気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:芸能 > 紅白歌合戦



    (出典 shop.r10s.jp)



    1 Egg ★ :2018/10/13(土) 09:31:21.64 ID:CAP_USER9.net

    芸能プロ関係者がこう話す、年末の風物詩・NHKの『紅白歌合戦』。「確定している部分はまだ少ない」(前同)というが、“みなさまのNHK”は、どんな演出と出演者を考えているのか。本誌が、その交渉現場を徹底取材した!

     まずは、一部スポーツ誌で報じられた司会者について。白組は嵐の松本潤が、紅組は綾瀬はるかが最有力と報じられているが、どうも、これが事実と異なるらしい。話すのは、芸能ジャーナリストの黒川良一氏だ。

    「白組は、2020年までは嵐のメンバーで回していくとの方針があるため、彼らの誰かであることは確実。今年は松本で当確でしょう。問題は、女性が綾瀬かどうかということです」

     綾瀬といえば、過去に2度も紅組司会を務めており、国民的女優として立場も確立しているため、問題ないように思えるが、

    「NHK内部で、綾瀬の司会者としての評価が低いんです。しかも、“台本通りすぎる”“不慣れ感がスゴい”と各事務所から小言が出ているそうです」(前同)

     さらに、冒頭の芸能プロ関係者は「綾瀬には頼めない、もう一つの事情がある」と、次のように続ける。

    「綾瀬にオファーをすると、“うちの和田アキ子も、なんとか出場を……”と、和田のバーターを打診されることを関係者は危惧しているんです。現場からは“2016年に、やっとの思いで落選させたのに”との声が上がっているそうで……」

     紅白に和田といえば、切っても切れない関係に思えたが、

    「出場していた当時は“トリにしてほしい”“リラックスできない”などと注文が多かった。落選させた際には、紅白側が“今年はなんとか……”と説得したのを逆手に取り、“今年は、ということは、来年は出してくれるんやな”と凄んだ過去があるなど、しつこくてわずらわしい一面がある」(前同)

     では、気になる紅組司会は誰が務めるのか。

    「現在放送中のNHK朝ドラ『まんぷく』の主演・安藤サクラを推す声が大きいそうです」(前出の黒川氏)

     10月1日に放送開始されるや、21.3%など今世紀最高の視聴率を叩き出した『まんぷく』だけに、司会は順当と言えよう。一方で、先に触れた和田には復活の兆しもある。芸能評論家の三杉武氏が言う。

    「デビュー50周年記念として発売された、BOYS AND MEN研究生とのコラボ曲が、オリコン初登場2位にランクイン。発売日1週間で10万枚以上売り上げています。そして、その成功を引っさげ、紅白連動を思わせるNHKの歌番組『うたコン』にも出演。“紅白への布石か?”と業界で囁かれ始めました」

     しかし、そう語る三杉氏自身が「難しいとは思いますけどね」(前同)と言うほど、紅白の和田離れは加速しているという。

     逆に、13年に“勇退”した北島三郎には、「“審査員でもいいから出てもらいたい”と毎年、熱いオファーを出している」(NHK関係者)というから、切ない格差と言えよう。

    つづく

    2018.10.13 08:00
    https://taishu.jp/articles/-/61434?page=1


    【<NHK紅白歌合戦>キンプリ、DA PUMP…出演交渉“極秘情報”スッパ抜き!】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/03(水) 20:26:08.62 ID:CAP_USER9.net

    10月1日、広瀬すずが出演する「東芝ライフスタイル」のテレビCMがネットで先行公開された。
    同CMで広瀬は、ワイヤーアクションに初挑戦しているという。

    「今回のCMは、広瀬がマジシャンとなってダンスを披露するという内容です。
    彼女は昨年、映画『チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』にも出演し、運動神経は抜群ですから、キレのあるダンスを披露。
    さらに後半は、スカートを履いたままワイヤーで宙に浮くシーンもあるのですが、その様子はメイキングでも公開され、ファンをドキッとさせています」(テレビ誌記者)

    そんな広瀬は今年、映画「ラプラスの魔女」「SUNNY 強い気持ち・強い愛」など話題作に次々と出演し、現在は来年スタートのNHK朝ドラ「なつぞら」の撮影に臨んでいる。

    また10月1日発売の「週刊現代」によると、紅白歌合戦の司会候補に広瀬の名前があがっているという。

    「今年の紅白は、主演のドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)を大ヒットさせ、
    来年の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』への出演も決まっている綾瀬の、3回目の司会起用が一部では有力視されていました。
    ですが『週刊現代』の取材によると、記念すべき朝ドラ100作目となる『なつぞら』を絶対に失敗できないNHKは、宣伝もかねて広瀬を司会に起用する可能性があるとのこと。
    局内では2人のうち、どちらを起用するかで意見が分かれているようです」(前出・テレビ誌記者)

