気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: 俳優



    (出典 dogatch-static-data.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 湛然 ★ :2018/12/15(土) 17:44:41.84 ID:CAP_USER9.net

    RBB TODAY / 2018年12月15日 13時12分
    武田真治、突然のカミングアウト「何人かは芸能人も抱いてきてますからね」

     武田真治が、15日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に出演。トーク中、いきなり芸能人との交際過去を自ら明かす一幕があった。

     年齢を経るにつれ、女性の好みにこだわりがなくなったという武田。以前は「休みの日に花瓶の絵を描いている子が良いぐらいに思っていた」と独特の恋愛観を持っていたそうだが、今は「家庭的であることと、一緒になって運動してくれること」が条件だそう。

     また以前、同番組でホラン千秋を好みのタイプと言っていたが、改めて彼女について聞かれると、「なんて高望みなんでしょうね」と謙遜。さらに、「そんな芸能人に目移りしてちゃダメだと思ってます」と自分を戒めていた。

     ところがその直後、彼が「でもね……」と言いかけたため、久本雅美が「どうした?」と話を促すと、「いや、あの……何人かは芸能人も抱いてきてますからね」とポロリ。

     ストレートすぎる告白にHey! Say! JUMP伊野尾慧は「お昼に何言ってるんすか!」とあ然。久本も武田に「今何言ったか分かってる?」「言い方!」と注意。

     さらに「こんだけ言葉のチョイスで悩んで最後に出てきた言葉が『抱いてる』っておかしいだろ」など久本のダメ出しは続いていたが、武田はそれに対し、ただ黙って聞いていた。


    (c)Getty Images

    (出典 www.rbbtoday.com)


    https://www.rbbtoday.com/article/2018/12/15/165969.html


    【武田真治、突然のカミングアウト「何人かは芸能人も抱いてきてますからね」】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 湛然 ★ :2018/12/14(金) 05:08:53.36 ID:CAP_USER9.net

    2018年12月14日 3時22分 ナリナリドットコム
    “激ヤセ”梅宮辰夫に衝撃走る、引退説は一蹴も…

    俳優の梅宮辰夫(80歳)が、12月14日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に出演。
    一部メディアに報じられた“引退説”について一蹴したが、一方で別人のように痩せた姿に衝撃を受けた視聴者が多かったようだ。

    梅宮はこの日、「引退する」とは一言も言っておらず、東京の家を全部引き払い、神奈川の真鶴に引っ越しをしただけで“引退説”が流れたと説明し、芸能生活60年を迎えてもまだまだ現役であると語る。

    だが、久々に人気番組で見せた梅宮の容貌がかなり痩せていたことで、Twitterなどネットが騒然。
    「痩せすぎて心配」「え、これ本人なの?」「むしろ浜ちゃんに似ている」「大丈夫なのかな」(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)



    (出典 cdn.narinari.com)


    https://www.narinari.com/Nd/20181252444.html


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【ダウンタウンDX】“激ヤセ”梅宮辰夫に衝撃走る、引退説は一蹴も…】の続きを読む



    (出典 girllife.site)



    1 muffin ★ :2018/12/11(火) 12:35:35.77 ID:CAP_USER9.net

    https://33man.jp/article/006313.html
    2018/12/11 11:34]

    俳優の窪塚洋介がInstagramを更新し、ファン感激の“家族ショット”を公開。大きな反響を呼んでいる。

    窪塚は12月10日、「haveagoodnight」とコメントしながら一枚の写真を公開。そこには妻でダンサーのPINKYと2017年に誕生した長女、そして前妻“のんちゃん”と思われる女性と、そのあいだに生まれた長男・愛流が写っている。撮影場所や「haveagoodnight」とのコメントから5人で食事をしたことがうかがえ、その表情からも楽しい時間を過ごしたことが伝わってくる。

    窪塚は前妻と2012年に離婚したが、彼女は“のんちゃん”の愛称でファンからも親しまれ、この集合写真には「のんちゃんですか!?」「のんちゃん??」「のんちゃん久しぶりすぎる!」といった驚き&興奮の声が殺到。2003年に前妻とのあいだに誕生した長男・愛流は9月より公開されている映画『泣き虫しょったんの奇跡』で俳優デビューしたことも話題になっているが、そんな彼の姿に対しても「愛流君もいる!!」「息子さんのスタイルよ!」などの興奮の声が寄せられている。

