気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: お笑い芸人



    (出典 grapee.jp)



    1 ひかり ★ :2019/07/07(日) 14:49:34.28 ID:yL5rNZCk9.net

     タレントの上沼恵美子(64)が7日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)に出演。お笑い芸人による“闇営業”問題で持論を展開した。

     「食べていけないから直の営業に行ってしまうんだというのもありますが、ここで言いたいことがあります」と切り出した上沼は「私は思うんです、吉本は
    (ギャラの取り分を)たくさん取っているかもしれないけど、吉本はチャンスが多い。やっぱりそんなに力がなくたってテレビへの出演が回ってくることが
    他の事務所の人より、ましてや、私みたいに一人でやっている人間なんて絶対ないですよ」とキッパリ。「吉本はチャンスというものをいただける、
    それ代を払っているわけだから」と持論を展開した。

     「芸人さんのわがままやと思うし、あんたの力がないからや。私はそう思う。そりゃ、頑張ったらいける。事務所の責任にしちゃいかん」とテレビに向かって
    厳しい言葉をぶつけた。

     「私はまったく一人でやっている。一人で大阪の隅っこのほうでやって、よくここまで来たなと。なんて私って才能あるんだろ」と“自画自賛”し、
    笑いを誘った。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190707-00000197-spnannex-ent


    【上沼恵美子 闇営業問題で持論「事務所の責任にしちゃいかん」】の続きを読む



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/07(日) 08:52:05.37 ID:DJbeea/e9.net

    「ブログの収入で食べている」「非常識」などと陰口され、一部からは〝炎上女王〟
    辻希美レベルのヒンシュクを買っている女性お笑いコンビ『クワバタオハラ』小原正子が、またもブログをきっかけとした批判を受けている。

    7月3日、小原は《おやじ☆》とのタイトルでブログを更新し、一家団らんで夕食を楽しむ様子をアップ。
    食卓には刺身などの魚介類が並び、夫である元メジャーリーガーで野球解説者のマック鈴木氏と2人の子どもが、カラを剥きながら海老を頬張る画像が公開されている。

    しかし、この日の食卓に並んだのは、海老や刺身、海宝漬にキャベツの和え物といった〝酒のアテ〟になる一品料理ばかり。
    これを〝子どものご飯にすること〟が癪に障ったのか、一部ネット上では、

    《旦那の酒のつまみの残り》
    《まともな料理作ってあげなよ》
    《子どもがかわいそう》

    などと、メニューに対する批判的な声が上がってしまった。


    もはや〝炎上の火薬庫〟状態に…
    また、小原の食卓を巡っては別の日のブログ記事にも批判の声が。同日昼、小原は「無性に食べたくなった」と、ドーナツチェーン店にて1人で朝食を取ったことを画像付きで報告。
    一方、5月31日には子どもの朝食にパンとバナナと牛乳を与えたことを公開していたため、一部では《自分は朝から外食、子供たちはバナナか菓子パンだけ》という辛らつな意見も上がっている。

    気付けば、更新のたびに粗探しが行われ、今や〝炎上の火薬庫〟〝尽きない油田〟と化しているきらいすらある小原・マック夫妻のブログ。
    一体、2人の何がここまでネット民の感情をあおり立てるのだろうか。

    「批判コメントを見ると、芸人としての小原、野球解説者としてのマック双方に仕事の痕跡が見られないことがたたかれる原因になっているようですね。
    当然、タレントや野球関係の仕事は目に見えるものだけではないのですが、一般の人からすれば『不労所得』『ブログ収入で食っている』などと映ってしまうもの。
    〝働かざる者食うべからず〟というような、日本人特有の卑屈な妬み・やっかみが負の原動力となっているのだと思われます」(芸能ライター)

    手厳しい意見にも負けず、これからも気にせず自由な更新を続けてほしいものだ。

    ?http://dailynewsonline.jp/article/1911432/
    2019.07.07 07:32 まいじつ


    【子どもの食事がヒド過ぎ!?  クワバタオハラ・小原家の食生活に批判殺到!】の続きを読む



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/05(金) 13:42:22.91 ID:JvXc8NCZ9.net

    ナインティナインの岡村隆史(48)が、芸人の闇営業問題に関する雑誌記者からの取材依頼が、自宅マンションのポストに直接投函(とうかん)されていたことを明かし、「これ、ルール違反じゃないですか?」と疑問を呈した。

    岡村は4日深夜放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で、世間を騒がせている闇営業問題に言及。先週の放送でも話したが、その放送を聞いた記者から「闇営業についての見解を取材させてほしい」という旨の手紙が届いたという。

    しかしその手紙には消印がなかったことから「ということは実際に私のマンションに来て、私の部屋番号も知った上で投函してるんですよ」と推測。「めちゃくちゃ怖いでしょ。これ、ルール違反じゃないですか? まぁ、そういう記者の方ならば家ぐらいはたどり着いている可能性はあるでしょうけれども、それでも部屋の何号室やっていうのをわかってるって……。ウソでもね、マンションから出た時に『すみません、〇〇の記者なんですけれども、ちょっとコメントをいただきたいんです』って言うんならわかります。でも直接ポストに入れるって、怖くないですか? それは調べたらわかるのかもしらへんけど、こんな気色悪いことないじゃないですか」と不快感をあらわにした。

