気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: アイドル



    (出典 storage.mainichikirei.jp)



    1 ジョーカーマン ★ :2018/01/26(金) 17:51:41.68 ID:CAP_USER9.net

    26日、乃木坂46・白石麻衣の写真集『パスポート』(講談社)が2018年1月29日付のランキングで累積売り上げ25万部を突破したことがわかった。

    同作は昨年2月7日の発売以降、爆発的なペースで売れ続け、1年間を通じて、ほぼ毎週タレント写真集部門のベスト10にランクインする驚異的なロングセラーに。
    2018年1月29日付のランキングで週間1,700部を売り上げ、累積売り上げ部数は250,729部となった。

    同社の販売担当者は「タレント写真集が1年にわたって売れ続けるケースは初めての経験。累積売り上げ25万部突破という偉業に、ただ驚いています!」とコメント。

    2017年は写真集の今世紀最大ヒットを皮切りに、映画『あさひなぐ』での好演、資生堂マキアージュ新ミューズ就任、『インフルエンサー』でレコード大賞受賞と、大躍進を見せた白石麻衣。
    今年もその勢いそのままに、ますます活躍の場を広げそうだ。

    テーマは“おしゃれでセクシー”

    撮影は2015年10月、4日間にわたってアメリカ西海岸を縦断し、サンディエゴとロサンゼルスなどで実施。
    “おしゃれでセクシー”をテーマに、男性なら誰もが魅了され、女性から見ても憧れる、美神“まいやん”の圧倒的美しさを捉えた。

    またグループ史上最高のセクシーショットにも挑戦。
    ランジェリー姿で見せる透き通るような白い肌はもちろん、彼女にとって初めての土地で見せる自然体の笑顔、美味しそうにご飯を食べる様子など、リラックスした“まいやん”も見どころとなる。

    白石自身も「自信作です!」と胸を張る写真集には、グループ総合プロデューサーの秋元康氏が帯文に「白石麻衣は、もう、どこへでも行ける。写真集を眺めながら、ふとそんなことを思った」とコメントを寄せている。

    白石麻衣(しらいし・まい)プロフィール
    1992年8月20日生まれ。24歳。群馬県出身。
    2011年、乃木坂46の1期生として活動開始。
    6thシングル『ガールズルール』でセンターを務めるなど、常にグループの中心的メンバーとして活躍。
    乃木坂46イチの美貌の持ち主で、「女子がなりたい顔No.1」とも称されている。
    女性ファッション誌『Ray』『LARME』ではモデルも務めているほか、2016年公開の映画『闇金ウシジマくんPart3』に出演するなど、女優としても活動中。

    http://mdpr.jp/news/detail/1742878

    累積売り上げ25万部を突破 白石麻衣2nd写真集『パスポート』より

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    乃木坂46 白石麻衣

    (出典 pbs.twimg.com)


    【【乃木坂46】白石麻衣、偉業達成!写真集累積売り上げが25万部突破 美神“まいやん”の圧倒的美しさ】の続きを読む


    乃木坂・松村の「強烈すぎる天然ぶり」が大好評!


    NO.6076580 2018/01/24 22:04
    乃木坂・松村の「強烈すぎる天然ぶり」が大好評!
    乃木坂・松村の「強烈すぎる天然ぶり」が大好評!
    1月17日放送の『くりぃむクイズ ミラクル9』(テレビ朝日系)に、乃木坂46の松村沙友理(25)が初出演。

    その強烈すぎる天然ぶりに、視聴者が騒然となったようだ。

    この日松村は、くりぃむしちゅーの有田哲平(46)率いる「若手スターナインチーム」の一員としてクイズに参加。

    古田敦也(52)がキャプテンを務める「レジェンドスターナインチーム」とのクイズバトルに挑んだ。

    松村は「1VS1偉人早押しクイズ」で、サバンナの高橋茂雄(41)と対戦。

    「音楽家」に関する早押し問題が出題され、音楽が流れ始めると、松村は早押し問題にもかかわらず解答ボタンから手を離してノリノリでリズムを取り始めてしまう。

    途中で我に返った松村は慌てて解答ボタンに手をかけたが、先に高橋が正解してしまう。

    さらに松村は、雪景色の写真から都道府県名を当てる「雪景色クイズ」でも個性を発揮。

    弘前城というヒントが出た瞬間、松村は「青森県」と答えて正解する。

    しかしその後、「私、あだ名が“さゆりんご”っていうんですよ。だからりんごの県には詳しかったので」とトンチンカンなコメント。

    これにはMCの上田晋也(47)もあきれ顔で、「あ〜そいつは良かった」と雑に受け流していた。

    そんな松村の天然ぶりは、放送後ネットで大きな話題に。

    「キャラがヤバすぎる」「今後クイズ番組で重宝されそう」「上田さんの対応もうますぎる」「キャラクターが仕上がってるなぁ」「いじられ方まで含めて、さゆりんご面白い」と、松村の強烈なキャラに対する期待のコメントが数多く上がっていた。

    「松村は、過去にも天然発言で周囲を驚かせています。2016年7月に『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)に出演した際、乃木坂46のセンターはどのように決まるのか質問された松村は、『やっぱり秋元(康)さんの……好み?』と回答。これに司会の中居正広(45)は大爆笑して、松村にお歳暮や年賀状を送ってアピールするよう“アドバイス”したんですが、松村は『あんまりしたことがなかったので、まだセンターになれてないのかも』と中居の冗談を真に受けて、真剣に反省していましたね」(芸能誌ライター)――乃木坂46の逸材発見?

