気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:ドラマ > 朝ドラ



    (出典 co-family.net)



    1 湛然 ★ :2018/09/19(水) 05:06:19.38 ID:CAP_USER9.net

    2018年09月19日
    北川悦吏子:朝ドラは「精神的拷問」 もう一字も書きたくない!?

     永野芽郁さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「半分、青い。」の放送も残すところあとわずかとなった。左耳の失聴にはじまり、マンガ家デビューするも挫折、結婚・出産・離婚、“おひとりさまメーカー”への転身と、まるでジェットコースターのように浮き沈みの激しい人生を送ってきたヒロインの楡野鈴愛(にれの・すずめ)の生みの親といえば、ご存じ脚本家の北川悦吏子さんだ。同作の執筆中に2度の入院を経験と、鈴愛同様、紆余(うよ)曲折を経て、物語を書き終えた現在の心境は? 「『あしたのジョー』の最後のように、真っ白な灰になった気分」といい、その過酷さを「恐れずに本当のこと言うと、精神的拷問」とも表現する北川さんに、話を聞いた。

     ◇どんどんと追い詰められていくのが本当に苦しくて

     “恋愛ドラマの神様”の異名を持ち、「愛していると言ってくれ」(TBS系、1995年)、「ロングバケーション」(フジテレビ系、96年)など、数々のヒット作を生み出してきた北川さんにとって、今回が初の朝ドラの執筆となった。

     「書き上げられたのは自分では奇跡」という北川さんは、それでも「今まで15分を156回という枠組みで物語を書いたことがなかったので、そこが一番、興味を引かれた部分。クリエーター心を刺激されて、どんどん新しい技を編み出していく楽しみがあった」と振り返る。

     北川さんいわく、1話分を執筆するのに与えられた猶予は「3日」。1話書き終えても、その3日後には次の締め切りがやってくるという、気の抜けない日々の中でも、「1話に1回は面白いこと、ハッとする展開、セリフなどを入れ込みたい」との一心で格闘を続けた。

     「今までアイデアが浮かんだから、今度も浮かぶに違いないって、自分を信じるしかなかったんですけど……。3日あるうち1日目、2日目とどんどんと追い詰められていくのが、本当に苦しくて。毎回ゼロからのスタートなので、ドラマの中の鈴愛ちゃんのように甘いものをガーっと食べて。そうすると頭の中が働き出し、何とか書き終えると、もう次が始まるの繰り返し。気がつくと8キロ太っていました」と話すなど、精神的、肉体的にもその過酷さは常人には想像の及ばないものだったようだ。

     ◇どこまで才能があるのか毎日試されているんだって思っていた

     「『あしたのジョー』の最後のように、真っ白な灰になった気分」とはまさに言い得て妙。北川さんは「恐れずに本当のことを言うと、朝ドラって精神的拷問だなって。これはどこかでクラッシュしてもおかしくはないと思っていました」と今だから話せる本音も。

     「どこかで自分なりに気を抜いてしまえばいいんでしょうけど、1話に1回は面白いこと、見せ場、もしくはハッとする展開などを入れ込みたいっていうのがあって。朝ドラは1話15分の中でいろいろな技が試せるので、楽しいは楽しいんでしょうけど、とにかく3日に1本を書く大変さは尋常ではなかった。クリエーターとして私は本当に自分を試されているんだなって。どこまで才能があるのか、毎日試されているんだって思っていました」としみじみと振り返っている。


    (>>2以降につづく)


    NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」の脚本を手掛けた北川悦吏子さん 撮影/萩庭桂太

    (出典 storage.mantan-web.jp)


    https://mantan-web.jp/article/20180918dog00m200049000c.html


    【【半分、青い】脚本家・北川悦吏子、朝ドラは「精神的拷問」 もう一字も書きたくない!?】の続きを読む



    (出典 www.crank-in.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/07(金) 18:04:50.30 ID:CAP_USER9.net

    NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の脚本を手がける北川悦吏子氏が、自身のツイートがドラマの“ネタバレ”になっているなどと一部ネットニュースで報じられたことを受け、「ただの一つの、考察です」と反論した。

    ドラマに関する情報をツイッターで発信し、ファンと交流している北川氏。自身が要注目だとする放送回については事前に“神回”だと予告したり、
    また、放送されて話題になったシーンなどについて解説することも多い。

    またその中には、物語の今後の展開に関わるような意味深長なツイートもある。一部ネットニュースは北川氏が3日にツイートした
    「スズメと律は、恋にならない、とか、恋とは違う、とかずーっと言って来たけれど、あまりに好きすぎて、恋を越えてしまったんじゃないか?、
    と昨日の夜中にふと思いました」という一文“ネタバレ”の例として挙げ、ネット上にあがった批判の声を紹介した。

