気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: 芸能人



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 X_ファイル ★ :2018/10/16(火) 01:42:51.45 ID:CAP_USER9.net

    松居一代“イベントで体調不良”より気になった神田うのの「対応と顔面」

     10月13日に都内ホテルで開催されたデヴィ夫人主催のチャリティーパーティーにて、松居一代が体調を崩したことが話題になっている。松居はくじ引きを手伝うためステージに登壇。ところが自分の順番になっても声が出ず、
    体も硬直したようになり、周りの芸能人も慌てて松居の体を支えていた。

     だがしばらく休むと落ち着いたようで、ステージ上にもそのまま残り、最後までパーティーに参加。本人は「暑かったから」と笑顔で答えていたという。空腹状態で飲酒したのが原因との情報もあるがが、
    その松居よりもある意味で注目を集めたタレントがいたというのだ。女性誌のライターがささやく。

    「松居の両隣には神田うのと鈴木奈々、そして神田の隣には杉本彩が立っていました。そのうち鈴木はすかさず松居を支え、杉本は松居に駆け寄って心配そうな表情を見せていたのに対し、
    神田はまるで傍観者のような態度だったのです。鈴木と杉本の甲斐甲斐しさとは実に対照的でした」

     もっとも神田は、松居が急に倒れた時のアクシデントなどに備え、あえて冷静に観察していたのかもしれない。よそ見をしていたように見えたのも、周囲に気を配っていた可能性がある。
    その点で神田の対応は決して責められるものではないかもしれないが、視聴者の興味は別の点にも向いていたようだ。

    「神田といえば自らブランドを立ち上げ、メイクにもファッションにもとことん気を遣っていることで知られています。ところが今回のステージ上で見せた表情はまるで能面のようで生気がなかったのです。

    とても視聴者がイメージする『神田うの』には見えず、神田本人だと気づくまで時間が掛かったほど。その原因が松居の身を案じる表情のせいか、それとも加齢によるものなのか、はたまた別の原因があるのか。
    いずれにせよ『神田うのってこんな顔つきだったっけ?』と思った視聴者は多かったようです」(前出・女性誌ライター)

     松居に関するニュースでも、主役を差し置いて注目を集めてしまった神田。注目度の高さはさすがというほかない。


    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20181015-58766455-asajo

    画像

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【 松居一代“イベントで体調不良”より気になった神田うのの「対応と顔面」】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)



    1 ばーど ★ :2018/10/16(火) 11:24:17.19 ID:CAP_USER9.net


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    「SMAP」という言葉が、消えてしまうのか。分裂騒動を引き起こし、一昨年、惜しまれつつも解散したSMAPの元メンバーはジャニーズ事務所内に木村拓哉と中居正広を残すのみとなったが、その2人に対して「元SMAP」の名称を使わないようにという“使用禁止令”がメディアに通達されていた。いったいどういうことなのか?

     この夏、木村は主演映画「検察側の罪人」が公開され、一時は連日のように番組に出演し、作品のPRに奔走していた。そんな動向が連日、報道される中、ある出版関係者は「ちょうどそのころメディアに対して、ジャニーズ事務所から『キムタクや中居正広に関しては“元SMAP”という肩書を使わないでくれ』というお達しが内々で出ていたんです。キムタクは『俳優の木村拓哉』で、中居は『タレントの中居正広』ということでやってくれという話でしたね」と明かす。

     2016年末の解散以降、即座に「SMAP」という文字を使わないメディアもあったが、「元SMAP」という文言を使用し続けている社も存在した。「まだ使っているところに通達が入った形です」と同関係者。

     すでに解散したとはいえ、一世を風靡したグループ名だけになぜなのか?

     あるテレビ局関係者は「過去を消すということではなく、いつまでもSMAPという文字が使われるのは、本人たちにとっても過去を引きずっているようで、マイナスイメージにつながりかねない」というワケだ。

     それだけではない。17年9月に事務所を辞めた香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の3人が立ち上げた「新しい地図」の影響もあるのではないかという。

     芸能プロ関係者は「新しい地図の3人の躍進は目覚ましいですからね。『元SMAPの3人』という言われ方をしているケースが多いことから、『元SMAP』というと、どうしてもその3人のイメージが強すぎる。3人は地上波のテレビ番組こそ出てませんが、ビッグスポンサーのCMに出まくっている。キムタクや中居がそういう彼らと比べられるのも、決してプラスにはならないという判断もあるんじゃないですか」。

     とはいえ、木村らが「SMAP」だったということをNGにしているのではない。前出のテレビ局関係者は「キムタクが映画(「検察側の罪人」)のPRのために(ダブル主演の)嵐の二宮和也と出演した番組では、SMAPのグループ名の由来などについて話していたこともあるので、彼らにとって、SMAPのことは話してはいけないものでもないし、ましてや“黒歴史”ということでもない。ただ、単にメディア向けの措置と考えていいのでしょう」と話す。

     SMAP解散以後の木村は、解散を加速させた張本人といわれ人気を落としている。「そういう意味でもSMAPの文言はキムタクに、あまりいい影響を及ぼさないかもしれない」(前出のテレビ局関係者)

     使用禁止という措置も致し方がないのかもしれない。

    10/16(火) 11:02
    東スポWeb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000008-tospoweb-ent


    【ジャニーズ事務所、木村拓哉・中居正広に対し「元SMAP」“使用禁止令”】の続きを読む


    藤田ニコル、多忙に心配の声 剛力・武井・忽那「オスカー3人娘」の犠牲?


