気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: 女優



    (出典 woman-ch.com)



    1 ひかり ★ :2018/04/24(火) 00:17:29.70 ID:CAP_USER9.net

    EXILE・TAKAHIRO(33)との第一子である女児出産を3月12日に発表した女優・武井咲(24)。それから約3週間後、本誌は東京都内の
    格安家具チェーン店の生活雑貨フロアで、買い物を楽しむ武井の姿も目撃している。

    「熱心にプラスチック製のボックスやバスケットを選んでいて、店員さんにも商品について尋ねていました」(居合わせた女性客)

    スマホで誰かと楽しげに相談しながら、カートを押していた武井。ショートパンツからスラリと脚が伸び、スリムな体型は、産休に入る前と
    まったく変わらないようだ。すぐにでも女優復帰できそうにも見えたが……。

    「秋から始まるドラマ『相棒season17』で復帰するのではないかという報道もありましたが、彼女としてはまだそんな気にはなれないようです。
    彼女は昔から結婚願望が強く、かねてからイベントで、『さっさと結婚したい』と話していたほどです」(テレビ局関係者)

    本誌が目撃した日も、せっかく車で家具チェーン店にやってきたのに、自宅に残してきた赤ちゃんが気になって仕方がなかったのか、わずか15分ほどで
    買い物を切り上げて、いそいそと帰宅する姿が印象的だった。

    そんな彼女の“ママ生活ファースト”の姿勢は日増しに強まっているのだという。ある芸能関係者は言う。

    「実は、武井さんのオフィシャルファンクラブの解散も決まりました。“いまは育児に専念させてほしい”という、武井さんの強い意向をくんでの
    決定だそうです」

    武井がママ業に満足するのはいつの日になるのか? 女性として一回り成長した女優・武井咲の演技を期待したい。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180424-00010001-jisin-ent


    【武井咲 ファンクラブ解散へ!復帰報じられるも育児専念を希望】の続きを読む



    (出典 www.rbbtoday.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/04/23(月) 18:58:37.23 ID:CAP_USER9.net

     女優の萬田久子(60)が23日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜・正午)に出演。事実上の夫で、2011年8月にスキルス性胃がんのため亡くなったアパレル会社社長の佐々木力(ちから)さん(享年60)から“隠し子”の存在を告白されていたことを明かした。

     萬田と10年近く事実婚状態を続けていた佐々木さんは11年6月にスキルス性胃がんが判明。萬田は「気がついたときには余命3か月」といい、「スーパーマンみたいな方だったんで、たぶん死なないだろうと思ってました。スキルス性胃がんなんて吹っ飛ばすんだろうと。それが実際8月に亡くなった時には、スーパーマンでも死ぬんだと思いましたね」と振り返った。

     佐々木さんは前妻との間に1男2女、萬田との間に1男をもうけていたが、亡くなる直前、実は別の女性との間にもう1人子供がいたことを萬田に告白したという。「びっくり仰天ですよね。5番目の子供って」と萬田。「スキルス性がんだったので、そっちがかわいそうだし、(子供を打ち明けられた)こっちは腹立つし。半々で、うまい具合にどういう気持ちか分からなかったですね」と当時の複雑な心境を振り返り、「博愛主義というか、人ったらしな人でした」と話していた。

    2018年4月23日13時2分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180423-OHT1T50075.html


    【萬田久子、事実婚夫には“隠し子”がいた…亡くなる直前の告白に「びっくり仰天」】の続きを読む



    (出典 zaregoto1.com)



    1 きゅう ★ :2018/04/22(日) 17:40:52.25 ID:CAP_USER9.net

     女優生活60周年を迎えた岩下志麻が出演作品と女優人生を語り尽くしたインタビュー本『美しく、狂おしく』(春日太一著・文藝春秋刊)が、いま話題を呼んでいる。発売から1週間で重版となり、3月にトークイベントを催した八重洲ブックセンター本店(東京)では、60歳前後の男性客を中心に好調な売れ行きが続いているという。

    「イベントの告知を弊社のホームページに朝10時にアップしたのですが、電話が殺到し、30分後には募集定員が埋まってしまいました。こんなことはめったになく、まるでアイドルイベントのような現象です。岩下さんの人気の根強さを実感しました」(八重洲ブックセンター広報担当者)

    『美しく、狂おしく』は、「週刊ポスト」連載でもおなじみの春日太一氏による丹念なインタビューが46作品ごとにまとめられている。女優になる気はなかったという17歳のデビューから、清純な娘、情念の女、狂女、鬼女、極道へと役の幅を広げて成長する女優の軌跡を、読者も一歩一歩たどることができる。

