気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:お笑い芸人 > 明石家さんま



    (出典 www.1242.com)



    1 ひかり ★ :2018/12/09(日) 06:12:49.34 ID:CAP_USER9.net

     タレントの明石家さんま(63)が、8日放送のMBSラジオ「MBSヤングタウン 土曜日」(土曜、後10・00)で、
    所属事務所の後輩にあたるとろサーモンの久保田かずのぶ(39)とスーパーマラドーナの武智(40)の
    暴言問題について、ノーコメントを決め込んだ。

     この問題は、2日の「M-1グランプリ」終了後に、久保田と武智が、審査員を務めたタレントの
    上沼恵美子(63)への暴言をSNS配信し、大炎上を招いているもの。

     久保田、武智の先輩であるさんまは「会社(吉本興業)に止められてますんで。いらんこと言うとコトが
    大きくなるんで」と、吉本からストップがかかっていることを説明。

     「いつもこれ(番組でのさんまの発言)がヤフーニュースのトップにほとんどなるからな」と、この問題にまつわる
    自身の発言のネットニュース化を警戒し、「俺は知らないね。見てないし」と、一線を画していた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000132-dal-ent

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1544275642/


    【さんま 後輩の久保田&武智の暴言問題に「会社に止められてますんで…」】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)



    1 shake it off ★ :2018/11/25(日) 23:03:39.42 ID:CAP_USER9.net

    女優の剛力彩芽(26)が25日放送の日本テレビ系「誰も知らない明石家さんま3時間SP 初密着!さんま5つの謎を解禁!」(日曜・後7時)でさんまと対面し、交際中のファッション通販ZOZOの前澤友作社長(42)について語った。

     剛力は番組企画の明石家さんまと大竹しのぶの結婚と離婚をドラマ化した「さんまのいちばん長い日」で大竹役を熱演、ドラマの撮影後にさんまと対面した。

     剛力の大ファンのさんまは、剛力の交際に「一応、若手の俳優と(交際の)うわさになって欲しかった。その後、今のロケット野郎でいいんだけど。ワンクッションさわやかな俳優とうわさになるんだろうと思っていた。そうしたら気持ちよく剛力を諦められたんだけど」と切り出し、前澤氏と自身を比べ「俺勝ってるちゃうんか? 男としてどこ負けた俺?」と剛力に質問した。

     剛力は「積極的だったところじゃないですかね」と2人の違いを明かし照れ笑い。さんまは「俺が積極的にプロポーズしていたら、ひょっとしたら分からなかったの?」と聞くと剛力は「いや、はい」と応じ、さんまは「うそや、言うてくれよ」と残念がった。

     さんまの妻役を演じた剛力は「でも、今回のお芝居やっていて、しのぶさんと戻る可能性はないですか?」とさんまに質問。さんまは「まぁないな。もう100%超えていると思う」と復縁を否定した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-00000241-sph-ent


    【 剛力彩芽、交際中のZOZO前澤社長と明石家さんまの違い明かす】の続きを読む



    (出典 contents.gunosy.com)



    1 豆次郎 ★ :2018/11/16(金) 11:45:51.41 ID:CAP_USER9.net

    11/16(金) 10:51配信

     株式会社ZOZOの前澤友作社長(42)が16日、自身のインスタグラムを更新。お笑いタレント・明石家さんま(63)とのツーショットを公開し、「恋敵対決?」と注目を集めている。


     前澤社長は「光栄です。I’m honored.」とコメントし、笑顔のさんまがおどけて前澤社長の首をしめているようなショットをアップした。さんまは前澤社長と交際中の女優・剛力彩芽(26)の大ファンを以前から公言しており、テレビ番組で「ZOZOTOWN腹立つねん」「会社社長のとこいく剛力が不満やねん」と話すなど2人の交際には複雑な胸中を明かしてきた。

     ライバルと思われた2人の異例のツーショットとあって、フォロワーからは「恋敵対決?」「コノヤロー剛力ちゃんと言われて首絞められてるんですよね?」「写真からさんまさんの気持ちが凄く伝わります」「彩芽ちゃん、幸せもの~」などの反響が続々と寄せられている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000077-sph-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【ZOZO前澤社長、“恋敵”明石家さんまとついに対面…異色ツーショット公開で大反響】の続きを読む