    【日時】2018年01月24日 18:00
    【提供】日刊大衆


    【乃木坂・松村の「強烈すぎる天然ぶり」が大好評!】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 ぶれない黄色推し@きゅう ★ :2018/01/23(火) 12:05:39.27 ID:CAP_USER9.net

     1月21日のライブを最後に「ももいろクローバーZ」を卒業し、芸能界からも引退した有安杏果。口の悪いネット民からは、引退発表直前まで「グループ内でハブられていた」との憶測も飛んでいるが、これはデマと言われている。が、有安がももクロに加入した際には、実際に「排除」の動きがあったというのだ。そんな闇歴史についてアイドル誌の編集者がささやく。

    「ももクロは08年5月17日を公式の結成日としており、その時点では現メンバーの百田夏菜子、玉井詩織、高城れにらが所属。そして同年中に佐々木彩夏と早見あかりが加入し、この5人で09年にインディーズ・デビューシングルの『ももいろパンチ』をリリースしています。その当時は全国のヤマダ電機を回る“ヤマダ電機ツアー”を開催。1台のワゴン車でメンバーと運営の全員が移動し、時にはミカン箱の上でパフォーマンスするなど、苦難の時代として古参ファンの間では伝説となっています」

     そして09年7月には有安が加入し、現在は女優として活躍する早見が11年4月に卒業するまでの間、6人組として活動。この時期にメジャーデビューも果たしている。その歴史の中でなぜ、有安が排除されていたというのだろうか。


    「やっとメンバー5人の顔ぶれが固定され始めた時期に突如、新規加入したこと。そして有安自身が赤ちゃんモデルを経て『ポンキッキーズ21』(フジテレビ)にもレギュラー出演していた子役だったことから、『何で今さら芸歴の長い子を新規加入させる必要があるの?』と、古参ファンが拒否反応を起こしたのです。有安自身も語っていますが、加入当初には握手会で彼女だけ握手を拒まれたり、『ももクロは(有安以外の)5人だけだから』と面と向かって文句をつけられることもあったとか。その後、早見の脱退を経てグループ名に『Z』が付いた時期にファンの大幅な入れ替わりがあり、そこからやっと有安がメンバーとして誰からも受け入れられるようになったのです」(前出・アイドル誌編集者)

     そんな有安も最近ではソロアーティストとしての実力も評価され、横浜アリーナや日本武道館でソロライブを開催することもあった。苦労が報われたうえでの成功、そして卒業。その前途にも大きな期待が寄せられているのではないだろうか。

    (金田麻有)

    http://www.asagei.com/excerpt/97021


    【ももクロ卒業の有安杏果、グループ加入時「ファンから拒否られていた」】の続きを読む



    (出典 www.suruga-ya.jp)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/01/22(月) 19:10:05.17 ID:CAP_USER9.net

    関根貴大、元SKE48の金子栞さんと結婚。2年半の交際経て「生涯を共にしたい」
    1/22(月) 18:58配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180122-00252459-footballc-socc

    浦和レッズ時代の関根貴大【写真:Getty Images】

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


     ドイツ2部のインゴルシュタットに所属する元U-19日本代表MF関根貴大が、22日に自身のツイッターで元SKE48でタレントの金子栞さんとの結婚を発表した。

    【動画】本田圭佑、実は200ゴール決めていた!?知られざるプライベートにも迫る!

     関根は「良い時期も苦しい時期も近くで支えてくれ、初めての海外挑戦の決断も尊重してくれた彼女と生涯を共にしたいと素直に思い結婚を決意しました」と、結婚の理由を説明した。

     金子さんは1995年6月13日生まれの22歳で、関根とは同い年。2010年にSKE48の4期生として活動を開始し、2014年4月に同グループを卒業した。現在はグラビアアイドルなどとして活動している。過去に自身のブログで、関根の古巣である浦和レッズのファンであることも明かしていた。

     ツイッターで入籍を発表した関根は「これからは、二人で力を合わせていつまでも明るく楽しい家庭を築いて行きたいと思っています」と結婚生活への決意も述べた。

     また、「半年前にドイツに渡り、中々試合に絡めない悔しい状況が続いていますが、自ら望んで世界レベルの厳しい環境に身を置き、サッカー選手としてこれからが勝負だと思っています」と、プレーヤーとしてのさらなる飛躍も誓っている。

