気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:ドラマ > 朝ドラ



    (出典 www.wacoca.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/08(木) 02:36:49.89 ID:FaV792729.net

    女優の広瀬すずが主演を務めるNHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』の第111回が8月7日に放送され、北海道発の演劇ユニット『TEAM NACS』(チーム・ナックス)のリーダー・森崎博之が登場した。

    森崎は十勝支庁長・大清水洋役で登場し、酪農にかける熱い思いを熱演。ネット上では、
    《リーダーきたー!》
    《いつ出演するかと思っていたが、ここか!》
    《まさか朝ドラで森崎リーダーの顔を拝む日が来るとは…。感慨深いな》
    など、大きな反響を呼んでいる。

    「ナックスからは安田顕、戸次重幸、音尾琢真に続く4人目の登場でした。北海道民や劇団ファンにはたまらない展開だったでしょうね。一方で、そもそもナックスを知らない視聴者にとっては『はしゃぎ過ぎだろ』という意見も出ていて、内輪ウケの配役に違和感を抱いた人も多いようです」(エンタメ誌記者)

    実際、森崎の役名は“大清水洋”で、これはもちろん同じ劇団メンバーの“大泉洋”をもじったものなのは間違いない。森崎本人も「もう1人のメンバー・大泉洋を背負ったつもりで演じました。TEAM NACSをご存じの方にクスッとしてもらえたら幸いです」とコメントしているが、内情を知らないほとんどの視聴者からは「どうでもいい」と言われても仕方ないだろう。

    「今後は機会を見計らって大泉洋本人が登場するのは時間の問題でしょう。ファンの間では大トリの登場で盛り上がるでしょうが、純粋なドラマファンにとっては単なる話題作りにしか見えず、辟易とした声が上がるでしょうね。一部の視聴者からは『そもそも、そんなに“北海道推し”したいのなら、最初から東京のアニメパートなどいらないだろ』などと厳しい指摘も飛んでいます。脚本家やNHKの自己満足と取られても仕方ないでしょうね」(同・記者)

    実際、今週放送回では、すっかり北海道の酪農を巡る問題に話が飛んでいて、故郷を捨てて東京でアニメーターになったなつが、都合よく地元の問題に口を挟む姿に違和感を抱く視聴者も多いという。

    また、放送開始以来高視聴率をキープしてきたが、ここにきて、20%割れを記録する回も出てきたのも懸念材料だ。数字上は問題ないだろうが、人気に陰りが見えてきた証しかもしれない。

    BSで再放送されている『おしん』では、事業の立て直しに成功し幸せの絶頂にあるおしんが、不幸のどん底にたたき落される“地獄の佐賀編”突入間近。視聴者が固唾を飲んで見守っている展開とはあまりにも対照的だ。

    「なつよ、そんなに緩くて大丈夫なのか?」と、ナレーターのウッチャンの代わりにつぶやいてしまいそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1955015/
    2019.08.07 21:15 週刊実話


    【朝ドラ『なつぞら』に辛らつ意見殺到! 内輪ウケの配役に「はしゃぎ過ぎ!」】の続きを読む



    (出典 realsound.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/16(火) 06:18:48.61 ID:0Zbp0ijs9.net

    NHK連続テレビ小説『なつぞら』に、視聴者からの不満が高まっている。

    広瀬すず主演の『なつぞら』。戦争で両親を亡くした少女が北海道・十勝の開拓者一家に引き取られ、
    やがて東京でアニメーターを目指すようになるというストーリーが描かれている。
    朝ドラ100作目ということもあり放送前から話題を集めていたが、4月1日からの放送開始以降、
    2週にわたって描かれた幼少期編は「泣ける」「感動する」として大反響を呼んでいた。

