気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:女優 > 吉岡里帆



    (出典 news-hunter.net)



    1 ストラト ★ :2018/11/10(土) 12:05:55.27 ID:CAP_USER9.net

    今年、放送されたドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)、『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)の平均視聴率はともに5%台、映画『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の興行収入も芳しくなく主演作が軒並み不調の女優・吉岡里帆。

    そんな中、吉岡にとってまさに泣きっ面に蜂のような報道が……。
    10月31日発売の『週刊新潮』が、吉岡の父親がNHK大河ドラマのプロデューサーであるという記事を載せたのだ。

    「吉岡さんは昨年、大ヒットしたドラマ『カルテット』(フジテレビ系)で演じた悪女役のインパクトが強く、さらにグラビアアイドル出身であることから、女性からの人気は低いと言われています。この報道によって、さらに女性票を減らしたのではないかと囁(ささや)かれています」(テレビ誌ライター)

    《京都に住んでいた頃は、夜行バスで東京のオーディションを受けに来ていた》

    《上京費用の捻出のために、バイトを4つも掛け持ちしていた》

    など、吉岡はバラエティー番組などでよく苦労話を語っていたのがアダとなった。

    「“父親がNHKプロデューサー”という恵まれた環境なのに、“苦労人アピール”をしていたととらえられたんでしょう。ネット上では、“だから急に推されているんじゃない?”“結局コネなんかい!”など辛辣なコメントが続々と上がっています」(同・テレビ誌ライター)

    しかし、この記事に対してある芸能プロ関係者はこう話す。

    「吉岡さんの父親は、テレビ局員でもNHK関係者でもないので、コネなんてありません。彼女は実力で主演を張れる女優にまでのし上がったのに、あの記事で今までの努力が疑われてしまうのはかわいそうですよ」

    本誌が吉岡の所属事務所に確認したところ、

    「吉岡の父親がNHK大河ドラマのプロデューサーという記事は、まったくの事実無根」

    NHK広報にも確認すると、

    「事実ではありません。通常は出演者のプライバシーについてはお答えしておりませんが、今回はそういった事実はないのでお答えしました」

    と回答した。

    吉岡自身も過去のインタビューで、父親について「映像会社を経営するカメラマン」だと明かしている。
    本誌が調べたところ、確かに吉岡の父親が経営する会社が京都に存在していた。
    名前もネットで噂されているNHKのプロデューサーとは異なる。

    「誤った記事で、明らかなイメージダウンにつながっています。所属事務所としては『週刊新潮』を訴えたいほど怒り心頭でしょう」(前出・芸能プロ関係者)

    逆風が吹く今こそ、吉岡の本当の実力が試されているのかもしれないが──。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181110-00013781-jprime-ent

    吉岡里帆

    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    【【女優】吉岡里帆、ネット炎上原因の新潮「父親がNHK大河ドラマプロデューサー」は誤報】の続きを読む


    吉岡里帆 入浴シーンも視聴率振るわず制作陣と大揉め


    NO.6890437 2018/08/26 15:54
    吉岡里帆 入浴シーンも視聴率振るわず制作陣と大揉め
    吉岡里帆 入浴シーンも視聴率振るわず制作陣と大揉め
    吉岡里帆のナマ肌も視聴率テコ入れには効果がなかったのか。

    8月14日に吉岡の主演ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)の第5話が放送され、視聴率はシリーズ最低の4.8%に沈没。

    5%割れという危機的な水準にまで落ち込んだ。

    その低迷ぶりに吉岡と制作陣との間から“不協和音”が聞こえるようになっているという。

    「何より吉岡が怒っているのは第3話にて必然性の薄い入浴シーンをやらされたこと。吉岡は高校時代から演劇養成所に通い、大学生時代は自主映画にも参加するなど、熱い気持ちで女優業に臨んでいます。今回のドラマは社会的なテーマを扱っていることから本人の意気込みには並々ならぬものがありました。それゆえ視聴率稼ぎという安直な理由から入浴シーンをやらされたことに、本人は相当不本意だったようですね」(業界関係者)