    10月中旬頃までには内定されるという紅白の司会。はたして今年は、広瀬の初司会となるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1532644/
    2018.10.03 17:59 アサ芸プラス


    【綾瀬はるかじゃない?紅白司会者に広瀬すずが浮上した裏事情】の続きを読む



    (出典 storage.mantan-web.jp)



    1 湛然 ★ :2018/09/10(月) 04:39:24.93 ID:CAP_USER9.net

    9/10(月) 4:00 スポニチアネックス
    平成最後の紅白 白組司会に松潤 最有力候補としてリストアップ 紅組は綾瀬はるか

     大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」の白組司会者に「嵐」の松本潤(35)が最有力候補としてリストアップされていることが9日、分かった。紅組は綾瀬はるか(33)で、それぞれ今月中にも内定する。平成最後の紅白を盛り上げるのは、平成で最もブレークした男女になりそうだ。

     白組が松本で最終決定すれば、相葉雅紀(35)、二宮和也(35)に続き3年連続で嵐メンバーの単独司会となる。グループで10~14年に5年連続で司会を務めた経験もあり、関係者は「慣れていて安定感がある。落ち着きもあって適役で、何よりも圧倒的な人気で高視聴率が見込める」と説明。司会として出ずっぱり状態での番組貢献が期待される。

     同局では、松本が主演する北海道150年記念ドラマ「永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」の放送が来春に控える。紅白が絶好のPRの機会であることに加え、6日に発生した北海道の地震の復興支援企画を松本を中心に進めるプランも浮上。松本は7月に西日本豪雨の復興支援で嵐を代表して広島、愛媛両県庁を訪れ義援金を贈呈しているだけに「災害列島日本」の支援企画リーダーとして推す声もある。

     一方、紅組は来年の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」に出演する綾瀬が最有力だ。13、15年に2度の司会経験があり、天然ボケの愛されキャラがお茶の間の好評を得た。現在放送中のTBS主演ドラマ「義母と娘のブルース」は、今期の民放連続ドラマで視聴率トップをキープしており、実績も十分。平成を代表する女優として、松本とともに平成最後の紅白に花を添えてくれそうだ。

     紅組ではほかに、10月スタートの連続テレビ小説「まんぷく」の安藤サクラ(32)、来春に始まる同「なつぞら」の広瀬すず(20)と、2人の朝ドラヒロインの名前も挙がっている。


    綾瀬はるか

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000002-spnannex-ent



    (出典 news.walkerplus.com)


    【平成最後の紅白司会 最有力候補? 白組 松本潤 紅組は綾瀬はるか】の続きを読む



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)



    1 抹茶ティラミス ★ :2018/07/15(日) 09:33:10.66 ID:CAP_USER9.net

    ジャニーズ事務所所属タレントの相次ぐ不祥事により、NHK紅白歌合戦の“ジャニタレ枠”が激減し、
    代わりに元SMAPメンバーの香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の返り咲きが急浮上している。

    NHKは4月、元TOKIOの山口達也が女子高校生に対する強制わいせつ容疑で書類送検されたことを受け、山口が司会を務めていた『Rの法則』(Eテレ)を打ち切った。
    加えて、6月にはNEWSのメンバーの小山慶一郎、加藤シゲアキ、手越祐也の3人が未成年との飲酒疑惑を報じられ、
    小山が出演する『ザ少年倶楽部プレミアム』(BSプレミアム)の放送を延期。
    この事態に20日、木田幸紀放送総局長は会見で「自覚と責任を徹底していただくよう、お願いしたい」とジャニーズ事務所に苦言を呈した。
    「NHKがジャニーズ批判をするのは、異例中の異例。それも発言者は、紅白の総責任者である放送総局長ですからね。業界関係者の間では早くも、
    年末の紅白はジャニタレ枠が激減すると言われている」(レコード会社宣伝マン)
    昨今の紅白出場枠はジャニタレに占領され、事務所による私物化に非難が集まっていた。
    「3年前は、近藤真彦のデビュー35周年を利用して7組。昨年、白組司会の嵐の二宮和也に加え、CDデビュー10周年で『Hey! Say! JUMP』が初出場して計5組。
    これでは視聴者からブーイングが上がるのも当然の話。NHKがいかにジャニーズの言いなりになってきたかです。
    しかし今回、タレントの不祥事にはっきり態度を示したことで、立場は完全に逆転したと見られている」(スポーツ紙記者)

