気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:女優 > 土屋太鳳


    土屋太鳳 弟大好きアピールに「あざとさしか感じない」「身内に投げキッスはマジで引く」


    NO.5966107 2017/12/08 18:43
    土屋太鳳 弟大好きアピールに「あざとさしか感じない」
    土屋太鳳 弟大好きアピールに「あざとさしか感じない」
    12月7日放送の『櫻井・有吉 THE夜会』(TBS系)に、土屋太鳳がゲスト出演。

    弟で声優の土屋神葉に対する溺愛ぶりをみせたが、「またしてもネットユーザーの反感を買ってしまった」(芸能ライター)という。

    太鳳はこの日、12月16日公開予定となる、佐藤健とのW主演映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の告知を兼ねて登場。

    太鳳と神葉の姉弟関係はすでに公表されており、同番組でも8月31日放送回に太鳳が出演した際、「(弟が)大好き」と話していた。

    「今回は、神葉もVTRで初登場。神葉の証言により、太鳳が弟を幼少期から『シンタン』と呼んでいることや、いきなり抱きついたりしていることが発覚。司会の有吉弘行は『新婚じゃないんだから』と、あきれていましたが、それでも太鳳はVTR明け、カメラに向けて投げキッスを送るなど、弟への愛情をアピールしていました」(同) 

    そのほか神葉は、自分のイベント会場にまで姉が押しかけてくるのが「恥ずかしい」と心情を吐露。

    しかし太鳳の方は「何回もできることじゃないから、目に焼き付けておきたい」と、主張した。

    「太鳳といえば、ネット上ではかねてから『あざとい』などと批判的な声が多く、今回のエピソードに対しても『“弟大好きキャラ”は、あざとさや、いやらしさしか感じない』『いい大人が公の場で身内に投げキッスはマジで引くわ』『弟のこと考えてやれよ』といった厳しい書き込みが散見されます」(同) 一方、土屋は今年7月9日付のインスタグラムで、弟について「家族といえど仕事は個人のものだし、それに対する努力とか積み重ねてきた時間もそれぞれの人のものだから、いつもはあまりインスタとかに書かないほうがよいのかな、と思ってきた」などと綴り、仕事上では、なるべく弟と一線を引いていくとアピールしていた。

    「にもかかわらず、今ではテレビで盛んに姉弟トークをするようになったことで、『抱き合わせ商法にシフトしたの?』『普通に声優として頑張ってた弟のイメージも悪くなりそう』という声が出てきています」(同) 

    姉弟エピソードがお互いにとってプラスになればいいが、果たして……。

    【日時】2017年12月08日
    【提供】サイゾーウーマン


    【土屋太鳳 弟大好きアピールに「あざとさしか感じない」「身内に投げキッスはマジで引く」】の続きを読む


    【動画】土屋太鳳、ダンス披露CMが多すぎ? ロッテ「キシリトールガム」20周年ショートムービー公開


    NO.5963582 2017/12/07 13:04
    土屋太鳳、ダンス披露CMが多すぎ?
    土屋太鳳、ダンス披露CMが多すぎ?
    11月29日、女優の土屋太鳳(22)が、ロッテ「キシリトールガム」発売20周年プロジェクトのショートムービー「みらい舞踊『竹取物語2017』」の発表会に出席した。

    この日のイベントに、土屋は「現代版かぐや姫」をイメージして自らデザインしたという着物を着て登場。

    ムービーで土屋と共演したブレイクダンサーのISSEI(20)は、竹取物語の御門の衣装で現れた。

    今回のショートムービーは、ISSEIのブレイクダンスと、土屋の日本舞踊を大胆に融合した内容になっているという。

    土屋はかぐや姫の衣装で踊ったことを振り返り、「(衣装の)裾の扱い方が難しいんですけど、小さい頃から(日本舞踊を)習っていたので生かすことができた」と満足そうに語った。

    今回のダンスの振付には、土屋が日本舞踊を習い始めた頃に師事していた先生が協力。

    土屋は13年ぶりに恩師と再会できたこともうれしそうに明かした。

    しかしそんな土屋に対し、ダンスの仕事が多い点を指摘する人が続出。

    ネットには「正直、土屋のダンスはもう見飽きた」「土屋太鳳さんは見るたびに踊ってる気がする」「いつも踊らされてるよな」「踊り自体はステキでしたけど、なんで踊るの? と思った」と、ツッコミのコメントが数多く上がっていた。

    「ダイハツの『ブーン隊 デザイン』篇や、11月からオンエアされているロッテの『この冬ガーナで何をする?』篇など、土屋がダンスを披露するCMが多いのは確かですね。そもそも土屋は、幼い頃から日本舞踊やクラシックバレエを習い、日本女子体育大学で舞踊学を専攻している、ある意味ダンスのエキスパート。ダンス関連の仕事が増えるのも、しかたない部分はありますよね」(芸能誌ライター)――ダンスが素晴らしいのは間違いなし!

