気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:ドラマ > 大河ドラマ



    (出典 www.cinemacafe.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/15(火) 13:06:36.46 ID:SUijIQTb9.net

    NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』が、開始早々、苦難に見舞われている。

    まずはタイトルロゴ。『いだてん』の文字に重ねるように3本の足がクルクルと回る印象的なものだが、
    これに対し、SNS上で『怖い』『気持ち悪い』という声が続出したのだ。

    デザインを担当したのは、日本を代表するデザイナー・横尾忠則氏。
    だが、巨匠に巻き起った物議はこれだけではなかった。このロゴが、イギリス王室属領のマン島の旗のパクリではという声があがったのだ。
    マン島といえば、世界的なバイクレース「マン島TTレース」で有名だが、そのロゴもまたレースファンには広く知られている。

    「ただ、この疑惑に関してはすぐに晴れました。というのも、この3本足は古代ギリシャの時代から世界各地で見られる『三脚巴』(さんきゃくともえ)という伝統的なデザインなのです。
    横尾氏も各インタビューで、『三脚巴の形の絵柄をいだてんという言葉に乗せてデザインした』と語っています」(同)

    だが、それ以上に深刻なのが視聴率だ。6日放送の初回視聴率は15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と昨年の『西郷どん』をかろうじて0.1ポイント上回ったが、
    なんと13日オンエアの2話目で、いきなり12,0%と大幅激減。『西郷どん』でも2話目は15.4%だっただけに、この先が思いやられる。

    また『いだてん』では、特に後半パートで1964年の東京五輪招致について描かれるが、その制作動機にもなっているのが2020年の東京五輪だ。
    ところがその招致をめぐり、フランス司法当局が日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長を贈賄容疑で正式に捜査を開始。事件の展開次第では『いだてん』に暗い影を及ぼしかねない。

    今後に注視していきたい。

    https://news.nifty.com/article/entame/rl/12184-45382/
    2019年01月15日 12時40分 リアルライブ


    (出典 ikamimi.work)



    (出典 tshop.r10s.jp)


    【トラブル続きの大河ドラマ『いだてん』 ロゴパクリ疑惑の次は東京五輪贈賄疑惑…2話の視聴率が激減】の続きを読む



    (出典 news.walkerplus.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/20(木) 08:37:24.64 ID:CAP_USER9.net

    NHK大河ドラマ「西郷どん」も12月16日の放送で最終回を迎え、
    政府軍に追い詰められた西郷隆盛(鈴木亮平)と私学校の生徒たちが、城山に立て篭もり壮絶な最期を遂げる最終回には“神回”の声すら上がっている。

    「近年の大河ドラマは、2016年に放送された『真田丸』で“ナレ死”という言葉が流行るほど合戦シーンが少なく、
    昨年の『おんな城主 直虎』でも戦国時代を描きながら物足りなさを覚える視聴者から不満の声が上がっていました。
    ところが今回は徴兵された町民や農民の政府軍に兵器と兵力に劣る西郷軍が追い詰められていくシーンは、
    リアルで迫力があり往年の大河ドラマファンも納得しているようです」(テレビ誌ライター)

    さらに西郷を演じた鈴木は、幕末から明治時代に入ると体重を大幅に増やすなど役作りに励み、“カメレオン俳優”の名に恥じない演技。
    島津斉彬を演じた渡辺謙も「“よくやった!”というよりも、少し口幅ったい言い方ですが“俺の目に狂いはなかった”」と賛辞を惜しまなかった。しかしそんな中、番組冒頭のあるシーンにクレームが殺到しているという。

    「夜8時、『明治37年 京都』と時代背景を説明するテロップにかぶさるように、“佐賀県知事選 現職の山口祥義氏 2回目の当選確実”というテロップが挿し込まれたんです。
    これには視聴者も不満だったようで『なんでテロップが…』『テロップ邪魔!』『最終回くらいテロップ消してほしい』といったクレームがネット上に噴出しました。中には内容が佐賀に関することからか、
    西南戦争以前に起こった佐賀の乱にちなんで『いきなりテロップ佐賀の乱』『江藤新平の呪いテロ』といったコメントも書き込まれています」(エンタメ誌ライター)

