気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: 俳優



    (出典 hageblog.com)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/01/18(木) 07:24:31.44 ID:CAP_USER9.net

    あんなに人気だったのに……“ぬっくん”温水洋一を見かけなくなった“裏事情”
    1/18(木) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180118-00536258-shincho-ent

    (出典 lpt.c.yimg.jp)

    “ぬっくん”こと温水洋一(ワン・ツゥ・スリー公式HPより)

    「このハゲーッ!」よりも遥か前、自らの頭髪の薄さと幸薄そうな個性的なキャラクター、そして自分の意見など言えなそうもない情けなさそうな風貌を武器に、
    TVドラマやバラエティ番組で引っ張りだこだった俳優・温水洋一(53)。最近見かけることが減ったけど、一体どうした? 

     ***

    「そもそも温水を見出したのは明石家さんま(62)」というのは業界関係者。

    「それ以前から端役でドラマにも出ていましたけどね。でもメジャーになったのは、2000年に、さんまさんがコントでなく、初めて本格的舞台に主演した『7人ぐらいの兵士』で共演した温水さんを気に入って、
    自分のバラエティ番組『踊る! さんま御殿!!』(97~放送中/日本テレビ系)や『明石家マンション物語』(99~01年/フジテレビ系)に出すようになったからですよ。

    さんまさんから“ぬっくん”と呼ばれて、読みにくい名字も知られて、認知度もアップ。それ以降はドラマに映画にと引っ張りだこになりました」

     たとえば、NHK朝ドラでは「天うらら」(98年)にも出ているが、役名も不明なほどの端役だった。それが00年以降は、「まんてん」(02~03年)、「どんど晴れ」(07年)、「ウェルかめ」(09~10年)、「マッサン」(14~15年)に出演。

     NHK大河ドラマだって、「利家とまつ~加賀百万石物語~」(02年)、「龍馬伝」(10年)、「平清盛」(12年)、「真田丸」(16年)と、立て続けといっていい活躍ぶりだった。

     その間に映画初主演も果たしている。

    >>2以降へ続く


    【あんなに人気だったのに……“ぬっくん”温水洋一を見かけなくなった“裏事情”「ああ見えて、二の線を気取る」】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/01/11(木) 11:15:33.54 ID:CAP_USER9.net

    2018年1月11日 10時36分
     俳優の角野卓造が11日、フジテレビ系「ノンストップ!」で、昨年いっぱいで舞台に区切りをつけたことを明かした。一過性の虚血性脳貧血という病気を患っており、舞台上で記憶を無くしたことが数回あったことから48年の俳優人生で「原点」という舞台を降りる決心を語った。

     番組では、角野の居酒屋インタビューを敢行。角野は学習院大在学中に文学座に入り、24歳で初舞台を踏んだ。それから48年。年間180公演もの舞台に出演するも、20代は苦労の連続だったという。手取りギャラは900円。「早く食べられるようになりたかったけど、私のようなポジションの役者はポンと『太陽にほえろ』のなんとか刑事のようになるわけがない」と自覚。俳優で生きていく為に脇役に徹することを決めたという。

     その後は舞台だけではなく、ドラマや映画にも進出したが、やはり角野の原点は舞台。そんな大好きな舞台を昨年で区切りをつけた。その理由について「病状というか、一過性の虚血性脳貧血というんだけど…」と、現在患っている病気を公表。舞台上で突然意識が遠のき、一瞬記憶が飛んでしまうことがそして「舞台の上で3回ぐらい起こったの。この12年ぐらいの間で」と説明。「びっくりした。怖くなった。いつ来るか分からない。これは周りに迷惑をかける。なによりお客様に迷惑をかける」と、舞台から退く決意を固めたという。

     「舞台はショーマストゴーオンで、途中で止めるわけにいかない。自分でこのへんを区切りにしないといけないなと思った」と、冷静に自分を見つめるコメントも発していた。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14142146/


    (出典 kojiro-entame.com)


    【角野卓造、虚血性脳貧血を公表 突然意識遠のき、記憶飛ぶこともあり舞台から退く決意「周りに、お客様に迷惑かける」】の続きを読む



    (出典 storage.mantan-web.jp)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/01/08(月) 00:55:28.12 ID:CAP_USER9.net

    山崎賢人が「カッコ良すぎる」の声続出!“イケメン祭り”にネット歓喜「トドメの接吻」
    1/8(月) 0:03配信 cinemacafe.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180108-00000000-cine-movi

    「トドメの接吻」-(C)NTV

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    山崎賢人が“クズ男”なホスト役に扮して連続ドラマ初主演を果たした「トドメの接吻(キス)」の第1話が1月7日に放送された。山崎さんのほか、新田真剣佑、佐野勇斗、志尊淳、菅田将暉といった超人気イケメンの共演にSNS上は興奮と歓喜のるつぼと化している。

