気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: 俳優



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 muffin ★ :2019/11/30(土) 13:18:18 ID:ZWOsmsju9.net

    https://myjitsu.jp/archives/100890
    2019.11.30

    若者から圧倒的な人気を誇り、ついには歌手として『NHK紅白歌合戦』への出場も決めた菅田将暉。しかし近ごろ、後輩に足を引っ張られる形で好感度が下がっているという。

    「問題は、強烈なキャラクターで各バラエティー番組をにぎわせている歌手・俳優・モデルのYOSHIです。16歳の彼をもともと大絶賛していたのが、菅田。今年9月公開の映画『タロウのバカ』で共演したYOSHIを褒めていたのですが…」(芸能記者)

    こうした経緯から、YOSHIは”菅田将暉が認めた男”として番組に出演していくことに。しかし、テレビでは明石家さんまにタメ口で話したり、収録裏でのチャラついた行動も暴露され、ネットではプチ炎上。当の本人はそんな炎上を気にしていないようだが、その火は菅田にまで飛び火し、

    《YOSHIを持ち上げてる菅田将暉も嫌》
    《YOSHIって人 礼儀がなってなくて不快だわ笑笑 菅田将暉あんな人好きなの? 人間性疑う》
    《YOSHIって奴なんもかっこよくないしカラオケのソファに土足で乗るようなただの常識ないやつだよ。菅田将暉の好感度も下がるし映画も見る気なくなった》
    《脳みそ小学三年生。 あんなのが取り上げられるなんて世も末。菅田将暉のセンスを疑う》
    《菅田将暉への熱い風評被害》
    《YOSHIごときのせいで、菅田将暉まで嫌いになりかけてるわ。YOSHI君、君はもう菅田将暉の話題は出さないでください。お前と違って礼儀も能力も雲泥の差やからな》

    などといった声が上がっている。

    「YOSHIは菅田のことを”将暉”と呼び捨て、菅田はそんな生意気な部分も含めてかわいがっているようです。また、YOSHIがネットでたたかれていることについても、『狙い通りだな。行け行け』と後押し。しかしまさか、その批判が自分に及ぶとは、想像もしていなかったでしょう」(同・記者)

    ファッションなど”センスの良さ”が持ち味でもあった菅田。人選びのセンスについては、評価が割れているようだ。


    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    (出典 www.cinemacafe.net)


    【菅田将暉の好感度が急落 後輩『YOSHI』の暴走を喜び「人間性疑う」「菅田将暉まで嫌いに」】の続きを読む


    福士蒼汰、『4分間のマリーゴールド』爆死中!1ケタ連発俳優なのに「連ドラ主演」続くワケ


    NO.7988071 2019/11/29 15:16
    福士蒼汰、『4分間のマリーゴールド』爆死中!1ケタ連発俳優なのに「連ドラ主演」続くワケ
    福士蒼汰、『4分間のマリーゴールド』爆死中!1ケタ連発俳優なのに「連ドラ主演」続くワケ
    福士蒼汰主演の連続ドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS系)が、“大方の予想通り”苦戦を強いられている。

    番組放送前から、10月期ドラマの中で「“爆死候補”の1つだった」(テレビ局関係者)というが、1ケタドラマを連発してきた福士だけに、いよいよ主演俳優の座からは滑り落ちてしまうかもしれない。

    初回こそ10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と2ケタスタートを切ったものの、第2話以降は6〜7%台を推移し、11月15日放送の第6話では5.7%と同ドラマのワースト視聴率を更新。

    22日放送の第7話で7.1%と持ち直したものの、全話平均視聴率を2ケタ台に乗せるのは、もはや絶望的と言えるだろう。

    「低視聴率の要因に、同ドラマの企画や脚本自体がありきたりということも挙げられます。また、福士は複数のドラマや映画で主演を務めたものの、まったく成果を挙げていおらず、完全に力不足だと言えます。主演ドラマの全話平均視聴率が1ケタ続きとあって、『もう連ドラの主演は厳しい』という声も上がっています」(同)

