気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: お笑い芸人



    (出典 nordot-res.cloudinary.com)



    1 ばーど ★ :2019/08/13(火) 09:38:53.46 ID:oJ4l8SWM9.net

    週刊誌の記事をめぐり、タレントと出版社が対立するケースは珍しいことではない。最近でも2つの記事が火種となり、とある“騒動”が起こっていた。記事を執筆したのは、取材力に定評のある『週刊新潮』だ。

    1つ目は、'19年2月21日号で報じられた『ZOZO「前澤社長」の株価対策という面接官「剛力彩芽」』という記事。

    「ZOZOの採用面接に、前澤友作社長の恋人である剛力彩芽さんが同席したことが報じられました。剛力さんは質問というより、“いかに前澤さんがすごい人かを力説しているだけ”などといったことも書かれていて、ネットでは《部外者が面接官なんて信じられない》《社長が会社を私物化している》などと物議を醸していました」(スポーツ紙記者)

    これに対し株式会社ZOZOはツイッターで、記事が事実無根であると主張。

    「《社の名誉や事業活動に不当な損害を与える記事については、法的措置も含めた対応を検討してまいります》とコメントし、新潮社を提訴する姿勢も見せていました」(同・スポーツ紙記者)

    その後の動向は報じられていないが、両者は今、どうなっているのだろうか。

    週刊新潮編集部に、ZOZOから訴状が届いているか確認したところ、

    「訴状は届いておりません」

    とコメント。ZOZOも、

    「訴状は送っていません」

    とのことで、すでにこの問題は収束しているようだ。
    .
    一方、太田光の裏口入学報道は

    一方で、いまだ尾を引いているのが'18年8月16・23日号で報じられた『太田光を日大に裏口入学させた父の溺愛』という記事。

    「お笑いコンビ・爆笑問題の太田光さんが、母校の日本大学藝術学部に裏口入学したと報じたものです。記事には、今は亡き太田さんの父親が、仲介人物に800万円を支払ったとも書かれていました。これに対し太田さんサイドは事実無根であるとし、約3300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて東京地裁に提訴しました」(ワイドショー関係者)

    太田は、7月28日に放送された『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、この件について言及。吉本興業の闇営業問題をめぐって、雨上がり決死隊の宮迫博之が写真誌に対し、法的措置を取らないことについて議論していたときのことだ。

    「“僕も週刊新潮と係争中なんで、あんまり言えないんですけど”と発言して、笑いを取っていましたよ。まだ解決していないようですね」(同・ワイドショー関係者)

    両者の溝が埋まる日は、いつになるのだろうか。

    この件について週刊新潮編集部に問い合わせたところ、

    「係争中の訴訟につきましてはコメントを差し控えさせていただきます」

    一方、太田の所属事務所の代表を務める太田光代氏は、

    「訴えを起こしてから、弁護士同士が話し合いをしたのち、向こうから和解交渉を持ちかけられました。しかし、こちらが納得いくものではなかったため裁判で争っていく予定です。(実際に裁判に突入するのは)ここ1か月、2か月後になると思いますよ」

    和解を受け入れなかった理由については、

    「こちらも時間がないので、話し合いですませられればいいんですけど、本当に事実無根なのでね。裁判ですべてを明らかにして、何をもって裏口入学と言っているのかを知りたいというのが本心です」

    とのことだった。 どちらの証言が本当なのか、真実はひとつしかない。

    8/13(火) 7:00
    週刊女性PRIME
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190813-00015782-jprime-ent

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【太田光vs『週刊新潮』裏口入学報道その後…和解交渉決裂し裁判へ「本当に事実無根」】の続きを読む



    (出典 storage.mantan-web.jp)



    1 Egg ★ :2019/08/11(日) 08:05:46.86 ID:eSjjrc3s9.net

    膠着状態に妙手なし?

