気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:芸能人 > 木村拓哉



    (出典 www.dailyshincho.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/27(日) 12:11:36.99 ID:vyT/SOvf9.net

    SMAPが解散して3年目を迎えたが、木村拓哉(46)はいまだ裏切り者扱いされ、ネット上ではバッシングの対象になっている。
    先日、バラエティー番組に出演した時も「態度が悪い」と叩かれてしまった。木村はふだんからそんなに偉そうで態度が悪いのか、調べてみた。

    木村は、1月20日放送の日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!!」の「0円食堂」というコーナーにゲスト出演した。
    食材をもらうために自らロケ先の住民と交渉したのだが、ポケットに手を突っ込んだり、腕組みをしていたことから「偉そうだ!」などとバッシングされてしまったのだ。

    この態度は、確かに偉そうに見えなくもない。では、ふだんはどのような態度で人と接しているのか? 
    木村を知る芸能関係者に聞くと「昔のことは分かりませんが、近年はドラマの現場とかで偉そうな態度を取ることはないですよ。むしろスタッフや共演者に気を使って、盛り上げ役を買って出るくらい。
    スタッフから木村の悪口を聞いたことはない」とすこぶる評判が良い。

    にもかかわらず、これだけ叩かれてしまうのは、嫌われ者のレッテルを貼られてしまったというだけではなく、木村自身にも多少の隙があるから。例えば「ザ!鉄腕!――」でポケットに手を突っ込んだり、
    腕組みして他人にお願いするというシーンが流れたことにも、前出の関係者からは「木村にとって、あれがナチュラルなんですよ。
    本人はそれが悪いとか、偉そうに見えてしまうという感覚がないだけなんですよ」との答えが返ってきた。

    最近はSMAP時代と比べると、テレビやラジオ番組でかなり素の顔を見せるようになった一方、ネット上の批判は気にしている模様だ。
    新年のバラエティー番組では自身の演技に向けられる「何やってもキムタク」という批判に触れてネタにしたほど。
    また食事のシーンではマナーが良くない「迎え舌」をしていると叩かれていたが、それも年明けのバラエティー番組では直してきた。

    批判には耳を傾けるという、謙虚な一面も持ち合わせているのだ
    今回の批判も目にしている可能性は十分にあり、今後、人にお願いする時の態度も改まるだろう

    http://news.livedoor.com/article/detail/15932930/
    2019年1月27日 11時0分 東スポWeb


    【キムタクはホントに態度が悪いのか徹底検証 「鉄腕DASH」では叩かれたが…】の続きを読む


    木村拓哉 「マスカレード・ホテル」好発進も、態度のデカさで好感度ダウン!


    NO.7213049 2019/01/23 15:18
    木村拓哉 「マスカレード・ホテル」好発進も、態度のデカさで好感度ダウン!
    木村拓哉 「マスカレード・ホテル」好発進も、態度のデカさで好感度ダウン!
    一時は、その人気に陰りが見えていた木村拓哉だが、まだまだ健在であることを証明したようだ。

    木村は18日公開の主演映画『マスカレード・ホテル』のPRのため、ここ最近バラエティ番組に立て続けに出演した。

    その主な視聴率は、14日の『帰れマンデー見っけ隊!!3時間SP』(テレビ朝日系)の「帰れま10×木村拓哉・長澤まさみが本気の参戦!」企画、16日の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)、17日の『ニンゲン観察モニタリング★木村拓哉が女装してスタジオ収録に潜入SP!!』(TBS系)が、いずれも2ケタ(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をマーク。

    そして、初登場となった、20日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)では、「0円食堂」企画にチャレンジしたが、同番組は18.6%の高視聴率を獲得し、その後枠の人気番組『世界の果てまでイッテQ!』の18.5%をも上回った。

    ジャニーズの後輩TOKIOの番組である『DASH!!』は、山口達也の不祥事による脱退で、4人体制となり、昨年5月12日に再スタートを切った。

    当初、世の関心が高かったこともあり、高い視聴率を獲得したが、それも最初の1カ月くらいしかもたなかった。

    その後、番組がつまらなくなったこともあり、視聴率はグングン下落。

    同12月には12%台にまで落ち込んだ回もあった。

    それだけに、木村の出演で、どこまで数字を上げられるか注目されたが、18%超えは再始動初回の20.8%以来、8カ月ぶりの快挙。

    “キムタク効果”を大いに発揮したともいえるが、本当にそうなのか?