    ドラマの世界では、視聴率の低迷が出演者と制作陣の間に溝を作ってしまうのはよくあること。

    しかし今回は、制作陣の分が悪いようだ。

    「吉岡とて自分に肌見せが期待されていることは理解しており、何が何でも出したくないわけではないはず。しかし第3話の入浴シーン公開では『切り札』を出すのが早すぎたうえ、続く2話で崖を転がり落ちるように視聴率が急落しており、まさに“脱ぎ損”です。これでは制作陣にちゃんとした見通しや戦略がないことの表われと捉えられても致し方ない。打ち切りも検討と言われる本作ですが、いざ打ち切りとなると吉岡の女優キャリアに傷がつくのは明らか。せっかくの社会派ドラマに意気込んでいたのに、これでは吉岡にとっては二重に裏切られたも同然でしょう」(前出・業界関係者)

    もはや吉岡と制作陣の確執をドラマにしたほうが、よっぽどおもしろい作品ができるのでは?

    100倍エロいお宝入浴映像が!?

    「これまで『ケンカツ』に“お色気シーン”は皆無でしたが、3話では吉岡の入浴シーンが盛り込まれました。しかし、お風呂のお湯には白の入浴剤が使われており、吉岡の胸の谷間どころか首から上しか見えなかったため、視聴者も消化不良。ネット上では『お湯を濁すな!』『サービスカットになっていない!』と不満の声が上がりましたよ」(テレビ誌ライター)

    ドラマでは煮え切らない入浴シーンを披露した吉岡だが、グラビア活動をしていた時代には“激エロ”な入浴映像にも挑んでいたという。

    週刊誌記者が声を潜めて明かす。

    「吉岡は『週刊プレイボーイ』(集英社)で水着姿のまま銭湯に入る付録DVDに出演しているのです。映像は服を脱ぐところから始まり、ピンクの極小ビキニになって、くびれたウエストと推定Eカップの軟らかそうなバストを披露。そのまま入浴シーンに入りますが、ドラマと違い、こちらのお湯は透明なため、彼女のボディラインは丸わかり。続いてベージュのチューブトップ姿で露天風呂でのシーンに移りますが、座って手をついて胸を寄せると、今にもこぼれそうでボリューム感に圧倒されます。また羽織っていた薄い布が濡れてカラダにピッタリと張り付いているのが、この上なくエロチック。笑顔で手を振ったり顔を隠したりする彼女の仕草がかわいらしく、エロいカラダとのギャップはキュン死ものです。この映像は今でもネット上で確認できますが、ドラマでもこのくらい見せてくれていたら、視聴率は間違いなく急回復していたことでしょう」

    ドラマの入浴シーンでは吉岡も水着になっていたはずで、彼女のすごいボディを目の当たりにしたスタッフが、このあと“起死回生のお宝演出”をしてくれることを期待したい!?

    100倍エロいお宝入浴映像
    【日時】2018年08月24日
    【提供】gossip!


    【吉岡里帆 入浴シーンも視聴率振るわず制作陣と大揉め】の続きを読む


    吉岡里帆、主演ドラマ2作目も爆死 人気回復にはやっぱりグラビアか?


    NO.6644970 2018/07/27 15:08
    吉岡里帆、主演ドラマ2作目も爆死 人気回復にはグラビアか?
    吉岡里帆、主演ドラマ2作目も爆死 人気回復にはグラビアか?
    7月24日に放送された吉岡里帆主演のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』の第2話(フジテレビ系)の平均視聴率が5.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが判明した。

    昨年『カルテット』(TBS系)や『ごめん、愛してる』(同)で存在感を示し、連ドラ主演女優の座に上り詰めた吉岡。

    「URであ〜る」でおなじみのUR都市機構をはじめ、日清食品の「どん兵衛」や日本コカ・コーラの「綾鷹」、「スマートニュース」など、テレビCMにも引っ張りだこの彼女だが、どうして視聴率が伸びないのか? 