    NO.7000397 2018/10/14 14:52
    藤田ニコルに心配の声 剛力・武井・忽那「オスカー3人娘」の犠牲?
    藤田ニコルに心配の声 剛力・武井・忽那「オスカー3人娘」の犠牲?
    ファッションブランド「NiCORON(ニコロン)」を立ち上げ、プリクラ機やコンタクトレンズなどのプロデュースや、3年ぶりのスタイルブック『ニコルノホン』(講談社)の出版と、テレビだけでなく幅広い活躍を続けている藤田ニコル。

    今年20歳を迎え、さらなる躍進が期待されるところだが、周囲からその多忙ぶりに心配の声が上がっているようだ。

    9月28日放送の『金曜★ロンドンハーツ 3時間SP』(テレビ朝日系)で行われた、恒例の女性タレントによるスポーツテストに出演した藤田。

    元「Popteen」(角川春樹事務所)のモデル仲間だった“みちょぱ”こと池田美優も参加し、競技が行われていったのだが……。

    「ある種目でみちょぱが好成績を出した後、藤田も挑戦したところ、みちょぱの記録に遠く及ばないことがわかると『来年頑張ります……』と蚊の鳴くような声で深々とお辞儀。女子50m走で6人中4位という結果に終わったときは、『プライベートもクソですし、メンタルがちょっと年々……』と私生活について自虐コメントした後に『これを頑張って、今日終わるじゃないですか。誰に報告したらいいんですか。いなきゃ頑張れないじゃないですか!』と、愚痴っていました。およそバラエティのテンションとは思えない雰囲気だったため、ネット上でも『頭をポンポンしてあげたい』『頑張ったね』といったコメントが上がったのです」(芸能ライター)

    自身でもメンタルが弱まっていると自覚している様子の藤田だが、皮肉にも仕事は順調で休む暇もないようだ。

    「彼女はバラエティ出演のほかにもアパレルの立ち上げやスタイルブックの刊行など、多岐にわたる活動をしており、それは自分で望んでやっている部分もありますが、所属事務所のオスカープロモーションの事情もある。女優部門が不振のため、彼女を働かせざるを得ないのです」(芸能プロダクション関係者)

    一時期、ドラマで主演を次々と務めていた剛力彩芽は、ZOZO・前澤友作社長との交際により、いまやテレビよりもニュースサイトで目にすることが増加。

    また、剛力とともに“オスカーのゴリ押し”と揶揄されてきた武井咲も、今年3月に第1子女児を出産後、まだ本格復帰の声は聞こえてこない。

    そして、剛力、武井とともに「オスカー平成3人娘」の1人だった忽那汐里は、現在日本よりもハリウッドをはじめ海外での活動が続いている。

    「オスカーには、先日『女優宣言』をした岡田結実もいますが、彼女の場合、自分の言葉で表現した方が秀でるタイプ。台詞はもちろん、感情表現も台本ありきでやるのは向いていない。2014年の全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞した高橋ひかるも、『高嶺の花』(日本テレビ系)でコスプレ少女というかなり目立つ役柄を演じていたにもかかわらず、作品自体の低迷からか思ったほどの反響は得られていません」(前出・関係者)

    同事務所の“重鎮”的存在・米倉涼子は、10月11日から始まる新ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』(テレビ朝日系)に主演するが、いつまでも米倉頼みではいられないだろう。

    綾瀬はるか、石原さとみ、深田恭子、高畑充希と、どのクールでも必ず主役を張れる女優が揃うホリプロと比べると、オスカーのパワーダウンは否めず、今後も藤田の肩にかかる期待と重圧は、ますます強まっていくことが予想される。

    ストレスが爆発しないことだけを祈りたい。
    【日時】2018年10月14日
    【提供】サイゾーウーマン
    【関連掲示板】


    【藤田ニコル、多忙に心配の声 剛力・武井・忽那「オスカー3人娘」の犠牲?】の続きを読む



    (出典 www.rbbtoday.com)