    現在、『アニメーション編』が描かれている本作だが、視聴者からの評判はすっかり落ちてしまったという。

    「実は『東京・新宿編』に突入して以降、視聴者からの評判が落ち始めているとのこと。
    当初は、『北海道・十勝編』の反動では? と言われていたものの、主人公・なつの身勝手さが目立つようになってきた。
    『なつぞら』の登場人物たちは基本的に無条件で親切になつに接するのですが、なつはその親切さを無下にするように反発することもしばしば。
    第46話では、なつが川村屋に泊まっていることを知ったなつの兄・咲太郎(岡田将生)が、ひどい目に遭っていると勘違いしてなつを迎えに来る一幕がありましたが、
    これにマダム(比嘉愛未)が『なつさんを幸せにできるの?』と忠告すると、なつはなぜか『マダムは、兄の何を知ってるんですか!』と反発。
    初対面で泊まる場所まで提供してくれた恩人に接する態度ではないと批判が殺到する事態に。
    『これも黒歴史朝ドラになるのか…』といった懸念も出ています」(ドラマライター)

    「黒歴史」と呼ばれた朝ドラといえば、18年上半期に放送された『半分、青い。』が挙げられるが――。

    「実は『なつぞら』と『半分、青い。』には共通点があると言われています。
    第78回でなつが幼なじみの天陽(吉沢亮)の結婚を聞かされたシーンがありましたが、なつはそれに対し明らかに動揺していました
    。『半分、青い。』でも、主人公の鈴愛(永野芽郁)がはがきで幼なじみの律(佐藤健)の結婚を知り、動揺しながらはがきを片手に住所まで押し掛けるという展開がありましたが、
    なつも鈴愛も、かつてその幼なじみから告白され、その告白をスルーした身。『振っておいて明らかに惜しいことしたって顔するのやめなよ…。
    鈴愛じゃん』『天陽くんなんて鼻にもかけてなかったのにショック受けるなんて鈴愛みたい』といったツッコミが多く聞かれました」(同)

    とはいえ、「なつはあの鈴愛よりも自分勝手」「他人が鈴愛に厳しかった分、なつの方が助長してタチ悪い」といった声も多く見受けられている。
    果たして『なつぞら』は今後どのような展開になっていくのだろうか――。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16778489/
    2019年7月16日 6時0分 リアルライブ


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【NHK朝ドラ『なつぞら』、なぜ評判が落ちた?  伝説の“炎上朝ドラ”と共通点が】の続きを読む



    (出典 newsimg.oricon.co.jp)



    1 かばほ~るφ ★ :2019/06/03(月) 17:40:36.86 ID:aK0mMPdD9.net

    2020年前期朝ドラ『エール』ヒロインは二階堂ふみ 主演・窪田正孝の妻役
    2019-06-03 17:02

    NHKは3日、2020年春から放送されるNHK連続テレビ小説第102作『エール』のヒロインに、
    女優の二階堂ふみ(24)を起用することを発表した。二階堂は連続テレビ小説に初出演となる。

    同作は2月に俳優の窪田正孝(30)が主演を務めることを発表した会見で、主人公の妻となるヒロインを、
    3月からのオーディションで決める意向であることを明かしていた。
    求めるヒロイン像について、制作統括の土屋勝裕氏は「金子さんは明るく元気な女性だったようです。
    積極的に自分が思ったことを発言していました。なので、活発なイメージのある方がいいですね」と話していた。

    二階堂は「この作品を朝ドラでやると聞いたときから、携われたらいいなと思っていました」と話し、
    「実は、きのう結果を聞いたばかりで…。うそなんじゃないかな」と冗談交じりに笑いながら
    「(窪田を)1年間、明るく元気に支えられたら」と力を込めた。
    窪田の印象については「すごく誠実で真っ直ぐな方。それでいて繊細さもあり、
    大胆なところもある方。今回の裕一さんはピッタリなんじゃないかな」とべた褒めした

    3日前にヒロイン決定を聞いたという窪田は「彼女の描く芝居の繊細さ、キャラクターの入り方が魅力的。
    1年間できることが幸せ。2人にしかできない化学反応が起こったら」と気合十分。
    互いに深々とおじぎし、協力と誓うと「結婚式みたい」と苦笑いした。

