気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:ジャニーズ >



    (出典 xn--uckg0b2e0242c6fc.com)



    1 数の子 ★ :2018/01/18(木) 14:27:43.36 ID:CAP_USER9.net

    『嵐』の松本潤がセクシー女優の葵つかさと、交際を復活させていることが分かった。今後は「結婚を前提」に交際を考えているという。


    「松本は、女優の井上真央と10年近く交際し、結婚するものと思われていました。しかし昨年、破局していることが判明しています。その理由の大半が葵と見られています」(週刊誌記者)


    松本と葵の関係はおととしに『週刊文春』の報道で明らかになっている。松本のマンションに井上が足繁く通っている最中、葵は週3回通っていることがあったという。完全な二股交際だった。


    「松本と葵は、文春の報道が出る2年前から交際していました。しかし記事が出たあと、騒ぎが大きくなり、ほかの週刊誌に『距離を置いている』と言って別れたことを説明しています。これが2016年の後半で最初の破局でした」(同・記者)


    ところが、松本と葵は別れて数か月が経った、昨年の初めによりを戻していたという。


    「松本から葵に『どうしても会いたくなっちゃう』と連絡があり、交際を再び始めたのです。その時点で交際期間は約4年。井上はこのとき、もう激怒というより冷めて、井上の方から終わりを告げたそうです。それほど松本は、葵に惚れ込んでいるというわけです」(ジャニーズライター)


    全文はこちらからお読みください
    https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20180116/Myjitsu_041204.html

    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1516187368/


    【松本潤が葵つかさと「結婚」前提の交際再開へ?! 「井上真央じゃなくて、そっち?」「松潤、見直した」の声】の続きを読む



    (出典 katatosi.com)



    1 豆次郎 ★ :2018/01/05(金) 21:12:46.19 ID:CAP_USER9.net

    1/5(金) 20:30配信
    J-CASTニュース
    嵐ファン、東スポ相手に大暴走 櫻井翔「顔面」記事に...

     「嵐」櫻井翔さん(35)のファンが、東京スポーツの2018年1月5日付記事「嵐・櫻井翔 紅白で"顔面肥大"の謎を追跡」に対し、怒り心頭に発している。

     きっかけは、2017年大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」。お茶の間に登場した櫻井さんの顔面が大きく腫れているように見えるとネットで話題になったのだ。東スポがこれを「顔面肥大」の見出しで報じたところ――。

    ■紅白出演時に「異変」が

     寝起きのような目、むくんだ鼻、ふっくらとした頬...。櫻井さんの「紅白歌合戦」出演時、ネットではいつもと異なる顔立ちに「おかしくない?」「大丈夫かな?」と心配の声が続出していた。リハーサルでステージ下に転落したのではないか――。額に見え隠れする絆創膏から、そんな臆測まで飛び交ったほどだ。

     複数のメディアが、

      「放送事故?『NHK紅白』放送後の話題は『安室の顔が白すぎ』『欅坂が失神』『櫻井翔の顔がおかしい』」(ガジェット通信、1月3日付)
      「嵐・櫻井翔『顔面変形』の裏に何があった!? "ステージから転落"の怪情報も......」(日刊サイゾー、1月5日付)
      「嵐・櫻井翔 紅白で"顔面肥大"の謎を追跡」(東京スポーツ、1月5日付)

    とこの話題を取り上げた。

    東スポに見解を聞いてみたら...

     中でも東スポの書きぶりは「顔面肥大」「まさかの"顔面変形騒動"が勃発していた!」「まるでアンパンマン」と強烈だった。こんな表現の連発に、ファンの一部は

      「アンパンマン!? 顔面肥大!? 何がアンパンマンなん? 本当に酷い...」
      「デカデカと『顔面肥大』だなんて失礼極まりない お前らの顔面も晒してみろ」
      「顔面肥大ってなんなの ニュースというかもうそれ誹謗中傷じゃないですか」

    とツイッターで怒りをあらわに。

      「翔くんの件について書かれた新聞読んで めっちゃむかついたから大阪支店と本社に電話した」
      「記事に書いてあるとおりです。の一点張りで会話が何1つ成立しなかった」

    と、直接「殴り込み」を図るファンも現れた。

     東スポや大スポ(東スポの関西四国版)の電話番号を貼り付けるツイートも少なくないが、嵐ファンのこうした「暴走」を東スポ側はどう受け止めているのか。東京本社の法務広報室長は18年1月5日のJ-CASTニュース編集部の取材に、

      「読者からの問い合わせの内容やそれに対する本紙の見解等についてはコメントを控えさせていただきます」

    と回答するにとどめた。

     それにしても、櫻井さんに何があったのだろうか?