    「昨年8月19日に、嵐・二宮和也が助っ人出演した回は15.5%でしたから、木村が出演した効果は大いにあったのでしょう。ただ『0円食堂』企画でなかったら、ここまで数字は上がらなかったはずです。『0円食堂』は人気企画なのですが、山口の事件以降、封印されていました。一般の農家や食品加工場などをアポなしで回って、“物乞い”をする企画ですから、イメージダウンを考慮して、自粛していました。その人気企画が久しぶりに放送されるとあって、視聴率を押し上げた要因となったのも事実ですね」(テレビ誌関係者)

    木村の必死の番宣が実ってか、『マスカレード・ホテル』は週末の土日2日間で、動員48万4,000人(興行通信社調べ、以下同)、興行収入6億3,300万円(同)の好成績を収め、「週末観客動員ランキング」で堂々のトップ。

    前回の木村の主演映画『検察側の罪人』(18年8月公開)は、二宮との初共演が話題になり、初週の土日2日間で、動員31万8,000人、興収4億1,600万円を記録し、同作も1位スタートだったが、今作はそれを大きく上回る好発進。

    木村主演の前々作『無限の住人』(17年4月公開)は、初週の週末2日間で、14万5,000人しか動員できず、興収は1億8,900万円止まりで6位スタートだった。

    最終的な興収は9億6,500万円で、10億円にも届かず大爆死に終わっただけに、『マスカレード・ホテル』は、『HERO』劇場版第2弾(15年7月公開)以来の好スタートとなり、木村人気の健在ぶりをアピールする格好となった。

    むろん、初共演でヒロインを務めた長澤の貢献度も高いといっていいだろう。

    ところが、明るい材料ばかりではない。

    『DASH!!』出演時の態度の悪さに、バッシングも噴出しているのだ。

    この放送で、木村は長瀬智也、国分太一と共に千葉県香取市を訪れ、養鶏場や農家、豚肉加工場などを回り、廃棄する食材を探しに出た。

    だが、その際、一般人にお願いをしに行っているにもかかわらず、手をポケットに入れたままだったり、腕を組んだままだったりで、その態度が「食材をもらいに行ってるのに、何様のつもり?」といった反感を買うなど大不評なのだ。

    出演したバラエティ番組は高視聴率をマークし、『マスカレード・ホテル』は好発進し、せっかく存在感を示したにもかかわらず、“好感度”を下げるという残念な結果になってしまった木村。

    このバッシングが、今後、映画の観客動員減につながらなければいいのだが……。
    【日時】2019年01月23日
    【提供】日刊サイゾー


    【木村拓哉 「マスカレード・ホテル」好発進も、態度のデカさで好感度ダウン!】の続きを読む



    (出典 storage.mantan-web.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/21(月) 21:03:04.93 ID:LPCCM3869.net

    主演映画『マスカレード・ホテル』の公開に合わせ、多くのテレビ番組で宣伝活動中の木村拓哉。昨年公開の映画『検察側の罪人』の際も同様だったが、
    20~30代の頃は戦略的に避けていたであろうタイプのバラエティ番組にも積極的に露出し、親しみやすさを打ち出している。

    中でも特に注目されたのは、1月14日放送の『帰れマンデー見っけ隊!!3時間SP』(テレビ朝日系)だった。
    中華レストラン『バーミヤン』の人気メニュー当てコーナーに出演するとあって、木村の食事マナーに注目が集まっていたのである。

    木村は以前の同番組出演で、“迎え舌”の癖が幼稚で下品だと指摘され、視聴者がネットでさんざん叩いた。
    しかし今回は上品な食事マナーで多くのメニューに舌鼓を打っていた。マナー改善の努力をしたようだ。

    一方で、同番組では占い芸人のアポロン山崎が木村の手相をみて「6月に新たなことがスタートする」と予言。
    「ちょっと、この人怖いかも……」とたじろいだ様子を見せた木村だが、これをSMAP時代からのファンは見逃さなかった。
    6月といえばジャニーズ事務所の契約更新意思の確認があるとされる月だからだ。
    そして契約更新は9月で、新しい地図の3人は一昨年の9月に退所している。

    気の早いファンは、「ついにSMAP再結成」と喜びの声を上げている。
    というのも、中居正広に関しても、ジャニーズ事務所を離れる可能性があるとの報道がつい先日あったばかりだからだ。
    それによれば、中居正広の冠番組である『中居正広の身になる図書館』(テレビ朝日系)および『ナカイの窓』(日本テレビ系)が同時に打ち切りを予定されているという。

    どちらも深夜枠であり、中居正広にはまだ『ザ・世界仰天ニュース』(日本テレビ系)や『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)など司会進行を務める番組が複数ある。
    仮に打ち切りになる番組があるとしても、体力的な面やワークライフバランスを考慮しての業務整理という見方もできてしまう。

    ただ、SMAP再結成の希望を持ちたいというファンの気持ちもわかる。SMAPが生放送謝罪会見を経ての解散発表という不可解な終わり方だったことに変わりはないからだ。
    当時、木村と新しい地図組の不仲が盛んに報じられ、「工藤静香が戦犯」として木村一家に攻撃的なファンも散見されたが、
    ファンの本音としては彼ら全員がSMAP再結成を望み戦略を立てたうえでの解散だったと思いたいところだろう。

