気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: 芸能人


    松本伊代「いまがいちばん夫婦の危機かも」と語るワケ - エキサイト ... - エキサイトニュース
    '80年代アイドルとして一世を風靡した松本伊代さん(52)。つねに「有名人夫婦好感度調査」で名前が挙がる。11月22日は「いい夫婦の日」ということで、伊代さんに「夫婦 ...
    (出典:エキサイトニュース)



    (出典 ranking.xgoo.jp)



    1 孤高の旅人 ★ :2017/11/24(金) 08:31:32.49 ID:CAP_USER9.net

    松本伊代「いまがいちばん夫婦の危機かも」と語るワケ
    11月24日(金)6時0分 女性自身
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1124/joj_171124_5436928858.html

    '80年代アイドルとして一世を風靡した松本伊代さん(52)。つねに「有名人夫婦好感度調査」で名前が挙がる。11月22日は「いい夫婦の日」ということで、伊代さんに「夫婦円満の秘訣」を聞いた。

    伊代さんがタレントのヒロミさん(52)と結婚したのは'93年11月。来年、銀婚式を迎えるいまも「いっしょにお風呂に入っている」と、長男の小園凌央さん(22)がテレビ番組で語るほど仲むつまじい夫婦だ。

    「あれはたまたまお風呂に入れるといいという外国の塩をいただいて、1人で入ってお湯を入れ替えてはもったいないねということになって。いつもいっしょに入ってるわけじゃないんですよ(笑)」(伊代さん・以下同)

    そう、照れるご本人。2人の出会いは当時、伊代さんがMCをしていた『オールナイトフジ』に出演したヒロミさんを、彼女のほうからゴルフに誘ったのがきっかけ。

    「私、小さいときから『人まかせ』が大好きなんですよ(笑)。ヒロミさんはなんでも俺にまかせろというタイプ。だから彼といると楽かなと思って……」

    家計面でも、お金の管理はヒロミさんだ。

    「以前、子どものパソコンや私の欲しいものを全部クレジットカードで払ったら、引き落としの際に、銀行口座の残高がゼロになってしまったことがあって(笑)。『ママ、こんなに使ったの?』と叱られ、それ以来『ママは渡すと使っちゃうから』って、パパが全部管理しています。本当は、私にも言いぶんはあったんですけど(笑)」

    そんな彼女の“天然”ぶりを夫婦のネタにしながら見守るヒロミさんの姿が第三者から見ると「いい夫婦」に映るのだろう。ところがそんな伊代さんから意外な一言が……。

    「じつはいまがいちばんの夫婦の危機ではないかと思ったりするんですよね(笑)」

    昨年末、ヒロミさんが3週間も口をきいてくれないことがあったのだとか。

    「原因は私がキッチンの塩と砂糖の容器の中身を黙って入れ替えてしまっていたこと。パパがステーキを焼いて、それを食べていたら『なんか味が変だね』『お醤油が古かったのかな』って。そこでハッと入れ替えていたことを思い出したんです。黙っていようかなとも思ったんですけど、正直に話したら『もうママといっしょにやっていける自信がなくなった』って……」

    それをきっかけに、1つのベッドで寝ていたヒロミさんが1人、ソファで寝ることになったのだとか。

    「やっぱり、積もり積もったものがあったみたいです。これまでは私たちが“冷戦”になると子どもたちが間に入ってくれたんですけど、そのときはパパが怒った途端、すーっと居間からいなくなってしまって。もう子どもたちも大人だからわれ関せずみたいで。もう子どもも“かすがい”になってくれない年になったとわかりました」

    ちゃめっ気たっぷりに笑う伊代さん。

    「夫婦はバランスだと思うんですよ。早見優ちゃんのご夫婦はきっと似た環境を経験してきているから、うまくいっているのでは? と思うんです。その点、私の場合はこれからが、正念場? なのかもですね(笑)」


