気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:アイドル > 乃木坂46


    レコ大 乃木坂46の「すでに大賞が決定済み」報道にファンが抱く懸念  代表曲に「コレジャナイ感」


    NO.5959279 2017/12/05 13:13
    レコ大 乃木坂46の「すでに大賞が決定済み」報道にファンが抱く懸念
    レコ大 乃木坂46の「すでに大賞が決定済み」報道にファンが抱く懸念
    ファンとしては、うれしいニュースのはずだが……。

    今年の『第59回輝く!日本レコード大賞』の優秀作品賞10作の1曲に、乃木坂46の「インフルエンサー」(SMR)が選ばれた。

    同曲は今年、写真集『パスポート』(講談社)が大ヒットとなった白石麻衣と、人気メンバーの西野七瀬がダブルセンターを務めるダンスナンバー。

    6月にはグループ初のミリオンセールスを達成している。

    「はっきりいって『インフルエンサー』の一般認知度は低く、“無名のミリオン”なのは否めない。一方で、これまで賞レースには参加していなかった乃木坂が『レコ大』初登場ということで、一部では『すでに大賞が決定済み』との報道が出ています」(音楽ライター)

    この報に、乃木坂ファンは大きな懸念を抱いているという。

    いったいどういうことか? 前出の音楽ライターが続ける。

    「乃木坂46はメンバーの美貌ばかりが脚光を浴び、またセンターもコロコロ替わるせいか、ファン以外にも広く知られる代表曲がないのが唯一の弱点といわれてきました。東京メトロ千代田線乃木坂駅の発車メロディーでは『君の名は希望』が採用されていますが、『制服のマネキン』『ガールズルール』『サヨナラの意味』などを支持する人も多く、代表曲が定まらない。そんな中、レコ大を獲ることで『インフルエンサー』が乃木坂の代表曲になる可能性が出てきた。しかし、この曲は『ひたすら“ブンブン”言っているだけでダサい』『フラメンコっぽくて、マイナー感がありすぎ』などファンの支持率はことのほか低いにもかかわらず、実際、乃木坂の代表曲の欄に『インフルエンサー』と書くメディアが増えており、ファンは“これじゃない!”と眉をひそめているというわけです」

    2017年JOYSOUNDカラオケ上半期ランキングでは、レコ大でのライバルとなるAKB48は14位に「365日の紙飛行機」(キングレコード)、欅坂46は「サイレントマジョリティー」(SMR)が18位にランクインしているが、TOP30に乃木坂46は入っていない。

    大賞受賞を機に、“ファンが望まない代表曲”が誕生することになるのだろうか?

    【日時】2017年12月05日 12:00
    【提供】日刊サイゾー


    【レコ大 乃木坂46の「すでに大賞が決定済み」報道にファンが抱く懸念  代表曲に「コレジャナイ感」】の続きを読む


    嵐の歌詞間違いで批判殺到か?乃木坂46齋藤飛鳥が怯えまくり


    NO.5951346 2017/12/01 11:58
    嵐の歌詞間違いで批判殺到か?乃木坂46齋藤飛鳥が怯えまくり
    嵐の歌詞間違いで批判殺到か?乃木坂46齋藤飛鳥が怯えまくり
    アイドルグループ・嵐とのコラボ中に歌詞を間違えた乃木坂46の齋藤飛鳥(19)がSNSで過剰な謝罪をくり返し、その異常な恐れ方にネット上が騒然となっている。

    たかが「歌詞間違い」での騒動に一般の視聴者はドン..



    【日時】2017年12月01日 08:08
    【ソース】デイリーニュースオンライン


    【嵐の歌詞間違いで批判殺到か?乃木坂46齋藤飛鳥が怯えまくり 】の続きを読む


    野村周平のツイートに乃木坂ファンが激怒「オタクなめんな」


    NO.5951358 2017/12/01 12:07
    野村周平のツイートに乃木坂ファンが激怒「オタクなめんな」
    野村周平のツイートに乃木坂ファンが激怒「オタクなめんな」
    11月24日、俳優の野村周平(24)が、乃木坂46の西野七瀬(23)のサイン入りCDの画像を自身のツイッターに公開。

    そのことで、西野のファンを怒らせてしまったようだ。

    野村と西野は、2018年1月からスタートするドラマ『電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-』(テレビ東京系)でW主演。

    この作品は、桂正和氏のSF恋愛漫画が原作で、野村は主人公の弄内翔、西野はビデオから飛び出してきた少女、天野アイを演じる。

    そんな野村はこの日、ツイッターに、共演する西野のサインが入った乃木坂46のCDの画像を、「なーたん」という西野の愛称とともにアップ。

    野村といえば、「世の中の男子。ごめん」シリーズと題して、共演した女性芸能人との2ショット画像をたびたびツイッターに公開。

    当初はファンの反感を買って炎上騒ぎになることもあったが、最近では野村のツイートネタとして定着しつつあった。

    そのため、今回の西野のサインCDの画像も、多くのファンは野村のネタと受け取ったようだ。

    しかしその一方、一部の熱狂的なファンは、このツイートに激怒。

    「マジで西野ファンの気持ちとか考えないのかね」「お前がなーたんとか呼ぶな」「なれなれしくしてんじゃねー!」「乃木坂オタにケンカ売ってる」「調子に乗りすぎだろ! オタクなめんな!」と、ネットには痛烈な批判コメントも上がっていた。

    「野村は『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演した際、ツイッターに共演者との画像を上げることをツッコまれ、“本音で言うと、何か炎上されたい気持ちがあるんですよ”と発言しています。たとえファンに憎まれたとしても、炎上することで、自分に関心を持ってもらいたいと考えているようですね」(芸能誌ライター)――今回も野村周平の思惑通り!?

