気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: 離婚



    (出典 oricoma.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/17(月) 19:23:59.95 ID:rFJqPKuh9.net

    2019年6月16日に生放送された「アッコにおまかせ」(TBS系)で、視聴者の興味を引くワンシーンがあった。

    この日、同番組は12日に報じられたビートたけしさん(72)の離婚について特集。いつものようにスタジオ内の巨大ボードにまとめられたスポーツ新聞各紙の見出しなどを追いつつ、たけしさん離婚の報道を振り返った。そんな中、同特集の最中に飛び出した情報が、視聴者の視線をクギ付けにした。

    情報の出所は「超有名週刊誌 記者A氏」
    ボードに書かれていたのは、「元人気女子アナとプロ野球選手の夫婦が離婚危機と情報アリ!」「別居してから、かなり時間も経っているようで今年の年末までには別れてしまうかも!?」というフレーズ。刺激的なフレーズだけに、進行役を務めるTBSの国山ハセンアナウンサー(28)は、「本当に極秘ネタになりますので、皆さんには本当に言えません」と、スタジオの出演者に対して耳打ちするなどのことすら出来ないと強調した。なお、当該情報の出所は、「超有名週刊誌 記者A氏」となっていた。

    このため、出演していたMCの和田アキ子さん(69)ら一同は一様に驚いた様子で、中でも和田さんは、「あー、良かった。今、あたし、口に出して言おうとした」と、頭に浮かんだ候補の名前が口から出かかっていたと冷や汗の表情。苦笑いを噛み潰しながら、スピードワゴンの井戸田潤さん(46)に耳打ちすると、井戸田は「いや、分からないですけど。でも、女子アナと結婚してる野球選手は多いですから...」と逃げ腰のコメントで切り抜けた。

    トークが紛糾する中、国山アナは「皆さん、予想して何かポロッと人の名前を言ったりしないように」と偶然であっても的中させてしまうことを戒めるなどしたため、トークは別の話題に移った。

    ツイッターは「予想大会」に
    井戸田さんの発言の通り、野球選手と女子アナウンサーの結婚の例は多数あるため、当該シーン直後からネット上では、離婚の危機にある夫婦は誰なのかについての議論が勃発。井戸田さんと同様、具体例が多すぎて分からないとする声が上がる一方で、具体的な名前を挙げて予想する者も続々。ツイッターではさながら「予想大会」とでも言える状況となった。

    有名人の離婚ネタともなれば、例え、具体的な名前が挙がっていなくても関心を持つ人は多い。なお、情報源の「超有名週刊誌 記者A氏」について国山アナは、1月6日放送の同番組で紹介されていた「超大物芸能人Xが熟年離婚!?」という情報の出所であり、当該情報はたけしさんについてだったと紹介しており、それなりに信ぴょう性が感じられる情報であるためか、視聴者による「予想大会」は、しばらく止みそうにない。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16633779/
    2019年6月17日 19時2分 J-CASTニュース


    【「プロ野球選手と元女子アナが離婚危機」!? 「アッコにおまかせ」予想にネット騒然】の続きを読む



    (出典 bluesea0925.com)



    1 ひかり ★ :2019/06/16(日) 18:47:05.05 ID:pCzItqw29.net

     24歳下夫と離婚した磯野貴理子。5月19日に放送された『はやく起きた朝は…』(フジテレビ系)で、「私、離婚することになって。
    向こうから“自分の子どもが欲しい”って言われた」と明かしたことで、「年上だとわかって結婚したのにヒドイ」など、元夫に対する批判が続出。

     しかし、どうやら“実状”は少し違うという声が聞こえてきた。

    「要するに、カネの切れ目は縁の切れ目なんです。金遣いが荒く、生活費も稼がないうえに、朝帰りを繰り返す年下夫に貴理子さんの
    堪忍袋の緒が切れたんですよ」(芸能プロ関係者)

     離婚後も元夫が出て行かない都内一等地の高級マンションは貴理子が購入。その徒歩圏内で、元夫が店に立っている赤字続きと言われる
    バーの運営資金も貴理子が出していた。さらに、今年の正月と10連休だったGWに元夫はハワイ旅行をエンジョイしており、その旅費も
    貴理子のお金だったとか。