    【松本伊代「いまがいちばん夫婦の危機かも」「3週間ヒロミさんが口を聞いてくれなかった」 】の続きを読む


    菅原小春、三浦春馬との関係にタンバリン振って踊る - 日刊スポーツ
    ダンサー菅原小春(25)が23日、都内で「ブルガリ アウローラ アワード2017」授賞式&ゴールドカーペットに出席した。 昨年10月、俳優三浦春馬(27)との交際が報じられ、14日発売の「週刊女性」で破局が報じられたばかりだった。イベントで今後の抱負を聞かれると「土っぽく、 ...
    (出典:日刊スポーツ)



    (出典 geitopi.com)



    1 あちゃこ ★ :2017/11/23(木) 20:47:36.08 ID:CAP_USER9.net

     ダンサーで振付師の菅原小春(25)が23日、都内での「BVLGARI AVRORA AWARDS2017」の
    ゴールドカーペットに登場。一部で報じられた俳優・三浦春馬(27)との破局を問う報道陣の質問に、謎のリアクションで応えた。

     「三浦さんとは破局ですか?」と問いかけられると、その場で立ち止まったものの、突然手にしていたタンバリンを打ち鳴らし、
    さらに両手を振りながらのダンスも披露した。だが、最後まで言葉を発することはないまま、不敵な笑みを浮かべ去っていった。

     イベントのインタビューでは「土っぽく人間ぽく人生を表現していきたい」と語っていた。謎のダンスは、破局した心境を"人間ぽく"
    表現したものだったのだろうか。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171123-00000133-dal-ent

    (出典 daily.c.yimg.jp)


    【菅原小春 三浦春馬との破局質問に謎の行動…タンバリンを打ち鳴らしダンスwwwwww】の続きを読む


    板尾創路、監督作「火花」公開も東宝、菅田将暉事務所が不倫にご立腹


    NO.5935285 2017/11/23 14:50
    板尾創路、監督作「火花」公開も東宝、菅田事務所が不倫にご立腹
    板尾創路、監督作「火花」公開も東宝、菅田事務所が不倫にご立腹
    監督を務める映画『火花』(11月23日公開)のPR活動真っ最中に、「フラッシュ」(光文社)で“ラブホ不倫”を報じられた板尾創路。

    お相手が、同作にも出演しているグラビアアイドル・豊田瀬里奈だっただけに、マスコミ関係者の間では、当初から「映画の宣伝では?」などと指摘されていた。

    豊田は、昨年の「ミスFLASH」に輝いたグラドルで、「フラッシュ」サイドとパイプがあることから、今回のスキャンダルには、彼女の“売名説”もささやかれている。

    「板尾と面識を持ったのは1カ月前。2人は、今月上旬、都内のイタリアンで食事を楽しみ、カラオケ店へ移動し、ラブホテルに入ったと報じられたのですが、カラオケ店から退出する際、なぜか豊田がそれまで着用していたマスクを外していたため、彼女の売名が疑われるのは当然でしょう。板尾本人も『豊田にハメられた』と周囲にこぼしているようです」(テレビ局関係者)

    しかし、豊田自ら「フラッシュ」にタレこんだ形跡はないのだという。

    「豊田は現在事務所に所属しておらず、代理人なども見当たらないので、タレこむなら、彼女自身がやるしかない状況です。また、売名であれば、これを機に、自らをメディアに売り込もうとするものの、豊田はTwitterで『決まっていたお仕事は全て白紙になりました』『ご迷惑をおかけしてしまうので自粛させていただきます』と、仕事を辞退したことを明かしています。マスコミの取材も、片っ端からシャットアウトしているだけに、彼女自身が仕掛けたスキャンダルだとはどうにも考えられないんです」(同)

    一方で、配給の東宝や主演・菅田将暉の所属事務所・トップコートは、不倫スキャンダルに立腹しているようだ。

    「主演ではなく監督の不倫騒動なので、そこまで動員に悪影響はないと思いますし、逆に無料で映画を宣伝してもらえたようなものですが、東宝や菅田の事務所に、そうした理屈は通用しない。同作の関係者はピリピリムードで、舞台挨拶を取材するメディアに対し、『板尾のスキャンダルばかりを取り上げて、作品自体や菅田がかすんでしまわないよう、細心の注意を払ってほしい』と要請しているようです」(制作会社スタッフ)