    日曜日は選挙の投票日が多く、NHKとしては8時の投票締め切り直後に選挙速報を流すのは致し方ないところ。

    「だからでしょうか、熱心な大河ドラマファンの間では夕方6時スタートのNHK-BSプレミアムで見るファンが急増中なのです。
    ちなみに“3%台で健闘、4%台だと異例”と言われるBSの視聴率で、『西郷どん』は初回4.9%を記録。
    初回視聴率で比べると2016年『真田丸』3.3%、2017年『おんな城主 直虎』4.3%と、年々BSの視聴率が伸びています。
    こうした傾向の背景にも“テロップ問題”があるのかもしれません」(前出・エンタメ誌ライター)

    地上波の視聴率を上げたいなら、テロップは控えめに!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1617816/
    2018.12.20 07:15 アサジョ


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【大河ドラマ】“神回”だった「西郷どん」最終回に視聴者のクレームが殺到した理由】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    1 湛然 ★ :2018/12/14(金) 12:28:04.85 ID:CAP_USER9.net

    2018年12月14日
    いだてん:19年大河新キャストに小泉今日子、星野源、松坂桃李ら

     宮藤官九郎さんが脚本を手がける2019年放送のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の新キャスト発表会見が14日、東京・渋谷の同局で行われ、小泉今日子さん、星野源さん、松坂桃李さんらの出演が明らかにされた。

     そのほか松重豊さん、岩松了さん、永島敏行さん、柄本時生さん、ベンガルさん、根岸季衣さん、大方斐紗子さんの出演も発表された。

     星野さんは外交評論家・ジャーナリストの平沢和重役、松坂さんは日本オリンピック委員会常任委員の岩田幸彰役、松重さんが東京都知事の東龍太郎役、そして小泉さんが志ん生の長女・美津子役で、ドラマには後半から登場する。

     「いだてん」は「オリンピック」をテーマに、日本人が初めて五輪に出場した明治の終わりから、東京に五輪がやってきた1964年まで、およそ50年にわたって描くオリジナルストーリー。戦争と政治と景気に振り回された人々の群像劇になる。

     主演は中村勘九郎さんと阿部サダヲさん。勘九郎さんは日本最初の五輪選手となる金栗四三役、阿部さんはコーチとして日本水泳の礎を築き、「東京オリンピック」実現に執念を燃やす政治記者・田畑政治役で、勘九郎さんと阿部さんは“リレー”形式で主演のバトンをつなぐという。19年1月6日からスタートする。


    https://mantan-web.jp/article/20181214dog00m200014000c.html


    (出典 upload.wikimedia.org)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【2019年大河】「いだてん」新キャスト発表 小泉今日子、星野源、松坂桃李ら】の続きを読む



    (出典 storage.mantan-web.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/04(火) 21:05:29.44 ID:CAP_USER9.net

    鈴木亮平が主演を務めるNHK大河ドラマ『西郷どん』の第45回「西郷立つ」が2日に放送され、平均視聴率は前回から0.9ポイント減の11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。
    終盤での1ポイント近い急落には、人気番組『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)が裏で放送されていたことも関係していると思われる。

    「西郷立つ」とサブタイトルでうたった通り、第45回は西郷隆盛(鈴木)が後に西南戦争と呼ばれる戦いを起こすまでのいきさつを描いた。
    明治政府は、帯刀を禁じる「廃刀令」や士族の禄を廃止する「秩禄処分」といった改革を次々と打ち出し、それと呼応するように全国で士族の不満が高まっていた
    西郷が鹿児島に設立した私学校に集う生徒たちも暴発寸前となっていたが、西郷はなんとかそれを抑え込んでいた。

    ところが、政府が遣わした密偵が私学校に潜り込んでいたことが判明。いきり立った生徒たちは政府の火薬庫を襲撃し、密偵を拷問して政府が西郷を暗殺しようとしていることを知る。
    事態を把握した西郷は、ついに自らが立つことを決意し、「東京に行って政府を問いただす」として、武装した兵とともに鹿児島を発った――という展開だった。

    おおむね史実に沿った展開であり、「西郷は不平士族たちを必ず抑え込んでくれる」と信じる東京の大久保利通(瑛太)と、
    暴発寸前の生徒たちに乗せられていく西郷の姿とを対比して描く構成も良かった。だが、視聴者からは「肝心な部分でお茶を濁した」との批判もかなり上がっている。
    つまり、西郷がなぜ決起したのか、その理由がはっきりと描かれていないというのだ。