    「もう、お金を出したくない!」

     ついに爆発した貴理子に、

    「だったら離婚だ!」

     というのが、年下夫の出した答えだったという。

     ただ、ふたりは離婚前の少なくとも1年間は、家庭内でスレ違いの仮面夫婦状態だったという情報も。導火線に火がついていることを、
    ふたりは気がついていたのだ。

    「貴理子さんが告白した番組が収録されたのは5月7日。このとき、実は、まだ離婚前。番組が放送されたときに、
    正式に離婚が成立していたそうです」(スポーツ紙記者)

     そして今、離婚した貴理子のマンションに居座り続ける元夫に、さらなる非難の声が集まる一方、実は貴理子に未練があるのでは、
    などと囁かれているが……。

    「6月中に、元夫は引っ越します。彼がやっていたバーも、7月に閉店することが決まっています」(前出・芸能プロ関係者)

     そこで6月某日、黄色いTシャツに短パン、白スニーカーというラフな格好で開店前のバーにやって来た元夫に声をかけた。
    が、記者を一瞥するように睨むと、無言のまま、店の中に姿を消した――。

    「今の貴理子さんに、元夫の再出発を応援する気はありませんよ。ましてや元夫が心を入れ替えるなんてこともない。テレビを使って、
    公開プロポーズで結婚した2人でしたが、お互いの利害関係が一致したから一緒にいただけなんです」(芸能レポーター)

     イケメンの年下クンがダンナ、という一見うらやましがられそうな体裁をかなぐり捨てても離婚したい――。本能の“断捨離”をした
    貴理子の決断は吉、それとも……。

    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190616-00015379-jprime-ent


    【磯野貴理子、本当の離婚理由は「金の切れ目」だった】の続きを読む



    (出典 www.sankeibiz.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/14(金) 08:26:54.62 ID:NMY8JFpb9.net

    元フジテレビで現在はフリーの大島由香里アナウンサーが“兵糧攻め”にあっていると、6月13日発売の「週刊新潮」が報じた。
    仕掛けたのは、夫で元フィギュアスケート選手の小塚崇彦。
    いったい、何があったのか。

    大島アナは小塚と2016年2月に結婚。
    17年4月には第1子となる女児を出産し、同年末にフジテレビを退社。
    18年1月には、小塚の拠点である名古屋に引っ越し同居生活を始めた。

    ところが記事によると、家事や育児に追われる大島アナを尻目に、小塚は連日のように夜遊び&朝帰り。
    愛想を尽かした大島アナは18年末に家を出たという。

    「18年12月の一部スポーツ紙が2人の別居を報道し、離婚に向けて話し合いをしていることもわかりました。
    その後、同年12月の『フラッシュ』が、大島アナの妊娠中、小塚の不貞疑惑を報道。
    相手は25歳の一般女性で、不貞現場は小塚の自宅マンションでした。
    これでは、大島が別居したくなるのも無理はありません」(芸能記者)

    話を「新潮」の記事に戻すと、現在2人は資産の分け方や子供との面会方法を巡って離婚協議中。
    ところが4月下旬、小塚は別居中の妻子への家賃や養育費などの生活費の振込みをストップしたというのだ。

    「大島アナを兵糧攻めにして、早く離婚に決着をつけたいのかもしれません。
    シングルに戻れば、夜遊びをしても誰からも文句を言われる筋合いはありませんからね」(前出・芸能記者)

    一方で、小塚自身は美食を楽しんでいるようだ。

    「6月8日には肉の盛り合わせを持った知人らしき男性、5月19日には熟成肉、5月9日には超高級肉とされるシャトーブリアンの写真を投稿しています。特に肉が好きなようですね」(前出・芸能記者)

    さすが肉食系男子、食の好みも、やっぱり肉だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1873687/
    2019.06.13 18:00 Asagei Biz


    (出典 cweshall.com)


    【小塚崇彦が妻・大島由香里アナへの生活費を打ち切り”肉三昧”の日々】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)



    1 ひかり ★ :2019/06/12(水) 12:01:41.82 ID:/ZnkV84g9.net

     ビートたけし(72)が幹子夫人と離婚していたことが12日、分かった。仕事先などに連絡が入っており、関係者はこの日、本紙の取材に「離婚成立」を認めた。
    互いに弁護士を立てての協議離婚で、5月に成立したという。