    テレビ関係者は語る。

    「昨年順調にスターダムへと駆け上がった吉岡ですが、10月に『グラビアが嫌だった』と発言し、一斉に反発を浴びました。彼女は2014年頃からマンガ誌などでグラビアをやっていて、清楚なルックスとアンバランスな巨乳で人気を集めていましたが、露出度が高まるにつれて、女子から『あざとい』という声が寄せられるようになりました。吉岡は女性向けサイトの対談で当時を振り返り、『水着になるのが嫌だった』『グラビアなんてやりたくなかった』という趣旨のことを述べたため、『売れたらそれかよ』『調子に乗るな』と、猛バッシングに遭ったのです。実際、売れるにつれてドンドンと肌の露出が減り、今月『週刊プレイボーイ』7月14日発売号(集英社)が吉岡を80ページにわたって特集した際も水着写真が1枚もなかったので、失望したファンは多かったようです」 

    アンチの多さは人気の証明のようなものだが、視聴率が振るわないのではフォローのしようもない。

    『健康で文化的〜』は第2話で5%台まで落ち、危険水域と呼ばれる4%台はもう目の前。

    今年1月から放送された連ドラ初主演作『きみが心に棲みついた』(TBS系)も、全話の平均視聴率は7.7%とパッとしない数字だったが、この局面をどう打開していくのか?「2作連続で連ドラがコケてもお声がかかるほど、テレビの世界は甘くありません。吉岡は現場の評判は非常に良いですが、数字が取れなければなんの意味もない。『主役の器じゃなかった』という声は、すでに聞こえています。ただ、『きみ棲み』はDV、『健康で文化的〜』は生活保護と、主演作が2作とも社会派の作品なので、『コメディ作品で使ってみたい』という局は現れそうです。綾瀬はるかや深田恭子は、バリバリにグラビアをやって今の位置を築いたのですから、吉岡も出し惜しみしないでバンバングラビアをやれば手っ取り早いんですけどね」 

    いずれにせよ、もう彼女にそう多くのチャンスが残されているわけではなさそうだ。
    【日時】2018年07月27日 12:00
    【提供】日刊サイゾー


    【吉岡里帆、主演ドラマ2作目も爆死 人気回復にはやっぱりグラビアか?】の続きを読む


    吉岡里帆の魔性がスゴすぎる  仕事をした男性スタッフは全員骨抜き


    NO.6547748 2018/07/12 13:22
    吉岡里帆の魔性がスゴすぎる 仕事をした男性スタッフは全員骨抜き
    吉岡里帆の魔性がスゴすぎる 仕事をした男性スタッフは全員骨抜き
    7月17日スタートのドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)で、今年2作目となる連続ドラマ主演を果たす吉岡里帆。

    その勢いは、とどまるところを知らない。

    「たとえば、石原さとみや綾瀬はるかなどは、すでに本人のイメージが固まっていて、演じる役も限られていますが、吉岡はまだ良くも悪くもキャラクターが固定されていない。だからこそ、いろいろな役を演じられるということで重宝されているようです」(テレビ局関係者)

    そして、吉岡が頻繁に起用される理由として“現場スタッフに対するウケの良さ”があるのだという。

    制作会社スタッフはこう話す。

    「吉岡さんと仕事をした男性スタッフのほとんどが、吉岡さんのファンになってしまうんですよ。ナチュラルな色気に、ほとんどの男性が惑わされてしまうのです。まさに魔性の女ですね」

    とあるグラビア撮影では、こんなこともあったという。

    「私服系の衣装を着て、椅子に座ったグラビアを撮るだけだったのに、カメラマンも編集者もずっと吉岡さんを見ていたかったのか、全然撮影を終わらせようとしないんです。業界内では、男性スタッフが多い現場の場合は、“吉岡里帆の撮影は時間が押す”なんて言われていますよ」(出版関係者)

    また、吉岡の小悪魔ぶりを表す、こんなエピソードも。

    「ある撮影の時、たくさん用意された衣装の中から、吉岡さん自ら選んだのは、その中でいちばん胸が強調される衣装でした。自分のアピールポイントを誰よりも理解しているんでしょうね。だからこそ、男性スタッフも一度吉岡さんと仕事をすると、すぐにとりこになってしまうんですよ」(同)

