気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:ドラマ > 朝ドラ



    (出典 marog01.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/05(水) 18:38:03.09 ID:CAP_USER9.net

    9月3日に放送された永野芽郁主演のNHK朝ドラ「半分、青い。」の急展開に、視聴者から不満の声が多くあがっている。
    番組では、佐藤健演じる律の離婚がナレーションだけで示されたという。

    「前週、律と関係が悪化していた妻・より子とは、本心を語り合うことで解決したと思われていました。
    ところが今週、舞台は2年後に移り、すでに夫婦は離婚していたことがナレーションで伝えられたのです。
    これには視聴者から『先週の展開は何だったんだ!』『ナレ離婚とか誰が納得するの?』
    『ストーリーにまったく共感できない』と怒りの声が殺到しました」(テレビ誌記者)

    同ドラマは以前から、ストーリーに関して視聴者の間で不満の声が飛び交っていたものの、
    第22週(8月27日~9月1日)の平均視聴率は、22.3%と番組最高を記録。数字的には結果を残している。

    そんな中、ドラマファンから心配の声があがっているのが、次期の朝ドラだという。

    「9月3日発売の『週刊現代』によると、10月からスタートする朝ドラ『まんぷく』が厳しい状況に立たされていると報じています。
    それによるとNHKやメディアは、広瀬すず主演で19年にスタートする100作目の朝ドラ『なつぞら』ばかりを重要視し、『まんぷく』には注目が集まっていないとのこと。
    主演を務める安藤サクラは、そんなハンデを乗り越える覚悟で、子育てが大変な時期にもかかわらず、撮影に臨んでいるそうです。
    この状況に朝ドラファンからは『話題が広瀬すずばかりなのは気の毒』『NHKは「まんぷく」にも力を入れてほしい』という声もあがっています」(前出・テレビ誌記者)

    カンヌでパルムドールを受賞した「万引き家族」では、迫真の演技を見せた安藤。朝ドラでも熱演を期待したい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15261884/
    2018年9月5日 17時58分 アサ芸プラス


    【【朝ドラ】「半分、青い。」より悲惨!?次期「まんぷく」安藤サクラに同情の声が集まるワケ】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 公共放送名無しさん :2018/08/31(金) 07:51:27.83 ID:zevgkRo8.net

    朝ドラ「半分、青い。」。放送は残すところあと1か月。
    ヒロイン・鈴愛が実家に戻り、再び律やふくろう会のメンバーと日々をともにしています。
    まさに「これからどうなるの?」と気になる、このタイミングで永野芽郁さんが
    「あさイチ」のスタジオに登場です!


    【あさイチ「プレミアムトーク 永野芽郁」】の続きを読む



    (出典 www.hochi.co.jp)



    1 ほニーテール ★ :2018/08/27(月) 15:24:11.50 ID:CAP_USER9.net

    女優の芦田愛菜(14)が、10月1日スタートのNHK連続テレビ小説「まんぷく」の「語り」(ナレーション)に決定したことが27日、同局から発表された。朝ドラ史上最年少の抜てきとなる。

     インスタントラーメンをこの世に生み出した実業家・安藤百福(ももふく)氏とその妻・仁子(まさこ)氏の半生をモデルに、戦前から高度経済成長時代にかけての大阪を懸命に生き抜く夫婦の成功物語。ヒロインの福子を安藤サクラ、夫の萬平を長谷川博己が演じる。

     芦田は「朝ドラに出演するというのは、私自身、女優としてお芝居を続けていく上での目標のひとつであるので、今回、語りという形で参加させていただけて、とても光栄に思っています」とコメント。
    「ナレーションでシーンを壊してしまわないように、いい意味で存在感を消し、福ちゃん達を少し離れたところから見守るような存在でいられるように心掛けたいと思います」と意気込んでいる。

     芦田の起用理由について、ドラマの制作統括の真鍋斎氏は「時代設定は昭和の激動記ですが、実はそれほど昔の話ではなく、現代にも連なる物語であると、私たちは思っています。
    そこで『一人の少女が、おばあちゃんから聞いた話を友達に話して聞かせている』というような設定で“語り”を紡いでゆけないかと考えました。現代の若い世代の方々にも、この物語を身近に感じて欲しかったからです」と話している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000113-sph-ent


    (出典 d3ndb5jjirqkbj.cloudfront.net)


    【芦田愛菜が朝ドラ史上最年少の「語り部」に 10月スタート「まんぷく」】の続きを読む


    【動画】ミヤネ屋・宮根誠司がブチ切れモニター叩く放送事故


    NO.6872739 2018/08/18 19:05
    ミヤネ屋・宮根誠司がブチ切れモニター叩く放送事故
    ミヤネ屋・宮根誠司がブチ切れモニター叩く放送事故
    8月14日の「情報ライブ ミヤネ屋」で、映像トラブルが発生。「雷雨の前兆」として映像が変わるはずが、画面が変わらなかったことに宮根誠司がブチ切れ。

    モニターを思わず叩く放送事故。

    共演者の気象キャスター蓬莱大介、林マオアナがフォローするも、イラ立ちが隠せぬイラつきにお茶の間が凍りついた。

    カメラの前にも関わらず、不意に出る本性。

    カメラがまわっていないところでは拳を振り上げているのか。

    気になるところである。
    【日時】2018年08月18日 19:00
    【提供】激裏情報


    【【動画】ミヤネ屋・宮根誠司がブチ切れモニター叩く放送事故】の続きを読む



    (出典 tvneta.info)



    1 Egg ★ :2018/08/01(水) 18:08:58.05 ID:CAP_USER9.net

    1日に放送されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」第105話の内容が大きな反響を呼んでおり、脚本家の北川悦吏子氏がコメントした。

     前回の放送で、娘の誕生日に夫の涼次(間宮祥太朗)から「別れてほしい」と離婚を切り出されたヒロインの鈴愛(永野芽郁)。今回の放送は、あきらめきれない映画制作への夢を熱く語り、「退路を断ちたい」「家族は邪魔になる」と離婚理由を説明する涼次に、鈴愛は激しく動揺。「*でくれ……*でくれ涼ちゃん。そうしたら許してあげるよ。別れてあげるよ」とぼうぜんとした表情でつぶやいた後、「目を覚ませ! 私たちはもう若くないんだよ! 親なんだよ!」と涙を流しながら怒鳴るシーンが描かれた。

     このシーンはネット上で賛否を呼び、鈴愛と涼次のどちらに共感するかによって意見が分かれた。反響を受け、北川氏はツイッターで「あれ、なんかまた、意見が割れてるんですね…」と言及。「芸術家ダンナに出て行かれた友人が、えりちゃん!なんでわかるの?!と、LINEくれました。ウチはサラリーマンなんで、出て行かないです」とつづった。

     また、朝ドラらしからぬ「死んでくれ」という衝撃的なセリフが飛び出したことに対する批判の声もあがったが、北川氏は「私も現場も納得してやってることです。覚悟は出来てます。北川さんの船に乗ったんです!と、何度も言われました。(数字がこんなに取れるとも思ってなくて、数字取れなくてもやるぞ!な勢いでした)」と説明した。

    8/1(水) 17:38配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00286601-nksports-ent


    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    【<NHK連続テレビ小説「半分、青い。」>主人公のセリフ「死んでくれ」に大きな反響!脚本家「覚悟は出来てます」】の続きを読む

    このページのトップヘ