気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: 音楽



    (出典 cdnx.natalie.mu)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/24(月) 18:04:29.50 ID:2zRYv33i9.net

    6月21日に放送された『MUSIC STATION』(テレビ朝日系)が、〝放送事故〟の連発だったと話題になっている。

    この日、番組には山下智久、『ゆず』、徳永英明などさまざまなアーティストが出演。
    日韓合同アイドルグループ『IZ*ONE』がトップバッターとして歌を披露すると、直後には「ディズニー映画サントラ売上TOP10」とのVTRコーナーに入った。

    VTR後、タモリからコメントを求められた「IZ*ONE」のウォニョンは、「アラジンのようなプリンセスのディズニー映画をよく見ていました」と発言。
    すると、カメラは『アラジン』実写版の吹き替えを務めているゲスト・木下晴香に切り替わったが、木下は優しく笑みを浮かべるだけで沈黙しているという、妙な間が数秒も続いてしまった…。


    ケアレスミスが連発?
    その後、山下智久と『ゆず』のパフォーマンスを挟み、『サカナクション』が80年代の音楽番組をイメージしたという独特の演出で楽曲を披露。
    しかし、歌唱後にそのままVTRへ行くはずが、一度スタジオの様子が映されてしまい、出演者が拍手もなく「サカナクション」を見守る奇妙な光景が流れてしまうことに…。

    さらに、木下晴香が『アラジン』主題歌『ホール・ニュー・ワールド』を披露する場面でもトラブルが。
    この日、木下はスタジオに来られなかった俳優・中村倫也と映像コラボで同曲を披露したのだが、中村の映像が一時途切れ、デュエット曲にもかかわらず木下1人が歌う場面が映しだされてしまった。

    ネット上には、

    《全体的に放送事故感やばくない?》
    《倫也くんがバグって1回消えて、魔法の世界に行っちゃいましたね》
    《ウォニョンちゃんが頑張って答えた後のあの間なんとかならんかったのでしょうか》
    《なぜかスタジオ経由したせいで出演者がサカナクションに引いてるみたいになってるw》

    などの反応が。

    1つ1つはありがちな進行ミスだが、度重なったことで〝事故〟との印象を与えてしまったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1890740/
    2019.06.24 17:30 まいじつ


    【『Mステ』で“放送事故”連発!「消えた出演者」と「トーク無視」に騒然…?】の続きを読む



    (出典 mi-mi-trip.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/22(土) 20:33:52.20 ID:eUN7PHz39.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    歌手で女優の中山美穂が、約20年ぶりに音楽活動を本格的に再開することを、各スポーツ紙が報じた。
    中山は85年6月に「C」で歌手デビューし、これまでにシングル39枚、アルバム21枚を発売。「ツイてるねノッてるね」(86年)、「世界中の誰よりきっと」(92年)などのヒット曲があるが、99年9月のシングル「Adore」を発売して以降、女優業に専念していた。

    「月9のドラマのヒロインを中心にドラマのオファーが殺到。2001年4月期の主演ドラマ『Love Story』(TBS系)の平均視聴率が20%越えを達成。
    1980年代、1990年代、2000年代の三世代で主演ドラマ平均視聴率20%越えを達成した唯一の女優となり、一時期は“連ドラ女王”の座に上り詰めていた」(テレビ局関係者)

    2002年6月、ミュージシャンで小説家の辻仁成と結婚。同年秋以降、芸能活動を一時休止し、仏・パリに移住。14年7月に辻と離婚後、日本で本格的に活動を再開していたが、このところ、出演するドラマはあまり話題になっていなかった。

    各紙によると、今年3月、94年1月期のTBS系ドラマ「もしも願いが叶うなら」で共演した「FLYING KIDS」の浜崎貴司のライブにゲスト出演。客席には感激のあまり涙する人もいたそうで、
    それを見た制作スタッフが、デビュー35周年の記念を迎える節目に、歌手活動の再開を提案したことから、今回の復帰が決まったという。

    今冬には、オリジナル曲としては20年ぶりとなる40枚目のシングルを発売。音楽番組などにも積極的に出演し、来年3月1日には、初コンサートを開催した東京・中野サンプラザで単独コンサートを開催する予定だという。

    「中山が女優業にこだわり続けていたのは、長年、同じ事務所の両輪として稼働していた小泉今日子への“ライバル心”があったから。
    対照的なキャラの小泉に『負けたくない!』と女優業で張り合おうとしていたが、小泉は豊原功補との不倫を公表し表舞台から消えてしまった。そんな状況もあって、自分の中で張り合いを持たせるためにも、歌手活動再開を決意したのでは」(芸能記者)

