気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:女優 > 石原さとみ


    視聴率右肩下がりの石原さとみ 7月主演ドラマ次第で結婚も?


    NO.7379877 2019/04/07 11:18
    視聴率右肩下がりの石原さとみ 7月主演ドラマ次第で結婚も?
    視聴率右肩下がりの石原さとみ 7月主演ドラマ次第で結婚も?
    7月から放送されるドラマ『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』(TBS系)で主演を務めることが決まっている石原さとみ。

    今回の作品は、いろいろな意味で重要なものとなりそうだ。

    「最近の石原の主演ドラマの全話平均視聴率を見ると、完全に右肩下がり。残念ながら、年齢を重ねるとともに人気は低下していると言わざるをえない状況です」(テレビ局関係者)

    実際に、石原がここ数年の間に主演したドラマの全話平均視聴率を見てみると、2016年の『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)が12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、17年の『アンナチュラル』(TBS系)が11.1%、18年の『高嶺の花』(日本テレビ系)が9.5%となっている。

    そこまで“爆死”しているわけではないものの、間違いなく低下傾向となっているのだ。

    「この『Heaven?』の視聴率が悪かったら、石原の事務所内序列も下がってしまうのでは」(同)

    ホリプロが抱える主演級の女優といえば、石原、綾瀬はるか、深田恭子といったところ。

    その後輩格として高畑充希が控えている。

    「3人の看板女優の間に高畑が入り込むとなると、あまり数字を持っていない石原が“格下げ”になる可能性が高くなる。まさに7月期の『Heaven?』は、石原にとっての試金石になると思います」(芸能事務所関係者)

    尻に火がついた状態の石原だが、一方でプライベートを充実させたいという気持ちもあるようだ。

    「昨年交際が報じられたSHOWROOMの前田裕二社長との結婚を考えて、仕事をセーブしていたという噂もあります。ただ、今回ドラマの主演をするということで、気持ちが揺れている部分はあるのでは。もし、『Heaven?』が好評だったら、女優への熱意が復活してくるかもしれないけど、コケてしまったら、いよいよ結婚に向かっていく可能性も高いでしょう」(同)

    いずれにせよ、石原にとって、『Heaven?』というドラマが今後の人生を左右することとなりそうだ。
    【日時】2019年04月07日 08:00
    【提供】日刊サイゾー


    【視聴率右肩下がりの石原さとみ 7月主演ドラマ次第で結婚も?】の続きを読む



    (出典 www.zakzak.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/06(水) 12:39:28.41 ID:80J56Vjr9.net

    1月半ば、年内の結婚に向けて準備着々と報じられた女優の石原さとみ。ところが、またもや雲行きが怪しくなってきたと囁かれている。

    石原は昨年5月、IT企業社長のM氏との交際が発覚。芸能マスコミを驚かせた。

    「去年の初めまではジャニーズ事務所の山下智久と交際。2人はそのまま良好関係が続くと思われました。
    しかし、突然にM氏の名が浮上。一部週刊誌が2人が沖縄にいるところを押さえましたが、あまりの展開に意表を突かれました」(芸能ライター)

    山下に関しては〝捨てられた〟という見方が定説だ。
    M氏と交際が発覚する少し前、部屋に入れてもらえないのか、石原のマンションのエントランスをウロウロする山下の姿が目撃されている。

    「石原はうっとうしかったのでしょう。その後、山下に知られないよう、所属事務所近くのタワーマンションに引っ越ししています。
    タワマンにはM氏も住んでおり、〝別部屋同棲〟になったらしいのです」(女性誌記者)

    それにしても山下とは相思相愛だったはずなのに、なぜ引っ越しをするほどまで嫌ったのか。

    「石原が信仰する新興宗教への入信を何度も山下に迫ったが、山下は『それだけはできない』と平行線だったそうです。
    そのため石原は見切りをつけて捨てた。でも捨てられた山下は諦めきれず、石原のマンションで待ち伏せたしたというのが真相」(前出の芸能ライター)

    宗教問題でM氏との関係に暗雲

    一方のM氏は、石原と宗教のイベントに一緒に参加したと一部で報道された。

    「仕方なく行ったとか、それなりに前向きだったみたいだったとか、さまざまな見方が出ていましたが、やはりいまだ入信までは至っていないようです。
    山下もそうですが、交際していても宗教や信仰は別問題でしょう」(前出の女性誌記者)

    石原とM氏は昨年末、別々に過ごしたことも明らかになっている。
    最近は一部の週刊誌が、「会う時間なんてない」と破局をにおわす石原の発言を記事にしている。

    「人気女優と企業の社長ですから、2人とも多忙。『会う時間がない』は、ただの〝愚痴〟との説もあります。

    とはいえ結婚となれば、相手の宗教にはやはり理解を示さなければなりませんからね」(同・記者)

    M氏がそこまでいけないのなら、山下同様に捨てられる可能性は大かもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1719671/
    2019.03.06 11:21 まいじつ