    同作は、全国高等学校野球大会の歌「栄冠は君に輝く」をはじめ、「六甲おろし」(阪神タイガースの歌)
    「闘魂こめて」(巨人軍の歌)など スポーツシーンを彩る応援歌など数々を作曲した
    福島県出身の作曲家、古関裕而(こせき・ゆうじ)氏と妻で歌手としても活躍した
    金子(きんこ)氏をモデルに音楽とともに生きた夫婦の物語を描く。

     二階堂は1994年9月21日生まれ、沖縄出身。2009年に『ガマの油』でスクリーンデビュー。代表作は映画『ヒミズ』『地獄でなぜ悪い』『オオカミ少女と黒王子』『翔んで埼玉』、ドラマ『西郷どん』『ストロベリーナイトサーガ』など。2011年に『ヒミズ』で第68回ベネチア国際映画祭「マルチェロマストロヤンニ賞 (最優秀新人俳優賞)」を受賞、14年に『私の男』で日本アカデミー賞主演女優賞を受賞。

    ◆ヒロイン関内音(せきうち・おと)の役柄
    豊橋市内で馬具の製造販売を行う関内の三姉妹の次女。将来はプロの歌手として舞台に立つことを夢見ていた。
    ある日、福島に住む青年の古山裕一(窪田)が英国の作曲コンクールに入賞したことを新聞で知り、
    手紙を送り文通を始める。二人は結婚し、音は本格的に歌を学ぶために音楽大学に入学。
    夫の才能を誰よりも信じて叱咤激励し、時代の流れの中でさまざまな困難に遭遇しながら、
    自らも歌手になる夢を追いかける――。

    ◆NHK連続テレビ小説第102作『エール』物語
    日本が生糸輸出量世界一となった明治42年、急速に近代化がすすむ福島の老舗呉服店に、
    待望の男の子が誕生する。のちに多くの名曲を生み出すことになる天才作曲家・古山裕一である。
     
    老舗の跡取りとして育てられた裕一だが、少々ぼんやりしていて、周りには取り柄がない子どもだと思われていた。
    しかし音楽に出会うと、その喜びに目覚め、独学で作曲の才能を開花させてゆく。
    青年になった裕一は家族に内緒で海外の作曲コンクールに応募。このことが裕一の運命を変えてしまう。
    なんと応募した曲が上位入賞したのだ。そしてそれをきっかけに、裕一は歌手を目指しているという女学生と知り合う。
    福島と豊橋―遠く離れた地に住みながらも、音楽に導かれるように出会った二人は、結婚。上京すると、
    二人には個性豊かな人々との出会いが待っていた。そして不遇の時代を乗り越え、二人三脚で数々のヒット曲を生み出していく。
     
    しかし時代は戦争へと突入し、裕一は軍の要請で戦時歌謡を作曲することに。
    自分が作った歌を歌って戦死していく若者の姿に心を痛める裕一……。 戦後、混乱の中でも復興に向かう日本。
    古山夫妻は、傷ついた人々の心を音楽の力で勇気づけようと、新しい時代の音楽を奏でていく――。

    ORICON NEWS https://www.oricon.co.jp/news/2136771/full/
    2020年前期朝ドラ『エール』で主演を務める窪田正孝(左)と妻役の二階堂ふみ

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【2020年NHK前期朝ドラ「エール」、ヒロインは二階堂ふみ 主演・窪田正孝の妻役】の続きを読む



    (出典 www.news-postseven.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/29(水) 16:27:38.50 ID:WCYqWsB89.net

    広瀬すず主演NHK連続テレビ小説『なつぞら』の5月27日放送回視聴率が、21.4%と大台に回復したことが分かった。

    同ドラマは4月17日に放送された第15話で23.6%の最高視聴率を記録。その後も安定して人気をキープしていたが、5月3日の第29話で18.7%、4日の第30話で19.7%と20%の大台を割り込んでいた。番組関係者は「長い間には一時的にあること」と意に介さぬ様子だが、ここに来て〝視聴者離れ〟が加速しているという話も聞こえてくる。

