気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ:女優 > 新垣結衣


    有村架純にそっくり? 新垣結衣のブロンズヘアに賛否


    NO.7397589 2019/04/15 14:40
    有村架純にそっくり? 新垣結衣のブロンズヘアに賛否
    有村架純にそっくり? 新垣結衣のブロンズヘアに賛否
    女優の新垣結衣が、26日発売の6月号をもって15周年を迎える雑誌「NYLON JAPAN」の両面表紙を飾ることがわかった。

    女性タレントが両面表紙に登場するのは、NYLON初となる。

    ネット上では新垣のブロンズヘアに反響が寄せられている。

    NYLON JAPAN(オモテ面)は衝撃的なブロンズヘアの新垣、NYLON guys(ウラ面)は男前な新垣、と両面ともに一度見たら忘れられないインパクトのある表紙に。

    中面では、NYLON JAPAN史上で単独では異例の全34ページ撮り下ろし企画やロングインタビューを掲載。

    両面ポスターの特別付録も含まれており、15周年記念号ならではの見応えのある内容となっている。

    ■“致命的弱点”バレる!?
    このうち?男装?の方は評判が悪く、発売前から、
    《似合わないね》
    《パンツのダボダボ感が…男装は似合わないなぁ》
    《こういう個性的なものは似合わないね》
    《ファッションやヘアメークでこうも素材殺しできるんだなと思った》
    など、散々な評価。一方、ブロンドヘアの写真にも、
    《有村架純に見えた》
    《ガッキーに見えない。有村架純かと思った》
    《有村架純路線でいこうとしてるのかな?》
    《めっちゃ有村架純かと思ったけど新垣結衣だった笑》
    など、後輩に似ているという屈辱的な声が浴びせられている。

    ガッキーが有村で、有村がガッキーで?

    「新垣が絶世の美女であることは間違いないのですが、黒髪&薄化粧以外は似合わないという弱点があります。同世代の女優だと、石原さとみはドラマ毎に自らメークを調整してキャラになりきり、長澤まさみはミュージカルで披露したド派手なメークがさまになっていましたね。メークを変えるだけで別人になってしまう新垣は、彼女らと比べると大きな弱点を抱えていると言えます」(女性誌記者)

    それにしても、メークを変えるだけで有村架純になってしまうとは…。

    「有村は演技力の面では、間違いなく新垣よりも上。ベッドシーンにも果敢に挑戦するなど、新垣より強い女優魂も持っています。加えて有村の方が年齢も若く、勝負するにはあまりにも分が悪いでしょう。30歳を過ぎて新垣はそろそろイメージチェンジを行いたいでしょうが、何も変えないことが一番の延命策になりそうです」(同・記者)

    話題は奇しくもつながって…というべきか、今度は4月9日に有村がインスタグラムに投稿した写真が、新垣に似ていると話題になった。

    やはり新垣人気に終止符を打つのは有村なのかもしれない。

    ■手越祐也に似てる!?
    他にも「映画ビリギャルの有村架純かと思った」と、有村が出演した映画のタイトルを引き合いに出す者や、さらには「手越祐也みたいに見えるな」というコメントまで噴出。

    だが新垣は、過去に出演したドラマで白髪になったことがあった。

    「2015年に放送された『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ系)に主演。ドラマの公式ツイッターによると『実は今日子さんのかつらはふたつあるんです』と、地毛を染めたのではなくかつらであることを明かしています」(テレビ誌記者)

    今回の「NYLON JAPAN」の両面表紙は、かつらではなく正真正銘本人の地毛。

    このイメチェンが吉と出るか凶と出るか、今後の動向に注目したい。

    ■ガッキーの良さ殺してる!?
    女性が集まる掲示板でも「似合ってない」「誰だかわからなかった」「黒髪のほうが可愛い」「両面ともイマイチな感じ」「ガッキーの良さ殺しだよ」と辛らつな声が聞かれ、“迷走”と受け取られてしまっているようだ。

    「30歳を迎えたあたりから、新垣はイメチェンを模索しているように感じます。やはり、このまま『明るく笑顔で健気に頑張る』役だけを続けていくことに限界を感じ始めているのでしょう。彼女は映像の仕事がない時期には思い切ったヘアカラーにすることが多く、以前には金髪だったこともあった。周りに“清楚なガッキー”を期待されていることから解放されたいのかもしれません」(芸能記者)

    とはいえ、昨年10月期のドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)では、“明るく可愛い”を封印したことが裏目に出て、平均視聴率は8.7%と沈没しているだけに、まだまだ黒髪で笑顔全開のキャラでいたほうが良さそうだ。


    【日時】2019年04月15日
    【提供】gossip!
    【関連掲示板】


    【有村架純にそっくり? 新垣結衣のブロンズヘアに賛否】の続きを読む



    (出典 dogatch-static-data.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/18(火) 21:53:51.34 ID:CAP_USER9.net

