気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: アイドル


    HKT48の村重杏奈・宮脇咲良らの裏アカウントが流出?過激な内容も - livedoor
    その中には、2014年にジャニーズJr.の阿部顕嵐との「深夜2時の公園デート」を「週刊文春」(文藝春秋)で報じられたHKT48・村重杏奈が、阿部を批判しているかのような投稿があり、物議を醸している。 今回、“裏アカ”の情報が流出したのは、HKT48・指原莉乃、AKB48・峯岸 ...
    (出典:livedoor)



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 o(^・-・^)o ★@\(^o^)/ :2017/06/05(月) 23:51:20.76 ID:CAP_USER9.net

     HKT48村重杏奈のインスタグラム「裏アカウント」が流出したと話題だ。

     村重といえば、2014年に「週刊文春」(文藝春秋)にジャニーズJr.の阿部顕嵐との「深夜デート」が報じられているが、今回の「裏アカ流出」もこの阿部に関するものもあるようで......。

     流出した内容はとにかく「下品」と大騒ぎの状況。UPされた写真に付与されたコメントは性的表現のオンパレード。「なんなんだこいつ」「気持ち悪いやつだな」と批判が殺到。この裏アカウントから流出した動画の内容もあまりにひどいと非難されている有様だ。

     一方で熱愛疑惑の出た阿部に関する裏アカ内での発言には、一部では「拍手」も起こっている。

    「村重のインスタに阿部顕嵐らジャニーズJr4人が写っている写真を載せ『おい、焼きそば頭こっちみんな』とコメントしています。続いてフォロワーが『きったねーいろ』などともコメントしています。

    おそらく阿部の茶髪のパーマを見ての発言と思われますが『さすがに笑った』『面白すぎる』と評判です。こうしたセンスはあるのに、流出で明らかになるとはもったいないですね(笑)」(記者)

     これまでも芸能人の「裏アカ流出」は多く、そのたびに話題をさらっていった。

     同じくAKB48の渡辺麻友は流出の際「羽生結弦と付き合いたい」「キスマイ玉森のガチヲタである」などなどの衝撃発言や変顔の写真など、それまでのイメージを崩壊させるのに十分な内容だった。

    AKB48では島崎遥香とこれまたジャニーズJr.の安井謙太郎との際どいトーク内容が流出したこともある。

     とかく「騒動の種」となりやすい「裏アカ」。多忙で自由のない芸能人とすればストレス解消の場なのかもしれないが、いつ流出するかわかったものではないようだ。くれぐれもUPする内容には注意していただきたいものだ。

    http://biz-journal.jp/gj/2017/06/post_3528.html


    【HKT48村重杏奈の「インスタ下品裏アカ」流出?過激な内容も】の続きを読む



    (出典 twinklemoonlight.blog.so-net.ne.jp)



    1 ジョーカーマン ★@\(^o^)/ :2017/06/05(月) 15:22:46.72 ID:CAP_USER9.net

    AKB48の峯岸みなみ(25)が2日に放送されたAbemaTV「必殺!バカリズム地獄」に出演。
    人気絶頂時に仕事について「チョロいな」と感じていたことを告白した。

    番組は、バカリズム(41)が、様々な職業の女性たちが経験した“鬼ギレ”エピソードを吟味し、最も地獄に落とすべき人を決めていくバラエティー。
    この日はゲストに峯岸とモデルの池田美優(18)が登場した。

    番組冒頭で、峯岸はMCのバカリズムから「今日は若いゲスト」と紹介されたが「いや、AKBの中では10代の子にほぼ“*”扱いです」と苦笑い。
    さらに「16、17、18歳の時、AKBもいい感じだったので、その時は本当に楽しかった」と振り返った。

    これにはバカリズムが「まだ全然(若い)じゃないですか。楽しくないの?」とツッコミを入れるが峯岸は「今のところ光がないです。楽しくない。仕事的にもプライベートも20歳がピークでした。『あれ、チョロいな』って思っていて、無敵モードだった」と人気絶頂時の“驕り(おごり)”を語った。

    また、握手会での“鬼ギレ”エピソードとしてわざと両ヒジを寄せて、谷間を作るように握手をされたことを告白。
    サービス精神旺盛な峯岸といえど、これにはさすがに怒り「初めて『さすがに困りますよ、マジで来ないで!』って言った」と注意したことを明かした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170605-00000014-tospoweb-ent