    本作は幼少期の水難事故がきっかけで誰も愛さず成り上がることだけを追う、孤高のホスト・堂島旺太郎を山崎さんが演じ、旺太郎の前に突如現れた、“キスで殺す女”に門脇麦、彼の後輩ホスト・小山内和馬に志尊淳、旺太郎が狙う個人資産100億とも言われるホテル王・並樹グループ社長の娘・美尊みことに新木優子、みことが恋する血のつながらない兄・並樹尊氏に新田真剣佑、みことのことが好きな大手クルーズ会社の御曹司・長谷部寛之に佐野勇斗、終電を逃したサラリーマンや浮浪者を相手にギターを奏でる“謎のストリートミュージシャン”春海一徳に菅田将暉と、若手人気俳優が勢ぞろい。菅田さんは主題歌も担当する。

    第1話では旺太郎がみことを狙おうとするが、クリスマスイブの夜、突如現れた“キス女”にキスされることで死んでしまう。しかし次の瞬間、旺太郎は7日前にタイムリープ。旺太郎はタイムリープを繰り返し大晦日の31日まで生きながらえることに成功するが、今度は歩道橋から転落し瀕死の重傷を負い、病室に現れた“キス女”によって再び7日前に…というストーリーが展開した。

    本作の見どころの1つは、とにかくこれでもかといわんばかりに“イケメン”が大集結したキャスティング。SNSには「私の好きな俳優揃いまくり」「もろ好みの俳優を揃えてやがる」などの声が続出している。

    特に主演の山崎さんには「鬼かっこいい」「えぐいかっこいい」「毎週日曜の楽しみができた」といったツイートが多数。

    山崎さん演じる旺太郎がホストということもあり、何度もラブシーンが登場した第1話。「こんなの山崎賢人のイケメンっぷりを世間に知らせるためのドラマじゃん」「山崎賢人のキスシーンこんなに」など“喜び”の声の一方で、「親と見るのちょい気まずかった」という反応も。

    また「陸王の山崎賢人もいいけどこういう山崎賢人の方がすき」という投稿も。“イケメン”のカッコよさをストレートに描いたことが視聴者から好感をもたれたようだ。

    “イケメン祭り”で注目の「トドメの接吻」は毎週日曜22時~日本テレビ系にて放送中。


    (出典 cdn.mdpr.jp)



    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    【【ドラマ】山崎賢人が「カッコ良すぎる」の声続出!“イケメン祭り”にネット歓喜「トドメの接吻」】の続きを読む



    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/01/05(金) 11:50:54.83 ID:CAP_USER9.net

    瑛太、「西郷どん」会見の“衝撃顛末”を告白!兄弟話にネットも沸いた「あさイチ」
    2018.1.5 Fri 10:33 cinemacafe.net
    http://www.cinemacafe.net/article/2018/01/05/54766.html

    瑛太

    (出典 www.cinemacafe.net)


    今年の大河ドラマ「西郷どん」で大久保利通を演じる俳優の瑛太が1月5日(金)に放送されたNHK総合「あさイチ」に出演。歌手の長渕剛との意外な交友関係や、大河ドラマの制作発表でのコメントにまつわる衝撃の顛末などをトークした。

    本番組はNHKアナウンサーの有働由美子と「V6」の井ノ原快彦の2人が司会を務める朝の情報番組。トークでは弟で俳優の永山絢斗からのVTRコメントが放送され、永山さんが兄弟で同じ場所にほくろがあることを明かすと瑛太さんも、衣装のTシャツをめくり首もとのほくろを披露。

    このトークで2人が兄弟だということを初めて知った視聴者も多かったようで、「瑛太と永山絢斗って兄弟やったんか!!」「初耳でめっちゃくちゃビックリしたわ」といった投稿がSNS上に続出。逆に「兄弟って事知らない人がけっこう多いのに驚き」というコメントも見られ、タイムラインがにぎわった。

    続いて「西郷どん」で主人公・西郷隆盛を演じている俳優の鈴木亮平もVTRコメントを寄せ、鹿児島ロケで男性の俳優で腕相撲大会を行った際、当時役のために体重を落として細かった瑛太さんが若手に負けてしまったことを明かし「秋に再会したらムキムキになってて、“あ、負けずぎらいなんだな”って」と思ったことを告白。鈴木さんによれば「肩を持った感じが変わった。体が厚くなった」という。

    これに対し瑛太さんは、歌手の長渕剛のライブを鑑賞した際、楽屋に挨拶に行ったところ一緒に食事をすることになったエピソードを披露。長渕さんから「朝、家に来て欲しい」と言われ食事をすると思い伺うと、いきなり3時間程度猛トレーニングを課せられたという。

    瑛太さんによれば「トレーニングしないと一緒にごはん食べられない」と言い、長渕さんが毎回「ナイスファイト!」と励ましてくれるので頑張れたといい、何度かトレーニングを続けるうちに「お前背中作れ」と長渕さんに言われ、長淵さんのトレーニング器具をプレゼントされた結果。スタイリストから「衣装が入らない」と言われるぐらい肉体改造に成功したのだという。