    往年のファンの支持により、再ブレークする可能性もありそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1886437/
    2019.06.21 21:00 リアルライブ




    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【中山美穂、音楽活動再開の裏事情 長きにわたる“ライバル”への対抗心が原動力か】の続きを読む



    (出典 cdn.asagei.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/21(金) 13:24:46.45 ID:dPoF471S9.net

    かつておニャン子クラブの一員として一世を風靡した渡辺満里奈が、28年ぶりのワンマンライブを東京と大阪で開催する。
    6月19日放送の情報番組「ひるおび!」(TBS系)にゲスト出演した渡辺は、“渡辺満里奈 with 木内健とチャン・マリナーズ”
    というユニット名について「昭和な感じで(笑)」と照れつつ、アコースティックな感じで持ち歌を披露するライブだと説明した。

    同ライブは7月5日に大阪、20日に東京でそれぞれ2回ずつ、計4公演を開催予定。
    「懐かしいなと思われる方は、気楽に来ていただけると嬉しい」と、なぜかぶりっ子ポーズでアピールしていた。
    そんな渡辺のソロライブについて、おニャン子時代を知るベテラン芸能ライターがささやく。

    「おニャン子クラブ在籍時の渡辺はグループ内でもトップ級の人気を誇り、15歳でリリースしたソロデビュー曲の『深呼吸して』はオリコン初登場1位を記録。
    しかし、本人は卒業後におニャン子在籍歴を伏せるようになり、音楽活動のほうも徐々にフェードアウト。17年には突如、デビュー30周年の記念企画アルバムをリリースするも、オリコン67位と厳しい結果に終わっていました。
    元おニャン子では工藤静香も音楽活動を続けており、最近のアルバムは20~30位台を行ったり来たりですが、こちらはまだ商売として成立するレベル。それに対して渡辺の音楽活動は、ビジネスとは言い難いものかもしれません」

    ただ、昭和の時代に活躍した歌姫たちでは、同世代のファンから根強い支持を受ける例も少なくない。前述の工藤は全11都市を巡るツアーを開催中。
    森口博子は9月7~8日に行われる「GUNDAM 40th FES」への参加が話題になるなど精力的にライブ出演している。それでは渡辺のソロライブにも往年のファンが殺到するのだろうか?

    「残念ながら渡辺のライブは現在のところ空席祭りとなってしまっています。東京公演の第一部で安い券種が売り切れになっているのを除けば、他席種はまだ入手可能。
    東阪ともにキャパ300席の会場ですが、その規模を埋められないというのであれば、寂しい限りです。
    おニャン子時代の87年2月15日には、アルバム購入者が抽選で参加できる握手会イベントを日本武道館で開催したほどの人気を見せていましたが、
    そこから30年余り経過していますからね…」(前出・ベテラン芸能ライター)

    とはいえ開催までにはまだ日にちがある。「ひるおび!」での宣伝効果に期待したい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1884627/
    2019.06.20 18:15 アサジョ


    (出典 ebsweb.jp)


    (出典 image.entertainment-topics.jp)


    (出典 enter-map.com)



    (出典 Youtube)

    渡辺満里奈 マリーナの夏


    【渡辺満里奈、28年ぶりのワンマンライブも「300席埋まらず」苦しい状況?】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/19(水) 16:53:05.89 ID:Xy2LMgPE9.net

    KANA-BOONの谷口鮪が19日、ツイッターを更新し、「精神的な病気」で休養することになったベースの飯田祐馬について「ここ最近のバンド活動の中でのメンバー間のやり取りが、めしだにとって大きなプレッシャーになっていたことを知りました」とつぶやいた。

    飯田は突如音信不通となり、家族が警察に捜索願を出す騒動となったが、15日に無事、自宅に戻った。事件性などはなかったとされている。

    この日、公式HPは飯田が「音楽活動の中での、個人的な不安やプレッシャーが原因であったと確認することができました」とし、体調不良もあったことから医療機関を受診し「精神的な病気」と診断され、治療に専念するためしばらく音楽活動を休止すると発表した。

    谷口は発表直後にツイッターを更新。「ここ最近のバンド活動の中でのメンバー間のやり取りが、めしだにとって大きなプレッシャーになっていたことを知りました」と切り出し「めしだとも相談し、一旦療養してもらってから、元気になったところで今後についてもう一度話し合おうということになりました」と今後の事は回復を待って改めて話し合うと説明した。「僕たちをゆっくりと見守ってくれるとありがたいです」と、ファンに呼び掛けていた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16644345/
    2019年6月19日 16時31分 デイリースポーツ


