     とはいえ、木村らが「SMAP」だったということをNGにしているのではない。前出のテレビ局関係者は「キムタクが映画(「検察側の罪人」)のPRのために(ダブル主演の)嵐の二宮和也と出演した番組では、SMAPのグループ名の由来などについて話していたこともあるので、彼らにとって、SMAPのことは話してはいけないものでもないし、ましてや“黒歴史”ということでもない。ただ、単にメディア向けの措置と考えていいのでしょう」と話す。

     SMAP解散以後の木村は、解散を加速させた張本人といわれ人気を落としている。「そういう意味でもSMAPの文言はキムタクに、あまりいい影響を及ぼさないかもしれない」(前出のテレビ局関係者)

     使用禁止という措置も致し方がないのかもしれない。

    10/16(火) 11:02
    東スポWeb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000008-tospoweb-ent


    【ジャニーズ事務所、木村拓哉・中居正広に対し「元SMAP」“使用禁止令”】の続きを読む



    (出典 www.officiallyjd.com)



    1 プーアル ★ :2018/09/22(土) 23:21:34.62 ID:CAP_USER9.net

    9月21日、ロックユニットB’zが味の素スタジアムで『B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 ―HINITORI―』のライブを開催。この日デビュー30周年を迎えたB’z の祝福に木村拓哉(45)がサプライズ登場したとして、Twitterで話題を呼んでいる。

    「B’z味スタ、なんかグイグイしてるカメラマンがいると思ったら実は木村拓哉でZEROのラップ歌ってた…とんでもないもの見てしまった本当に今日きて良かった」

    「カメラマンに変装した木村拓哉が 突然出て来たときの興奮と感動、 会場のどよめきは一生忘れない。 本当に最高だった!」


    雨の中スタートしたライブは、デビュー30年記念日とあって大盛り。ライブ中盤で『ZERO』を歌う稲葉浩志(53)に、近寄るカメラマンの姿が。稲葉はカメラを取り上げ、逆にカメラマンを撮影。すると、そのカメラマンがなんと変装した木村だったというのだ。

    巨大モニターに木村が映し出され、会場は大歓声。マイクを向けられた木村は「30周年おめでとうございます」と伝え、稲葉や松本孝弘(57)とハグ。そして稲葉のマイクをシェアしながら『ZERO』を歌い、ステージから退場したという。

    稲葉と木村の仲の良さはこれまでも報じられてきていた。



    もともと木村の主演ドラマ『ビューティフルライフ』で主題歌をB’zが担当したのがきっかけ。共通の趣味がサーフィンということもあり、男同士の友情に発展。いつしか家族ぐるみの交際になっていったという。



    また14年には本誌でも、稲葉の50歳となる誕生日に互いの家族と揃ってお祝いしていたことを報じている。



    そんな交流が生んだ今回のサプライズ。夢のコラボ、もっと見てみたい!


    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1666759/


    (出典 auctions.c.yimg.jp)


    【木村拓哉 B’z30周年ライブにサプライズ登場、ファン騒然】の続きを読む

    このページのトップヘ