気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:音楽 > 安室奈美恵


    安室奈美恵の「引退商法がやり過ぎ」熱心なファンも怒りだす?


    NO.6605456 2018/07/24 08:16
    安室奈美恵の「引退商法がやり過ぎ」熱心なファンも怒りだす
    安室奈美恵の「引退商法がやり過ぎ」熱心なファンも怒りだす
    今年の9月16日に芸能界から引退することを発表している歌手の安室奈美恵について、その“引退商法”が「えげつない」などと、インターネット上で批判の声が出ている。

    話題になっているのは、7月26日から開催される安室の展覧会『namie amuro Final Space』に関連して販売されるオリジナルグッズについてだ。

    会場ではパンフレットやポスター、Tシャツにフェイスタオルなど定番のアイテムが並ぶが、ネットショッピング限定としたアイテムが一部から反感を買っている。

    「安室をモチーフとしたドールが1体約2万円と高額な上、全5種類とバリエーションが豊富なため、《金集めがひどい》などといった投稿があります。通常なら『欲しい人が買えばいいだけ』とスルーされるようなことだと思いますが、ここのところ引退関連の高額商品発売が頻発しているため、ファンからは『またか』という印象を持たれているのでしょう」(芸能誌ライター)

    このライターは他の例として、8月に発売される最後のライブDVD&Blu-rayも、同じく全5形態あることを挙げている。

    「それぞれが一部異なる内容を含んでいるため、熱心なファンには5形態とも購入する方もいるでしょう。さらに..



    【日時】2018年07月23日 21:00
    【ソース】まいじつ


    【安室奈美恵の「引退商法がやり過ぎ」熱心なファンも怒りだす?】の続きを読む



    (出典 i.pinimg.com)



    1 ひかり ★ :2018/07/20(金) 23:12:51.90 ID:CAP_USER9.net

     9月16日に引退する歌手の安室奈美恵さんが表紙を飾った女性ファッション誌「andGIRL(アンドガール)」(エムオン・エンタテインメント)の
    8月号がこのほど、発売され、安室さんはインタビューで、これまでの人生のターニングポイントを「30歳前後かな」と告白している。

     世間でブームを巻き起こした20歳のときよりも、「30歳前後」が自身の転機と話した安室さん。「30代の音楽活動は、充実していましたね。
    周囲に自分の意思を素直に話せるようになったし。いろんな音楽に挑戦しながらも、自分では詩や曲を作らないと決めたのもこの頃」と話した。

     その理由について「何度かチャレンジしたけど、それほど向いてないなと(笑い)。自分の頭にある理想の音楽やライブを表現するには、私が書くより、
    信頼するプロに意思を伝えて任せた方がいいかなと」「そもそも、私は自分が全部を完璧にやれるとは思わないんです。時間は有限だから、苦手なことを
    無理にやるより、私がやるべきパートをさらに磨いた方がいいかなって」と明かしている。

     同号では、巻頭特集「いままでも、これからも!『いつも心に安室奈美恵』」を掲載。安室さんに「どんな30代を過ごしてきたのか?」を聞く
    インタビューのほか、30代前後の“アラサー女性”が選んだ安室さんの楽曲ベスト3を紹介する企画も掲載された。また俳優の山下智久さん、
    竹内涼真さんも登場。ファッション企画「『まんま真似(まね)するだけ!』夏のシーン別!誰より可愛いワンツーコーデ」なども掲載されている。
    690円。

    毎日キレイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000005-maikirei-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【<安室奈美恵>人生の転機は「30歳前後」「詩や曲を作らないと決めた」】の続きを読む



    (出典 img.barks.jp)



    1 湛然 ★ :2018/06/28(木) 04:59:12.74 ID:CAP_USER9.net

    2018.06.27 18:00
    安室奈美恵、前髪ぱっつん“ドーリー”姿が可愛すぎ

    今年9月16日に引退する歌手の安室奈美恵が7月27日発売の雑誌「NYLON JAPAN」9月号のカバーガールに登場する。

    日本を代表するファッションアイコンとして君臨し続けてきた歌姫・安室が、今話題の最高級ファッションブランドLouis Vuittonのモノグラムコートをドーリーにまとった圧巻の表紙に。