    そんな楽しそうな5人の“家族ショット”には「素敵すぎる家族」「絆ファミリー」「素敵過ぎる家族愛!!」「いろんな家族の形」「ピンキーさんほんとえらいよ」「のんちゃん器がデカイ」など感動の声が多数寄せられており、3万5000件を超える「いいね!」がおくられている。


    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    【窪塚洋介が公開した“家族ショット”に大反響「のんちゃん(前妻)ですか!?」】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/12/08(土) 18:31:45.51 ID:CAP_USER9.net

     水嶋ヒロが、9年ぶりの日本ドラマ出演となった「東京BTH~TOKYO BLOOD TYPE HOUSE~」の撮影をブログで振り返った。

     2016年には海外ドラマ「GIRLS/ガールズ」シーズン5に出演した水嶋だが、日本のドラマは2009年の「東京DOGS」以来、9年ぶり。「東京BTH」では第4話に“水嶋ヒロ役”でゲスト出演している。

     水嶋は、ブログで同作への出演を報告。撮影は「花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス」で通っていたスタジオで行われたそうで、「懐かしかった」としみじみ。

     さらに、「モニターに映る自分を観てビックリ。やばっ、前より太っとる。顎下に肉が…」と驚きながらも、「まぁでもこれまでやってきた役はかなりストイックに、撮影初日までにできるだけシャープに映るための身体作りをしまくってたからね…そん時の見え方が頭にあるとそりゃ差があるわ」と冷静に振り返った。

     12月7日より Amazon Prime Video で配信を開始した「東京BTH」は、シェアハウスを舞台に血液型トークを繰り広げるシチュエーションバラエティードラマ。水嶋は、O型のIT社長・ゴロー役の稲垣吾郎とは「花ざかりの君たちへ」で、AB型の花屋・リョウ役の勝地涼とは「東京DOGS」で作品を共にしており、本作で久々の再共演。「涼ちゃんとも吾郎さんとも色んな話ができたし楽しかった」と再会の喜びをつづっている。(湯田史代)


    2018年12月8日 18時22分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0105466

    (出典 img.cinematoday.jp)



    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 scontent-atl3-1.cdninstagram.com)


    【水嶋ヒロ、9年ぶり日本ドラマ出演を振り返る!モニターに映る自分にビックリ】の続きを読む



    (出典 storage.mantan-web.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/08(土) 13:11:24.35 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    俳優の三田村邦彦の三男で俳優の中山麻聖が、水谷豊が監督を務める映画「轢き逃げ 最高の最悪な日」(来年5月10日公開)の主演を務めることを、一部スポーツ紙が報じた。

    同映画は、地方都市で起きたひき逃げ事件を軸に、関わった人々の感情を掘り下げ、心情の変化を描くサスペンス。
    中山は水谷が行ったオーディションで主役を勝ち取ったという。

    水谷は監督のみならず、脚本も手掛け、さらには独自に事件を追いかける被害者の父親役で出演。
    ほかに、水谷が主演を務める人気ドラマシリーズ「相棒」(テレビ朝日系)で共演していた水谷の盟友・岸部一徳らが出演する。

    「『相棒』のヒットで、今や“天皇”と呼ばれている水谷ですが、本人がやると言ったら周囲はそれに従うしかありません。
    初監督作品がコケて懲り懲りかと思いきや、映画監督に対して並々ならぬこだわりがあるようです」(映画業界関係者)

    水谷の初監督作品は昨年公開された「TAP THE LAST SHOW」。タップダンスを題材にした映画で、水谷豊が23歳の時から40年間アイデアを温め続け、
    満を持して初監督と主演を務め、撮影に当たって、総勢300人強の若いダンサーにオーディションを行った力作だった。

    「配給は『相棒』シリーズの劇場版を配給する東映。大々的な宣伝を重ね、業界内の評価は高かったんですが、興行収入はわずか1億2000万円しかいきませんでした。
    あまりのコケっぷりに、水谷の前で映画の話は禁句になりました」(テレ朝関係者)

    映画監督にこだわるにはそれなりの理由がありそうだというのだ。

    「そろそろ、水谷の頭の中には『相棒』シリーズを終わらせる構想があるのでは。その後、いわば“第2の人生”として監督業に情熱を傾ける意向のようです」(同)

    2作目の監督作品を当てることができるかが注目される。

    http://dailynewsonline.jp/article/1601996/
    2018.12.08 12:20 リアルライブ




    (出典 kansai.pia.co.jp)


    【水谷豊、監督デビュー作が大コケ それでも映画監督にこだわるワケ】の続きを読む

    このページのトップヘ