    男性スタッフは完全に掌握しているといえそうな吉岡だが、女性ウケはイマイチのようだ。

    「事務所のスタッフさんも“吉岡は本当に女性ウケが悪いんですよ……”と嘆いていましたよ。だからこそ、最近は男性向けグラビアよりも女性向けファッション誌などでの露出に力を入れているのですが、ナチュラルなあざとさは、やはり女性から見ると鼻につくのかもしれませんね」(前出・制作会社スタッフ)

    現在は女優業が絶好調な吉岡だが、今後さらなる躍進を遂げるには、女性に好かれる努力が必要となりそうだ。
    【日時】2018年07月12日
    【提供】日刊サイゾー


    【吉岡里帆の魔性がスゴすぎる  仕事をした男性スタッフは全員骨抜き】の続きを読む



    (出典 img.sirabee.com)



    1 湛然 ★ :2018/07/01(日) 05:16:45.75 ID:CAP_USER9.net

    2018.06.30 12:59
    吉岡里帆“おとなまる子”は「ご褒美みたいなお仕事」やんちゃな幼少期エピソード披露

    女優の吉岡里帆が30日、都内で行われたトークイベントに出席した。

    吉岡里帆“おとなまる子”で登場

    原作では9歳(小学3年生)のちびまる子ちゃんが、22歳(社会人1年生)になってクルマの免許を取ったら…という架空の設定で、おとなまる子(吉岡)を中心に繰り広げられるCMシリーズに出演する吉岡。イベントにはCMで着用しているまる子の衣装で登場し「大好きなキャタクターなので、おとなまる子に戻れて嬉しいです」とニッコリ。

    また、『ちびまる子ちゃん』のアニメを毎週見ていた上に、原作の漫画も読んでいたという吉岡は、同CM出演が決まった際の心境を尋ねられると「嬉しすぎていいのかなと、ご褒美みたいなお仕事だなと思いました」と目を輝かせ、自身の子どもの頃については「自然が多いところで育ったので、お友だちと外でよく遊ぶ元気でおてんば娘でした」と意外な一面を告白。「木登りをして、ザリガニ釣りをして、本を読むことも好きだったので、今と変わらない部分もありつつですね」と語った。

    “たまちゃん”奈緒・“花輪君”竜星涼との共演振り返る

    さらに、おとなまる子を演じる上で意識したことを聞かれると「子どもまるちゃんがコミカルで、表情豊かなので、大人になったまるちゃんも、そのコミカルさと元気のよさは意識して演じました」といい、CMでは女優の奈緒演じるたまちゃんと共演しているが「たまちゃんとの撮影がすごく楽しくて、たまちゃんが本当にたまちゃんっぽくて、私もまる子らしくいられるといいますか、2人で一緒に世界観を作れてよかったなと思いました」と声を弾ませた。

    また、今後CMには花輪君も登場するそうで、一足早くお披露目されると「竜星涼さんが演じられているんですけど、花輪君の独特な話し言葉とスタイリッシュに成長した花輪君で、一緒に共演していても花輪君がそのまま大人になって、そしてよりカッコよくなった花輪君だなと思いましたね」と紹介した。

    吉岡里帆、休日の過ごし方は?

    様々な場面で活躍し多忙な吉岡だが、先日、連休があったそうで「リラックスした時間を過ごせましたね」といい、休日の過ごしたかについては「昔からですけど、美術館とかライブとか舞台など、何かを見るのが好きなので、なるべく外に出るようにしています。勉強したい気持ちもありますし、楽しい時間を過ごしたいという気持ちもありますし、吸収するために外に出るようにしています」とコメント。

    プライベートで運転することもあるそうで「地元で免許を取ってから、小さい車から始まって、地元とかでよく運転をしていました」と打ち明けた。(modelpress編集部)


    “おとなまる子”で登場した吉岡里帆 (C)モデルプレス

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)

    https://mdpr.jp/news/detail/1776554

    TVCM ミラ トコット 「勘違い」篇(15秒) ダイハツ公式

    (出典 Youtube)


    【吉岡里帆、22歳“おとなまる子”に「かわいい」「本田翼かと…」と反響】の続きを読む

    このページのトップヘ