気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:アイドル > 乃木坂46


    元乃木坂46・市來玲奈、日テレ内定も暗雲立ち込める? 社交ダンス企画の途中降板で大バッシングの過去


    NO.6157673 2018/02/25 13:05
    元乃木坂46・市來玲奈、日テレ内定も暗雲立ち込める?
    元乃木坂46・市來玲奈、日テレ内定も暗雲立ち込める?
    元・乃木坂46で女優の市來玲奈が2月17日、主演映画『9〜ナイン〜』の初日舞台あいさつに登壇。

    市來は4月に日本テレビの女子アナに内定していると報じられていたが、「一番行きたかった日本テレビに就職が決まっています」と初めて認め、「いつか乃木坂とも共演したい」と夢を語った。

    国民的アイドルグループから女子アナに、華麗なる転身を遂げる市来だが、不安材料もあるという。

    「市來といえば、以前に『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)の社交ダンス企画にて、山本匠晃アナとコンビを組んで大会での活躍が期待されていたのですが、その矢先、学業優先を理由に突然ダンス企画からの降板を宣言し、真相を語ることなく番組を去っているんです。そのため、ネット上では彼女への大バッシング祭りが起きました」(テレビ誌ライター)

    しかし事実は違ったようで、市來は放送後、自身のブログで「相談もせずに去ったわけではありません」「悩んだ期間をたった5分程のVTRに収められてしまった」「テレビでは真実が伝えられていなくてとても悲しかった」と反論している。

    「しかし、その記述はすぐに削除されたため、番組ファンへの誤解は解けておらず、今でも多くの“アンチ”を抱えたまま。また、MCの中居正広やジャニーズサイドの心証もいいとは言えず、女子アナになっても事務所からの共演許可が出るのかどうか。そもそも『元タレント』女子アナは話題が先行しすぎて、その後注目度は急激に尻すぼみになる。そんなプレッシャーをはねのけて人気アナになり、将来フリーに転身したとしても、TBSの番組から声がかかることはないでしょうね」(芸能記者)

    とにもかくにも、古巣との共演で乃木坂ファンに認めてもらうことが、人気女子アナへの第一歩となりそうだ。

    【日時】2018年02月25日 10:00
    【提供】日刊サイゾー


    【元乃木坂46・市來玲奈、日テレ内定も暗雲立ち込める? 社交ダンス企画の途中降板で大バッシングの過去】の続きを読む



    (出典 storage.mainichikirei.jp)



    1 あちゃこ ★ :2018/02/10(土) 09:29:25.66 ID:CAP_USER9.net

     アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さん(25)が、出演したテレビCMの撮影時にスタッフに取った対応が、インターネット上で「ドン引き」「態度悪すぎ」
    などと批判が集まっている。

     乃木坂46のメンバーは、2018年2月9日に放映が始まった紳士服チェーンのテレビCMに出演。問題視された行動は、同社の公式YouTubeで公開されたCMの
    メイキング動画に収録されていた。

    ■スタッフを一瞥すらせずに...

     今回、乃木坂46のメンバーが出演したCMは、はるやま商事(岡山市)が運営する紳士服チェーン「はるやま」「P.S.FA(パーフェクトスーツファクトリー)」の
    フレッシャーズキャンペーンを告知するもの。

     CMでは、白石さんをはじめとした11人のメンバーが、メンズスーツにウィッグを着用した男装姿で登場。男性に扮したメンバーが「イケメンすぎる」などと、
    グループのファンを中心に注目を集めていた。

     だが、そんなCMのメイキング映像が9日未明に「はるやま」公式YouTubeで公開されると、ネット上では、白石さんが動画の中で取ったスタッフへの態度を
    批判する意見が相次ぐことになった。

     問題視されたのは、メンバーが1人ずつ撮影現場に入るシーンだ。そこで、白石さんがスタッフからの挨拶に全く反応しなかったというのだ。

     実際に映像を確認すると、ほとんどの出演メンバーは、大きな声で「お願いします」と返したり、ペコリと頭を下げたりするなど、何らかの形で挨拶に反応している。
    しかし、白石さんはカメラを構えるスタッフの方向を一瞥すらせず、挨拶も無視してそのまま歩き去っていった。

    「挨拶もまともにできないのか」

     こうした白石さんの態度について、ツイッターやネット掲示板には、

      「半分以上普通に挨拶してない?ガン無視は白石だけか?」
      「社会人として挨拶もまともにできないのか」
      「アイドルとしてどうこうより  挨拶されて返さないってのが深刻だ な...」
      「こんな態度とるメンバーがいるのが恥ずかしい」

    といった手厳しい書き込みが続出。ただ一方で、グループの熱心なファンからは「変なタイミングに声掛けんじゃねえ」「単純にカメラとスタッフに気付いてないだけ」
    といった擁護意見も出ていた。

     なお、今回のメイキング映像は、公開からわずか数時間後の9日朝までに削除されている。J-CASTニュースは同日夕、はるやま商事の広報担当者に対し、
    動画を削除した理由などを取材で問い合わせたが、