    安室奈美恵スペシャルイシューとなった9月号では、Paris Hiltonなどのセレブリティのシューティングを手掛ける若手新進気鋭フォトグラファーCHARLOTTE RUTHERFORD(シャーロット・ルザフォード)がLAより来日し、撮り下ろした20ページに渡る史上最強のカバーストーリー。同誌でしか見られない極彩カラーのおとぎ話のようなヴィヴィッドな世界観に仕上がった。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    「NYLON JAPAN」9月号(カエルム、7月27日発売、表紙:安室奈美恵)/画像提供:カエルム)

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)

    https://mdpr.jp/news/detail/1775825


    【安室奈美恵、前髪ぱっつん“ドーリー”姿が可愛すぎ】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 shake it off ★ :2018/06/03(日) 22:59:36.84 ID:CAP_USER9.net

    安室奈美恵が6月3日、ラストツアー<namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~>ファイナル公演を迎えた。

    2月17日より始まった自身最後となるこのツアーは、国内17公演+アジア6公演でソロアーティスト史上最多となる約80万人を動員。セットリストはファンからのリクエスト上位の中から24曲、とオールタイムベストアルバム『 Finally』の中から新曲6曲という、まさに安室奈美恵25年の歴史を辿るベストライブだ。BARKSでは追ってこの公演のライブレポートもお届けする。

    このラストドームツアーの模様は、8月29日に映像作品『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~』としてDVD・Blu-rayで発売されることが決定している。ファンに向けたMCまで収録された本作品は、東京ドーム最終公演と2017年9月に開催された“25周年沖縄ライブ”に加え、5人のディレクターがテーマ別に編集した“各地5大ドームから選べる1公演”の3公演を収録した、全5種類を発売。
    さらにジャケット写真に任意の名前を印字できる、安室奈美恵オフィシャルファンクラブ fan space 会員限定盤も発売される。ほかにもタワーレコードでオリジナルシリコンバンド、オリジナルクリアファイルなどの購入特典が用意されているほか、各販売サイト、販売店ではオリジナルの特典がそれぞれ用意されている。予約の受付も、本日よりスタートしている。

    DVD・Blu-ray『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~』
    2018年8月29日発売
    ディスク:DVD 各5枚組/Blu-ray 各3枚組
    初回仕様 (DVD/Blu-ray共通):
    ・デジパック+ロゴ箔押し
    ・スマホで簡単に観られる「プレイパス」サービス付き

    形態・品番:
    (1)東京ドーム最終公演+(2)25周年沖縄ライブ+(3)ナゴヤドーム公演
    【ナゴヤドーム】海外アーティストも絶賛のディレクターが洋楽テイストに編集

    (1)東京ドーム最終公演+(2)25周年沖縄ライブ+(3)福岡ヤフオク!ドーム公演
    【福岡ヤフオク!ドーム】今回唯一の女性ディレクターが安室奈美恵メインに編集

    (1)東京ドーム最終公演+(2)25周年沖縄ライブ+(3)札幌ドーム公演
    【札幌ドーム】数多くのアイドルグループを手がけるディレクターがグループショットメインに編集

    (1)東京ドーム最終公演+(2)25周年沖縄ライブ+(3)京セラドーム大阪公演
    【京セラドーム大阪】ダンスジャンルを得意とするディレクターがダンスメインに編集

    (1)東京ドーム最終公演+(2)25周年沖縄ライブ+(3)5月東京ドーム公演
    【5月東京ドーム】ライブ映像の礎を築いた大御所ディレクターが安室奈美恵と観客の感情を豊かに編集

    収録内容
    (1)東京ドーム最終公演 (DVD2枚 / Blu-ray 1枚)
    01_ Hero
    02_ Hide & Seek
    03_ Do Me More
    04_ Mint
    05_ Baby Don’t Cry
    06_ GIRL TALK
    07_ NEW LOOK
    08_ WHAT A FEELING
    09_ Showtime
    10_ Just You and I
    11_ Break It
    12_ Say the word
    13_ Love Story
    14_ SWEET 19 BLUES
    15_ TRY ME ~私を信じて~
    16_ 太陽のSEASON
    17_ You're my sunshine
    18_ Get Myself Ba*
    19_ a walk in the park
    20_ Don't wanna cry
    21_ NEVER END
    22_ CAN YOU CELEBRATE?
    23_ Body Feels EXIT
    24_ Chase the Chance
    25_ Fighter
    26_ In Two
    27_ Do It For Love
    28_ Hope (Multiangle - NAMIE AMURO×ONE PIECE「Hope」Original Live Movie)
    29_ Finally
    30_ How do you feel now? (Multiangle - 「How do you feel now?」Original Live Movie)