    これには「腕相撲で負けたからじゃないんだよ、亮平くん!」「長渕と筋トレとかやばいな」などの声がSNS上を飛び交う。

    また注目の「西郷どん」については「1話、2話はいままで見た大河で一番面白い。タイトルバックで泣きました」と話し、作品での西郷隆盛と大久保利通の関係性を「ボーイズライブに近いと思う」と解説。

    するとこのワードに反応したのか「男同士の友情が恋愛に近いと聞いて」「ぼーいずらぶって言うた!瑛太が!」などの声が続々SNS上にアップされていた。

    そして「西郷どん」の制作発表で自らに「鹿児島の血が入っている」と発言、話題となった瑛太さん。幼少期から祖母に言い聞かされてきたそうだが、会見の翌日「伯父さんから『そんなことは一切ないよ』とメールが来た」と告白。しかし今回大河出演に当たり永山家の過去を調べたところ、先祖が西郷と共に西南戦争に参戦していたことが判明したという。

    これには「話盛っちゃったのねーおばあちゃんあるあるだけどね」「おばあちゃんに嘘つかれてた瑛太。www」などの反応が寄せられていた。

    2018(平成30)年大河ドラマ「西郷どん」は2018年1月7日(日)より放送開始。


    【【あさイチ】瑛太、「西郷どん」会見の「西郷隆盛と血縁関係」発言“衝撃顛末”を告白!兄弟話にネットも沸いた 】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 みつを ★ :2018/01/03(水) 03:53:33.52 ID:CAP_USER9.net

    http://toyokeizai.net/articles/-/202802

    2018年01月01日
    AERA dot.

    大ブレイクしたコンテンツが乏しかった2017年のエンタメ業界。とはいえ、竹内涼真(24)や高橋一生(37)など新たなイケメンが人気となった年だった。

    オリコンが発表した「2017 ブレイク俳優ランキング」(12月12日発表)によると、1位となった竹内は2014年に「仮面ライダードライブ」(テレビ朝日系)に出演してからじわじわ注目を集め、今年は「ひよっこ」(NHK)、「過保護のカホコ」(日本テレビ系)などに出演し一気にトップに躍り出た。

    2位の高橋も今年はドラマ「カルテット」(TBS系)や大河ドラマ「女城主直虎」(NHK)に連続して出演。「民衆の敵」(フジテレビ系)で見せた、シャワーシーンなども女性ファンの“黄色い悲鳴”が飛び交った。

    “イケメン消費”はエンタメ界の大きなビジネスチャンス

    このほか、菅田将暉(24)をはじめとしたイケメン俳優が入り乱れた映画『帝一の國』がヒットするなど、“イケメン消費”は相変わらずエンタメ界の大きなビジネスチャンスとして注目の的だ。業界関係者は、こうした動きをどう見ているのか。

    「たしかにイケメン俳優は増えていますが、最近はその消費のスピードが速い。山崎賢人(23)も福士蒼汰(24)もワンブレイクした後、どれだけ殻を破れるかが注目されています。その意味でいえば、山崎は今年かなりミソが付いてしまった印象があります。2016年までは恋愛映画で数字を集めてきましたが、今年は『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』、『斉木楠雄のΨ難』など、恋愛映画以外の作品に主演した。役者としての本領発揮を期待されましたが、大ヒットには繋がりませんでした。こうした様子を見ていると、竹内も、イケメンと言うだけでは来年も活躍できているかはわからない。仮面ライダーを演じた俳優でもあるので、本来、彼がやりたがっているアクション作品へ積極的に出演し、さらに成長しないと厳しいかもしれない」(民放ドラマ制作スタッフ)

    さまざまなイケメンたちが出ては消えている昨今、生き残っていくのは簡単なことではない。“単なるイケメン”として消費されているだけでは、早々に終わりが来てしまうのが俳優という職業。そんな中で最近“ひと皮むけた”と言われるのが松坂桃李(29)だ。

    出演作品はさほど注目されず、しばらく陰に隠れていましたが、派手な作品や大手配給にかかわらずじっくりとした演技ができる作品に相次いで出演した。今年の1年を見ていても映画などで鋭い演技が光るようになってきた。いい作品に一発ハマるかどうかという状態で、来年は主演作品も含めて出演3作品が公開予定で、楽しみですね」(映画関係者)

    一方で、いま若手俳優の中で絶対的な存在となっているのが山田孝之(34)だ。

    「実は今年、ドラマ業界関係者の中で一番話題に上がっていたのが、山田主演のドラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』(テレビ東京系)でした。実は裏に映画業界に対する批評が緻密に盛り込まれた作品で、あれを地上波でやりきれるのは山田孝之以外にいない。また、業界的に出演がタブーとされていた元SMAPメンバー出演の『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)にも難なく出ていました」(前出の民放スタッフ)

    イケメン枠を超えた山田孝之の今後も楽しみだが、今年ブレイクした俳優たちの来年の活動も要チェック。芸能界のイケメン俳優地図はどう塗り替わるだろうか。

    (ライター・黒崎さとし)


    【2018年、イケメン俳優「戦国時代」を生き残るのは誰か 高橋一生、竹内涼真はどうなる?】の続きを読む

    このページのトップヘ