     そして何よりも惹きつけられるのは、夫・篠田正浩氏をはじめ多くの名匠と取り組んだ撮影の鮮明な記憶と、その時々の自分を伝える明晰で率直な言葉の数々だ。「『何をやっても岩下志麻』では私は嫌です」と言い切る言葉には、役を欲してやまない新人女優のような若々しい熱情が宿っている。

    ※週刊ポスト2018年4月27日号


    https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_667642/

    岩下志麻は女優生活60年を迎えた

    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    【【女優生活60周年】岩下志麻 新刊本イベントが大人気で「まるでアイドル」】の続きを読む



    (出典 best-times.jp)



    1 きゅう ★ :2018/04/22(日) 17:45:01.07 ID:CAP_USER9.net

     若手のなかで最も評価の高い女優と言えば、広瀬すずの名前を挙げる人も少なくないだろう。とくに映画での評価は高く、3月17日公開の「ちはやふる 結び」もドラえもんやディズニー映画「リメンバー・ミー」に次ぐ週間3位の好発進。5月4日公開予定の「ラプラスの魔女」では櫻井翔と共演しており、“ジャニーズ公認”のお墨付きまで得ているほどだ。

     そのように映画では敵なしの広瀬だが、この1月期に主演を務めたドラマ「anone」(日本テレビ系)は歴史的な大コケ。19歳にして初めてともいえる挫折を味わった。爆死の原因は坂元裕二氏の脚本にあるとの指摘もあるものの、ネット上では広瀬の演技に疑問を呈する論調も目立っていた。

    「バラエティ番組での失言で批判されることも多かった広瀬ですが、演技については万人が認める実力の持ち主。それゆえ広瀬も『anone』での演技批判は相当ショックだったようです。映画のほうは好調とはいえ『テレビドラマでは視聴率が獲れない』と落ち込んでいるとの噂もあった。4月4日に生配信したLINE LIVEでも『自分はまだまだ』と発言していましたし、しばらくはドラマに出る意欲が湧かないのではないでしょうか」(芸能ライター)

     その広瀬は来年4月スタートの連続テレビ小説『夏空』(NHK)にヒロインとして出演することが決定している。同作品は朝ドラの記念すべき100作品目にあたり、ヒロイン発表が異例なほど早かったこともあって、NHKから相当大きな期待が懸けられているようだ。

    「NHKとしては『夏空』は失敗が絶対に許されない記念作品。広瀬にも万全な体調と、万全な精神状態で撮影に臨んでもらいたい。なので『anone』以降は他のドラマの仕事を控えてほしいと思っているはず。連続テレビ小説は1話15分の週6回放送で、毎週90分ドラマを放送しているようなもの。撮影に入れば掛け持ちで映画に出演するのも難しく、それゆえ今年の秋ごろまでは映画の撮影に集中しているかもしれません」(前出・芸能ライター)

     どうやらドラマの借りはドラマで返す!というわけにはいかないようだ。

    (浦山信一)
    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_50524/


    【広瀬すずが今後1年間はドラマで観られないと言われるワケ】の続きを読む



    (出典 2xmlabs.com)



    1 ストラト ★ :2018/04/19(木) 13:44:10.72 ID:CAP_USER9.net

    女優の吉岡里帆が、7月20日に写真集(タイトル未定/集英社)を発売することが分かった。

    2014年7月、『週刊プレイボーイ』がデビューまもない吉岡を初掲載し、以後も追い続けてきた。
    そして今回、芸能活動5周年、25歳を迎えた区切りの年に記念碑的写真集を制作。
    撮影は『吉岡里帆2017年カレンダー』でタッグを組んだ若手実力派カメラマン・蓮井元彦氏、デザインは昨今の写真集業界でベストセラーを連発するヒットメーカー・平原史朗氏が担当する。

    吉岡里帆の“旅”
    映画、ドラマの収録の合間を縫って、写真集としては異例の9日間にわたる長期ロケを敢行。
    女優として歩んできた道のりと歳月をひとつの「旅」に見立て、全144ページ完全撮り下ろしで役柄を脱ぎ捨てた「今の吉岡里帆」そのものに迫る。

    そして、旅の模様は吉岡里帆のInstagramと、写真集特設Instagramで発信。
    旅(制作)の過程から楽しむことが出来る。

    なお、発売記念イベントの開催も予定している。

    http://mdpr.jp/news/detail/1759319

    吉岡里帆

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    【【女優】吉岡里帆、写真集発売決定! 役柄脱ぎ捨て「今の吉岡里帆」完全撮り下ろし 『水着はあるのか?ないのか』】の続きを読む

    このページのトップヘ