    (2)25周年沖縄ライブ (DVD1枚 / Blu-ray 1枚)
    01_ TRY ME ~私を信じて~
    02_ ハートに火をつけて
    03_ 太陽のSEASON
    04_ ミスターU.S.A.
    05_ 愛してマスカット
    06_ PARADISE TRAIN
    07_ Just You and I
    08_ Chit Chat
    09_ Can You Feel This Love
    10_ ONLY YOU
    11_ You're my sunshine
    12_ a walk in the park
    13_ Body Feels EXIT
    14_ Chase the Chance
    15_ Don't wanna cry
    16_ SWEET 19 BLUES
    17_ Fight Together
    18_ Damage
    19_ Mint
    20_ Fighter
    21_ ROCK U
    22_ Let’s Go
    23_ Higher
    24_ GO! GO! ~夢の速さで~
    25_ Strike A Pose
    26_ NEVER END
    27_ Hero

    (3)各地5大ドーム公演から1公演 (DVD2枚 / Blu-ray1枚)
    ※楽曲は、(1)と同様になります。(マルチアングルは収録されておりません)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180603-00000832-bark-musi


    【【音楽】安室奈美恵、ラストツアーを映像化。テーマ別に5人のディレクターが編集】の続きを読む



    (出典 cdnx.natalie.mu)



    1 豆次郎 ★ :2018/06/04(月) 04:22:54.40 ID:CAP_USER9.net

    6/4(月) 4:03配信
     9月16日での引退を表明している歌手の安室奈美恵(40)が3日、東京ドームでソロ史上最多80万人を動員した5大ドーム&アジアツアー「namie amuro Final Tour 2018~Finally~」(国内17公演、アジア6公演)を締めくくった。5万2000人を前に涙、そして笑顔で別れを告げた。故郷・沖縄などでラストライブを行う可能性は十分残されているが、引退まで残り3か月の活動は“白紙”のまま、最後の花道となるラストツアーを終えた。

     笑顔を浮かべながらも、安室の涙はずっと止まらなかった。最後に恩師・小室哲哉氏(59)が作詞作曲した「How do you feel now?」を歌い上げ、16人のダンサー一人ひとりと抱き合った。そしてステージに一人残り、マイクを手にした。

     「昨年、発表させていただきました。今年の9月16日をもって引退させていただきます。9月16日以降、私がこうしてステージに立つことはありません。だからこそ、この25年間が、私の中で、とてもとても大切な思い出になりました」

     ラストは、5万2000人に「最後は笑顔で。みんな元気でね~! バイバ~イ!」と別れを告げた。8年ほど前から地上波のテレビに出演しなくなり、ライブでもほとんどMCを挟まずにパフォーマンスに徹してきたが、今ツアーは各公演でファンに思いを伝えてきた。だが、今まで必ずライブの最後に口にしてきた「またね」という言葉はなかった。

     今ツアーは、この日を含め80万人を動員。ソロでは小田和正(12年、74万人)を抜いて史上最多となった。95年からのソロツアー22度での通算動員数は497万人になった。

     応募総数273万通のリクエストをもとに数々の代表曲を織り交ぜ。30曲を歌い上げた。過去の自分とシンクロさせる映像も盛り込み、ファンを歓喜させた。

     92年に14歳で「SUPER MONKEY’S」の一員としてデビュー。10代から40代まで史上初4世代にわたるミリオンヒットを記録し、40歳の誕生日を迎えた昨年9月20日に1年後の引退を電撃発表した。

     絶頂期での引退は、安室なりの美学だった。昨年11月のNHK特番「安室奈美恵『告白』」では、初めて引退が脳裏をよぎったのが20代後半だったこと、20周年の5大ドームツアー(12年)後の引退を考えながら踏みとどまり、その時に25周年を引退のタイミングに定めた心境などを吐露した。その中で「引退ってネガティブなイメージがあったりするけど、一つの通過点」とも語っていた。

     今ツアーは「ファイナルツアー」と銘打ったが、ラストライブは、いまだ明らかになっていない。この日以降の活動について、所属レコード会社は「何も決まっていません」とした。先月23日に沖縄県庁で県民栄誉賞を授与された際には「引退までの時間、一生懸命活動していきたい」と語っていた。デビューから25年。平成音楽史にその名を刻んだ歌姫は、104日後に引退する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180603-00000362-sph-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 cdnx.natalie.mu)


    【安室奈美恵、いつもの「またね」なく「バイバーイ」史上最多80万人動員ラストツアー閉幕】の続きを読む

    このページのトップヘ