気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:芸能 > 女子アナ



    (出典 storage.mainichikirei.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/19(火) 13:14:41.34 ID:ZXe/BtRC9.net

    テレビ朝日の弘中綾香アナウンサーが、動画共有アプリ・TikTokへの投稿をめぐり、上司から激怒されていたことを、発売中の「フラッシュ」(光文社)が報じている。

    弘中アナといえば、昨年6月、人気バンド・ONE OK ROCK(ワンオク)のリーダー兼ギタリスト・Toruとの熱愛を報じられた。
    その後、9月17日の10時間にわたる生放送「ミュージックステーション ウルトラFES」(テレビ朝日系)終了後、5年間MCを務めた「Mステ」を卒業していた。

    「熱愛報道の際、上司に激怒されてしまい、かなり凹んでいたようです。とはいえ、Toruとは破局を経て復縁していたようで、今もラブラブだとか」(テレ朝関係者)

    同誌によると、昨年10月にスタートした深夜番組「アナ行き!」の中心企画として、
    弘中アナは番組のTikTokのアカウントにセーラー服やナース服などコスプレの動画をノリノリで投稿。
    ネット上でも話題になっていたが、昨年11月の投稿を最後にアカウント自体が休眠状態だという。

    気になるその理由だが、番組制作の担当部長が「アナウンサーをアイドル扱いするな」と激怒。
    TikTok禁止令を下し、企画自体が中止に。弘中アナは「やれって言われたから、やっていたのに!」と激怒していたというのだ。

    「今度は間接的に上司に激怒されてしまった弘中アナ。
    レギュラーを務めるバラエティー番組『激レアさんを連れてきた。』で人気・知名度がアップしただけに、
    やりたい仕事をやらせないと、早々にフリーになってしまうのでは。上層部はもっとやりたい仕事をやらせるべきだ」(芸能記者)

    以前、退社する女子アナが他局に比べて少なかったテレビ朝日だったが、ここ最近だけでも、
    エース級の宇賀なつみアナ、小川彩佳アナが相次いで退社を発表してしまった。
    どうやら、局内の雰囲気に原因がありそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1698495/
    2019.02.19 12:30 リアルライブ


    【テレ朝・弘中アナ、フリー転身説が濃厚に? 積もり積もっている不満とは】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/19(火) 08:09:41.96 ID:gzzEKdiX9.net

    “カトパン”こと加藤綾子のフジテレビ新夕方ニュース番組(タイトル未定)の詳細が一向に伝わってこない。
    加藤本人が「本当にうれしい」とコメントを出しているにもかかわらず、なぜ内容が分からないのか。

    「現在、平日月曜から金曜日の午後4時50分から7時に放送されている『プライムニュース イブニング』をリニューアルし、カトパンの番組にする予定です。
    ただ、相方の男性アナは誰かなど、細かいことは分かりません。
    毎日なのか、週に何日かなのかも分からないのです」(テレビ誌ライター)

    一部の週刊誌サイトには、加藤がスタッフを指名し、それが原因でモメているとの記事も掲載されているが…。

    「それはないでしょう。彼女は元フジテレビ社員。勝手知ったる、ですから、局の用意したスタッフに多少の異論はあるかもしれませんが、
    あのホニャホニャとした性格で、そんなに長引くとも思えない。
    もっと、彼女の心に引っ掛かるものがあるのだと思います」(芸能記者)

    それはやはり、現在、同局の『ホンマでっか!?TV』で共演している明石家さんまとの問題だという。
    さんまが加藤にベタぼれなのは、芸能界内外で有名だ。

    「加藤は昨年9月、さんまの交際申し込みに対し、『お断わりします』と告げ、『ホンマでっか――』
    降板の気持ちも明かした。でも、さんまは諦めない。『番組は続けたい』の一点張りなのです」(フジテレビ関係者)

    詳細が伝わらないわけは…
    加藤はフリーのタレントだ。さんまとの共演も断れば問題はないはず。しかし、そこに介入してきたのがフジテレビ上層部だという。

    「局は、さんまの番組を続け、なおかつ夕方ニュースにも出てほしいと懇願している。
    さんまは自分のギャラを下げてもカトパンが一緒ならいいとまで申し出ている。
    これに関して、カトパンは全く意に介せず。あくまで『ホンマでっか――』降板の方向のようです」(同・関係者)

    フジテレビもさんまには困り果てているという。

    「局としては、何とかさんまを立てたい。しかし、カトパンも強硬。
    さんまと共演ならば、夕方ニュース月~金のうち1日を共演番組に充て、
    その代わりニュースギャラは5日分と同じ額を希望と強気。詳細が伝わらないのは、決着に時間がかかっているからでしょう」(同)

    今後、どんな展開になるのか。興味津々だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1698239/
    2019.02.19 07:30 まいじつ


    【加藤綾子『フジ新ニュース番組』受諾の条件に露骨な「さんまNG」?】の続きを読む


    小川彩佳アナ テレビ朝日退社の「引き金」は大みそかの屈辱企画?