    スタート前は期待度の高かった新垣結衣と松田龍平W主演によるドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系)。
    12月12日に最終回を迎え、最後は新垣演じるヒロイン晶が松田演じる恒星の手を自分から握りしめ、恒星もその手を握り返しハッピーエンドで終了した。

    「ところが、一部の視聴者からの『ハッピーエンドだったのにモヤモヤが消えない』『ガッキーがかわいかったことしか覚えていない』
    『内容のないドラマを見続けてしまった後味の悪さが消えない』といったボヤキが止まらないようです。
    脚本家の野木亜紀子氏は、この作品に限らず、常にドラマの良し悪しは制作サイドに責任があり、いちばんの責任は脚本にあるという持論をツイッターに投稿し続けていて、
    今回も最終回放送後の15日に《深海晶は全国に大勢いるが普通だし声を上げられない人なのでドラマの主人公になりにくい。
    そんな晶を新垣さんはリアルに繊細に演じてくれました。
    屋上の涙も色っぽさも細かい声色の違いも素晴らしかった》などと新垣に対する称賛コメントを投稿。
    しかし視聴者がこのドラマでいちばん心に残ったのは『新垣がアイドル女優である』ということ。
    30歳にもなってソフトなキスシーンまでしかラブシーンを演じず、白いニットを着用すれば『ガッキーの白ニット姿は最強!』などと容姿だけが褒められ、演技については誰も語らない。
    演技について語られるのは共演者だった黒木華、菊地凛子、伊藤沙莉ばかり。
    また、新垣が11年から出演している明治『メルティーキッス』のCMのほうがドラマで見る新垣よりもかわいいと指摘する声が、いまだにあがり続けている現実から目を背けてはいけないでしょう」(テレビ誌ライター)

    世間からかわいさを再確認された新垣。次回作では女優魂を見せないと「かわいいだけのタレント」というレッテルが貼られてしまうかも。

    http://dailynewsonline.jp/article/1615717/
    2018.12.18 17:59 アサ芸プラス


    【結局かわいいだけ?新垣結衣、「けもなれ」主演で暴かれ始めた“実力”】の続きを読む



    (出典 contents.gunosy.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/28(水) 08:42:22.69 ID:CAP_USER9.net

    思えば、2年前の忘年会は“恋ダンス”一色だった。その流行を生んだドラマ、「逃げ恥」の新垣結衣(30)と脚本家が再タッグを組んだ「けもなれ」。
    日テレは大ヒット作の再来を期したのだろうが、どうにもパッとしない。「けもなれ」に、なにが欠けているのか。

    2016年のTBSドラマ、「逃げるは恥だが役に立つ」は、新垣と星野源(37)のW主演。
    本は野木亜紀子である。最終回では、録画分も加味した総合視聴率で33・1%を叩き出したお化けドラマだ。

    その主演女優と脚本家の最強タッグが日テレに“移籍”。この10月から、新垣と松田龍平(35)のW主演で、
    「獣になれない私たち」がはじまった。しかし視聴率が振るわない。初回こそ11・5%だったものの、その後は8%前後。第6回で、ようやく10%の2桁に乗った。


    (出典 image.news.livedoor.com)


    「逃げ恥」にあって「けもなれ」にないものとは

    負け組ではないが、この程度に甘んじる理由を、「逃げ恥」にあって「けもなれ」にないもの、こうした視点から整理していきたい。

    まずは基本的な視聴率について、芸能担当記者の話。

    「『逃げ恥』の初回は10・2%でした。『けもなれ』のほうがいいんです。でも、『逃げ恥』の2回目以降は12、13と上がっていき、最終話の第11回が20・8%となります。一度たりとも、前回より数字が下がらなかったんですよ」

    「けもなれ」の推移は、初回を見た視聴者が離れていったことを意味する。

    焦点が定まらない

    では、なぜ離れるのか。テレビドラマ研究家の古崎康成氏が語る。

    「星野源には意外性がありました。多くの視聴者が“この人、誰?”と新鮮に感じたでしょう。なにより彼が“恋ダンス”の曲の歌い手だったことで、その組み合わせの面白さと相乗効果があったのだと思います」

    このあたりは、やはりTBSがうまいという。

    「『下町ロケット』に古舘伊知郎を起用して興味を惹いたりしていますよね。もちろん松田龍平はいい役者ですけれど、『けもなれ』では、ワイルドで気難しい性格の役柄。
    目新しさがありません。“恋ダンス”に相当する仕掛けもないですし」

    星野源がいない、意外性に欠ける、といったところか。コラムニストの林操氏の見方はこうだ。

    「主人公に感情移入しにくいのでは。ガッキーの演じる女性は、仕事も私生活も、あまりにキツい。可哀想すぎます。松田のエリート会計士も重い過去を背負っています。
    リアリティーにこだわる野木さんの脚本がうまくできているので見続けているのですが、『逃げ恥』の明るい世界観とのギャップの大きさを感じます」

    ライターの吉田潮氏も、

    「両ドラマの違いは、分かりやすさ、でしょう。『逃げ恥』は斬新な結婚の形を描き、新しいテーマを分かりやすく提示していました。
    一方の『けもなれ』は、人物設定に要素が詰め込まれ過ぎていて、焦点が定まらない感じがします」