    一方、これによりガ然注目を集め始めているのが、昨年9月にジャニーズを退所した元SMAPのメンバー3人の紅白出場だ。
    「草なぎはいまもNHKの『ブラタモリ』のナレーションを続けている。3人が所属するCULENの代表を務める飯島三智氏も、
    NHKのスタッフの間で“彼女がジャニーズを辞めなければタレントの不祥事は防げたかもしれない”と言われるほど信頼されている。
    そのため、3人の紅白出場の可能性は極めて高いと囁かれているんです」(夕刊紙記者)

    ジャニタレの不祥事をきっかけに、紅白が生まれ変わるかもしれない!?

    2018年07月14日 20時00 週刊実話
    https://wjn.jp/article/detail/4508802/


    【NHKが決断する、紅白『ジャニタレ枠減』と『香取・草なぎ・稲垣出場』】の続きを読む



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 ほニーテール ★ :2018/06/27(水) 23:30:06.63 ID:CAP_USER9.net

    今年10月にデビュー50周年を迎える歌手の和田アキ子(68)が「NHK紅白歌合戦への復帰を狙っている」と最近、話題になっている。2年前に「40回目」の記念出場になるはずが、突然外された和田だが、果たして勝算はあるのか? 本紙が追跡したところ、意外なものが追い風になっていることが発覚。それはなんと、今年に入って連発しているジャニーズ事務所所属タレントの不祥事だという――。

     和田にとって、今年は50周年の記念イヤー。5月に人気男性グループ「BOYS AND MEN(ボイメン)」の研究生とコラボし、「和田アキ子 with BOYS AND MEN 研究生」名義でシングル「愛を頑張って」をリリースしたところ、和田にとっては最高位となるオリコンのシングル週間ランキング2位を記録した。

     音楽関係者は「これなら50周年の最後を飾るにふさわしい舞台も用意できるのでは、と言われている」と指摘。その舞台とはもちろん紅白だ。

     かつては常連だった和田だが、一昨年にまさかの落選。この時、和田は「40回という節目でもありましたので、正直悔しい気持ちもあります」と無念の思いを隠さなかった。この後NHKとは“絶縁状態”に。紅白の出場基準の一つに「NHKへの貢献度」があると言われるが、同局に出演しない限り貢献度もへったくれもない。昨年の紅白も当然、落選した。

    「でも週間ランキングで2位になり、話が変わってきた。周囲も『いける!』と踏んで猛プッシュしたおかげで今月、NHKの2番組に出演した」(前出の音楽関係者)

    まず5日放送の歌番組「うたコン」に出演し、新曲を熱唱。さらに7日には昼の情報番組「ごごナマ」にもゲスト出演した。「当然、紅白を見据えての布石と考えていいでしょうね」(同)
    そもそも紅白復帰は難関だが、ボイメンの存在が大きな役割を果たしそうだ。ボイメンは名古屋地区で圧倒的人気を誇りCDも抜群のセールスをみせている。

     ある芸能プロの幹部は「確かに人気があるけど男性ユニットというと、紅白ではハードルが非常に高くなる。というのもファン層がかぶるジャニーズ(事務所の歌手)が君臨しているから。NHKとしても出したい思いはあるけれど、ジャニーズの手前、なかなか難しい」と言う。

    ところが、そのジャニーズに不祥事が続発しているのは周知の通り。まず元TOKIOの山口達也(46)が強制わいせつ容疑で書類送検されたことが4月に発覚。不起訴となったがTOKIOから脱退。同事務所も退所に追い込まれた。

    さらに今月、NEWSの小山慶一郎(34)、加藤シゲアキ(30)による未成年女性への飲酒強要報道も。NEWSでは続いて、手越祐也(30)と未成年女性との飲酒疑惑も浮上。この状況にNHK・木田幸紀放送総局長は、20日の定例会見でジャニーズに対し「責任を持ってコンプライアンスや教育を徹底していただき、自覚と責任を徹底していただくよう、お願いしたい!」と求めた。

    テレビ関係者は「こんな状況では、ジャニーズも強気に出られないのでは」と話す。

    ジャニーズタレントの不祥事という意外な“追い風”のおかげで50周年という節目の年に、和田の40回目の紅白出場が実現するかもしれない。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000010-tospoweb-ent


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【和田アキ子紅白復帰へ?「ジャニーズの不祥事」が追い風】の続きを読む

    このページのトップヘ