気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:女優 > 西内まりや


    西内まりや「退社」報道遅れた理由"元ゴリ押しタレント"悲惨な末路


    NO.6254970 2018/04/05 14:54
    西内まりや「退社」報道遅れた理由"元ゴリ押しタレント"悲惨な末路
    西内まりや「退社」報道遅れた理由"元ゴリ押しタレント"悲惨な末路
    西内まりやが、3月31日付で芸能事務所・ライジングプロダクションを退社していたことが、ウェブ版「女性自身」(光文社)の4月3日配信記事で明らかになった。

    ひとまずフリーになった西内の今後が懸念されるものの、マスコミ関係者は「そもそも退社自体、全然話題になっていなかった」と漏らす。

    「自身」は退社前の西内を直撃しており、本人が事務所への恩や感謝を口にしつつ、「具体的なことは今後考えていきたい」と、契約更新については明言を避けていた様子を伝えている。

    そして4月に入り、同誌がライジングに問い合わせた結果「3月31日をもって、契約は終了しました」と、回答があったという。

    「4月になった時点で、ライジングのホームページから西内のプロフィールは削除されていて、一部ネット上では話題になっていた。2日遅れでようやく『自身』が報じたものの、実はその間にも、西内の退社情報をつかんでいたメディアは多数あったんです。それでいて、各メディアとも記事化しなかったとか」(スポーツ紙記者) 

    西内といえば、モデルとして芸能界に足を踏み入れた後、女優に歌手にと、さまざまな活動を展開。

    2017年には、連続ドラマ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)で“月9”初出演&初主演も果たしたが、同作が大コケするなど、ネガティブな話題も少なくなかった。

    そんな中、同11月には「週刊文春」(文藝春秋)によって、西内が事務所社長に不満をぶつけると同時に“ビンタ”していたことが報じられ、以降、すっかり芸能界で“アンタッチャブル”な存在になっていた。

    「西内の退社は、“ビンタ事件”ほどのインパクトもないし、わざわざライジングに気を使ってまで報道する価値もない、という判断から、大手メディアは記事化を見送ったそうです。彼女は、アーティスト活動や女優業を活発に行っていた印象もありますが、結局はライジングの“ゴリ押し”によるもので、結果は出せなかった。積極的に売り出したのに大ブレークせず、しかも最後の最後で“飼い犬に手を噛まれた”とあって、ライジングにとっては不名誉極まりない話ですが」(同) 

    芸能人と事務所の独立トラブルをめぐる報道には、たいてい“事務所からの圧力”の話題がつきまとう。

    しかし、西内の場合はライジングが圧力をかけるまでもなく、そもそも「話題性なし」として、取り上げるメディアが少なかったようだ。

    ゴリ押しから悲惨な状況へと転落した西内に、起死回生のチャンスはあるだろうか。

    【日時】2018年04月05日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン


    【西内まりや「退社」報道遅れた理由"元ゴリ押しタレント"悲惨な末路】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 ストラト ★ :2018/04/03(火) 20:11:54.54 ID:CAP_USER9.net

    昨年11月、所属事務所社長への“ビンタ事件”が発覚した西内まりや(24)。

    今年2月の本誌取材では、レコード会社関係者が「所属事務所との契約も3月末日に終了する予定ですが、彼女は弁護士を通じて、契約を更新しない旨を伝えています」と証言。
    また西内自身も本誌の直撃取材に答えていた。

    【直撃インタビュー(2018年2月)】西内まりや 涙で語った引退説の真相

    巷で流れる引退説については「……引退ですか?少なくともいまは、引退は考えていないですね」と否定。
    「所属事務所とは4月以降は契約更新しないと伺いましたが?」との問いに対しては、こう答えていた。

    「それは弁護士さんと相談して進めている件ですので、私がいまこの場所で語ることはできません(中略)ただ一つ言えるのは、事務所に対しては恩もありますし、感謝もしているということです。でも、3月いっぱいは契約も残っていますので、(活動再開時期など)具体的なことは今後考えていきたいと思っています」

    しかし3月をすぎても、西内や所属事務所から今後の活動についての発表はなかった。

    そんななか4月3日現在、所属事務所のHPの所属タレント一覧から西内の名前は削除されている。
    そこで所属事務所に問い合わせたところ、担当者はこう答えた。

    「3月31日をもって、契約は終了しました」

    更新はされていないものの、西内のブログやSNSアカウントはまだ残されたまま。
    今後、本人コメントとして何らかの発表がされるのだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180403-00010006-jisin-ent

    西内まりや

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【女優】西内まりや、所属事務所との契約終了していた!HPからも削除】の続きを読む



    (出典 jprime.ismcdn.jp)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/03/21(水) 11:47:02.51 ID:CAP_USER9.net

    4月以降は所属事務所なしか 西内まりや「引退」のピンチ
    3/21(水) 9:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00000010-nkgendai-ent

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


     デビュー時はポスト・安室奈美恵ともてはやされた歌手で女優の西内まりや(24)だが、どうやらこのままひっそりと芸能界を去ることになりそうだ。

     そもそも、そうなったのは西内自身の言動がきっかけ。昨年10月、所属事務所の社長にいきなりビンタをお見舞いしていたことが同11月に一部報道で発覚。
    報道によると、10月下旬には西内の代理人から事務所に対し、今年4月以降、事務所との契約を更新しない旨が書かれた内容証明が送られたというのだ。