    しかし北川氏は7日、「えと、なぜ、このツイートがネタばれになるのか? 全くわかりませんが…。(今、ちらりとネットニュースを見て)。
    全く、ネタばれしてませんが。ただの一つの、考察です。スズメとリツに関する…」と反論し、
    「物語は私を越えていきます。だから、私にもわからないことがあります。視聴者の誰かの方がわかることだってあるでしょう。
    だって、物語なんだから。どこから見るかで、まるで違った意味を持つでしょう。だから楽しい。
    と私なんかは、思います。そう、人生と同じように」と説明。「ちょっと、ムッとしました」と不快感を示した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15272883/
    2018年9月7日 17時48分 日刊スポーツ


    【NHK朝ドラ「半分、青い」脚本の北川氏がネタバレ批判に不快感】の続きを読む



    (出典 marog01.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/05(水) 18:38:03.09 ID:CAP_USER9.net

    9月3日に放送された永野芽郁主演のNHK朝ドラ「半分、青い。」の急展開に、視聴者から不満の声が多くあがっている。
    番組では、佐藤健演じる律の離婚がナレーションだけで示されたという。

    「前週、律と関係が悪化していた妻・より子とは、本心を語り合うことで解決したと思われていました。
    ところが今週、舞台は2年後に移り、すでに夫婦は離婚していたことがナレーションで伝えられたのです。
    これには視聴者から『先週の展開は何だったんだ!』『ナレ離婚とか誰が納得するの?』
    『ストーリーにまったく共感できない』と怒りの声が殺到しました」(テレビ誌記者)

    同ドラマは以前から、ストーリーに関して視聴者の間で不満の声が飛び交っていたものの、
    第22週(8月27日~9月1日)の平均視聴率は、22.3%と番組最高を記録。数字的には結果を残している。

    そんな中、ドラマファンから心配の声があがっているのが、次期の朝ドラだという。

    「9月3日発売の『週刊現代』によると、10月からスタートする朝ドラ『まんぷく』が厳しい状況に立たされていると報じています。
    それによるとNHKやメディアは、広瀬すず主演で19年にスタートする100作目の朝ドラ『なつぞら』ばかりを重要視し、『まんぷく』には注目が集まっていないとのこと。
    主演を務める安藤サクラは、そんなハンデを乗り越える覚悟で、子育てが大変な時期にもかかわらず、撮影に臨んでいるそうです。
    この状況に朝ドラファンからは『話題が広瀬すずばかりなのは気の毒』『NHKは「まんぷく」にも力を入れてほしい』という声もあがっています」(前出・テレビ誌記者)

    カンヌでパルムドールを受賞した「万引き家族」では、迫真の演技を見せた安藤。朝ドラでも熱演を期待したい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15261884/
    2018年9月5日 17時58分 アサ芸プラス


    【【朝ドラ】「半分、青い。」より悲惨!?次期「まんぷく」安藤サクラに同情の声が集まるワケ】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 公共放送名無しさん :2018/08/31(金) 07:51:27.83 ID:zevgkRo8.net

    朝ドラ「半分、青い。」。放送は残すところあと1か月。
    ヒロイン・鈴愛が実家に戻り、再び律やふくろう会のメンバーと日々をともにしています。
    まさに「これからどうなるの?」と気になる、このタイミングで永野芽郁さんが
    「あさイチ」のスタジオに登場です!


    【あさイチ「プレミアムトーク 永野芽郁」】の続きを読む



    (出典 www.hochi.co.jp)



    1 ほニーテール ★ :2018/08/27(月) 15:24:11.50 ID:CAP_USER9.net

    女優の芦田愛菜(14)が、10月1日スタートのNHK連続テレビ小説「まんぷく」の「語り」(ナレーション)に決定したことが27日、同局から発表された。朝ドラ史上最年少の抜てきとなる。

     インスタントラーメンをこの世に生み出した実業家・安藤百福(ももふく)氏とその妻・仁子(まさこ)氏の半生をモデルに、戦前から高度経済成長時代にかけての大阪を懸命に生き抜く夫婦の成功物語。ヒロインの福子を安藤サクラ、夫の萬平を長谷川博己が演じる。

     芦田は「朝ドラに出演するというのは、私自身、女優としてお芝居を続けていく上での目標のひとつであるので、今回、語りという形で参加させていただけて、とても光栄に思っています」とコメント。
    「ナレーションでシーンを壊してしまわないように、いい意味で存在感を消し、福ちゃん達を少し離れたところから見守るような存在でいられるように心掛けたいと思います」と意気込んでいる。

     芦田の起用理由について、ドラマの制作統括の真鍋斎氏は「時代設定は昭和の激動記ですが、実はそれほど昔の話ではなく、現代にも連なる物語であると、私たちは思っています。
    そこで『一人の少女が、おばあちゃんから聞いた話を友達に話して聞かせている』というような設定で“語り”を紡いでゆけないかと考えました。現代の若い世代の方々にも、この物語を身近に感じて欲しかったからです」と話している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000113-sph-ent


    (出典 d3ndb5jjirqkbj.cloudfront.net)


    【芦田愛菜が朝ドラ史上最年少の「語り部」に 10月スタート「まんぷく」】の続きを読む

    このページのトップヘ