    【日時】2017年12月07日 09:00
    【提供】日刊大衆


    【【動画】土屋太鳳、ダンス披露CMが多すぎ? ロッテ「キシリトールガム」20周年ショートムービー公開】の続きを読む


    土屋太鳳、10周年写真集はセクシー路線!?「誰が買うの?」の声


    NO.5943704 2017/11/27 18:21
    土屋太鳳、10周年写真集はセクシー路線!?「誰が買うの?」の声
    11月24日、女優の土屋太鳳が自身のインスタグラムを更新し、女優デビュー10周年を記念したメモリアル写真集を発売することを発表。

    インスタで、写真集内の1ページと思われる画像を公開したのだが、アンチからは「女にも男にもウケなそうな写真集」といった声が上がっている。

    土屋の写真集が発売されるのは12月15日。

    2015年に発売されたフォトブック『DOCUMENT』(東京ニュース通信社)以来、およそ2年ぶりの写真集となる。

    今作も前作同様、土屋は企画書から制作にかかわっているという。

    「今回の写真集は、女優デビュー10周年記念ということで、SNSなどからは『最近出てきたイメージあったけど、10周年なの!?』といった驚きの声が上がっています。土屋は、05年に『スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス』で審査員特別賞を受賞。07年にゲームソフトのCMに出演し、翌年に『トウキョウソナタ』で映画デビューを果たしました。今回の写真集発売にあたって、土屋はインスタに『心をめいっぱい、こめてます』と意欲を覗かせ、背中が露わになったセクシーショットを公開したのですが、以前からゴリ押しやぶりっ子な言動からアンチが多いだけに、『買わないし、売れないと思う』『単純に誰が買うのか疑問』『土屋太鳳の需要と供給のバランスが崩れてる気がする』など冷ややかな声が上がってしまったんです」(芸能ライター)

    土屋といえば、今年9月に公開された主演映画『トリガール!』が全国約240館で上映されたにもかかわらず、全国週末興行成績ランキングで初登場トップ10を逃して"大爆死"。

    今回の写真集はヒットを記録できるのだろうか。

    「15年、『下町ロケット』(TBS系)に出演して注目を集め、昨年と今年だけで映画5本、連ドラ3本に出演。写真集発売の翌日には、映画『8年越しの花嫁』の公開を控え、来年は『となりの怪物くん』『累 -かさね-』が公開される予定です。しかし、これらの活動を露出過多だと捉える人も多く、今回の写真集発売についても『またゴリ押し』『映画が爆死してたけど、どこにニーズあるの?』といった指摘が出ています。いま最も注目されている女優の1人ではあるものの、今年4月に発売された綾瀬はるかの写真集が、初週で3,500部ほどしか売れなかったことからもわかるように、女優の写真集は売り上げが伸び悩むことも少なくない。『太鳳ちゃんのイメージはセクシーじゃないんだよな』『色気推しはやめた方がいい』『活発で健康的な感じなのに』などの声も上がっており、写真集の方向性次第では大爆死ということも考えられそうです」(同)

    写真集発売の2日後である12月17日には、イベントの開催を発表している土屋。

    写真集と映画『8年越しの花嫁』をヒットに導けるのか注目したい。

    【日時】2017年11月27日 15:15
    【提供】サイゾーウーマン


    【土屋太鳳、10周年写真集はセクシー路線!?「色気推しは やめた方がいい」の声】の続きを読む


    佐藤健を「健先輩」呼び、土屋太鳳の「あざとさ」にまたまた批判殺到?!


    NO.5938187 2017/11/24 23:12
    佐藤健を「健先輩」呼び、土屋太鳳に大ブーイング
    佐藤健を「健先輩」呼び、土屋太鳳に大ブーイング
    11月16日、映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の完成披露試写会が行われ、W主演を務める女優の土屋太鳳(22)と俳優の佐藤健(28)らが出席。

    その中での土屋の発言が、女性ファンの反感を買ってしまったようだ。

    この映画は、結婚式直前に倒れて意識不明になった花嫁と、眠ったままの花嫁に寄り添い続けた青年の8年間を描く、実話をベースとした作品。

    土屋が演じる花嫁の麻衣は、原因不明の病に冒される役どころのため、土屋は撮影に合わせて体重のコントロールが要求されたという。

    佐藤はそんな土屋を気遣って、食事や運動のアドバイスをしたといい、土屋はそのときの関係を「試合に臨むボクサーとコーチ」にたとえて、会場を笑わせていた。

    この日の試写会では、映画の内容にちなみ、“奇跡”の花言葉を持つ青いバラをあしらった花冠が、佐藤から土屋にプレゼント。

    花冠にはダイヤモンドリリーも含まれており、花言葉が「幸せな思い出」「忍耐」「箱入り娘」とのことで、佐藤は土屋のイメージに「ぴったりなんじゃないかな」と思って選んだと語った。

    佐藤から花冠を頭につけてもらった土屋は「幸せ者です」と笑みを浮かべ、「さすが健先輩だな」と、佐藤のセンスを絶賛。

    土屋は、映画『るろうに剣心 京都大火編』で佐藤と共演して以来、佐藤のことを「健先輩」と呼んでいるそうで、この日のトークで何度も「健先輩」と呼ぶ場面があった。

    しかし、そんな土屋に、あざとさを感じる女性ファンも多かったようだ。

    ネットには「佐藤健にこびてるの?」「ぶりっ子もいい加減にしてほしい」「相変わらず男性共演者にすり寄るのがうまいね」「普通に佐藤さんとか、健くんじゃダメなの?」と、批判的な意見が上がっていた。

    「土屋太鳳は自身のインスタグラムでも、佐藤健について“演技における姿勢という点でも、役者としての生き方という点でも尊敬”とコメントしています。尊敬の念をこめて“健先輩”と呼んでいるようですが、その一方、映画『トリガール!』で共演した間宮祥太朗(24)のことは、“祥太朗”と呼び捨て。これは役作りのための間宮のアイデアで、お互い呼び捨てにすることを決めたそうです」(芸能誌ライター)

    「健先輩」と呼ばれるたびに、照れたような笑みを浮かべていた佐藤健。

    女性ファンからは批判されがちな土屋太鳳だが、共演者の心はしっかりつかんでいるようだ。

    【日時】2017年11月24日 19:00
    【提供】日刊大衆


    【佐藤健を「健先輩」呼び、土屋太鳳の「あざとさ」にまたまた批判殺到?!】の続きを読む

    このページのトップヘ