    「必殺!バカリズム地獄」 峯岸みなみ

    (出典 pbs.twimg.com)


    AKB48 峯岸みなみ

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【AKB48】峯岸みなみ「未来に光がない。楽しくない。20歳がピークでした」】の続きを読む



    (出典 shimayuki.com)



    1 音泉光征 ★@\(^o^)/ :2017/06/03(土) 16:52:02.50 ID:CAP_USER9.net

    総選挙中間でまさかの指原・渡辺超え!NGT48大躍進の理由は?

    5月31日、第9回AKB選抜総選挙の中間速報が発表された。ダントツの1位と目されていたHKT48指原莉乃(24)を抑え、NGT48荻野由佳(18)が速報史上初の5万
    票超えで1位に。5位には同じくNGT48の本間日陽(17)、7位に高倉萌香(16)がランクインした。

    NGT48の3人は昨年の選抜総選挙・「紅白選抜」ともに圏外からの“神7”入り。あまりの急激な躍進に、「握手会などの指標を見る限り、ここまで大量にファ
    ンがいるとは思えない」「一体誰が投票したのか?」とファンの間では様々な声が飛び交っている。囁かれている説は以下の3つに大別される。

    1. 不正投票説

    NGT48モバイルサイトから重複投票ができたという説。モバイルサイトから投票した後でブラウザバックすると投票前の画面が現れ、再度投票できたという画
    像や動画がtwitterに出回っている。これはシステム管理会社から「集計時にも重複チェックを行っており、公正に投票が行われている」と正式に否定された


    2. 地元票説

    本拠地・新潟の市民が結束して投票したという説。NGT48は地元企業の誘致により発足したと言われており、他グループよりも地元での活動を重視している。
    新潟の企業や自治体、市民が協力して一人一票投じるだけでもかなりの票数になると考えられる。ただ、それならなぜ「紅白選抜」でランクインした北原里英
    (25)、中井りか(19)、加藤美南(18)が軒並み低順位あるいは圏外なのか、という疑問は残る。

    3. 大富豪説

    一人の大富豪がNGT48ファンになり、推しメンに大量投票したという説。AKB48ファンクラブ「二本柱の会」はお金を出せば容易に複数アカウントを作ることが
    でき、各アカウントに選抜総選挙やAKB48グループの楽曲人気投票イベント「リクエストアワー」の投票権がつく。今年の「二本柱の会」新規会員数が例年に
    比べて異様に増加しているという話が以前から出ており、これが何者かによるアカウント大量取得なのではないかとも言われている。今年の1月開催の「リク
    アワ」でもNGT48は圧勝しており、その際にもこのアカウントが使われた可能性がある。

    指原の最大のライバルと期待されていたNMB48山本彩(23)の不出馬により、盛り下がるかと思われた選抜総選挙。大波乱の幕開けに、展開が全くわからなく
    なってきた。6月17日の結果発表を楽しみに待ちたい。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170603-00010004-jisin-ent

    速報1位に「だれ?」 AKB総選挙で大波乱

     「AKB48 49thシングル 選抜総選挙」の速報結果が5月31日、秋葉原のAKB48劇場で発表され、NGT48の荻野由佳が指原莉乃、渡辺麻友
    ら人気メンバーを抑えて1位(55,061票)を獲得する大波乱が巻き起こった。

     2位はSKE48の松井珠理奈(34,641票)、3位はHKT48の指原莉乃(32,340票)、4位はAKB48の渡辺麻友(27,614票)、5位はNGT48の本
    間日陽(25,032票)、6位はSKE48の須田亜香里(24,947票)、7位はNGT48の高倉萌香(21,667票)、8位はHKT48の宮脇咲良(21,151票
    )、9位はAKB48の高橋朱里(17,047票)、10位はAKB48の岡田奈々(16,867票)。

     速報1位の荻野は、公式メンバーをアルバイトで募集した「バイトAKB」を経て、「第2回AKB48グループ ドラフト会議」で新潟を拠
    点とするNGT48入りし、“苦労人”とも呼ばれるメンバー。今回の速報では荻野以外にも2回目の総選挙参加となるNGT48が大躍進。ト
    ップ10だけでも計3人がランクインした。