     財産分与については、たけしが夫人側の意向をほぼ全面的に受け入れた。知人は本紙の取材に「お金よりもパートナーとの将来と人生を選んだようだ」と話している。

     たけしをめぐっては、18歳年下のビジネスパートナーの女性と新会社設立を端緒とし、昨年3月いっぱいで「オフィス北野」から独立、同4月1日から拠点を新会社
    「T.Nゴン」に移した。その中で、幹子夫人との離婚に向けた話し合いが水面下で進んでいた。

     たけしは幹子夫人と1983年に結婚。1男1女に恵まれた。かつても不倫や隠し子騒動が発覚し、86年には「フライデー襲撃事件」などを起こした過去もあるが離婚はしなかった。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00000107-spnannex-ent


    【ビートたけし 5月に協議離婚が成立 財産分与は夫人側の意向受け入れ】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/28(火) 08:36:23.30 ID:3cjR2QJ09.net

    「それはもう、仕方のないことだと思います。むしろ、よく今まで一緒におってくれたなと……」と語るのは、離婚を発表した磯野貴理子(55)の実母だ。

    12年、48歳のときに24歳年下の男性・Tさんと再婚した磯野。14年に脳梗塞を発症したが、Tさんが献身的に支えてくれたという。

    「Tくんはね、いい人なんです。脳梗塞になったときも救急車を呼んでくれたり、食事の世話などもしてくれていましたから。貴理子も、いつも感謝していました」

    実母は自らを納得させるかのように、「仕方ない」という言葉を繰り返した。だがその裏には、娘への思いも垣間見えた――。



    5月19日、磯野はレギュラー番組『はやく起きた朝は…』(フジテレビ系)で離婚を発表した。目に涙を浮かべながらも、明るく気丈にこう語っていた。

    「いちおう、理由聞きたいじゃない。待っていたらさ、『自分の子どもが欲しい』って。あっ、そうかそうか。そらそうだと思って。
    『何か勝手言って、俺』って(向こうに言われて)『勝手じゃないよ。自然なことだよ。
    当たり前じゃないの』って……(中略)むこうのほうが頑張ったよ。よく(今まで)一緒にいてくれたなと思って。全然、思えるよ。感謝しかないもん、私なんか……」

    本誌は両親の思いを聞くべく、三重県にある磯野の実家を訪ねた。だが実母は冒頭のように、Tさんへの感謝を語るばかりだった。

    「Tくんのためには、(離婚の決断が)早くてよかったんです」

    そう話す実母。磯野の離婚はこれで2度目だった。1度目は、7歳年下の元マネージャー・Sさんと09年に離婚。母はかつて、本誌に磯野についてこう語っている。

    「あの子もSさんも子どもを欲しがっていました。親戚や知り合いに子どもができたのを『いいなあ、いいなあ』って。病院へ治療にも行っていましたし……」

    そんななかでTさんと再婚。Tさんと子どもがいない人生を歩んでいくはずだった。だからこそ、実父も複雑な思いのようだ。本誌にこう語る。

    「子どもがほしいということを最初にわかっていたなら、結婚しなければよかったと思いますし……。どんな話でこうなったのかはよくわかりません。
    でも仕方ないことです。日がたつにつれて、考えに変化が出てきたのでしょう……」

    実は実父も脳梗塞で倒れたという。離婚発表を前にした、今年1月のことだった。

    「リハビリもかねて、2カ月ほど入院しまして。3月末にようやく退院しました。おかげさまで、今ではよくなりました。貴理子も脳梗塞になりましたけど、Tさんに助けてもらいました。
    命の恩人なんです。その後もいろいろ世話をしてもらいました。だからあの子も、感謝の思いのほうが大きいのでしょうね」

    最後までTさんへの感謝を語る実父。しかし、最後にこうポツリと本音も漏らしていた。

    「貴理子は離婚の原因を言っていました。最初の離婚も今回も、原因の100%が貴理子にあったわけではないですから……」

    http://news.livedoor.com/article/detail/16526895/
    2019年5月28日 6時0分 女性自身


    【磯野貴理子の両親が語る複雑胸中…元夫に感謝もポツリと本音】の続きを読む

    このページのトップヘ