気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: 俳優



    (出典 cdn.mdpr.jp)



    1 豆次郎 ★ :2017/12/23(土) 16:45:26.72 ID:CAP_USER9.net

    2017年の顔といえば、星野源(36)だろう。

    12月22日に最終回を迎えた「コウノドリ」(TBS系)にも出演し、話題を呼んできた。

    第5話では星野が下屋加江役の松岡茉優(22)を励ますため『プリン食べるか?』と伝えるシーンがあった。実はこのプリン、ロケ地となった横浜市の『ル プレ・オ・ヴェールYAMAMURO』で『YAMAMUROプリン』として実際に販売されているもの。そのことを店の知人がSNS上で明かしたところ、星野源のファンが殺到したのだ。

    オーナーシェフの山室典政氏は「経験したことのない売れ方。放送から(販売数は)1,000個以上になりますかね。『ドラマ見ました』というお客さまばかりです」と語っているという。

    またCM出演に起用された「どん兵衛」の2017年度の売り上げが過去最高の売り上げを記録しており、星野の生み出す経済効果は絶大なものとなっている。

    星野といえば昨年のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)で大ブレイクを果たしたが、自身の歌う主題歌「恋」も「Billboard JAPAN Hot 100」の2017年における年間チャートで見事1位に輝いている。

    同チャートはCD売上のほか、ダウンロード数やYouTubeでの再生回数、SNSでの言及数などを加味した総合的なランキング。昨年の楽曲である「恋」が選ばれるのも、星野の影響力があればこそだろう。

    「逃げ恥」は年末年始にかけて再放送されることも決定している。役者にミュージシャンにと、今年も大活躍を果たした星野。“大スター”の快進撃はとどまるところを知らないようだ。

    https://jisin.jp/smart/serial/エンタメ/エンタメ/31993


    (出典 pbs.twimg.com)


    【星野源がもたらす絶大な経済効果 ドラマで使用のプリン「経験したことない売れ方」】の続きを読む



    (出典 mikarin1215.com)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2017/12/20(水) 16:30:15.58 ID:CAP_USER9.net

    橋爪功、生放送で不適切発言…NHK阿部アナ謝罪「大変失礼いたしました」
    2017年12月20日14時58分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171220-OHT1T50071.html

    橋爪功

    (出典 www.hochi.co.jp)


    俳優・橋爪功(76)が20日、NHK総合「ごごナマ」(月~金曜・後1時05分)にゲスト生出演。トークの途中、不適切な発言があったとして阿部渉アナウンサー(50)が謝罪する一幕があった。

    「失言が多い。舌禍。生放送は取り返しがつかない」という橋爪。今回もMCの船越英一郎(57)がゲストに質問する「船越のクエスチョン5」で、橋爪の回答に不適切とされる発言が含まれていたため、コーナー終了後に阿部アナが「先ほどは不適切な発言がございました。大変失礼いたしました」と謝罪。橋爪は「え?俺?」と驚いていた。

    橋爪は夫婦仲について「よくケンカします。すぐ仲直りしますけど。ケンカするほど仲がいいという感じ」と語るなどプライベートも言及したが、覚醒剤取締法(使用)の罪で11月に懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受けた息子で俳優の橋爪遼(31)については触れなかった。


    【橋爪功、生放送で不適切発言…NHK阿部アナ謝罪「大変失礼いたしました」 橋爪「え?俺?」】の続きを読む



    (出典 yumeijinhensachi.com)



    1 ひぃぃ ★ :2017/12/11(月) 09:45:41.30 ID:CAP_USER9.net

     俳優・堺雅人(44)が10日放送の日本テレビ系「行列のできる法律相談所」(日曜・後9時)にゲスト出演し、意外な弱点について語った。

     この日の放送では「これが私の運命でしたSP」と題して、運命が変わった瞬間を紹介。堺は高校3年の時に進路希望は国立大で将来は公務員になろうとしていたが、数学が嫌いで、入試の数学の問題を解かずに勝手に小論文を書いたことを明かした。

     志望校はそのために不合格となったが、記念受験で受けた早大に合格。劇団に所属し演劇にのめり込み中退して俳優への道に進んだという。

     番組では数学が苦手で、台本のセリフに数字があっても文字に書き換えて覚えていると紹介。堺は「銀行員役の時は地獄でした。全部ひらがなにして呪文で覚えていました」と明かした。

     俳優を目指していたが、アルバイトなしで生計を立てられるようになったのは30歳の時だったという。「お金がなくて。でも野菜を食べないといけないという強迫観念があったので、タンポポを食べていました。結構食べられる」と明かした。

     苦労が続いてもモチベーションを保ち続けられた理由を問われると「チョコチョコって自己満足を与えられるステージがあったおかげ」と冷静に分析していた。

    2017年12月11日9時0分
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171210-OHT1T50274.html