     しかし、一般的にはまだまだ知名度が低く、ネット上では「AKB総選挙の1位の子誰? にしてもダークホース過ぎない?笑笑」「NG
    Tがどこか全く分からなかった俺はもう完全にオジサンやな」「AKB総選挙 知らない子が1位って凄いね」といった反応も多い。

     また、一部では不正な重複投票を懸念する声もあったが、運営側は1日、公式サイトで「改めて細部に渡り調査をいたしました結果
    、そのような事実は一切ございませんでした。すべてが厳正な監視の下、公正に投票が行われていることをご報告いたします」と否定
    している。

     「AKB48 49thシングル 選抜総選挙」開票イベントは今月17日に沖縄県の豊崎海浜公園・豊崎美らSUNビーチにて開催される。(編集
    部・中山雄一朗)
    https://news.infoseek.co.jp/article/cinematoday_N0091935/

    1位の荻野由佳

    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1496333461/


    【AKB総選挙 無名メンバーNGT48荻野由佳が中間1位の大波乱 「不正投票」「大富豪が大量投票」と批判の声】の続きを読む


    ジャニーズJr.宮近海斗&中村海人とAKB48小嶋真子 パーティー写真が流出 - livedoor
    ジャニーズJr.内ユニット・Travis Japanの宮近海斗&中村海人と、AKB48・小嶋真子が同室で“誕生日パーティー”をしているとみられる写真がネット上に流出。かねてより問題視されてきたジャニーズとAKBアイドルの交流疑惑に、双方のファンからは落胆の声が上がっている。
    (出典:livedoor)



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 名無し募集中。。。@\(^o^)/ :2017/06/01(木) 11:11:56.65 0.net

    週間ジャーナリズム@編集部 @syoan49
    リーク情報です。

    AKB小嶋真子さんとジャニーズJr.宮近海斗さん、同じく中村海人さんが一緒に誕生日パーティーをしているような写真を提供して頂きました。

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【悲報】AKB小嶋真子ジャニーズJr.と自宅誕生日パーティー写真流出】の続きを読む


    〈AKB総選挙速報〉 峯岸みなみが暫定100位までに入らず 逃し涙「なんで?」


    NO.5565384
    AKB総選挙 峯岸みなみが暫定100位逃し涙「なんで?」
    AKB総選挙 峯岸みなみが暫定100位逃し涙「なんで?」
    AKB48の49枚目のシングル(タイトル未定、8月発売)の楽曲を歌う選抜メンバーなどを決める『第9回AKB48選抜総選挙』(6月17日開票、沖縄・豊崎海浜公園 美らSUNビーチ)の投票速報が31日、東京・秋葉原のAKB48劇場で発表され、唯一の1期生となったAKB48の峯岸みなみ(24)は暫定100位までに入らなかった。

    発表終了後、動画配信サービス「SHOWROOM」で生配信に出演した峯岸は、「今日は最初に言いたいのは、泣きません。泣くつもりはございません」と宣言したが、思いを語るうちに我慢できずに後ろを向いて涙を流した。

    気持ち落ち着けると、選挙の公約として「選抜に入ったら実家のビアパブで祝勝会」することを宣言。

    その後も涙をこらえきれない場面もあったが、胸の内を打ち明けていくごとに元気を取り戻し、配信の視聴者が2万人を超えると「2万人も見てるのになんで圏外なんだよ?」とボヤいて自虐ネタにするなど、いつもの峯岸らしさを見せファンを安心させた。

    峯岸は秋葉原のAKB48劇場で速報結果を聞くと、「呼ばれなかったけど、楽屋でみんなに気を使われるのが嫌だから、こっから頑張るから!」と笑顔で巻き返しを誓った。
    峯岸みなみ(AKB48) 2017年05月31日 【SHOWROOM】のイメージ画像

    峯岸みなみ(AKB48) 2017年05月31日 【SHOWROOM】


    https://www.youtube.com/watch?v=Hr4frIGU7QM

    【日時】2017年05月31日 22:31
    【ソース】ORICON STYLE


    【〈AKB総選挙速報〉 峯岸みなみが暫定100位までに入らず 逃し涙「なんで?」】の続きを読む

    このページのトップヘ