    一応、劇中では、拷問された密偵が「ボウズヲシサツセヨ」との指令を政府から受けていたと白状したことになっていた。
    これ自体は、現在の定説に近い。西郷は、「シサツ」は本当に「刺殺」を意味するのかと密偵に問うたが、答えは返ってこなかった。これを西郷がどう解釈したのかはわからない。
    だが、「ああ、よかよか」とそれ以上詰問せず、いきり立つ生徒たちに「みんなで東京に行き、まつりごとのあり方を問いただす」と宣言した。
    「お茶を濁した」と視聴者が感じたのは、この部分だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1596927/
    2018.12.04 19:05 ビジネスジャーナル


    【【大河ドラマ】『西郷どん』“最悪”な演出で視聴率急落?…最大の見せ場、西南戦争のきっかけをボカす】の続きを読む



    (出典 newsimg.oricon.co.jp)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/11/17(土) 17:50:28.49 ID:CAP_USER9.net

    2018年11月16日 16時0分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15605495/

    (出典 image.news.livedoor.com)

    瑛太が大河打ち上げを抜け出して会った相手は…

     東京・目黒川のほとりに佇む一軒の薄暗いバー。そのボックス席で談笑するグループの中に、瑛太(35才)と永山絢斗(29才)というイケメン兄弟がいた。そして、兄弟の間には1人の女優が座っていた。NHK大河ドラマ『西郷どん』で瑛太と共演中の黒木華(28才)だった。

     現在、瑛太は同ドラマで西郷隆盛の盟友・大久保利通を、黒木は西郷の3番目の妻・糸を熱演中。大久保と西郷は今後敵対していくが、ある意味敵同士の役柄であるこのふたりが深夜の密会とは──。

     10月末、すでにクランクアップを迎えた『西郷どん』の打ち上げパーティーが都内の高級ホテルで行われていた。

    「大河ドラマは収録が1年以上も続く長丁場。打ち上げは毎年大きな盛り上がりを見せます。西郷を演じた鈴木亮平さん(35才)にスタッフがたくさん駆け寄っていましたが、瑛太さんは隅っこで淡々とグラスを傾けていました。二次会を終えたあたりで打ち上げチームから離脱。黒木さんを呼び出してなじみのバーに向かったようです」(番組関係者)

     深夜12時頃、瑛太は“主人公の奥方”と共に弟と合流したのだった。黒木は若手女優の中でも実力派No.1といわれ、今年だけでも5作の映画に大河、現在は人気ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)に出演する超多忙な女優。イケメン兄弟と人気女優による深夜の密会となると、その関係性が気になってしまうが…。

    「気になるのは当然ですが、3人は所属事務所が同じで、怪しい関係ではありませんよ(笑い)。この日は“大河トーク”で盛り上がったそうです。永山さんは来年の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』に出演が決まっているため、情報交換もしていたそうです」(テレビ局関係者)

     深夜に熱く語り合う仲なのは間違いないようだ。実は瑛太が弟を呼び出したのにはもう1つ理由ある。

    「瑛太さんは“お酒のトラブル”を気にしたようです。この4月に『西郷どん』にも出ている関ジャニ∞の錦戸亮さん(34才)との酒席でのトラブルが報じられて以来、お酒との“付き合い方”には注意深くなった。万が一、何かあった時に瑛太さんの“暴走”を止められるのが弟の永山さん。永山さんは瑛太さんをなだめられる唯一の人といわれてます。永山さん効果なのか、最近はめっきりお酒のトラブルも減ったそう。打ち上げで盛り上がった瑛太さんは、念のため“ストッパー”を呼んだのでしょう」(前出・テレビ局関係者)

     その前に、妻・木村カエラ(34才)が待つ自宅に帰った方がよさそうな…。

    ※女性セブン2018年11月29日・12月6日号


    (出典 d39t9tn4y25mgl.cloudfront.net)



    (出典 www.sankei.com)



    (出典 img.cinematoday.jp)


    【瑛太、深夜に大河打ち上げ離脱で黒木華呼び出し 関係者「怪しい関係ではない(笑)」「大河トークで盛り上がった」】の続きを読む

    このページのトップヘ