気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:女優 > 土屋太鳳



    (出典 news.walkerplus.com)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/05/25(金) 12:29:48.93 ID:CAP_USER9.net

    土屋太鳳が滑舌改善のため舌を手術した経験を明かす
    2018年5月25日11時46分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805250000372.html

    土屋太鳳

    (出典 www.nikkansports.com)


    女優の土屋太鳳(23)が、滑舌改善のため舌の手術を受けた経験をつづり、同じ悩みを持つ人にアドバイスした。

    土屋は幼少の頃から舌小帯短縮症のためうまく発声できないことに悩み、16歳の時に手術を受けたことを明かしているが、
    25日に更新したインスタグラムでは「コメントにも時々 舌小帯について書いてるかたがいらっしゃるのですが、人によるとも思うのですけど手術をした直後は、人間って、体のこんな小さな部分を本当にちょっと変えただけなのにこんなに痛いんだ…と驚きましたし、
    動かさないようにする時期のあと今度は逆に手術した部分を動かすためのリハビリをするのですが、しびれたような違和感は私の場合はかなり続いてました」と手術後の痛みなどについて詳細につづった。

    術後は痛みや違和感にさいなまれたという土屋だが、「でも!!!!!!!!大切なのは、舌小帯の問題に気がついて治療に踏み出せたということで その一歩はとても大きいし、踏み出したあとは一歩一歩、毎日少しずつ自由な声や動きや感覚に近づいていくと思います」と前向きにつづり、
    「特に小さいお子さんだと周りの方々もすごく心配なさると思うけれど、楽しいことを話したりしながら励ましながら、時間を味方につけてどうかお大事にしてください」と呼びかけた。


    【土屋太鳳が滑舌改善のため舌を手術した経験を明かす 同じ悩みを持つ人に】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 muffin ★ :2018/05/12(土) 13:11:17.62 ID:CAP_USER9.net

    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1805/12/news021.html
    2018年05月12日 12時37分

     女優の土屋太鳳さんが5月12日、かわいらしいピンクのナース服に身を包んだ“ホラー”な姿をInstagramで公開しました。

     4月27日から公開中の映画「となりの怪物くん」のオフショットを“とな怪写真展”として日々アップしている土屋さん。今回は原作コミックにもある文化祭シーンで披露するナースコスプレを公開しており、顔にはブラック・ジャックさながらの縫い傷と血の気の引いた青肌メイクが施されている他、ナース帽には返り血のようなものが飛んでいるなど、ハロウィーンの夜に出没しそうなカワイイとホラーが共存した姿となっています。

     同作で土屋さんは、成績第一の真面目な女子高生、水谷雫役を好演。俳優の菅田将暉さんとW主演を務めており、Instagramには原作ファンおなじみの朱色の制服姿や、菅田さんとバスケットボール片手にポーズをキメた2ショットなど、“とな怪写真展”の作品が多く並んでいます。


    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    【土屋太鳳、“女版ブラック・ジャック”なナース姿にファンメロメロ】の続きを読む



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 muffin ★ :2018/03/26(月) 13:36:30.23 ID:CAP_USER9.net

    https://abematimes.com/posts/3921550
    2018.03.26 12:56

    女優の土屋太鳳が25日、自身のInstagramを更新し、ミニドキュメント番組『ワザビト ~BRIDGE OF DREAMS~』(TBS系)のスタッフへ向けた“手書きメッセージ”を公開。
    最終回を迎える番組に対する想い、丁寧に書かれた手書きの文字の美しさに注目が集まった。

    『ワザビト』では、ナレーションを務める土屋。日本の技術に焦点を当て、開発した人々にまつわるエピソードや人間関係を紹介する同番組は、土屋も出演していた2015年放送の日曜劇場『下町ロケット』(TBS系)の連動番組としてスタートし、ドラマ終了後も引き続き土屋がナレーションを担当していた。

    同投稿で、25日の放送をもって最終回となる同番組について紹介した土屋は、公式ホームページの言葉が「大好き」とのことで、その言葉を引用し自身の想いを語っている。
    そして投稿された写真では、土屋が手書きで文字を綴ったスタッフへ向けたメッセージが公開されている。

    番組への想いを語る土屋に対し、ファンからは「また、太鳳ちゃんのナレーションが聞ける日まで…」「初めてワザビトを観た時、ナレーションの声を聴いてすぐに太鳳ちゃんだと気づいて喜んだのが懐かしいです」「太鳳ちゃんの声大好きです。お疲れ様でした」などの声が寄せられるほか、丁寧に書かれた土屋の綺麗な文字を見て、「太鳳ちゃんの字可愛くて好きだな」「字が綺麗すぎる」「丁寧な文字と文章、とっても素敵です」と字の美しさを称賛する声も多数寄せられている。


    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    【土屋太鳳、番組への手書きのメッセージを公開「綺麗すぎる字」に注目あつまる 『太鳳フォント?』面白い字…】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    1 きゅう ★ :2017/12/31(日) 07:39:23.03 ID:CAP_USER9.net

     2017年12月に「CM総合研究」が発表した「銘柄別CM好感度ランキング」によると、最も好感度の高かったCMは松田翔太(32)、桐谷健太(37)、濱田岳(29)らがレギュラー出演している「au」のCM。イケメンタレントや美人タレントが昔話のキャラクターになりきる「au」のCMはインパクトも好感度も抜群で、CMの成功例と言えそうだ。