    福士のピークは、綾瀬はるかの9歳年下の恋人・田之倉悠斗を演じた、2014年10月期『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)とされているという。

    「作品自体も全話平均視聴率は16.0%と大成功で、回が進むたびに、福士の“存在”に注目が集まっていきました。彼の“壁ドン”にときめいた女性視聴者も多かったことでしょう。最終話が近づくにつれ、ネット上には『田之倉ロス』という書き込みが続出していたものです」(週刊誌記者)

    そしてその翌年、『恋仲』(フジテレビ系)で福士は連ドラ主演を飾ることに。

    こちらの全話平均視聴率は10.8%と、なんとか2ケタに届いたものの、16年『お迎えデス。』(日本テレビ系)は7.9%、17年『愛してたって、秘密はある。』(同)は8.6%と不振が続くことに。

    「加えて、18年2月に『女性セブン』(小学館)がMISATO名義で活躍する『インスタグラマー』との熱愛を報じましたが、あえて撮らせたかのような、近距離でのカメラ目線のツーショットはなかなかのインパクトでした。しかし、ネット上ではそこまで騒がれることもなく、この時点で、すでに旬を過ぎていたと言えるかもしれません。それでもなお連ドラで主演を続けられるのは、福士が大手プロ・研音に所属しているからでしょう」(前出・関係者)

    ジャニーズ事務所やオスカープロモーションなどと同じく、各局のドラマには「研音枠」と呼ばれる、主役や重要な役どころを与えられる出演者枠が存在するという。

    「5%を下回った段階で打ち切りが検討されると言われる中、ここ最近の福士主演のドラマは毎回その水準に近い視聴率を記録。今後はさすがに“ゴリ押し”も難しくなるでしょう」(同)

    『4分間のマリーゴールド』での巻き返しに期待することは難しいが、低視聴率俳優のイメージを払拭するチャンスは巡ってくるのだろうか。
    【日時】2019年11月29日 11:59
    【提供】サイゾーウーマン
    【関連掲示板】


    【福士蒼汰、『4分間のマリーゴールド』爆死中!1ケタ連発俳優なのに「連ドラ主演」続くワケ】の続きを読む



    (出典 dot.asahi.com)



    1 Egg ★ :2019/11/22(金) 06:14:43 ID:8MG/Iuj29.net

    俳優菅田将暉(26)の主演舞台「カリギュラ」を観劇する一部観客のマナーの悪さを訴える書き込みがネット上に相次いであがっており、劇作家で演出家のケラリーノ・サンドロヴィッチ(56)が「どうか、どうか、携帯電話は電源から切って頂きたい。心よりお願い」と呼びかけた。


    同舞台は9日から東京・新国立劇場中劇場で上演中だが、ネット上には、観劇したファンから「観劇マナーが悪すぎて残念すぎた」「観劇マナーが私の観劇経験でワーストワン」といった声とともに、一部の観客が上演中に私語をしていたり、携帯電話の電源を切らずに着信音やバイブ音が聞こえてきたといった報告が多数あがっている。

    ケラは21日、ツイッターを更新し、「そりゃあまりにひどい」と反応。「もしウチでそんなことになったら、前半なら2幕頭に、後半なら(もはや取り返しはつかないが)カーテンコールで、注意喚起と謝罪をする。そして数日はヘコむ」とした。

    また、自身の舞台でも「客席で観てると時折ケイタイのバイブ音を耳にします。斜め前のお客さんには演奏シーンを待って一度注意した」といった経験をつづり、「どうか、どうか、携帯電話は電源から切って頂きたい。心よりお願い」と呼びかけた。

    11/21(木) 14:27配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-11210271-nksports-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 d2wi3xvhr3qrd7.cloudfront.net)