    「広瀬すずの純朴なキャラクターに共感し、毎日欠かさずドラマを視聴している人がいる一方で、『きっぱりと離脱した』『いつまでたっても面白くならない』などといった声が急速に広まっているのです。その一番の理由は脚本だといいます。実話をベースにしているとはいえ、散々世話になった農家を飛び出してアニメーターを目指すストーリーに『全く共感できない』という声が圧倒的なのです。また、立派な跡取り息子がいるのに、赤の他人のなつに『跡を継がせたい』という発言が出たときは、『どれだけVIP待遇なんだよ』『主人公持ち上げ過ぎだろ』などと、違和感を抱く人が続出しました。当初は広瀬目当てだった若年層が急速に離れているようですね」(エンタメ誌記者)

    ?

    『おしん』から『なつぞら』の流れは悪手
    実際の視聴率に大きな変化が現れないのは、朝の時計代わりにお茶の間で流しっぱなしにしている家庭が多いためで、見入っているのは高齢者ばかりだという。

    ネット上では「いつもはドラマが終わってから出社する主人が、最近は始まる前に家を出ている」「入社試験中に突然立ち上がるなつを見てやめた。あり得ないだろ」「何だろうね、苦労感が薄く、環境が恵まれ過ぎていて感情移入できない」などという指摘が飛んでいる。

    また、連日、朝の7時15分からNHK・BSプレミアムで『おしん』が再放送されている影響も大きいという。

    「続けて『なつぞら』も放送されることから、当初は、両方見ている人も多かったのですが、さすがに比べてしまうとドラマの〝質〟や〝完成度〟において、圧倒的な差があることが分かってしまったのです。『おしん』は現在、田中裕子がおしんを演じるパートに入っていて、奉公先での数々の苦労に涙する人が続出しています。そんなシーンを見た後で、続けて放送されるなつのあまりにも恵まれた都会での生活ぶりが、ご都合的に見えてしまうのは仕方ないのかもしれません」(同・記者)

    安藤サクラの好演で大人気だった『まんぷく』の流れを受けた広瀬すずだったが、俳優としての実力は安藤、田中に遠く及ばないことは確か。今後どこまで高視聴率がキープできるのか注目したい。

    ?http://dailynewsonline.jp/article/1847672/
    2019.05.29 07:31 まいじつ

    前スレ 2019/05/29(水) 08:06
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1559084798/


    【【NHK朝ドラ】広瀬すず『なつぞら』脚本大不評…「恵まれ過ぎ」「共感できない」】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/05/02(木) 07:20:19.71 ID:Mp1yzK099.net

     女優の比嘉愛未が30日、自身のインスタグラムにNHK連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)のオフショットを投稿。劇中の衣装を着て笑顔を見せる姿にファンからは「可愛すぎ」「美しい!!」などのコメントが寄せられている。

     投稿されたのは、エキゾチックな雰囲気の衣装を着た比嘉のポートレート。彼女はかねてから広瀬すず主演の『なつぞら』への出演が伝えられており、1日の放送では、新宿に戦前から続くベーカリー兼カフェ「川村屋」オーナーの前島光子役で登場。周囲から“マダム”と呼ばれる妖艶な美しさをもつ女性で、物語のキーパーソンの1人となる。

     彼女の写真には、ファンから「可愛すぎます」「美しい!!」「眼福です」「絶世の美女」などの投稿が殺到している。

    引用:https://www.instagram.com/higa_manami/


    エンタメ公開日:2019/5/1 17:01
    https://www.crank-in.net/news/64611

    (出典 www.crank-in.net)


    (出典 www.crank-in.net)


    (出典 www.crank-in.net)


    (出典 www.crank-in.net)



    (出典 dorama9.com)


    【比嘉愛未 『なつぞら』 妖艶な“マダム”ルックに「絶世の美女」の声】の続きを読む

    このページのトップヘ