    写真

    (出典 www.dailyshincho.com)


     スポーツ報知は8月4日、「明石家さんまが宮迫博之の事務所受け入れについて進展なし 吉本騒動語る」の記事を掲載した。

     その前日、大阪のMBSが「ヤングタウン土曜日」を放送、報知はさんまの発言を紹介したわけだ。

     なんでも騒動の影響で、吉本興業の「上層部がげっそり痩せている」と暴露。「吉本、ダイエット本を出すのかも」なんていう冗談も飛びだした。今のところ、宮迫問題については「とりあえず進展はない」という。

     つまり、裏を返せば、問題は「終息する気配が見えない」と言い替えることもできる。民放キー局で番組制作に携わるスタッフが内情を語る。

    「キー局の中で、最も困っているのは、『アメトーーク!』(木・23:15)や『ロンドンハーツ』(火・23:20)を抱えるテレビ朝日です。吉本との関係は深く、10月期でも両番組の継続を発表しました。しかし、再び週刊誌が吉本芸人のスキャンダルを報じるようなことがあれば、吉本芸人をテレビ出演させること自体に世論が厳しい目を向ける可能性があります。そうなると、テレ朝はかなり厳しい状況に追い込まれるでしょう。担当者にすれば、しばらくは“綱渡り状態”が続くことになります」

     だが、テレ朝よりも深刻な悩みを抱えているキー局があるという。スタッフ氏は「日本テレビですよ」と明かす。

    「日テレでは、今回の騒動でレギュラー番組の差し替えといった緊急事態は発生しませんでした。編成部が今から頭を抱えているのは、年末年始のラインナップです。実は、毎年大晦日に放送している『笑ってはいけないシリーズ』をどうするかという問題に直面しているそうです」

     番組を中止するのは、ある意味で簡単だ。だが、これだけの人気シリーズの代わりになるスペシャル番組など、そう簡単に制作できないという。

    「初めて大晦日に放送したのは2006年、『絶対に笑ってはいけない警察24時』です。それから毎年、午後6時間台も珍しくない長尺の大型スペシャル番組として、人気を博してきました。特にここ数年は民放の中では断トツの視聴率で、NHKの紅白歌合戦に対抗できる唯一の番組です。更に放送後はDVDボックスとして発売され、その収益も馬鹿になりません。これが吹っ飛んでしまうと、日テレは計り知れない損害を被ることになります」(同・スタッフ)

     日テレとテレ朝が、視聴率トップの座を賭けて死闘を演じているのはご存知の通りだ。

    「テレ朝は、米倉涼子さん(44)の人気シリーズ『ドクターX~外科医・大門未知子~』が、この秋に復活します。高視聴率は間違いないと見られており、そのため日テレとテレ朝の視聴率競争は、年末までもつれるでしょう。そうなると日テレとしては、是が非でも『笑ってはいけないシリーズ』を放送したい、というのが本音だと思います」(同・スタッフ)

     日テレが最も危惧するのは、「笑ってはいけない」の新作を制作するとなると、100人を超える芸人が出演させなければならないことだという。もし、彼らの1人だけでもスキャンダルが発覚すれば、そのシーンを丸ごとカットする必要が生じる。

    「制作上のリスクだけでなく、日テレ局内からは、『もしそんな事態になったら、会社全体のイメージダウンになる』と危惧する声も出ているそうです。なので、今年は放送を見送ったほうがいいのでは、というわけです」(同・スタッフ)

     通常、こういう場合、「安全第一で腰の引けた上層部vs番組制作を要求する現場スタッフ」という対立が生じることはよくあるが、意外にも、現場からも放送に否定的な声が出ているという。

    「例の岡本昭彦社長(53)の会見に、藤原寛副社長(50)が出席し、実際に質疑応答に対応したことが問題視されているんです。藤原さんは『笑ってはいけないシリーズ』で進行役を務め、笑った芸人の名前を独特の棒読みで発音し、『アウトー』とナレーションすることで知られています。今年の年末に藤原さんが『松本、アウトー』と言っても、視聴者は笑えない、シャレにならない、と現場は心配しているんです」(同・スタッフ)

    芸能2019年8月8日掲載
    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/08110700/?all=1