    ●土屋太鳳
     一方、インパクトはあるが好感度がかなり低い「ウザすぎ!」と嫌われるCMも多数ある。例えば、10月からオンエアされている土屋太鳳(22)出演の「ダイハツ ブーン」のCMには批判が殺到。同CMで土屋の披露しているキレキレで奇妙な動きのダンスが「気味が悪い」とのこと。そこで今回は、2017年に「ウザすぎる」と批判を集めたCMと出演タレントを紹介していこう。


    ●鈴木奈々
     まずは、鈴木奈々(29)出演の「大阪王将 羽根つき餃子」のCM。同CMは「羽根つき」にかけて、「嘘つき」「餅つき」といった単語を鈴木がリズムに乗せて歌っていく構成だが、その中に、「腰つき」と歌いながら鈴木がガニ股で腰を振るシーンが。

     これには「下品すぎる」「こんなCMよく流そうと思ったね」「気持ち悪いとしか言いようがない」といったクレームが続出。だが何故かこのクレームが、「餃子の王将」を経営する「王将フードサービス」にも多く届いたよう。「大阪王将」と「餃子の王将」は名前は似ているが全く無関係で、「餃子の王将」はとんだとばっちりを受けていた。

    http://tocana.jp/2017/12/post_15525_entry.html
    http://tocana.jp/2017/12/post_15525_entry_2.html

    ●瑛太
    続いては、瑛太(35)が出演する「住友生命 1UP(ワンアップ)」のCM。瑛太が冴えないサラリーマンを演じる同CMは2015年からシリーズものとして続いていたが、2017年にウザさが爆発したようだ。

     2017年に新たに制作されたCMでは、定食屋の常連ぶりたい瑛太が、2度目の来店にも関わらず「いつもの」と注文して店員を動揺させてしまう。それでも瑛太は動じることなく、「いつもの、酢豚・餃子セット」と飄々と注文。これに対しネット上では「瑛太のキャラがムカつく」「頭悪そうというか気持ち悪い客だな」「そういうネタなんだろうけど、2回目で『いつもの』は頭おかしい」と批判を集めていた。


    ●石原さとみ
     最後は、石原さとみ(31)出演の「サントリー 鏡月」のCM。同CMもシリーズもので、2013年には、石原が口づけたグラスをカメラに向かって差し出しながら「間接キッスしてみ?」と語りかける演出が大きな話題に。

     しかし2017年にはあざとさがおかしな方向に進み、女性視聴者を完全に敵に回してしまった。17年制作の新CMでは、居酒屋で上司とサシ飲みをしている石原が、上司を誉めながらお酒をつくり、カメラに向かってグラスを差し出していた。これが「不倫にしか見えない」「あざとすぎて気持ち悪い」「女がお酒を作るって考えがそもそもアウト」と叩かれる羽目に。


    (出典 xn--o9j0bk7253fj2b.net)


    【【CM】石原さとみ、土屋太鳳… 2017年に「ウザすぎ」と不評だったCMと出演者4人!】の続きを読む



    (出典 cdn.mdpr.jp)



    1 きゅう ★ :2017/12/15(金) 19:20:57.08 ID:CAP_USER9.net

     これまで前田敦子や石原さとみ、広末涼子などの名だたる美女と浮名を流し、先日は人気急上昇中の吉岡里帆との熱愛が発覚したばかりの俳優・佐藤健(28)が、新たなターゲットを土屋太鳳(22)に定めたようだ。
     「あれは、完全に“ロックオン”した時の表情ですよ。今まで彼の手に落ちた美女たちはほぼ全員、あれにヤラれてきたんです」

     ある芸能リポーターが、佐藤の危険なまなざしに気づいたのは、11月28日に行われた、土屋とW主演を果たした映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の公開直前イベントだったという。
     2人はウエディングドレス&タキシード姿で、腕を組んで登場。じっと見つめ合うと、佐藤が「隣に立てて幸せです」と、土屋の美しさを甘い表情でベタ褒めしたのだ。
     「実は佐藤は、撮影中から土屋にメロメロだったと言います。これは彼女と仕事をしたことのある関係者全員が口を揃えて言うことですが、実際に会うと、じっと見つめて離さない瞳に、“もしかして、俺のことが好きなのかな?”と勘違いしてしまうそうです。印象以上と言われる、たわわなバストから放たれる濃厚なフェロモンに、佐藤の下半身のレーダーが反応しないはずがありません」(同)

     実際、こんな話が伝わってきている。
     「佐藤は、闘病シーンのための特殊メークで身動きが取れない土屋を笑わせようと、何かとちょっかいを出していたかと思うと、“何かできることない?”と、土屋の脚のマッサージを始めるなど、側から離れることがなかったと言います。その様子に、佐藤のことをよく知る関係者たちはヒヤヒヤ。“気をつけて!”の大合唱で、土屋をなんとかガードできないものかと話し合っていたと言います」(映画関係者)

     “女優には恋も必要だが、佐藤だけはイヤ!”という、土屋に魅了された世間のお父さんファンの叫び声は届くか!?

    http://wjn.jp/article/detail/3670716/


    (出典 cdn.mdpr.jp)


    【土屋太鳳 芸能関係者が警戒する佐藤健の“隠れ巨乳狙い” 「気をつけて!」の大合唱】の続きを読む

    このページのトップヘ