    1 湛然 ★ :2018/10/14(日) 04:57:07.61 ID:CAP_USER9.net

    松居一代、体調不良か 壇上で呼び掛けに反応できず
    [2018年10月14日0時17分] 日刊スポーツ

    デヴィ夫人(78)が代表のNPO「アースエイドソサエティ」主催のチャリティーパーティーが13日、都内ホテルで開かれ、松居一代(61)が一時、ステージ上で呼び掛けに反応しないというハプニングがあった。

    パーティー最後のチャリティーくじ引きの時だった。松居は、当選番号を読み上げる手伝いをするため、他の参加者と一緒にステージに上がった。しかし松居の番になっても声が出ず、顔がこわばって、体も動かなかった。

    隣にいた神田うの、鈴木奈々が支えたり、スタッフが水を持ってくるなど、慌ただしくなったが、周囲の呼び掛けに松居は、小さな声で「大丈夫」と応えた。ステージ上にはいすが運ばれ、背もたれに手を置いて体を支えていた。

    しばらくすると落ち着いたのか、そのままステージに残り、最後までパーティーに参加した。終了後、松居は「楽しかったです。暑かったから。大丈夫です」と笑顔で応えて、周囲を安心させた。


    抽せん会で登壇した松居一代(左から2人目)は壇上でふらつき、鈴木奈々(左)に助けられながら水を飲む。右から杉本彩、神田うの(撮影・河野匠)

    (出典 www.nikkansports.com)

    松居一代はパーティーを終えて待ち受けた報道陣に元気をアピールした(撮影・河野匠)

    (出典 www.nikkansports.com)


    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201810130000934.html


    【松居一代、体調不良か 壇上で呼び掛けに反応できず】の続きを読む



    (出典 matomemomo.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/11(木) 20:08:42.83 ID:CAP_USER9.net

    10月初旬にも関わらず、真夏のようにギラギラとした太陽の下で行われていたのはとある私立一貫校の運動会。
    校庭に設置されたテントの麦茶コーナーには、行列が途切れないほどだったという。

    そんな暑さのなか、熱心に応援していたのは東山紀之・木村佳乃夫妻。
    東山は運動会開始の30分ほど前まで司会を務める『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日系)の生放送に出演していたばかり。我が子の頑張りを見ようと、急いで駆けつけたのだろうか。

    登場した“もうひとりのジャニーズ”

    「東山夫妻はテントの最前列で応援していました。ひっきりなしに同級生の父母らしき人たちが挨拶に来ていましたよ。
    そのなかのひと組には菊地凛子&染谷将太夫妻の姿もありました。
    東山夫妻はにこやかに対応しながら応援していましたが、一度校内にあるカフェで休憩をとっていましたね。

    その後ヒガシさんだけ、ビデオカメラを回しに炎天下のグラウンドに戻ってきたんです。
    アスリートのような研ぎ澄まされた身体で、とても50代には見えなかったですね」(参加した父母のひとり)

    日ごろからトレーニングを行うストイックな東山も、娘の前では“優しいパパ”になってしまうようで、

    「ヒガシさんのもとに玉入れを終えた小学校低学年の娘さんが駆けつけていました。
    うまくいかなかったようで、申し訳なさそうに落ち込んでいる彼女の顔を両手で“ポン!”と軽く叩き、“よくがんばったじゃん!”と励ます姿が微笑ましかったですね。

    木村佳乃さんは『イッテQ!』に出ているからか、応援に来ていた女子高生に声をかけられて、笑顔で応えていましたよ」(別の参加した父母)

    東山夫妻は午前中には、グラウンドを後にしたというが、午後になるとまた、“キャー”とひときわスゴい歓声が。

    「東山さん夫妻と入れ替わるように、V6の森田剛さんが宮沢りえさんを連れて、現れました。

    森田さんは女子高生から気づかれるなり、“キャー”と叫ばれ、握手攻めにあっていましたよ。ちゃんとひとりひとりに応じていました」(前出・参加した父母)

    炎天下のなか、宮沢はこまめにタオルを顔に当て、日焼け防止をしていたという。

    「大玉リレーや、ラストの選抜リレーを観た後、りえさんが娘さんのもとに駆けつけて、ねぎらっていました。
    りえさんは、知り合いのママさんも多いようで、すっかり周囲に溶け込んでいましたね」(別の父母)

    1年半に及ぶ交際期間中も、ラブラブぶりを隠すことがなかったふたり。案の定、この日もラブラブでーー。

    「グラウンド脇にある水道で、手を洗っていた森田さんを宮沢さんがスマホで撮影していたのが幸せそうで、印象的でした。帰るときもふたり寄り添って歩いていて、娘さんの写真を見て笑っていましたよ。
    もうそれは、恋愛したての若いカップルのようでした」(また別の父母のひとり)

    それぞれの家族にとって、アツ~い1日になったようで。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181011-00013527-jprime-ent
    10/11(木) 16:00配信


    【森田剛が娘の運動会に初参加! 宮沢りえとのラブラブ観戦中、JKの“握手攻め”も】の続きを読む

    このページのトップヘ