気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: 話題



    (出典 www.m-on-music.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/07(木) 19:24:37.11 ID:2HCfUG2n9.net

    3月6日に放送されたバラエティー番組『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、漫画家・浦沢直樹氏の娘である浦沢凛花さんが登場し、話題になっている。

    この日の特集は「芸能人に愛される成城学園」と題して、私立の名門である成城学園グループが取り上げられたが、
    番組が幼稚園から成城学園に通っているという女性にインタビューすると、何と父親が人気漫画家の浦沢氏だったことが判明。
    ネット上で《めちゃくちゃ美人じゃん!》《お父さんが人気漫画家って、まさかの浦沢直樹かよ!》
    《これ、間違いなく将来の女子アナ候補ですね》など、凜花さんの美貌に多くの反響が集まった。

    「浦沢直樹作品の中でも特に有名なのが『YAWARA!』、『20世紀少年』ですが、前者は日本テレビ開局55周年記念作品として映画化され、後者は読売テレビでアニメ化されています。
    どちらも日本テレビとのつながりが深いことから、今回、凜花さんが番組に出演するきっかけになったことが想像されます。
    本人は現在、成城学園大学のマスコミ学科に在籍していて、将来はアナウンサーを希望しているそうです。
    2017年には、AbemaTV『渡辺直美の女子高生オーディション』という女子高生ボーカリストを発掘する番組に出演していたこともありますね」(芸能記者)

    このオーディション番組では、透明感のある歌声で3次審査へと進んだ凜花さんだったがが、残念ながらファイナリストにはなれなかったそうだ。

    「中学高校の6年間ダンス部に所属していて、アイドル好きだったことでも知られています。
    愛嬌のある顔立ちは男性ウケも良さそうですし、十分、将来の女子アナ候補として通用するんじゃないでしょうか。
    人気漫画家の娘というのもアドバンテージになると思いますよ。
    浦沢直樹は漫画家には珍しく、メディアの露出が多いことでも知られていて、『タモリ倶楽部』やラジオ番組『純次と直樹』などでも活躍しています。
    将来、親子出演が実現するかもしれませんね」(女子アナウオッチャー)

    早くもキー局数社が凜花さんの内偵を進めているという情報もあるが、今のところ、日本テレビが一歩リードというところか。

    成城大学出身の女子アナといえば、吉田明世、永井美奈子、枡田絵理奈などが挙げられるが、果たして凜花さんが名だたる先輩諸氏に続くことができるのか。今後の動向に注目したい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1721555/
    2019.03.07 18:10 週刊実話


    (出典 i2.wp.com)


    (出典 harikirimaruko.net)


    (出典 i0.wp.com)


    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    【漫画家・浦沢直樹氏の娘さんがテレビに登場「めちゃくちゃ美人」と評判に!】の続きを読む


    「煙草吸って何が悪い?」 女優の喫煙バレが危険なワケ


    NO.7305808 2019/03/04 11:21
    「煙草吸って何が悪い?」 女優の喫煙バレが危険なワケ
    「煙草吸って何が悪い?」 女優の喫煙バレが危険なワケ
    女優・蒼井優の喫煙写真が、3月1日発売の「フライデー」(講談社)に掲載された。

    愛車のポルシェ・カレラを東京・広尾の大通りの赤信号で停車させ、煙草をくわえる蒼井の姿が激写されている。

    蒼井は2015年にも、出演ドラマ『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)の打ち上げにおいて、「ハイペースで煙草を吸っていた」と、一部スポーツ紙に報じられるなど、ヘビースモーカーである様子。

    しかし、「本人が醸し出す気だるげな雰囲気、共演者キラーと言われる魔性っぷりから、世間は蒼井が喫煙者であることに、特に意外性は感じないようです」(芸能ライター)といい、「イメージが崩れた」などのダメージは受けなさそうだ。

    近年、喫煙する姿が週刊誌にキャッチされた女優には、成海璃子と松岡茉優がいる。

    成海は14年、「フライデー」に、当時の交際相手だったモデル・山下翔平と喫煙しながら談笑する写真が掲載され、松岡も16年、同誌に、一人寿司屋に入り電子タバコをくわえる写真を撮られている。

    両者は共に清純派女優のイメージが強かったため、世間をあっと驚かせたものだ。

    ネット上では、「成人した女が煙草を吸って何が悪いの?」という声も少なくないが、ここで思い出されるのが、北川景子のケースだ。

    長年ヘビースモーカーとのうわさがあったが、14年に所属事務所が突如、「以前より北川の喫煙報道がありますが、北川に喫煙の事実はありません」と正式に否定コメントを発表する異例の事態となった。