    【<吉本騒動で「笑ってはいけないSP」が大ピンチ!>現場から上がる至極真っ当な意見「『松本、アウトー』視聴者は笑えない」】の続きを読む



    (出典 news.yoshimoto.co.jp)



    1 ばーど ★ :2019/08/11(日) 13:31:31.56 ID:aOmLgxoO9.net

     極楽とんぼ・加藤浩次が(50)が10日深夜のMBSラジオ『極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!』に出演。“加藤の乱”メンバーにボヤキが止まらなかった。

     一連の騒動では加藤が吉本興業やダウンタウンの松本人志に反旗を翻した構造にも見え“加藤の乱”とも呼ばれた。「新聞でVS構造にしてたけど加藤側、弱すぎるだろ」とメンバーが平成ノブシコブシの吉村崇、タカアンドトシのトシのみたったことにボヤき。「新聞見て笑ったもん。弱いって」と繰り返し、笑い声を上げた。

     加藤は吉本興業との契約解消処分となった宮迫博之(雨上がり決死隊)と、謹慎中の田村亮(ロンドンブーツ1号2号の)が先月20日に行った謝罪会見を受けて同22日の『スッキリ』で取締役ほか経営側の刷新を求め、同社の「経営陣が変わらないなら僕は会社を辞める」と強い口調で訴えた。直後に吉村は「僕は北海道の人間です 何かあった時は北海道の人について行きます」と加藤が辞める場合は追従する趣旨のつぶやきを行った。

     ラジオで吉村のつぶやきを振り返った加藤は「アイツか!」と対立構造を作った“主犯格”にチクリ。激化の一途をたどっていた騒動の最中に吉村から「加藤さん、俺はわかってます。腹は決まってます」と連絡があったそうで加藤は「やめてくれ、そんなの。迷惑だ。そんな気は一切ない」と返したという。

     そして「お前と一心同体だと思われるのは迷惑だ」とストレートに告げたそう。「『えっ』となってた。『マジだぞ、吉村』って。『そうなんすね~』って」とやり取りを笑いながら回想。イジりつつも「熱くなるタイプだから」と後輩の心境も理解していた。

    2019年8月11日 12時24分(最終更新 8月11日 12時24分)
    毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20190811/orc/00m/200/022000c

    (出典 cdn.mainichi.jp)


    【加藤浩次、吉村崇へのお説教明かす 追従発言に「一心同体だと思われるのは迷惑だ」】の続きを読む



    (出典 www.zakzak.co.jp)



    1 Egg ★ :2019/08/09(金) 17:38:26.45 ID:C6sCRmDK9.net


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    2019年版「一番嫌いな芸人」は、明石家さんまが初めて1位になった。かつては他を寄せつけない強さを見せていた「ミスター好きな芸人」だったが、同部門では今年も2位。最近は、番組での発言がたびたび批判の的にもなっている。彼が変わったというより、時代の空気が変わった結果かもしれない。

    アンジャッシュ渡部、ナダル、相席スタート…嫌いな芸人11位~20位の一覧

    日経エンタテインメント!では、2019年で16回目となるお笑い芸人の人気調査を実施。全国の男女1000人を対象に「一番好きなお笑い芸人」「一番嫌いなお笑い芸人」「この1年で最もブレイクしたと思うお笑い芸人」「これから1年で消えると思うお笑い芸人」の4項目で人気度を調査した(調査の詳細は関連記事「好きな芸人、サンドウィッチマンが連覇 さんま2位」をご覧ください)。


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    数値は、その理由を選んだ割合(複数回答可)。「全体平均」は回答者全員(1000人)の平均値
    明石家さんまを嫌いという理由のトップは「ネタがつまらないから」(61%)。男性の拒否反応が強く、なかでも25~34歳で1位に。しかし、人気が根強かった熟年世代からも「価値観の押し付けは目に余る」(57歳男性)、「なんでも自分の話にしてしまい、MCとして機能していない」(57歳女性)など厳しい声が多かった。さんま流トークに対する世間の受け止め方が変わったといえそうだ。