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180105-00000014-jct-ent


    【≪殴り込み≫ 嵐ファン、東スポ相手に大暴走 櫻井翔「顔面」記事に...】の続きを読む



    (出典 tarosoku.com)



    1 pathos ★ :2017/12/31(日) 23:16:47.82 ID:CAP_USER9.net

     31日の『NHK紅白歌合戦』に出演した嵐の櫻井翔の異様な容貌に戸惑いの声が上がっている。

     
    番組序盤、白組の竹原ピストルの紹介の際に登場した櫻井。竹原に感銘を受けたという櫻井が
    歌手紹介を行うのだが......。

     櫻井の顔立ちが、いつもと大きく異なると指摘が相次いでいる。


    「櫻井の『目が腫れている』『顔がいつもと違う』と大きな話題になっています。
    確かにいつもよりも表情が大きく違うような感は確認できますね。

    『体調が悪いのか』『どうしちゃったの』と、
    明らかな変化に戸惑う意見が多いですね」(記者)

     突然の異変にファンたちは騒然としているようだが、
    それだけ嵐メンバーが注目を集めているということか。

     ただ、以前より櫻井はその容姿に関し疑問が
    抱かれていた。

     31日の『NHK紅白歌合戦』に出演した嵐の櫻井翔の異様な容貌に戸惑いの声が上がっている。

     
    番組序盤、白組の竹原ピストルの紹介の際に登場した櫻井。竹原に感銘を受けたという櫻井が歌手紹介
    を行うのだが......。

     櫻井の顔立ちが、いつもと大きく異なると指摘が相次いでいる。

    「櫻井の『目が腫れている』
    『顔がいつもと違う』と大きな話題になっています。確かにいつもよりも表情が大きく違うような感は確認できますね。


    『体調が悪いのか』『どうしちゃったの』と、明らかな変化に戸惑う意見が多いですね」(記者)

     
    突然の異変にファンたちは騒然としているようだが、それだけ嵐メンバーが注目を集めているということか。

     
    ただ、以前より櫻井はその容姿に関し疑問が抱かれていた。


    http://biz-journal.jp/gj/2017/12/post_5469.html


    (出典 t2-workshop.com)


    【嵐の櫻井翔 『紅白』での「異様な顔」に衝撃......「激太り」「むくみすぎ」 おでこに絆創膏?】の続きを読む



    (出典 pics.prcm.jp)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2017/12/27(水) 00:20:32.90 ID:CAP_USER9.net

    「Mステ」で松潤に触った観覧客に嵐ファンがブチ切れ!
    2017/12/26 18:14
    ttp://asajo.jp/43825

    (出典 asajo.jp)


     羨ましすぎる展開にファンの嫉妬は最高潮に!?

     嵐の松本潤が22日放送の音楽特番「ミュージックステーション スーパーライブ2017」(テレビ朝日系)で、ファンであれば誰もが羨ましがるファンサービスを見せ、ファンをザワつかせた。

     この日の大トリを飾った嵐はメドレーで3曲を披露。最後の「Love so sweet」では、メインステージからサ*テージにメンバーたちは移動しながら歌った。
    サブステージへの外周通路は、スタンド最前列から手を伸ばせば届くぐらいの距離感。
    観覧客は目をキラキラさせて見つめていたのだが、松本はその中の一人に自ら手を伸ばして触れ合い、その女性が嬉しそうにはしゃぐカットが映された。

     まさかのサービスに観覧客が感激するのは当然だが、テレビを観ていた嵐ファンからは
    「悔しくて、家で悶絶してしまった」「今、あの女触ってたよね」「絶対許さない」といった物騒な声が上がるなど、
    羨ましいというより、嫉妬に燃えるファンもいたようだ。

    「2015年の同ライブでは、サンタの仮装をした女性が二宮和也の腕をガッチリ掴んでいる瞬間が放送されたことがありました。
    その時は女性がやり玉に挙がり、誹謗中傷を浴びるという事態に。今回は、明らかに松本の方から手を差し伸べていたのですから、ファンも大目に見てほしいですね」(エンタメ誌ライター)

     最近では、嵐と乃木坂46のスペシャルコラボで嵐の曲の歌詞を間違えてしまった乃木坂の齋藤飛鳥が嵐ファンに叩かれ、謝罪したこともあった。
    嵐ファンのエネルギーは凄まじいだけに、大事にならないことを願うばかりだ。

    (田中康)


    【「Mステ」で松潤に触った観覧客に嵐ファンがブチ切れ!「絶対許さない」】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 shake it off ★ :2017/12/12(火) 20:30:46.18 ID:CAP_USER9.net