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【KANA−BOON飯田、休養 「メンバーのやり取りがめしだのプレッシャーに」】の続きを読む



    (出典 one-search.net)



    1 ニライカナイφ ★ :2019/06/16(日) 19:53:58.85 ID:CpNH7YXd9.net

    ◆ KANA-BOON飯田が帰宅 事務所お詫び全文

    ロックバンド・KANA-BOONが16日、公式サイトを更新。
    今月5日から連絡が取れなくなっていたベースの飯田祐馬が帰宅したと、15日深夜に家族から一報を受けたことを報告した。

    公式サイトでは「6月5日(水)より、音信不通の状態が続いておりました飯田祐馬(Ba)ですが、昨日6月15日(土)の深夜にご家族より、本人が帰宅したとの一報を受けました」と発表。
    家族によると「憔悴してはいるものの、怪我などはない」とのことで、警察にもその旨を報告していると伝えた。

    その上で「KANA-BOONの今後の活動につきましては、本人の体調をみつつ、メンバーと共に話し合いを進めたいと考えております」としている。
    飯田をめぐっては、13日に公式サイトで「6月5日より、飯田祐馬(Ba)と連絡が取れておらず、あらゆる手段を講じてコンタクトをとろうとしておりますが、現在まで音信不通の状態が続いております」と報告され、「すでに、ご家族より警察へは捜索願を提出しております」と説明。
    あわせて、15日の企画ライブ『KANA-BOONのOSHI-MEEN!!』の中止を発表していた。

    翌14日にはメンバーの谷口鮪、古賀隼斗、小泉貴裕が同サイトを通じ「メンバーとして、友達として、とても心配です。ただただ無事を祈るばかりです」と胸中を明かしていた。

    2019/6/16(日) 16:06 オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-06160577-nksports-ent

    ◆ 音信不通KANA-BOON飯田けがなく自宅に戻る

    音信不通状態だった4人組ロックバンドKANA-BOONのベース飯田(めしだ)祐馬(28)が自宅に戻ったことが16日、公式HPで報告された。

    ◇以下全文◇

    この度は、皆様に多大なるご心配、ご迷惑をおかけしており大変申し訳ございません。

    6月5日(水)より、音信不通の状態が続いておりました飯田祐馬(Ba)ですが、昨日6月15日(土)の深夜にご家族より、本人が帰宅したとの一報を受けました。ご家族によると、憔悴してはいるものの、怪我などはないとのことで、警察にもその旨を報告しております。

    KANA-BOONの今後の活動につきましては、本人の体調をみつつ、メンバーと共に話し合いを進めたいと考えております。

    改めてこの度は、多大なるご心配、ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    (株)ヒップランドミュージックコーポレーション

    飯田は5日から音信不通で家族が警視庁成城署に捜索願を提出。15日のライブが中止になっていた。

    ***
    ◆ KANA-BOON飯田祐馬、昨日深夜に無事帰宅
    https://natalie.mu/music/news/335876

    公式サイトでの発表によると、飯田が昨日6月15日の深夜に帰宅したことが家族より報告されたとのこと。
    飯田は憔悴しているものの怪我などはないとのことで、KANA-BOONの今後の活動については本人の体調を見ながらメンバーと話し合って決定される。

    ***
    ◆ KANA-BOONメンバー安堵「無事でよかった」
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201906160000635.html

    飯田の無事が確認されたことを受け、メンバー3人がツイッターでコメントした。
    ボーカル谷口鮪(29)は「発表の通り、めしだが帰ってきました。無事でよかった…。たくさんご心配をおかけしてしまい、すみませんでした。お気遣い頂いたみなさん、メッセージをくださったみなさん、本当にありがとうございます」。
    ギター古賀隼斗(28)は「めしだが無事で本当によかった。。。お騒がせしてすみませんでした。めしだを待つ間、皆さんの言葉が励みになっていました。本当にありがとうございます」。
    ドラム小泉貴裕(28)は「今回はご心配とご迷惑をおかけして、すいませんでした。すごい心配で不安でしたが、今はとにかくめしだが無事に帰ってきて本当に良かったです。本当にたくさん励ましのメッセージもらって頑張ろうと思えました。本当にありがとうございました」と、それぞれ感謝と安堵(あんど)の言葉をつづった。

    日刊スポーツ 2019年6月16日16時38分
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201906160000622.html

    ■前スレ(1が立った日時:2019/06/16(日) 16:07:29.63)
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560672514/


    【音信不通のKANA-BOON飯田が自宅に戻る 「憔悴してはいるものの、怪我などはない」 事務所が謝罪文掲載】の続きを読む

    このページのトップヘ