気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: スポーツ


    浅田真央、現役引退後の葛藤告白「暗闇の中にいるような感覚」


    NO.7115872 2018/12/06 18:33
    浅田真央 現役引退後の葛藤告白「暗闇の中にいるような感覚」
    浅田真央 現役引退後の葛藤告白「暗闇の中にいるような感覚」
    プロフィギュアスケーターの浅田真央が雑誌「Numero TOKYO」1・2月合併号に登場。

    誌面のインタビューでは、現役引退後の葛藤、再びリンクに戻ったときの心境などについて語っている。

    2017年4月に選手生活の引退を発表し、同年7、8月に開催されたアイスショーを最後にスケートから離れた生活を送っていた浅田。

    ショー後、2ヶ月間は今後について考え、やりたいことに挑戦してみたが「全然心は満たされなくて、やりたいことが芽生えてこない状態に、どんどん不安になってしまったんです」と葛藤を告白した。

    当時について「ずっと暗闇の中にいるような感覚でした。きっと世の中の同世代の人たちは、人生の中で何度もそういう岐路を迎えて、乗り越えてきていると思うんですが、私はスケートしかしてない人生だったから、立ち止まるのも初めてのこと」と振り返り、「自分は何を目指しているんだろう、何をしたいのかがわからなくなってしまったんです」と明かした。

    ■浅田真央「私にはこれしかない、スケートしかない」と再びリンクへ
    その後、「2カ月で気づいたんです。『私にはこれしかない、スケートしかないんだ』って」と再びリンクに戻ることを決意。
    ..



    【日時】2018年12月06日 09:37
    【ソース】モデルプレス
    【関連掲示板】


    【浅田真央、現役引退後の葛藤告白「暗闇の中にいるような感覚」】の続きを読む



    (出典 www.lmaga.jp)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2018/11/25(日) 17:54:57.06 ID:CAP_USER9.net

    2018.11.25.
     タレントのジミー大西(54)が25日、大阪市内で行われた「第8回大阪マラソン」に参加し、フルマラソンを6時間51分26秒で完走した。
     大汗をぬぐい「途中、2回倒れた。折り返し地点の20キロ付近と、残り2~3キロの辺りで気を失った。タイムギリギリで、入られへんかと思った」と、決死のゴールだったことを振り返った。
    「声援をもらって力になったけど、僕に力がなくて何も返せなかった。悪いことをしたなと思います」と申し訳なさそう。来年の挑戦については「よく考えます」と明言を避けた。
     2025年には国際博覧会(万博)の大阪開催も決まった。画家としての顔も持つが、自身の参加については「僕のはなんちゃってアートなんで、恐れ多い。25年には60歳過ぎる。幕府やったらもう寿命ですよ。定年退職したいです」と江戸時代に例えて笑いを誘った。
    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/11/25/0011850771.shtml


    (出典 www.osaka-marathon.com)


    【【大阪マラソン】ジミー大西 2度倒れ、気絶しながらも大阪マラソン完走…6時間51分】の続きを読む


    元女子プロレスラー長与千種、夫婦喧嘩の仲裁で暴行受ける 「手を出さなかったのは大したもの」と称賛の声


    NO.7077966 2018/11/19 14:41
    元女子プロレスラー長与千種、夫婦喧嘩の仲裁で暴行受ける
    元女子プロレスラー長与千種、夫婦喧嘩の仲裁で暴行受ける
    女子プロレスで人気を博した長与千種さんが、札幌でケンカの仲裁に入った際、暴行を受けていたことがわかった。

    プロレスタッグチーム「クラッシュギャルズ」で人気を博した元女子プロレスラーの長与千種さん。

    長与さんは19日午前3時すぎ、札幌市中央区の立体駐車場で、20代の男が妻に馬乗りになっているのを見つけ仲裁に入ったところ、男に髪をつかまれるなどの暴行を受けた。

    現場にいた長与さんの同僚が警察に通報し、男は暴行の疑いで現行犯逮捕された。

    長与さんは両手小指に軽傷を負ったという。

    長与さんは運営するプロレス団体の試合のため札幌を訪れていた。



    【日時】2018年11月19日 12:28
    【ソース】日テレNEWS24
    【関連掲示板】


    【元女子プロレスラー長与千種、夫婦喧嘩の仲裁で暴行受ける 「手を出さなかったのは大したもの」と称賛の声】の続きを読む


    清原和博、歌舞伎町で職質 パトカーで連行 尿検査の結果は…


    NO.6949507 2018/09/22 16:33
    清原和博、歌舞伎町で職質 パトカーで連行 尿検査の結果は…
    清原和博、歌舞伎町で職質 パトカーで連行 尿検査の結果は…
    酷暑から一転、秋の到来を感じる肌寒さが東京を包んだ9月11日。

    新宿・歌舞伎町では長袖の通行人が目立つなか、半袖Tシャツ姿の坊主頭の大男が警察官と押し問答を繰り広げていた。

    元プロ野球選手の清原和博氏(51)だ。

    「現場は緊迫した空気が流れていました。職務質問を受けていたようで、清原は必死に“使ってない!”とまくしたてていましたが、パトカーに乗せられ、連れていかれました」(目撃者)

    2016年2月に覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕され、同年5月に懲役2年6か月、執行猶予4年の有罪判決が下された。