    その後も「なんでその部屋わかったか、それはもうちゃんと明らかにしてほしい。なんならもう引っ越しもしたい」と話し、「取材の交渉は、やっぱり会社を通して欲しい」とした。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16726440/
    2019年7月5日 10時34分 日刊スポーツ


    【岡村隆史「会社通して」 怖すぎる…自宅へ”記者からの取材依頼”が直接投函】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/07/05(金) 10:58:22.70 ID:LxM/vVnd9.net

    2019/07/05 10:46 Written by Narinari.com編集部

    お笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功(55歳)が、7月4日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンDXDX」(日本テレビ系)に出演。ゲストから、ロケ番組「浜ちゃんが!」(読売テレビ系)の時は浜田が「別人だ」との声が上がった。  

    この日、ゲストとして出演していたタレントの出川哲朗(55歳)が、「世界の果てまでイッテQ!」で共演しているモデルで女優の堀田茜(26歳)が別の番組で楽しそうに出演していたことに対して不満を述べる。

    さらに出川は、堀田が「浜ちゃんが!」に出演した時にもすごく笑顔でいたため、「僕に見せたことのないような笑顔。何であんな笑顔してんのかなと思って悔しい。嫉妬ですよ。ジェラ」と、嫉妬の炎を燃やした。

    すると堀田は「浜田さんとのロケがこんなにも楽しいんだ、と思って」と、笑顔だった理由を明かすと、同じく「浜ちゃんが!」に出演経験のあるタレントの菊地亜美と朝日奈央も「『浜ちゃんが!』の浜田さんは(いつもの)浜田さんじゃないよね」「優しい!すごく優しい!」と堀田の意見に同意する。

    ここまでのやり取りを見ていたダウンタウン・松本人志は「僕はそれを見て、浜田の笑顔にジェラですよ。俺といる時あんな顔してくれへん」とボヤき、笑いを取った。

    https://www.narinari.com/Nd/20190755331.html#more


    (出典 www.lmaga.jp)


    【浜田雅功、タレント女性陣から「ロケ番組では優しい」の証言続々】の続きを読む



    (出典 rpr.c.yimg.jp)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/07/05(金) 14:43:41.67 ID:4xtwUH1J9.net

    7/5(金) 11:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00000007-tospoweb-ent

     反社会的勢力の闇営業問題で謹慎処分を受けたお笑いタレントらの出演シーンがカットされるなど、いまだ騒動の沈静化は見えない。そうしたなか仲介役となり、吉本興業から契約解除処分となった「カラテカ」の入江慎也(42)は、依然として雲隠れしたまま鳴りを潜めている。今後の芸能界復帰は難しいとみられる入江だが、なんと! パン屋さんに転身するという仰天情報をキャッチした――。

    6月21日、六本木の高級セレクトショップに白いマスク姿でいるところを目撃されたことが一部週刊誌で報じられたが、一連の騒動で、入江はすっかり雲隠れ。ツイッターも6月6日の謝罪文以降、更新されないままだ。関係者によると「弁護士から一切しゃべるなと強く言われている」という。

     あるテレビ関係者は「問題はこれからどうするかです。吉本から解雇されてしまった以上、芸人として再起するのは非常に難しい。しかも、反社会的勢力とつながっているイメージが出来上がったので、これまでのように講演活動やコンサルティング業務もできないのではないでしょうか」と指摘する。

     芸能界では生きていくのは厳しいのが現状。このまま入江は消えてしまうのか…と思いきや、入江をよく知るお笑い関係者が、こんな驚きの証言をする。

    「パン屋さんに転身するかもしれません。『なぜ、パン屋さん?』と思われるかもしれませんが、駆け出しのころ、入江はパン屋さんでアルバイトをしていたことがあるんですよ。すでにカラテカを結成していましたが、相方の矢部(太郎)が俳優の仕事をしていたとき、暇だったんで働いていたそうです」

     当時、猛烈に働いた入江は、パンづくりのノウハウをみるみる吸収し、どうやったら売れるか、独自のアイデアを考案するまでになったという。そして過去、実際にパン屋での独立を計画したことまであるのだ。ある芸人はこう耳打ちする。

    「実は入江に吉本から解雇の話が出たのは今回が初めてではありません。昔、女性スキャンダルに巻き込まれてクビ寸前までいったことがあったんですよ。その時、入江は『オレ、もう芸能界辞めなきゃいけないかも…』と悲しそうにしていました。そのときです。『そしたら独立してパン屋になるわ!』と突然宣言したんです。芸人仲間から『なんでパン屋なんだよ!』と突っ込まれていましたが、『絶対売れるパンがあるんだよ!』と妙に自信満々だったんです」

     このスキャンダルではクビは免れた。そのため、入江が描いていたパン屋構想は立ち消えになったが、ここにきて現実味を帯びてきたのは間違いない。

    「芸能界復帰も無理で、自身の会社『イリエコネクション』も頓挫となれば、パン屋さんは大いにあり得るでしょう。入江はバイタリティーがありますからね。もし軌道に乗ったら、世話になった芸人や関係者は、買わざるを得ないでしょう(笑い)」(同)

     本紙が事実確認のため、入江の携帯電話にかけたものの、出ることはなかった。

     近い将来、「イリエベーカリー」が誕生する日も近い!?


    【カラテカ・入江「パン屋転身」仰天情報 「もう芸能界ムリ」とお笑い関係者が証言】の続きを読む

    このページのトップヘ