    【日時】2017年12月01日 08:00
    【提供】日刊大衆


    【野村周平のツイートに乃木坂ファンが激怒「オタクなめんな」】の続きを読む


    乃木坂46、AKBのお株を奪う「絶好調ぶり」


    NO.5946315 2017/11/28 22:05
    乃木坂46、AKBのお株を奪う「絶好調ぶり」
    乃木坂46、AKBのお株を奪う「絶好調ぶり」
    AKB48の“公式ライバル”乃木坂46が、今や本家をも凌ぐ人気を誇っている。

    「AKBは人気メンバーが次々に卒業し、熱心なファン以外には見分けがつかない状態。一方、地力をつけた乃木坂はヒット曲を連発し、メンバーのソロ活動も絶好調です」(芸能記者)

    ■白石麻衣の写真集、西野七瀬出演の映画が大好評
    白石麻衣(25)が今年2月に発売したセカンド写真集『パスポート』(講談社)は23万部を超える異例のロングセラーに。

    また、西野七瀬(23)は映画『あさひなぐ』でヒロインを演じたほか、来年1月スタートの『電影少女』(テレビ東京系)で連ドラ初主演が決まっている。

    ■生駒里奈や松村沙友理も活躍
    「乃木坂46はビジュアルのレベルが高いのが特徴。

    AKBが泥臭く甲子園を目指す公立校野球部なら、乃木坂は野球エリートを集めた名門校という違いがある」と解説するのは、アイドル評論家の堀越日出夫氏。

    「白石、西野、齋藤飛鳥(19)の3人が今の乃木坂のクリーンアップトリオですが、バラエティ対応力に秀でた生駒里奈(21)、来月12日に発売予定の初写真集で、事務所NGだったカットに挑戦した松村沙友理(25)もいるといった具合に、ポテンシャルの高いメンバーがそろっている。さらに、乃木坂には“水着になるのは写真集だけ”という鉄の掟があり、写真集に付加価値が生まれるんです。出版各社の“乃木坂詣で”は続くでしょうね」

    結成6年を記念して11月7、8日に行った東京ドーム公演に、ファン10万人を動員した乃木坂46。

    もはや時代は彼女たちのものだ。

    【日時】2017年11月28日 18:00
    【提供】日刊大衆


    【乃木坂46、AKBのお株を奪う「絶好調ぶり」】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 音泉光征 ★ :2017/11/29(水) 10:41:38.17 .net

    嵐とのコラボで歌詞間違い 乃木坂46の齋藤飛鳥が755で謝罪

    28日、乃木坂46の齋藤飛鳥が、755の自身のアカウントで、嵐との生放送コラボでの歌い間違えを「本当に申し訳ない」などと謝罪した。

    同日生放送された「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2017」(日本テレビ系)では、嵐のほか、ジャニーズWestなど多数のグルー
    プが、ほかのアーティストや芸能人とコラボレーションを果した。

    中でも「振り付けメドレー50曲」と題したブロックでは、嵐と乃木坂46が、嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」でコラボ。司会の櫻井翔が自ら
    センターに立ち、バックを乃木坂メンバーが彩った。さらに曲中のラップパートは乃木坂メンバーが担当して舞台を盛り上げる。

    ところが、歌い出しを担当した齋藤は「今日もテレビで言っちゃってる」を「今日もどこかで言っちゃってる」と、出だしから間違える失
    態を演じてしまったのだ。同日、齋藤は755に謝罪文を投稿している。

    ・齋藤飛鳥の755その1
    https://7gogo.jp/saito-asuka/98
    齋藤は謝罪文の中で、パフォーマンス中は歌い間違えを「まったく気づかなかった」と、振り返る。また、嵐との共演を「珍しく緊張して
    いた」と、ミスの原因として挙げた。今回の投稿を、嵐ファンに向けての謝罪文であることを強調している。

    ・齋藤飛鳥の755その2
    https://7gogo.jp/saito-asuka/99
    なお、齋藤は小学生時代に「A・RA・SHI」のラップ部分をフルで歌えたそうで、自身でも考えらないミスだという。投稿では「心から反省
    しております」とし、反省文を結んでいる。
    http://news.livedoor.com/article/detail/13954950/

    日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2017

    (出典 tvcap.info)


    齋藤飛鳥

    (出典 i2.wp.com)
    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    【【乃木坂46】齋藤飛鳥「嵐の皆さんと嵐ファンの皆さん、本当に申し訳ない」 嵐とコラボで歌詞間違い謝罪】の続きを読む

    このページのトップヘ