    昨年まで3年連続1位だった石橋貴明は2位。一番多い理由は「キャラクターが嫌いだから」(70%)で、35~44歳女性の間では1位だった。かつてのやんちゃキャラも今はすっかり鳴りを潜めているが、「傲慢で生意気」(59歳男性)といった声がまだ散見される。

    3位はアキラ100%。「ネタがつまらないから」(57%)が理由のトップで、「笑いを取るための努力が痛々しいものは、見ていて疲れる」(69歳女性)など、女性からの辛口意見が目立つ。しかし、ブレイクから1年以上経過した今もコンスタントにテレビ出演を続けていることから、支持する層も根強くいるといえそうだ。

    新顔はクロちゃん、村本大輔、久保田かずのぶ、ナダル、相席スタート、アキナ、中田敦彦の7組。共通するのはネットでの炎上だ。

    3位のクロちゃんは、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の常連。これまでも同番組で見せてきた嘘つきぶりや泥酔した姿が度々批判の的になっていたが、昨年10月にスタートした恋愛リアリティー企画「モンスターハウス」に対してネット上は「気持ち悪い」「見たくない」の大合唱となった。

    8/9(金) 9:01配信 ニッケイスタイル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190809-00010004-nikkeisty-ent


    【<嫌いな芸人>明石家さんま初のトップ!石橋貴明は2位】の続きを読む



    (出典 www.agara.co.jp)



    1 幻の右 ★ :2019/08/09(金) 10:38:47.20 ID:A9YcI9i89.net

    雨上がり決死隊・宮迫博之が金塊強奪犯と同席して金銭を受け取ったとされる〝ギャラ飲み疑惑〟を受け、元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏はこの強奪犯が収容されている福岡拘置所で本人と接見した。同氏は9日、当サイトの取材に対し、この被告が証言した宮迫への思い、さらには別の芸能人のタニマチ的な存在であったことを明かした。

     小川氏は6日、7億5800万円相当の金塊を強奪した容疑で逮捕・起訴され、1審判決で懲役9年の判決を受けた野口和樹被告(43)が収容されている福岡拘置所にテレビ局のスタッフと共に赴き、約30分間、野口被告と面会した。同被告は宮迫への金銭授受の疑いに「僕は払ってない」と否定しつつ、写真を撮る前に、宮迫が別の席で飲んでいた人物として「名前を言っても放送できない有名人」の存在などを証言した。

     そして、野口被告は宮迫への思いも吐露した。同被告は「僕らとの写真が流出したことで宮迫君に迷惑をかけたのは申し訳ないと思っています」と謝罪。その一方で、「ただ、あの会見はないでしょう。吉本の実情を暴露して『自分はかわいそうだ』と言っているだけ。本質は、反社会的グループと関わって『金はもらっていない』とうそをついたのが始まり。それが、今では吉本のお家騒動になっている。会見の場は、本当は反省し謝罪すべき場所であったはずなのに、あれではまるでクーデターじゃないですか」などと小川氏に話したという。

     さらに、野口被告は宮迫とは別に、芸能人との付き合いを激白した。野口被告は「自分がタニマチのようになっている芸能人が4人いました。月に50万円と◯◯には100万円出していた。後は、仕事を頼んで、ちょっと多めにギャラを払っているくらいですが。イベントに呼んでやったりした。東京の◯◯にある◯◯ホテルでのイベントにも、お笑い芸人の◯◯と◯◯を呼んだ。月数万円の給料の芸人もいるんですよ。9万円でしたよ。やっていけないでしょう。」と語ったという。

     小川氏は「多い人には月に1000万円以上出した者もいたそうです。その名前もはっきり言っています。自分がやったイベントに来てもらったお笑い芸人さんの名前も言いました」。あくまで野口被告の言い分であり、現時点で裏取りをしていないため、小川氏は匿名とした。

     いずれにしても芸能界の背後にいる反社会的勢力の存在が、同被告の証言によって浮き彫りになった。

    まいどなニュース
    8/9(金) 10:26
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-11000049-maidonans-life


    【金塊強奪犯が芸能人4人のタニマチと告白 宮迫会見に批判も 小川泰平氏が面会】の続きを読む

    このページのトップヘ