     一方、金子さんも自身のインスタグラムで「いつも応援してくださっている皆様へ」と投稿し、「まだまだ至らないところはありますが、彼の力になれるよう精進してまいります。そっと見守っていただけたら幸いです」と関根との結婚を報告した。関根のドイツ挑戦が始まった昨年夏ごろから仕事をセーブしていたことをファンに謝罪し、交際期間が約2年半だったことも明らかにしている。

     関根は今季のブンデスリーガ2部でわずか1試合の出場にとどまっており、ベンチ入りも3試合のみと苦しい状況が続いている。「奥さんや応援して頂いている皆さんを笑顔にできるように頑張ります」と宣言した22歳は結婚で心機一転、苦境を脱することができるだろうか。


    【【サッカー】関根貴大、元SKE48の金子栞さんと結婚。2年半の交際経て「生涯を共にしたい」】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/01/21(日) 02:01:03.94 ID:CAP_USER9.net

    AKBから覇権奪取も… 「乃木坂」「欅坂」に迫り来る"2つの危機"
    1/20(土) 7:00配信 デイリー新潮
    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/01200700/?all=1
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180120-00536504-shincho-ent

    乃木坂46の白石麻衣

    (出典 www.dailyshincho.jp)


    出来レースとの声もあるが、一応、日本の音楽賞では権威ある有名ドコロとされる「日本レコード大賞」。昨年度は、AKB48(「願いごとの持ち腐れ」)と乃木坂46(「インフルエンサー」)、そして欅坂46(「風に吹かれても」)の"秋元康プロデュース"3組が賞レースに参加する展開となった。結果、大賞は乃木坂に――AKBに勝利したのである。

    ***

    「このままいけば今年のレコ大は乃木坂と欅坂の対決になるでしょうね。昨年はAKBに比べ、"坂"の勢いがありましたから」
    との見立てを明かすのは、スポーツ紙の芸能記者だ。

    小嶋陽菜(29)や渡辺麻友(23)らが卒業し、新たな"顔"となるメンバー不在のまま新年を迎えたAKBに対し、乃木坂では昨年2月に発売された白石麻衣(25)の写真集「パスポート」が年をまたいで売り上げを伸ばしている。累計にして26万部で、これは"女性ソロ写真集では21世紀最大のヒット"だとか。一方の欅坂も、1万部売れればヒットとされる写真集において、昨年末の長濱ねる(19)の「ここから」が12万部を売っている。

    CD売上でいうならば、AKBの"29枚連続ミリオン"の記録は不動だが、
    「とはいえ、乃木坂は昨年3月に出した『インフルエンサー』でミリオンを初達成して以降、最新シングルまで3連続ミリオンを続けています。欅はセールス面ではまだまだ及びませんが、それでも昨年の『紅白歌合戦』で体調不良騒動を招いた『不協和音』は、この件で認知度がグンと上がったのではないでしょうか。年末には100位以下だったランキングが、年明けには20位まで上昇してます。なによりグループの名前も、あの騒動が知られるきっかけになったでしょう」(同)

    ■そんな坂道の2018年問題
    ……と勢いづく坂道だが、別の記者からはこんな冷静な分析が。

    「乃木坂に関していえば、かねてよりファンの間で囁かれてきた白石の卒業が懸念事項です。写真集のバカ売れが話題になっていますが、逆にいえば個人としてもやっていけることが証明されてしまった。今年中の卒業の可能性がますます高まり、そして白石が抜ければグループの大きな穴になる。仮に卒業した場合、誰がグループの"顔"に代わるかといえば……現状では見つからないですね。例えば齋藤飛鳥(19)は白石とほぼ同じタイミングで写真集を出し、こちらもロングセラーを続けてはいるものの、白石の写真集とは雲泥の差の売り上げ。西野七瀬(23)は放送中のドラマ『電影少女』の主演で注目をされていますけれど、SNS上でドラマの感想をひろうと"あんまり可愛くない"とアイドルとしての評判はイマイチ。そのほか、一昨年に加わった3期生を含め、白石の枠を埋めるほど育ってはいません」

    1人抜けるとグループが危機、というのは欅坂も同じ。こちらの場合は、紅白で体調不良、そして1月13日に右腕負傷で全治1カ月が発表された平手友梨奈(16)が問題だという。

    「そもそも欅は"平手ありき"のグループになっている点がファンの間でも危惧されていました。『不協和音』も彼女の『僕は嫌だ!』の叫びなしでは成立しないし、平手が出られないからこそ、月末からの開催が予定されていた武道館公演が、欅坂からアンダーグループの"ひらがなけやき"こと『けやき坂46』の単独公演に代わってしまったわけです」

    >>2以降に続きます。


    【AKBから覇権奪取も… 「乃木坂」「欅坂」に迫り来る“2つの危機”】の続きを読む

    このページのトップヘ