    「芸能界では、仕事上、喫煙はネガティブにとらえられがちなんです。化粧品を扱うようなスポンサー企業では特に、タレントの喫煙に過剰に反応するケースが多く、ウワサレベルであっても、CM起用を避けられたり、またすでに起用されている場合、事務所にクレームが入ることもあるといいます。そういった広告の仕事に影響が出る可能性を考え、タレントは事務所から、『喫煙は隠して』と指導されるようです。一部の業界関係者の間では、『モデルから転身した女優は、吸わない人の方が珍しい』と言われることもありますが、基本的には本人たちも、外部の人間がいる場所では吸わないなど対策しているそう。榮倉奈々も以前は喫煙者でしたが、イメージを気にして禁煙したと聞きました」(芸能関係者) 

    イメージを売る商売には、一般人にはわからない苦労があるようだ。
    【日時】2019年03月04日 08:00
    【提供】サイゾーウーマン


    【「煙草吸って何が悪い?」 女優の喫煙バレが危険なワケ】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 pathos ★ :2019/03/01(金) 19:21:15.92 ID:tPzWcR9l9.net

     フリーアナウンサーの近藤サト(50)が1日、都内で行われた「朝日新聞 ReライフFESTIVAL 2019」で「『自分らしく生きる』とは?」と題したスペシャルトークを行った。近藤は昨年から白髪染めをやめたため、そのグレーヘアが注目を集めた。この日も冒頭で「近藤サトを生で見たいと多くの方から声があったそうです。どのぐらい白髪か、どうぞ見てください」と訴えた。

    【写真】近藤サトのグレーヘア 横から見ると…

    (出典 i.daily.jp)


     近藤は白髪染めをやめた理由に「40代になっていろいろなアレルギーが出るようになって。白髪染めのシャンプーにもかぶれるようになりました」と肉体的な理由を挙げた。それに加え、最終的に決断を下しのは「女性を捨てる気持ちは1ミリもありませんが、若さを賛美する社会でルーティンとして若作りをしてたけれど、疲れてきた」ためだという。

     その結果として、近藤は「白髪にしてから人生最高のモテ期が来ました。白髪にしたことだけで、私が何を選択したのか、私の行動や生き方が明確に伝わりました」と笑顔を見せた。ただ、「自分は白髪にしましたが、どうぞ、どうぞとはお勧めしないです。私も多くの批判にさらされました。批判は想定内として受け止めましたが…」とクギも刺した。

     近藤はさらに「グレーヘア、白髪をやめるかもしれません。自分の可能性や待っているステージがあるかもしれないですから」と予告。「私が注目を集めたのはアナウンサーだから。白髪のアナウンサーなんて1人もいません。まだ、私のことを遠巻きに見ていますね。(白髪が)近藤サトの変異で終わるのか、もっと出てくるのか」と話していた。

    (出典 i.daily.jp)

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/03/01/0012107573.shtml


    【フリーアナの近藤サト(50) グレーヘアにして「人生最高のモテ期がきた」】の続きを読む


    金銭トラブル、文春砲…“○○王子”ともてはやされた有名人


    NO.7288411 2019/02/24 18:16
    金銭トラブル、文春砲…“○○王子”ともてはやされた有名人
    金銭トラブル、文春砲…“○○王子”ともてはやされた有名人
    “青汁王子”としてテレビなどにも出演していた通信販売会社「メディアハーツ」の三崎優太社長が2月12日、約1億8,000万円を脱税した容疑で東京地検特捜部に逮捕された。

    「三崎容疑者は18歳の時に起業し、2014年に発売した『すっきりフルーツ青汁』が大ヒット。ホスト風のルックスや、SNSで公開している豪遊生活が注目されてバラエティ番組にも進出していたほか、昨年10月には『モーニングCROSS』(TOKYO MX)で報道番組初出演を果たしていました」(芸能ライター) 

    この時、本人もインスタグラムで番組出演を報告しており、トークテーマが「逃税」だったとした上で、「僕は国に少しでも貢献したいって気持ちもあり、以前の決算だけでも13億円以上の法人税を納めました、それでも税制に問題が山積みなので、最近海外への引っ越しを考えてしまいます」などとつづっていた。

    「そんな三崎が脱税で逮捕されたとあって、ネット上には呆れた声が噴出しています。また、今回の事件で初めて三崎を知った人も少なくないようで、『青汁王子って……全体的にダサい』『青汁王子じゃなくて“脱税王子”じゃん』といった書き込みも寄せられています」(同) 

    三崎と同じように“○○王子”と呼ばれ、世間からもてはやされた人物が、のちに“お騒がせ”な騒動を起こしたことはほかにも。

    たとえば、秋篠宮家の長女・眞子さまとのご婚約が延期となっている小室圭さんは、当初“海の王子”の称号で話題になっていたが……。

    「これは小室さんが大学時代、神奈川県藤沢市の観光PRを目的に行われている『湘南江の島海の女王&海の王子コンテスト』に選ばれたことに由来しています。しかし、17年9月の婚約内定会見後、小室さん側に金銭トラブルが報じられたことで、現在も婚約は延期されたまま。小室さんの印象も悪くなってしまいました」(マスコミ関係者) 