    こうして、“監督の不倫騒動”の真っただ中に初日を迎えた『火花』。

    周囲の怒りを和らげるためにも、せめて興行的には成功してもらいたいところだが……。

    【日時】2017年11月23日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン


    【板尾創路、監督作「火花」公開も東宝、菅田将暉事務所が不倫にご立腹】の続きを読む


    ライブ"ドタキャン"浜崎あゆみに元スタッフ「昔はプロ意識の塊だったのに」「別人に見える」


    NO.5932871 2017/11/23 14:34
    ライブ"ドタキャン"浜崎あゆみ「昔はプロ意識の塊だったのに」
    ライブ"ドタキャン"浜崎あゆみ「昔はプロ意識の塊だったのに」
    ライブのドタキャンに仮病説まで飛び出してファン離れが止まらない浜崎あゆみに、かつてあゆと“同居”した元スタッフのA氏もあきれ顔だ。

    「今では信じられないかもしれませんが、あゆは昔、プロ意識の塊のような歌手だったんです。高熱でドクターストップがかかっていても、ライブ会場に着くと別人のようにシャキッとしてステージをこなし、終わってからバッタリ倒れ、病院直行ってこともありました。あの頃の彼女を知る人なら、現在の彼女が別人に見えるのでは」

    A氏は、あゆの母親が経営する生花店に就職したが、あゆの側近として身の回りの世話をしていたことがあるという。

    あゆの住んでいた都内のビルに同居したこともあり、一時期のあゆの私生活については、かなり詳しそうだ。

    「世間では長瀬智也と交際しているとされていたとき、あゆには別の恋人がいて、隠すのに必死だったこともありますよ」(同)

    こんな話もできるほど、あゆに近い存在だったわけだが、以前どんな体調でもライブをきっちりこなす姿勢を見て「心から尊敬していた」という。

    しかし、近年、あゆは激太りが指摘されるなど、若い女性のファッションリーダーだった頃の面影は消えた。

    自らネット上にアップする画像は体が細く見えるよう加工されたものばかりで、カリスマ感も減退している。

    さらに、開催中の全国ツアーでは、“ダメ押し”ともいうべきトラブルを続発させている。

    9月、徳島公演が延期されたのは台風を理由としたものだったが、当日発表だったため中止を知らずに現地入りしたファンが多数いて、混乱を引き起こした。

    当日の天候はそこまで悪化しておらず、同日、安室奈美恵と倖田來未は、それぞれ九州と沖縄で予定通りライブをこなしており、ファンからは「あゆはやる気がない」との声が漏れた。

    その批判をかわしたい狙いがあったのか、10月に兵庫公演が台風でこれまた当日発表の延期になると、グッズ売り場に登場して「神対応」などと騒がれたが、これはファンから「今後中止となっても、ファンがあゆの登場を期待して会場に行ってしまい、混乱を招くのでは?」との批判も出た。

    11月10日、大阪公演は機材トラブルで開演が1時間以上遅れて、曲数をカットして行う失態。

    もともと公演開始時間の遅れがちな印象のあるあゆだけに、ファンからは危機管理不足として、また批判の声が上がった。

    そして極めつきは17日、仙台公演が開場20分後に気管支炎で中止という、前代未聞のドタキャン発表となったことだ。

    当然、会場内のファンは騒然。

    関東・東北の他県より足を運んだファンからは「せめて、なぜ前日に発表してくれなかったのか」といったクレームが巻き起こった。

    公式サイト上では、「台風によるツアースケジュールの変更が重なったこともあり、本日医師より過労による急性気管支炎という診断内容を受けドクターストップがかかりました」(原文ママ)と説明されている。

    しかし、あゆはその数日前、SNSで「朝から夢中で汗だくになってキックボードをやり続けてたら、ド派手に転んでひとりで薬局にマキロン買いに行きました」などと、海外と思われるリゾート地での呑気な話を書いており、とても過労状態にあるようには見えなかったのである。