    【<菅田将暉主演の舞台>観劇マナーの悪さ指摘相次ぐ!「どうか、どうか、携帯電話は電源から切って頂きたい。心よりお願い」】の続きを読む



    (出典 post.tv-asahi.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/04(月) 17:42:44.68 ID:zCMm2GwG9.net

    映画やドラマの番宣で、普段はバラエティ番組に出演しないような俳優がバラエティ番組に出演することはよくある。しかし、バラエティの空気に慣れていないせいか、その場の雰囲気を悪くしてしまう俳優もいるようだ。バラエティの現場で好かれる俳優とそうでない俳優の違いはどこにあるのだろうか。

    「やはり好かれる俳優さんは、頑張って場を盛り上げようとする俳優さんですね。最近では、菅田将暉さんが評判がいいです。本人も関西出身のためお笑いが好きなのか、収録中は面白いことを頑張って言おうとしているのが伝わります。実際、面白いことを言えるので、明石家さんまさんなどの大物にも好かれていますよ。また、番組の予告に使えるような興味深い発言もできるので、現場のスタッフからのウケもいいです」(芸能記者)

    さらに、見えないところでの態度も重要となる。

    「普段、バラエティに出ないような俳優さんが現場に来ると、ある程度の緊張感があります。人によってはその緊張した雰囲気を見て、自分はバラエティに出るようなタイプではないと調子に乗ったような態度を取ってしまう人もいるのですが、礼儀正しい態度をされると場も和みますし、一気にその俳優さんのファンになりますね。その点で綾野剛さんはパーフェクト。ADさんにまで気を遣えますし、自分は“出させて頂いている”という謙虚な姿勢が窺えます。その態度には、あの坂上忍さんも絶賛したほどです」(前出・同)

    一方で、嫌われる俳優も多い。

    「桐谷健太さんなど、芸人を差し置いて出すぎる俳優は嫌われますね。桐谷さんの場合、場を仕切り出すこともあるので、芸人さんはやりにくそうです。頑張ってくれているのは分かるのですが、一歩下がって芸人さんたちについて行くことも大切かと思われます。また、自分は俳優だという枠からなかなか外れない人もやりにくいと思われがちですよ。ディーン・フジオカさんはいるだけでその場が華やぐのですが、少しいじると目が笑っていないような時があり、言葉を選ぶ必要があるのでギクシャクした空気が流れます」(前出・同)

    番宣で出演するのであれば、俳優陣は現場の空気に合わせることも必要なようだ

    https://news.livedoor.com/article/detail/17331063/
    2019年11月4日 12時20分 リアルライブ


    (出典 getnavi.jp)


    【バラエティの現場で好かれる俳優と嫌われる俳優 目が笑っていない人気俳優は】の続きを読む



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)



    1 ひかり ★ :2019/10/19(土) 17:40:31.00 ID:H1MRMmxk9.net

     俳優の窪塚洋介が19日、自身のインスタグラムを更新し、伝説的ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(2000、TBS系)で共演したTOKIOの長瀬智也との2ショットを公開。
    両者のファンおよびドラマファンから歓喜の声があがっている。

     窪塚は「With Tomoya Nagase at #wtaps office」とコメントを添え、長瀬とベンチで並んで座り、親密そうに話しているモノクロ写真をアップ。ファンからは
    「IWGP!」「キング!まこっちゃん!!」「俺の世代の最強コンビ!」と久しぶりの2ショットへの反響が次々と寄せられている。

     2人の共演は『ウエストゲートパーク』以来、実現していないため「また共演してください!」と熱望するコメントや、ともにミュージシャンとしても活躍するため
    「2人のセッションが聞きたいです!」というコメントも書き込まれている。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191019-00000342-oric-ent

    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 4kaisokuhou.com)


    【窪塚洋介&長瀬智也『IWGP』2ショットに歓喜の声「キング!まこっちゃん!!」】の続きを読む

    このページのトップヘ