    (出典 itoh.undine-noah.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/28(日) 18:51:07.71 ID:CAP_USER9.net

    お笑いタレントの明石家さんま(63)が27日、自身がパーソナリティーを務める「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。出演した数々のTV番組の中で、“もっとも疲れる”ものを明かした。

    その番組というのは、日本テレビで94年から11年まで17年に渡って放送された「恋のから騒ぎ」。
    複数人の女性とのトークが展開され人気となった番組だ。
    しかし「(出演者は)素人の女の子やけども、女20人の圧が(凄かった)」と明かす。

    放送当時、さんまは「毎週、毎週、なんで『から騒ぎ』だけ、こんだけ疲れるんやろ?」と思っていたという。
    「男が司会で、女が20人っていう。それだけでエネルギーが…この俺でも消耗するぐらいやから」と語り、
    「やっぱり“女の生きる力”って、凄いねんって」と、女性の生命力の強さにも感服していた。

    ただ、共演する村上ショージ(63)は、さんまの“疲れる理由”に疑問を抱き
    「ロケに行っても、別に休憩してもいいのに、全部(アピールに一生懸命な)新人より前に出て…」と、“笑いに対する貪欲さ”に問題があると指摘。
    ただ、さんまは「“前に出て”ちゃう。俺、メインやからね」と意に介さず。
    さんまのプロ意識の高さがにじみ出る返しだった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15511632/
    2018年10月28日 18時13分 スポニチアネックス


    【明石家さんまが“一番疲れる”と音を上げたTV番組は意外にも…?】の続きを読む



    (出典 grapee.jp)



    1 Egg ★ :2018/10/16(火) 01:19:55.28 ID:CAP_USER9.net

    お笑いタレントの明石家さんま(63)が15日にスタートしたTBS系バラエティー「1番だけが知っている」(月曜・初回は後9時、通常は後10時)に出演。伝説のフジテレビお笑い番組「オレたちひょうきん族」(1981年5月~89年10月)終了の真相を明かした。

     最高視聴率50%以上を記録したTBS系人気お笑い番組「8時だョ!全員集合」(1969年10月~85年9月)が同じ時間帯に君臨していたが、さんまやビートたけしの活躍もあり、「ひょうきん族」が人気を奪っていった。『全員集合』は1985年9月に終了。しかしさんまは、その頃から、たけしが番組と距離を置き始めたことを振り返った。

     「たけしさんは『ひょうきん(族)』に飽きていらしたのか。あまり番組に来なくなって、みんな(レギュラー陣)も『ひょうきん(族)』に対する情熱がどんどん薄れてきた。それまで楽屋は、このコントどうやろうとか、このシーンどうしようとかいう打ち合わせばっかりだったのが、国債入ったとか、株やり始めた、子供のことや将来どうしようと言う話題になっていった。年上の先輩なんかは、どの薬を飲んでいるとか話し出した」と打ち明けた。

     たけしがいないため、番組プロデュサーから「さんまちゃんどうする? さんまちゃんが(番組終了を)決めて欲しい」と託されたという。さんまは「こんな状態なんで辞めましょうか」と答えたと回想し、「ほっといても終わっていたと思いますけどね。でも、早めたのは事実です」と明かした。

     番組では、たけしにもインタビュー。「さんまという“毒”を飲み続けたおかげで、ひょうきん族は意外に早く終わってしまった。あの(さんまの)アドリブと適当さを続けて、お客を引っ張ってきたんだけど、やってるオイラが飽きちゃった。その毒で『全員集合』もやっつけたけど、その毒で自分たちも終わってしまった」と語った。

    10/16(火) 0:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000126-sph-ent


    (出典 renote.jp)


    【<明石家さんま>「ひょうきん族」終了の真相語った!「ほっといても終わっていたと思いますけどね。でも早めたのは事実です」】の続きを読む

    このページのトップヘ