    星野源、意外性、感情移入、分かりやすさ。これらの改善でヒットするのか。先の古崎氏は言う。

    「ドラマとして良質であることと、テレビ的に数字が取れることは必ずしも一致しません。
    真面目に作るだけでは限界があり、突き抜けるためには、目新しい仕掛けが必要だと思います」

    最終回まで折り返し地点を過ぎた。上昇するための時間もさほど残っていない。

    「週刊新潮」2018年11月29日号 掲載」

    http://news.livedoor.com/article/detail/15657773/
    2018年11月28日 5時58分 デイリー新潮


    【「新垣結衣」主演ドラマ 「逃げ恥」にあって「けもなれ」にないもの】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 muffin ★ :2018/11/08(木) 11:51:30.14 ID:CAP_USER9.net

    https://thetv.jp/news/detail/168594/
    2018/11/08 10:20

    11月7日(水)に、新垣結衣と松田龍平のW主演作「獣になれない私たち」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の第5話が放送され、晶(新垣)の心が崩壊寸前の中、オフィスで「幸せなら手をたたこう」の鼻歌を歌い続けながら淡々と仕事をこなしていくシーンが話題になった。

    今作は、笑顔の裏で身も心もすり減らして生きている晶と、人当たりは良いが誰のことも信用していない恒星(松田)によるラブ“かもしれない”ストーリー。

    第5話で晶は、恋人・京谷(田中圭)の家にウサギと一緒に住み続ける元彼女・朱里(黒木華)と対峙した。
    中略
    そんなどうしようもない環境の中で、晶の心は静かに壊れ始めていった。

    プライベートが最悪の状況にあっても、容赦なく舞い込む仕事を前に、晶は童謡「幸せなら手をたたこう」のリズムで鼻歌をし始める。普段から仕事のできる晶だが、それ以上の働きで淡々とこなし、乾いた笑顔を浮かべながら、ただただ延々と鼻歌を奏でる。脳内では「幸せなら手をたたこう(パンパンッ)」と、暗闇の中で手を叩くイメージが再生され、打ち鳴らす手の大きな音で日常をかき消しているかのよう。

    この不気味かつ、悲しくむなしい鼻歌のシーンに、多数の視聴者が引き込まれた。

    「スタイリッシュなオフィスの絵面で、背景に延々と『幸せなら手をたたこう』の鼻歌が流れる演出、怖かったな。ドラマ史上に残る怖さ」「『幸せなら手をたたこう』頭から離れないーーー」「自分は幸せなんだって思いこもうとする晶さんの姿、辛い」「晶がゾーンに入ってしまった感じ、自分も張り付いた笑顔で淡々と長時間労働していたの思い出して、背筋が凍った」「エヴァの映画で観た『今日の日はさようなら』のような演出、好き。より辛さ増すやつね」と、SNSでは晶の心情を表現した演出への評価が集まった。


    (出典 minogashi-douga.site)



    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 pbs.twimg.com)


    【【ドラマ】「獣になれない私たち」新垣結衣の「幸せなら手をたたこう」に視聴者が恐怖!?「ドラマ史に残る怖さ」】の続きを読む



    (出典 news.walkerplus.com)



    1 ホイミン ★ :2018/11/02(金) 21:14:23.89 ID:CAP_USER9.net

    10月31日に放送された『獣になれない私たち』(日本テレビ系)の視聴率が6.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。前回からさらに下落したことがわかった。

     視聴率自体はプロ野球日本シリーズの延長が大きかった部分があり、もう少し数字が取れたかもしれないが……それでも厳しい結果が続いていることには変わりがない。

     とはいえ4話は大きな「見どころ」もあった。それが共演の松田龍平との「ベッドシーン」であり、ついに「濡れ場か」と視聴者も期待していたようだが……。

     大人の色気漂う雰囲気で横になり、『行為』が少しずつスタート、しかけたのだが、結局松田が眠ってしまいコトは起こらず。この展開にネット上では疑問の声が相次いでいるようだ。

     視聴者の間では『期待はずれ』『清純派ぶらなくていい』という意見が多数。とかくこれまでの新垣は「清純」「好印象」な役しかやってこなかった印象で、当然「体当たり」な演技は少ない。ただ、彼女ももう30歳である。

     実際、新垣は過去、関ジャニ∞の錦戸亮と交際していたという事実もある。芸能界きっての遊び人との恋愛関係には衝撃を受けた人も多かったはずだ。にもかかわらず未だ「清純」な役どころばかりであることに疑問の声が出るのも必然か。


    (出典 entamega.com)

    https://entamega.com/12909


    (出典 news.mynavi.jp)



    (出典 www.cinemacafe.net)


    【新垣結衣「ベッドシーンなし」で批判殺到? 清純派ぶってもあの「遊び人と交際」イメージ根強く】の続きを読む

    このページのトップヘ