    画像

    (出典 www.hochi.co.jp)


    【堺雅人、役作りの天才でも地獄だったと語る銀行員役とは…意外な弱点】の続きを読む


    浅野忠信さんの『父の逮捕』についてのツイートに応援の声多数「私も辛いことがありましたが勇気付けられました!」 - ロケットニュース24
    浅野さんが受けたショックは計り知れないが、この件について浅野さんがコメントを発表。Twitterには多くの応援の声が集まっているためお伝えしよう。 ・事務所HPでのコメント. 本日、浅野さんは事務所HPとTwitterで本件についてのコメントを出した。まずは、事務所HPの方で発表されたコメントが以下である。 「(中略)この ...
    (出典:ロケットニュース24)



    (出典 www.hochi.co.jp)



    1 ストラト ★ :2017/12/06(水) 12:41:55.51 ID:CAP_USER9.net

    俳優・浅野忠信(44)が6日、自身のツイッターを更新。
    実父で、所属する芸能事務所「アノレ」の社長・佐藤幸久容疑者(68)が覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されたことを受け、「息子が刑事役やってる時にお父さんは何考えてんでしょうか?!」と率直な思いをつづった。

    フジテレビ系ドラマ「刑事ゆがみ」(木曜・後10時)に主演している浅野は、共演の神木隆之介(24)らと撮影した笑顔の写真を貼り付けた上で、「息子が刑事役やってる時にお父さんは何考えてんでしょうか?!と言うわけで落ち込んでる暇はありません!」とツイート。
    「刑事ゆがみは今日も頑張ります!!」と主演作への意気込みを示した。

    佐藤容疑者の逮捕容疑は11月中旬から下旬の間、覚醒剤を使用した疑い。
    「自らの意思で使ったことに間違いありません」と容疑を認めている。
    浅野は5日に公式サイトで「「ご心配してくださっている皆様の優しさに深く感謝します。この度は、父(佐藤幸久)のことで多くの関係者にご迷惑をおかけしたこと、お詫(わ)び申し上げます」と謝罪のコメントを発表していた。

    同ドラマの第9話は7日に放送されるが、同局では「通常通り放送します」としている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000034-sph-ent

    ドラマ「刑事ゆがみ」

    (出典 pbs.twimg.com)


    【浅野忠信、Twitterで実父の逮捕に言及「息子が刑事役やってる時にお父さんは何考えてんでしょうか?!」】の続きを読む



    (出典 cdn.mdpr.jp)



    1 きゅう ★ :2017/12/03(日) 12:28:24.73 ID:CAP_USER9.net

     イケメン俳優として人気の“おディーンさま”ことディーン・フジオカ(37)が日本テレビに絶縁状を叩きつけた。現在、出演中のドラマ『今からあなたを脅迫します』の視聴率があまりに悪いことを受け、怒り心頭に達しているという。
     「初回は8.0%、第2話は5.7%、第3話は6.4%、第4話5.9%。前枠の『愛してたって、秘密はある。』は平均して8%はキープしていたことを考えれば、かなりヤバい数字なんです」(編成関係者)

     そもそもディーン本人にしてみたら、日テレで連ドラ初主演作に出ることなどまったくの想定外だったという。
     「高視聴率を取った『あさが来た』の制作で気心を知り合ったNHKでやると決めていたんです。ところが、事務所の後輩である小出恵介が淫行スキャンダルを起こし、『愛してたって、秘密はある。』を急遽、降板してしまった。結果、局側が違約金などを請求しない代わりに、ディーンが10月期の日曜ドラマに民放連ドラ初主演という冠をつけて制作したんです」(芸能関係者)

     なんと今ドラマは、最初から訳アリ、つまり小出恵介の尻拭いだったというのだ。そして、視聴率が上がらず苛立つディーンをさらに苦境に陥れたのが、制作発表後に発覚したヒロイン武井咲の妊娠だったという。
     「当初は普通に収録する予定が、つわりを理由にどんどん押していっているそう。台本変更も起きており、現場はかなり混乱している状態です」(同)

     イライラが募るディーンは、日テレに対し、視聴率をアップさせるための改革案を求めたという。
     「そりゃ当然です。このまま低視聴率で打ち切りになれば、ドラマ界でNGの烙印を押されてしまう。タレント価値の棄損にも繋がる。損失は単純計算でン十億円になるのではないでしょうか」(芸能事情通)

     ディーンはドラマ1本当たり120万円~のギャラを手にしているが今後は不透明。日テレに対し絶縁状を叩きつけるのもうなずける。

    http://wjn.jp/article/detail/1673135/

    (出典 images.wjn.jp)


    【主演ドラマが低迷でディーン・フジオカが日テレに絶縁状 なんとこのドラマはあの俳優の尻拭いで決定していた?!】の続きを読む

    このページのトップヘ