    ジャニーズ事務所は昨年、不祥事が相次ぐ一年だった。今年は滝沢秀明を社長に据えた新会社のプロジェクトもスタートし、心機一転。
    そんななかで再びSMAP関連の騒動が起きるとも考えづらいが、果たして中居は、そして木村はどのように未来を見据えているのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1661199/
    2019.01.21 19:05 wezzy


    【木村拓哉が6月の「契約更新」で運命を変える? 占い芸人「6月に新たなことがスタートする」に 木村「怖い」】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/18(金) 09:39:55.90 ID:rlWhi3aU9.net

    16日、フジテレビ系『映画「マスカレード・ホテル」公開記念 木村拓哉×豪華出演者 ここだけ!ぶっちゃけトーク』で木村拓哉が松たか子について語るシーンがあった。

    番組では生瀬勝久と松と木村が対談。木村は松の第一印象について「右も左もわからない。ピアノは弾けます、歌は歌えます、
    『さぁ私をどうするの?』みたいな」と当時の松の雰囲気を再現しつつ語り、松は「そんなことない」と笑みを浮かべながら否定。

    続けて木村は「でも、『ロングバケーション』もそうですし、『ラブ ジェネレーション』もそうですし、『HERO』でもお世話になってるし」と過去に共演したドラマをあげていき、
    「たくさんの現場もそうですし、時間を一緒に共有してくれたというか、共に現場に立ち続けてくれた」「異性ではありますけど、戦友チックな部分は僕は勝手に思ってます」とコメント。

    さらに「で、その間に命も授かってお母さんにもなってるので」と松が2015年に第1子を出産したことに触れ、
    「高校生の頃から、お母さんにもなってまた現場に復帰されてるようなところまで割と自分が見てるので」
    「根っこを感じてる部分はあるので、すごく安心していられる存在ですね」と松への信頼感をのぞかせた。

    3人は1月18日に公開される映画『マスカレード・ホテル』に出演。
    本作は東野圭吾作品屈指の人気を誇る『マスカレード』
    シリーズの第1作『マスカレード・ホテル』の待望の映像化で、長澤まさみや菜々緒など総勢20名の豪華キャストが登場する。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15889279/
    2019年1月18日 7時15分 E-TALENTBANK


    (出典 image.news.livedoor.com)





    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【木村拓哉、松たか子との関係は「戦友」「共に現場に立ち続けてくれた」】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/15(火) 15:05:52.60 ID:SUijIQTb9.net

    1月14日、テレビ朝日の特別番組『帰れま10』に木村拓哉が出演した。

    木村は『帰れま10』には、ここのところ年1回のペースで出演しており、今回はファミリー中華チェーン店「バーミヤン」での人気メニュートップ10を当てる企画に参加した。

    そんな『帰れま10』の出演に意欲的な木村だが、視聴者からはこんな声もあったという。
    木村は2018年1月に出演した『帰れま10』にて、テーブルに肘をついて食べる姿や、舌を出して食べ物を受ける所謂「迎え舌」など食事マナーがあまり良くない側面があり、
    これらの癖はSMAP時代から多くの視聴者から指摘されており、時には新聞紙面へクレームの声が投書されるなどしていた。

    ところが、今回は流石の木村もようやく自身の食事マナーの悪さに気がついたのか、「迎え舌」を披露するシーンはあまりなく、
    餃子やラーメンを食べる時は自ら手や器で口元を隠す、または編集段階で食べる瞬間の口元がカットされるなどの配慮が見られた。

    事実、この日放送された『帰れま10』では、同じくゲストとして企画に挑戦した三四郎の小宮浩信から「木村拓哉はインターネットに上がっている批判や悪口をチェックしているのか」との質問が飛び出した際に、
    木村は「(SNS上の批判)は上がっているものに関してはチェックしている」、「そういう捉え方もあるのか、と参考にすることはある」と、インターネットに上がっている意見は、全てではないが参考にしていることを明かしていた。

    恐らく、今回の『帰れま10』での食事マナーの改善は、行儀の悪さを指摘された木村および周囲のスタッフが視聴者から批判されないよう配慮した結果と思われる。

    今年で47歳になる木村拓哉。アラフィフながら悪癖を更生するよう心がける意外な側面を見せた夜であった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15874323/
    2019年1月15日 12時15分 リアルライブ


    (出典 portal.st-img.jp)



    (出典 www.shogogor.com)


    【木村拓哉、『帰れま10』出演で“不自然なカット” ネットで話題となった「悪癖」対策か?】の続きを読む

    このページのトップヘ