    NO.7261193 2019/02/13 13:04
    小川彩佳アナ テレビ朝日退社の「引き金」は大みそかの屈辱企画?
    小川彩佳アナ テレビ朝日退社の「引き金」は大みそかの屈辱企画?
    ひょっとしたら退社の“引き金”はあの番組だったかも!?

    2月8日、テレビ朝日の小川彩佳アナが一般男性と結婚、同局を退社すると発表。

    正式な退社日は調整中で、出演中の「AbemaPrime」(AbemaTV)は3月いっぱいで卒業するという。

    嵐・櫻井翔との交際が影響したのか、『報道ステーション』卒業後は地上波からは姿を消していた小川アナのAbemaTV行きを左遷と捉える人も多かった。

    それだけに、ネット上では「Abemaがよっぽど嫌だったんだろう」との声も聞かれる。

    そんな中、ある番組がクローズアップされているという。

    週刊誌記者語る。

    「昨年の大みそか、小川アナはAbemaTVで放送された『今年のニュースは今年のうちに!生討論SP』で、カリスマAV男優のしみけんと妻でブロガーのはあちゅうを独占インタビューしています。AV男優へのインタビューとあって、番組では『報道ステーション』時代には考えられないような淫語が飛び交い、しみけんから“パイズリ”という言葉を作ったのは誰かといったエロクイズを出されると、『おぉ〜』と苦し紛れのリアクションを見せる一幕も。卑猥な単語を聞いて反応に困る小川アナを観た視聴者からは、『興奮する』『小川アナもAV見ているんだろうな』といったコメントが続出したものでした。清楚なイメージのある小川アナですから、性的な目で見られたことに屈辱を感じていたのかもしれません」

    青山愛、宇賀なつみと人気アナの流出が続くテレビ朝日。

    小川アナを、もう少し大事に扱っておくべきだったかもしれない。
    【日時】2019年02月13日 10:00
    【提供】日刊サイゾー


    【小川彩佳アナ テレビ朝日退社の「引き金」は大みそかの屈辱企画?】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/11(月) 08:37:10.95 ID:kMxU9Vaf9.net

    2月5日、TBSの宇垣美里アナウンサー(27)が、生出演したラジオ番組『アフター6ジャンクション』で3月いっぱいでのTBS退社を発表した。

    「宇垣アナは前々から、今春での退社がささやかれていました。今後はどうやら、オスカープロモーションに所属し、アナウンサー職以外の仕事もやっていくそうです。
    女優業や、グラビアも期待できますね」(スポーツ紙記者)

    局アナを辞めることを決意した宇垣アナの一方で、「フリー転身最右翼」と言われながら、どうやら局残留を決意しそうだというのが、ナンバーワン人気アナの日本テレビの水卜麻美アナ(31)。
    残留の大きな理由として聞こえてくるのが、意外なことに「金銭面」だというのだ。
    「売れっ子アナウンサーはフリーになったら10倍は稼げる」というのが通説だったはずだが、局アナで残ったほうがいいとは、どういうことか!?

    「実は、ミトちゃんは、日テレから相当“アツい”待遇を受けているんです」

    と語るのは放送作家。新年が始まって最初の月曜日にあたる1月7日、水卜アナの姿は、多くのTBS局員が見つめる視線の先にあった。

    「ミトちゃんは、昨年大活躍した社員が対象の表彰式に出ていたんです。表彰されるのはごくわずかな人数でしたが、ミトちゃんの評価は“VP”。
    スポーツなどでもよくあるMVPのVPで、殊勲選手という意味ですよね。彼女には賞金50万円が渡されたそうです。
    実はミトちゃんは、昨年に続いて2年連続の表彰。ちなみに昨年はMVP。賞金は、おそらく100万円は出ているんじゃないですかね!?」(前出の放送作家)

    新年早々、50万円もの“お年玉”をゲットしていたという水卜アナ。なんともうらやましい限りだが、彼女の毎年の活躍を考えればそれも納得かもしれない。

    「視聴率が堅調なレギュラー出演番組だけではなく、『24時間テレビ』の総合司会や、昨年行われたNHKとの交流イベントなど、水卜アナは“日テレの顔”として活躍しています。