    【石原さとみ「年内結婚へ」の裏で再び囁かれる“あの問題”】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 悪魔のいけにえ ★ :2018/12/20(木) 15:23:05.88 ID:CAP_USER9.net

    女優・石原さとみの人気が、このところ急落気味だという。
    確かに男性週刊誌でも名前を見掛けることが少なくなり、「石原時代の終焉」を告げるかのようだ。

    「本当に一気に人気がなくなったという感じですね。
    彼女というと新垣結衣、北川景子、綾瀬はるか…など、ほぼ同年代と人気を分け合ってきた。
    しかし、このところ石原だけが無残なほどの落ち込み。もう回復はないといわれるほどです」(芸能ライター)

    石原は、IT業界では有名な若手社長M氏と交際。
    何の前触れもなく、今年5月に沖縄旅行をスクープされ、2人の真剣交際が発覚した。

    「今年の初めまで石原は、ジャニーズ事務所の山下智久と交際。
    山下が仕事先から足しげく石原のマンションに通う姿が目撃され『本命中の本命』とみられていました。
    マンションに泊まるほどですから、石原も山下との結婚を考えていたのだと思います。
    しかし、それが一転M氏になった。石原が山下をフッたといわれています」(同・ライター)

    人気挽回には破局だ!破局!

    それにしても結婚説が出ていた2人だけに、なぜ、突然破局となったのか。

    「石原は某新興宗教の信者ではないかと週刊誌に報じられたことがあります。
    山下側の話を総合すると、石原は山下に自分の信仰に対する理解を求めた。
    そうすれば結婚も考えるというものだったようです。山下は結婚したいがために一度は考えたようですが、
    ジャニーズの看板ということもあり、断念。すると石原は無慈悲にもポイ捨て。
    山下がナミダ目でマンションを出てくるところが目撃されています」(ジャニーズライター)

    一方で、石原とM氏との関係はイマイチ見えない。

    「石原とM氏のつながりは、結局は宗教ではないかという見方が出ています。
    実は石原は宗教内でも“大幹部”という情報があるのですが、ガードが固くて確証はありません。
    それはM氏も同様で、一部写真週刊誌が宗教イベントに一緒に出席したと報じたものの、
    実際に信者かどうかは分かりません。2人ともナゾです」(前出の芸能ライター)

    ただ、石原は今年7月期ドラマ『高嶺の花』の平均視聴率が9.5%と惨敗。
    交際を考え直したともいわれている。

    「M氏と付き合いだして、石原の人気は明らかに落ちた。
    そこで彼女は、少なくとも熱心な信者ではないM氏と別れる決意をしたともいいます」(同)

    真相はどうあれ、人気挽回には“破局”こそが特効薬だろう。

    https://news.nifty.com/article/entame/myjitsu/12156-70271/

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1545215879/


    【なぜ?女優・石原さとみ人気凋落 「本当に一気に人気がなくなった。もう回復はない」の声も…山Pとの破局は宗教が原因か】の続きを読む



    (出典 www.ntv.co.jp)



    1 muffin ★ :2018/09/20(木) 11:11:17.69 ID:CAP_USER9.net

    打ち上げに全身黒のシックな出で立ちで参加した石原
     ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)の打ち上げで、思わず涙を流してしまう石原さとみ(31才)の姿があった。

    「他の人たちは3分程度のスピーチだったんですが、石原さんは10分近くも作品に対する思いを語っていました。でも、途中から泣きだしてしまって…ドラマにかけた熱意が強かった分、悔しかったのかもしれません」(参加者の1人)

     9月12日の夜、東京・原宿のイタリアンレストランで『高嶺の花』の打ち上げが行われた。主演の石原さとみ(31才)が演じたのは、華道の名門の家に生まれ、財力やキャリアに加えて美貌も持ち合わせた女性。ところが結婚式当日に破談となり、平凡な自転車店店主と恋に落ちてしまうという“超・格差恋愛”物語だ。

    「相手役に昨年放送のNHK朝ドラ『ひよっこ』でブレークした、ロックバンド・銀杏BOYZの峯田和伸さん(40才)を迎え、脚本は野島伸司さん(55才)。話題性に富んでいて、始まる前から局内では“これは高視聴率が狙えるぞ”と期待されていました」(テレビ局関係者)

     しかし、読みは外れた。視聴率は初回こそ11.1%だったものの、その後は下落が続き、1ケタ台で安定してしまっていた。

     冒頭の打ち上げはそんな“惨敗ムード”を感じさせない明るい雰囲気で始まったのだが、最後に石原が挨拶に立つと雰囲気が一変したという。

    「石原さんは7~8年前に野島さんと初めて食事をした時に、“経験の少ない今のあなたではラブストーリーは書けない”と言われて、かなり悔しかったそうです。それから奮起した彼女はさまざまな経験を積んで、昨年、野島さんに逆オファーし、『高嶺の花』が実現したと熱く語っていました。でも、視聴率という結果が出なかったことに対し、その後は“勝てなかった”“悔しい”“全責任は私です”“ご迷惑をおかけしました”と、涙を流し始めて…会場は静まり返ってしまいました」(前出・参加者)