    「誰かが西内に入れ知恵したと思われますが、その入れ知恵をした人物もまさか西内がビンタをお見舞いするとは思っていなかったようです。
    昨年春から開店休業状態だった西内に毎月何百万円もの給料を払い続けている事務所にしたらたまったもんじゃありません」(芸能関係者)

     今年に入ってからは、一部週刊誌が西内を直撃。西内は「引退は考えていないです」と断言。今まで話す機会がなかったため、直撃した記者に涙ながらに感謝したというのだが……。

    「獲得に手を上げる事務所はまずないでしょう。西内が今の事務所に頭を下げ、イチからやり直すことでも約束しない限り、今後、活動を続けるのは難しい」(前出の芸能関係者)

     芸能界は椅子取りゲーム。少しでも腰を浮かせたら居場所はあっという間になくなる。

    「引退は考えていない」と話していたが…/(C)日刊ゲンダイ


    【4月以降は所属事務所なしか 西内まりや「引退」のピンチ】の続きを読む



    (出典 jprime.ismcdn.jp)



    1 あちゃこ ★ :2018/02/20(火) 00:12:21.66 ID:CAP_USER9.net

    白いキャップにニットワンピース、黒いコート姿でマンションから現れたのは歌手で女優の西内まりや(24)だった。

    主演ドラマ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)が終了してから1年近くたつ。久々に目撃した彼女だったが、顔色も決して悪くはない。
    隣には同じようにキャップを目深にかぶった恋人でモデルの呂敏(27)が寄り添っていた――。

    「西内は現在、活動休止状態にあります。所属事務所との契約も3月末日に終了する予定ですが、彼女は弁護士を通じて、契約を更新しない旨を伝えています。
    音楽業界のなかでは“このまま引退してしまうのではないか”という声も上がっているのです」(レコード会社関係者)

    西内と所属事務所の不協和音が明らかになったのは、昨年秋のこと。11月23日発売号の『週刊文春』が、西内が事務所の社長をビンタしたと報じたのだ。

    「アーティスト志向が強く歌手としての活動に専念したがっていた西内さんに対し、事務所は女優やタレントとしての活動も期待していました。
    そうした方向性の違いが次第に亀裂を深めていったようです」(前出・レコード関係者)

    はたして“引退説”は事実なのか?モデル恋人とのツーショットを目撃した現場で話を聞いた。

    「……引退ですか?少なくともいまは、引退は考えていないですね。ファンの皆さんに楽しんでいただけるようなエンターテインメントをお届けするという
    目標や、私自身は何も変わっていません」

    ――所属事務所とは、4月以降は契約更新をしないとうかがいましたが?

    「それは弁護士さんと相談して進めている件ですので、私がいまこの場所で語ることはできません。ただ一つ言えるのは、事務所に対しては恩もありますし、
    感謝もしているということです。関係者やファンの皆さんにはご心配をおかけして申し訳ないです……。いままではこうして自分の気持ちを語る機会も
    ありませんでしたので、今日は(取材にきてもらって)ありがとうございます」

    ときおり涙ぐみながら話をする西内が笑顔を見せたのは、記者が恋人についての質問をしたときだった。

    ――呂敏さんの存在も支えになっているのでしょうか?

    「これから2人でランチに出かけようと思っていたんです。恋人?いやそれは(笑)……、いつかきちんとした形で、私の口からお話しできれば……」

    恋人に寄り添われながら春を待つ西内。彼女が選ぶ新たな道の行方は――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180220-00010001-jisin-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【西内まりや 涙で語った引退説の真相「私は何も変わってない」】の続きを読む



    (出典 cdn.mdpr.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/11/20(月) 12:43:35.21 ID:CAP_USER9.net

     モデルで女優、歌手の西内まりや(23)の”社長にビンタ騒動”が波紋を呼んでいる。
    西内は10月3日、所属事務所「ライジングプロ・ホールディングス」のオフィス内でライジング関連会社の春日隆社長を殴打し、
    興奮状態で泣き叫びながら応接室を飛び出してきたと週刊文春(文藝春秋)が報じたのもつかの間、
    20日発売のFLASH(光文社)が続報を取り上げた。

    ビンタされた社長は医師から一ヶ月以上の加療が必要であると診断されるほどの怪我を負い、こうした騒動から約一ヶ月後の10月下旬、
    西内の代理人から「来年4月以降はライジングとは契約更新をしない旨」の内容証明が送り付けられたという。
    同誌では、現場で西内が最初から手がつけられない興奮状態だったことや、
    1月に出演した『突然ですが、明日結婚します』がフジテレビの月9史上最低視聴率を記録するなどメンタル不安が深刻化したことを伝えている。

    「西内も女優としては限界を感じていたようで、主演を飾ったドラマ『ホテルコンシェルジュ』(TBS系)や映画『CUTIE HONEY -TEARS-』の連続大ゴケに重ね、一度は断った
    『突然ですが、明日結婚します』で完全に自信喪失していた。西内はライジング側に2つの要求をしていたようで、ひとつは音楽活動に専念したいということ。
    そしてもうひとつは、恋人のハーフの長身モデル・呂敏(27)との交際を認めること。
    とくに呂敏のことを反対されたことが西内が同事務所に不満を持つきっかけになったとする証言もあります」(スポーツ紙記者)

    かつては”第二の安室奈美恵”とまで称されたライジングプロの期待の星だった西内まりや。
    どこで両者の歯車は狂ってしまったのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1377623/
    2017.11.20 12:36 デイリーニュースオンライン


    【西内まりや、社長にビンタ騒動で浮上した「恋人との交際を認めて」の仰天要求】の続きを読む

    このページのトップヘ