    あゆ当人は「自己管理を含めてのプロです。何の言い訳もありません」と批判を受け入れる姿勢を見せたが、キックボードで遊んでいたのだから、コンディション調整がルーズだったのは否めない。

    ファンからは「仮病説」もささやかれる始末だ。

    前出A氏によると「あゆは昔、精神面が弱く、恋人とケンカするとか、私生活でつらいことが起きたとき、錯乱することもよくありました。もし仮病なら、それに似た理由が起こったのかもしれません」と話す。

    「若い頃の彼女は体調不良を耐えてでもライブはしっかりやっていたので、別の理由があるようにも見えますし、そうでなきゃ、もう昔のプロ意識はなくなったとしか思えないです。ただ、彼女はもともと体調管理がルーズで、食生活にもまったく気を配っていませんでしたが……」(同)

    最近は、激太り時代のマライア・キャリーばりにステージ衣装がパンパンだったりする姿が見られるあゆ。

    公演の延期すべてが彼女の責任ではなかったにせよ、かつてのスタッフから失望されているのは確かなようだ。

    【日時】2017年11月22日 08:00
    【提供】日刊サイゾー


    【ライブ"ドタキャン"浜崎あゆみに元スタッフ「昔はプロ意識の塊だったのに」「別人に見える」】の続きを読む


    稲垣吾郎、SNSに夢中「楽しくてしょうがない」「もっと僕らの武器に」 - マイナビニュース
    元SMAPの稲垣吾郎が、今年最も輝いた男性を表彰する「GQ MEN OF THE YEAR 2017」に選出され22日、都内で行われた授賞式に出席。受賞の喜びを語るとともに、今後の活動や新たにスタートさせたSNSなどについて語った。
    (出典:マイナビニュース)



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)



    1 shake it off ★ :2017/11/23(木) 11:05:54.01 ID:CAP_USER9.net

    22日、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が今年最も輝いた男性に贈られる『GQ MEN OF THE YEAR 2017』の「インスピレーション・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞、都内での授賞式に出席した。

     トロフィーを受け取った香取は「今年は新しい挑戦、新しい人生を…新しい真っ白な地図に描こうと始めたばかり。なのに、こんなに素敵な賞を頂けて、嬉しく思います」と恐縮しながら挨拶。
    「自分はゼロからのスタートだと思っていたのですが、最近TwitterとInstagramを始めさせて頂いて、SNSを通じて世界とつながってみたら、ゼロじゃなかったんだと思いました」としみじみ。「世界中の皆さんとつながっていること、嬉しく思います。ありがとう世界!」と語りかけ、会場を笑顔にしていた。

     稲垣も香取に同意、「僕もSNSを始めてみたら、今が楽しくなった」とコメント。「僕がブログをやらせてもらって、香取くんがTwitterやInstagram、そして草なぎくんがYouTuberに」と説明、「香取くんが言ったように、世界中の人たちとつながれることが新鮮です。これまでやってきたアナログなことに加えて、前進していきたいと思っています」と今後の抱負を語った。

     草なぎは、深く考えた後、「人生っていうのは、もちろん転ぶこともあるのですけれど、もしかしたら、転んでもいいものをもらえる時もあるんだなっていう気持ちです」と心境を吐露した。

     今年の『GQ MEN OF THE YEAR 2017』の受賞者は、このほか俳優の長谷川博己と斎藤工、ミュージシャンの野田洋次郎(RADWIMPS / illion)、将棋の佐藤天彦名人、F1レーサーの佐藤琢磨、芸人のロバート秋山ら、あわせて9人が受賞。11月24日発売の「GQジャパン」1月号でインタビューが掲載される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171123-00010007-abema-ent


    【稲垣吾郎「SNSを始めてみたら、今が楽しくなった」 ブログ「吾郎ちゃんの文章、柔らくて癒される」と好評】の続きを読む

    このページのトップヘ