     石原がこれほどまでに「勝ち負け」にこだわったのは、“ライバル”の存在もあるという。それは同じ事務所で年齢も近い綾瀬はるか(33才)である。

     石原とは裏腹に、綾瀬が主演を務めた『義母と娘のブルース』(TBS系)は絶好調。初回は11.5%と『高嶺の花』と変わらなかったが、その後は右肩上がりとなり、9月11日放送の第9話は17.3%(関東地区)と今クールドラマで最高をマークした。

    「2人のライバル関係は2004年頃から始まっています。綾瀬さんの出世作となったドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS系)は、もともと石原さんが主役を務める予定でしたが、他の仕事の都合上、白血病に冒されたヒロインとして坊主頭になることができず、出演を断念しました。自分の“代役”だった綾瀬さんが、あのドラマでブレークしたことに、内心悔しい思いはあったでしょう。

     石原さんとしては、舞台経験も重ねて、“演技力でも私が上”という自負もありますが、綾瀬さんは出演するドラマがことごとく当たるので、忸怩たる思いがあるのではないでしょうか」(芸能関係者)

     石原は『高嶺の花』が始まる前は、「ラ*トーリーはこの作品で最後にしようと思っていた」とスピーチで語っていた。しかし、この低視聴率を受けて、「もうちょっと(ラ*トーリーを)続けてみようと思います」と前言撤回。この言葉に、それまで息をのんでいた出席者から、拍手が巻き起こったという。

     二次会では、この日に放送された最終回を参加者全員で視聴。ちなみに最終回の視聴率は11.4%と番組最高を記録した。石原の熱い女優魂が通じたのかもしれない。

    ※女性セブン2018年10月4日号

    2018.09.19 16:00
    https://www.news-postseven.com/archives/20180919_764434.html?PAGE=1#container

    (出典 img2.news-postseven.com)


    ★1が立った日時:2018/09/19(水) 19:54:30.70

    前スレ
    【芸能】石原さとみ、ドラマ『高嶺の花』打ち上げで「悔しい」「全責任は私」と涙 ★2
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537369401/


    【石原さとみ、ドラマ『高嶺の花』打ち上げで「悔しい」「全責任は私」と涙】の続きを読む



    (出典 girlswalker.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/14(火) 22:21:43.26 ID:CAP_USER9.net

    石原さとみ(31)主演のドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)が、予想に反し大苦戦中だ。番組視聴率が右肩下がりの傾向をしている。1話は11・1%と二桁でスタートしたのだが…。
    「第2話は9.6%に急落。そして第3話は8.2%で、番組制作担当は石原の所属事務所から突き上げを喰らっている。
    プロデューサーも、日テレ宣伝担当が『大口を叩くだけで全く仕事をしてくれない』と責任転嫁する始末。皆、シラけ切っていますよ」(制作関係者)
    当然、現場は暗い雰囲気に包まれ、スタッフもヤル気をなくしているという。
    「出演者も共演者も顔を合わせれば視聴率の話だけ。弁当のレベルもどんどん悪くなる。スタッフは1日も早く、クランクアップが来ないかと待ち望んでいる状態です」(ドラマ関係者)
    そんな中、懸念されているのが石原の出演料。ドラマ視聴率が急落すると基本、出演料の基準が下がってしまうのが昨今の状態だ。
    「石原クラスだと、ゴールデン&プライム帯の主演でギャラは1本200万円?。
    次回、日テレのドラマに出る時は当然、この金額が基準になるのですが、主演したドラマの平均視聴率がシングルだと、ギャラはこの基準枠から1~2割ダウンする。
    局によっては、3割ダウンを要求するかもしれません」(同)
    どんなに売れていても、“視聴率低迷”というレッテルを貼られた女優は、惨めの一言だという。
    「他局は石原に出演して欲しいから無理なことは言わないが、日テレは視聴率三冠王を盾に、ギャラ130万円?と、ものすごい金額を提示する可能性もあるんです。
    視聴率1%が20万円といわれている。これが、俳優が視聴率を必死に気にする理由です」(芸能関係者)
    ドラマ出演料が下がると、並行してCM出演料も釣られて急落するという。
    「石原クラスでCM1本当たり基本3000万円?。だが、視聴率が取れないという評判が回ると2?3割引きは当たり前なんです。
    まあ、そもそも、その前にオファーがパタリと来なくなりますが…」(同)
    石原は日テレと心中してしまう?


    http://dailynewsonline.jp/article/1501725/
    2018.08.14 21:30 週刊実話


    【現場スタッフもサジを投げた石原さとみ主演ドラマの暗雲】の続きを読む

    このページのトップヘ