    明るいキャラクターは日テレのイメージアップに大きく貢献しているのは間違いなく、高評価は当然でしょうね」(制作会社関係者)

    その高評価は当然、ボーナスにも反映されるという。

    「毎月の給料も評価で変わるそうですが、大きな差が出るのはボーナス。日テレのボーナス査定は、『B』『A』『AA』『S』と4段階評価だといいます。
    「しっかりとやっている」という評価は『A』、「特別な活躍を見せた」局員が『AA』とのことで、『AA』は数人しかいない。
    『S』となれば、全局員で1人いるかどうかでしょう。それは、“水卜アナしかありえない”というのが、多くの人が声をそろえるところです」(前同)

    オリコン恒例のアンケート企画「好きな女子アナウンサー」ランキングで5年連続首位に輝き、2017年に殿堂入りした水卜アナ。日テレ内の評価でも殿堂入りということか。

    「当然ながら、ほとんどの局員は『S』評価を受けたことがないので、あくまで噂ですが“Sは一桁違う”と言われています。
    つまり、『A』評価局員の冬のボーナスが100万円だとすれば、『S』は1000万円ということですよ!」(同)


    http://dailynewsonline.jp/article/1687657/
    2019.02.11 07:20 日刊大衆


    【水ト麻美アナ「日テレ残留」を決めた『S』ボーナスと“安住級”特別待遇】の続きを読む



    (出典 tonboeye.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/07(木) 08:21:50.39 ID:PGr/fmPY9.net

    宇垣美里アナが、2月5日に放送されたラジオ番組「アフター6ジャンクション」(TBSラジオ)で「宇垣、辞めまーす」と明るく3月いっぱいの退職を発表した。
    同局に最も近いスポーツ紙S紙が報じたところによれば、彼女は芸能プロO社入りがすでに決まっているという。

    「とはいえ、正式な発表はありません。それはなぜか。実は宇垣アナはO社入りが乗り気でなく、まだ契約に至っていないらしいのです。
    しかしO社しか拾ってくれる芸能プロがないのが実情」(女子アナライター)

    本当にどこも拾い手がないのなら、O社に入るしかないのではないか。

    「そこが宇垣アナの勘違い。彼女は自分がカトパンと同格だと思っているのです。カトパンは事務所から支度金を“億ほど”もらったといいます。
    同じTBSのOBである田中みな実も“数千万”というウワサ。宇垣アナとしても、自分も田中くらいはもらえると思っていたら、実質ゼロ円だった。そのことに納得していないのです」(同・ライター)

    加藤綾子と同格というのも相当の自己過信だが、

    「フリーアナ中心の大手C社やS社は、彼女に声を掛けなかった。悪い評判ばかりで、取る気はなかったそうです。
    ひょっとして、自分で営業する本当のフリーで活動する可能性もあります。O社と提携し、O社の仕事もするし自分でも営業する。自信過剰の彼女ですから、その可能性はあるでしょう」(同)

    いざこざの原因は“あの”誤報”だった
    それにしても宇垣アナは、なぜTBSを辞めるのか。仕事への勤怠やジャニーズタレントと交際するなど問題が多く、担当していた番組『あさチャン』のプロデューサーが降板を通告。
    その際に「なんでよッ!」とコーヒーを投げつけた“コーヒーぶちまけ事件”を各社が報じている。

    「コトはそんな単純のものではないんです。
    宇垣アナは『あさチャン』メインMCの人気フリーアナ、夏目三久より数段下の扱いが不満だった。
    夏目の力を批判し、ある程度の立場で出演することを上に直訴していたのです。
    さらに一度、夏目に誤報として出た男性関係について、彼女はオモシロおかしく周囲に吹聴。
    それに夏目の所属事務所が激怒し、局に処罰を求めた。それが番組降板につながったのです」(TBS関係者)

    さらに輪をかけたのは、

    「ジャニーズタレントとの交際にしても、反省の色が全くなし。それも局は問題視。
    最終的に局としては『不要』の結論となった。もうTBSは出入り禁止かもしれません」(同・関係者)

    もしもこれらが本当であれば、フリーになっても仕事は厳しそうだが…。

    http://dailynewsonline.jp/article/1682574/
    2019.02.07 07:31 まいじつ


    【TBS宇垣美里アナ『退職』の真相はコレ!?「あのフリーアナの逆鱗に触れ…」】の続きを読む

    このページのトップヘ