    そんな中、昨年の「湘南江の島海の女王&海の王子コンテスト」では王子応募者数が過去最多になったという報道もあったが、ネット上では「小室さん効果でコンテストの認知度は上がったんだろうけど、あまりイメージは良くないような……」「もう“海の王子=小室さん”だし、眞子さまのこともあるから複雑な気持ちになる」との指摘も。

    「小室さんは金銭トラブルについて、今年1月に『解決済みの事柄であると理解』していたという内容の文書を公表したものの、まだまだ騒動は収束していません。それどころか、2月12日発売の『女性自身』(光文社)では小室さんの母・佳代さんの“脱税疑惑”が報じられており、さらに波紋が広がっています」(同) 

    また、06年夏の甲子園大会で“ハンカチ王子”として注目され、現在は北海道日本ハムファイターズに所属する斎藤佑樹投手は、“○○王子”ブームの火付け役と言えるが、16年7月にはネット上で「おねだり王子」と揶揄されることに。

    「『週刊文春』(文藝春秋)が、斎藤選手が出版社社長に“おねだり”し、高級車・ポルシェの提供を受けていたと報じたのです。それ以外にも、財布やバッグ、マンションまで提供されていたと明らかになったため、『さわやかな高校球児時代からの落ちぶれ感がハンパじゃない』『野球よりおねだりの方がうまいのでは……』『高級車が欲しいなら、自分の実力で年俸を上げないと』など、ネット上の野球ファンは相当ガッカリしたようです」(スポーツ紙記者) 

    ネットユーザーの間では「○○王子って呼ばれるの、うさんくさいヤツばっかりなんだな」とも言われているが、メディアもまた“王子”の愛称を乱用しすぎているのもしれない。
    【日時】2019年02月24日 15:00
    【提供】サイゾーウーマン


    【金銭トラブル、文春砲…“○○王子”ともてはやされた有名人】の続きを読む



    (出典 images.moneytalk.tokyo)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/29(火) 16:22:05.53 ID:QaDTwX3d9.net

    光GENJI元メンバーの大沢樹生(49)と喜多嶋舞(46)の長男(22)が、交際していた22歳の女性を暴行した疑いで29日朝、東京都内で逮捕されていたことがわかった。

    大沢は第一子である長男が16歳の時、親子関係不一致を法廷に申し立てて喜多嶋と争ったが、DNA鑑定訴訟後、大沢側が勝訴。

    その後、喜多嶋と海外で生活していた長男だが、昨年、日本に帰国したという。

    その長男が東京で同棲していた22歳の女性を暴行した容疑で逮捕されていた。

    被害者女性Aさんの親族が、長男の暴行の一部始終を本誌に語った。

    「暴行は何度かありました。一番ひどかったのが、1月25日夜でした。食事に行って、二次会で飲んで、Aの家に帰ろうとタクシーに乗った時でした。
    長男が『財布がないじゃないか』とブチ切れはじめたのです。財布はAのカバンに入れているのを知っているくせに、泥酔するとこうなる。
    家のマンションのところで、Aはさっとタクシーを降りて、怖いから、荷物をまとめて今度こそ、逃げようと飛び出した。
    そこを、長男に捕まってマンションの玄関先で髪をひっぱられ、殴られた。
    そして、部屋に連れ込むと、両手の指2本を口に突っ込み、のどを抑えて内側から、首を締めるかっこうで窒息死させようとした。
    なんとか、もがいてAは逃げ出すことに成功。そのまま、実家に戻ってきた。
    すぐに病院に行き診断してもらうと、打撲などあちこちあざだらけ。Aは恐怖で『もうちょっとで殺されるところだった』『一緒だといつか、殺される』と怯えています」

    Aさんと長男が付き合いはじめたのは、1年ちょっと前。
    Aさんはラウンジに勤務しており、その帰りに立ち寄ったバーで長男が客としてきていて、意気投合して親しく、付き合うようになったという。

    「長男はアメリカにいる喜多嶋舞のところから、帰国してまもなくして、Aと知り合った。住むところがないと、Aのマンションに転がり込むとヒモ生活。
    焼肉店のアルバイトには行っているそうですが、十分な稼ぎがなく、Aが面倒を見ているという状況でした。それが、だんだん、暴力がひどくなったのです」(Aさんの親族)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190129-00000039-sasahi-ent
    1/29(火) 15:44配信


    【【週刊朝日】大沢樹生と喜多嶋舞の長男を同棲女性への暴行容疑で逮捕 「首絞めた」親族が語るDVの実態】の続きを読む

    このページのトップヘ