      「現在、回答ができない状況となっております」

    とのことだった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00000013-jct-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ※前スレ
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1518182935/


    【【乃木坂46】乃木坂・白石麻衣、スタッフ「ガン無視」で炎上 「態度悪すぎ」批判で動画削除に】の続きを読む


    乃木坂46 川村真洋卒業にアンチが罵声「ばいばーい!」


    NO.6103146 2018/02/03 23:44
    乃木坂46 川村真洋卒業にアンチが罵声「ばいばーい!」
    乃木坂46 川村真洋卒業にアンチが罵声「ばいばーい!」
    人気アイドルグループ・乃木坂46の川村真洋さん(22)が2018年2月2日、3月31日をもってグループを卒業することを発表した。

    1期生の川村さんはデビュー以来、約6年にわたって活動。歌の上手さで異彩を放った一..



    【日時】2018年02月02日 20:12
    【ソース】J-CASTニュース


    【乃木坂46 川村真洋卒業にアンチが罵声「ばいばーい!」 】の続きを読む



    (出典 www.hochi.co.jp)



    1 きゅう ★ :2018/02/01(木) 05:58:12.89 ID:CAP_USER9.net

     人気アイドルグループ・乃木坂46の生駒里奈(22)が次のシングルで同グループを卒業することを31日、自身のブログで明らかにした。

     生駒はブログで、「乃木坂46の次回のシングルを以て 私生駒里奈は乃木坂46を卒業する事になりました」と報告。

     11年8月のユニット結成時からの1期生メンバーだが、今年22歳を迎え、「同学年の方は新社会人として新たな挑戦をする年」であることから卒業を決意したという。

     「グループの人気は上り坂でしたが、かつてセンターをつとめた生駒の人気は完全に下り坂。このままいても再浮上の見込みがないことを悟り、ついに見切りをつけたようです。今後は女優として舞台などに出演していくことになるのでは」(レコード会社関係者)

     去り行く生駒からセンターの座をゲットし、瞬く間に乃木坂の“顔”として君臨しているのが白石麻衣(25)。

     昨年は写真集がバカ売れするなど、アイドルの枠を超えた活躍ぶりだが、生駒が卒業したことで、いよいよ白石の卒業が現実味を帯びてきたというのだ。

     「年齢がすでにアラサーに差しかかったこともあり、白石は後進への“世代交代”を推し進めたがっているようです。そのため、自身の進退についても周囲に相談しているのだとか。卒業発表Xデーとしては、今年おおみそかの紅白が有力だと言われています」(芸能記者)

     白石の卒業後、センターをめぐるメンバー同士のバトルが熾烈を極めそうだ。

    http://wjn.jp/article/detail/8241375/

    (出典 images.wjn.jp)


    【乃木坂・生駒の卒業発表で現実味を帯び始めた白石麻衣卒業のXデー】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 Egg ★ :2018/01/31(水) 20:35:58.71 ID:CAP_USER9.net

    アイドルグループ・乃木坂46を卒業すると発表した生駒里奈さん(22)は、メンバー随一の知名度を誇る反面、いわゆる「アンチ」も多く抱えていることで有名だった。

     「アンチにたくさん傷つけられそれでも坂を上り続けた6年半」―-。彼女の苦労をそうねぎらう声が、ツイッターに相次いでいる。

    ■握手会も休みがちに

     生駒さんは2018年1月31日、20枚目となる次のシングル(発売日未定)をもってグループを卒業するとブログで発表した。「20歳になった頃から、大人として一人で生きていくためにはどうしたらいいのか」考えるようになったと明かし、「ここだけじゃ足りないと思う様になりました」などと説明している。

     生駒さんは2011年8月、乃木坂46に1期生として加入。独特の垢抜けなさと、はつらつとしたキャラクターでファンに浸透した。12年発売の1stシングルから5thシングルまで、5作連続でセンターを務める。まさにグループの「顔」として知られるようになった。

     だが、そうした活躍は一部で「運営にゴリ押しされている」と受け取られ、執拗に批判する勢力を生みがちだ。握手会の人気もイマイチで、ますますその勢いに拍車をかけ、生駒さんは多くの「アンチ」を抱えるようになった。

     握手会も次第に休みがちとなった。2017年に発売した17~19th シングルの発売記念握手会も多数、体調不良で欠席。2017年8月のブログで「握手会、欠席してしまいすみませんでした」と謝罪し、「アイドルだけど、根っこは普通の人なんだ」と説明した。

     10月16日のブログでは、

      「今、何を言っても、やっても何故?と言われてしまう。そこから自分を守る為に退いでも何故?と言われてしまう。だから、音を立てる事をしない。またはっきりと音を立てる時が来るまで」

    と投稿。「握手会のせいか」「卒業するの?」など、心配の声が相次いだ。

    つづく

    1/31(水) 20:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00000018-jct-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【<乃木坂・生駒里奈>アンチに悩んだ6年半...ファン「それでも坂を上り続けた」】の続きを読む

    このページのトップヘ