    嵐・大野智(37)主演、Hey!Say!JUMP知念侑李出演の映画『忍びの国』がまだまだ熱い。今年7月1日に封切られ、公開2日間で動員40万4500人、興収4億8500万円という結果を残した同作。2017年を代表するヒット作といっても過言ではないほどの盛り上がりを見せた。

     実は現在も「応援上映」という形で全国で上映が続いており、まだまだその勢いは止まらないよう。しかし、12月10日に福岡・大洋映画劇場で行われた上映が、ファンの物議を醸している。

     そもそも「応援上映」とは、映画の上映中に声援を送ることや、アフレコができる新しい映画鑑賞のスタイル。館内ではコスプレをしたり、サイリウムを振ったりして楽しむこともでき、「映画は静かに見るもの」という常識を覆したことが話題になった。今年4月に公開された木村拓哉主演映画『無限の住人』も、ファンの希望が叶い、7月に全国で応援上映が行われている。

    『忍びの国』も公開からしばらく経つが、ファンからの後押しもあり応援上映が決まったよう。しかし、大洋映画劇場での上映では一部のファンが下品な言葉を発したり、鑑賞を妨げるほど大声で叫んでいたというのだ。応援上映に参加したファンのレポートによると、登場人物が縄で縛られるシーンで「SMプレイが始まります!」との声が飛んだとか。
    また、セリフにファンの叫び声が被って聞こえなかったり、ただ雑談をしているだけの人もいたよう。ネット上には「今日の応援上映は最悪。1人の掛け声のおかげでとても気分悪い。こんな応援上映はダメだと思う」「応援上映なんてやっぱり行くんじゃなかった。ここまでひどいとは思わなかった」「あまりにもストーリーやセリフと関係ないこと言ったり、茶化してたりするのは、ちょっとどうかと思う……」との書き込みが。耐え切れず劇場から出てしまった、という人まで見受けられた。

     のちに、大声で叫んでしまったファンがTwitter上に現れ「不愉快な思いをさせてしまい、台無しにしてしまいました。ごめんなさい」と謝罪しているが、「どうやって取り返してくれますか? 私は、あなたのような人と同じ人を好きでいる事さえ恥ずかしいと思いました」「過去最悪の応援上映で非常に不愉快でした」などのリプライがついており、ファンの怒りは収まらないようだ。

     また、劇場内には「智ソロ希望 智ソロコン 智ソロアルバム」と書かれた自作の衣装を着て応援上映に参加したファンが4名ほどいたようで、これも物議を醸すことに。「わざわざこんなの作って恥ずかしい……」「これが大野担だと思われると迷惑」など、同じ嵐のファンから批判を集めている。

     このような一部ファンへの批判だけでなく、『忍びの国』の運営側にも非があると指摘する人もいる。というのも、今回応援上映が行われるにあたって「参加の心得」なる注意事項が公式サイトにて公開されたのだが、
    「突っ込み、歓声なんでもOKです」「嫌な言葉が飛び交っても、広い心で笑い飛ばしましょう」と書かれており、“なんでもアリ”な上に、「嫌な言葉」を聞いた側に寛容な対応を求めるような文章が書かれているのだ。「ファンも悪いけど、この書き方もどうかと思う」「そもそも注意事項がおかしい。これじゃ『嫌な言葉』を言ってもいいってことでしょ?」とのツッコミも飛んでいる。

     応援上映の“火付け役”と言ってもいい、アニメ映画『KING OF PRISM by PrettyRhythm』の公式サイトでは、「むやみに叫ぶのはNG!」「過激な発言、ストーリーに関わるネタバレ等、周囲の方のご迷惑になるような行為や快適な鑑賞を著しく妨げる行為はご遠慮ください」などの注意事項が書かれており、確かに『忍びの国』との違いは一目瞭然。ファンのマナーを信頼した上での表記とも取れるが、福岡での上映で起こったことを考えると、運営側にも対策が求められそうだ。

     『忍びの国』の応援上映は年をまたぎ来年1月にも行われる予定。「自分だけが楽しい」ではなく、劇場にいる人が一緒に楽しめる空間になることを願うばかりだ。

    文・ジャニーズ研究会(じゃにーずけんきゅうかい)※ジャニーズを愛する有志による記者集団。『ジャニーズ50年史』『完全保存版ジャニーズの歴史――光も影も45年』『ジャニーズに捧げるレクイエム』(鹿砦社)など多数の出版物を刊行。

    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171212-00036087-dailynewsq


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    【【映画】嵐・大野智『忍びの国』応援上映でファンの言動や運営側に非難殺到】の続きを読む

    このページのトップヘ