    あれから2年、清原氏は7月に自叙伝『告白』を出版し、8月にはテレビ番組で盟友・佐々木主浩氏(50)とのキャッチボール姿を公開。

    夏の甲子園の決勝戦にも足を運んだ。

    しかし、日常生活ではいまだ“後遺症”に悩まされているという。

    清原氏に近い関係者が語る。

    「薬物依存症の治療は今も続いており、1日4回の服薬と2週間に1度の通院治療をしています。もともと清原さんは重度の糖尿病で、こちらの治療も負担になっている。いまも支援者の助けがなければ日常生活すら満足に送れない状況です」

    独占手記を寄せた『文藝春秋』(2018年9月号)でも、〈何も考えられず、表に出る気にもならず、頭に浮かぶのはただ「死ぬこと」……。(中略)今はスマートフォンでいろんなものを検索できますから、死に方を探してみたり、飛び降り自殺した人の写真を見たり、そういうことを自然としてしまうんです〉と悲痛な近況を明かしている。

    そんな清原氏に歌舞伎町で何が起こったのか。

    11日の様子を知る前出の関係者が語る。

    「この日は通院治療の帰りで馴染みの飲食店に向かうため歌舞伎町を訪れていました。食事を済ませ、店の外に出たところ、いきなり警察官が声をかけてきた。半袖だった清原さんの腕には複数の青黒い注射痕が見えたため、疑われたのかもしれません。清原さんは“糖尿病のインシュリン注射の痕だ”と何度も説明していました。連れていかれた新宿署では取り調べに加え、尿検査まで行なわれたそうです」

    しかし、薬物は検出されず清原氏は濡れ衣を着せられた形に。

    「警察からはすぐに解放されましたが、清原さんは“必死に更生しようとしても信じてもらえない”と激しく落ち込んだ様子でした」(同前)

    この日の出来事について警視庁は「お答えできない」(広報課)と答えるのみ。

    傷だらけの大打者に向けられる視線が変わるまでには、まだ時間がかかるのだろうか。

    ネットの反応
    ・警察に監視され続けてるようだな
    ・そら野球界に戻れませんわ
    ・まあしゃあない面はある
    ・なんなんこのクズ
     >薬物検出もされてないのに何言ってんだ?
     >職質されてる時点でおかしな行動してんだろ。まあこいつの場合怪しまれても自業自得だけどなw
    ・歌舞伎ウロウロしてる時点で意識低すぎ
    ・なんで歌舞伎町にいるんだよアホか 入院して治療しろよ
    ・何もないなら報道すんなや
    ・職質って拒否できないんだよね?
     >まー任意同行なんて任意じゃないからねw
     >前科ある人間は任意じゃないはずだからね
    ・「使ってない」って言い方が経験者っぽくて凄くいいw
    ・日常生活すら満足に送れない人間が歌舞伎町に居るんですか
    ・歌舞伎町のバッティングセンターで練習してた、てっことにしとけw
    ・警察ってあんまりこういう風に身柄引いたりしないんだけど、何かトラブルがあったのかな
    ・清原に気づいた誰かが面白半分に通報したりしたんじゃね
    ・メンタル弱そうだからこの一件でストレス抱えてまた手を出しそう
    ・警察も点数稼ぎに必死だな
    ・どっちも打ってるから清原は神
     >どっちも打ってるから清原は神
    ・やってなくて良かったじゃないかそういった積み重ねから信用って出来ていくんだから再犯せず頑張れよ
    ・薬中は数年に1回の検査を義務にしたらいいと思う
    ・収入源を与えてしまった文藝春秋も同罪よ
    ・「まだ印税入ってないんや!」
    ・こんなもん事実上誤認逮捕だろ
    ・さすがに清原は歌舞伎町でヤクなんてやれんやろw目立ちすぎるw
    ・ねぇ、マスター作ってやってよ涙忘れるカクテル(意味深)
    【日時】2018年09月21日
    【提供】gossip!


    【清原和博、歌舞伎町で職質 パトカーで連行 尿検査の結果は…】の続きを読む



    (出典 i.pinimg.com)



    1 豆次郎 ★ :2018/09/01(土) 06:23:29.87 ID:CAP_USER9.net

    9/1(土) 6:00配信
    ボクシング山根明前会長、芸能界に殴り込み? 関係者から「オファーがきている」

     日本ボクシング連盟前会長の山根明氏(78)が、8日放送の関西テレビ『胸いっぱいサミット!』(毎週土曜 正午 ※関西ローカル)にゲスト出演することがわかった。先月30日にカンテレ本社で行われた番組収録に緊急参戦した山根氏は、ハイヒール・リンゴやデヴィ夫人ら出演者から“総口撃”を受けつつも、変わらぬ山根節をさく裂させた。


     今までの風貌とはうってかわり、オシャレなダークスーツで登場した山根氏は静かに一礼。リンゴから「テレビのスタジオ初登場ということですが、数あるオファーがある中、なぜこの番組に?」と聞かれると、「妹が昔、芸能界におりまして…。(胸いっぱいが)おもしろい、質が良いというので」と出演にいたった経緯を説明した。

     また「デヴィ夫人の大ファンです!」と語気を強め、その理由を語りだす山根氏。ラブコールを受けたデヴィ夫人自身も、実は先月25日の放送で「再婚するなら、山根さん!」と公言していたことから、同じ78歳同士で息もぴったりな2人の姿にスタジオからは「お似合い! オーラがすごい!」との声が上がった。

     山根氏は、関西人300人に調査した『男・山根の名言? 迷言? ランキング』のコーナーに出演。「12時過ぎでもおはようございます」や「カリスマ山根」など、強烈な印象を残した山根氏の発言を“関西人の興味深さ”を基準にランキング形式で紹介していったが、辞任会見での発言については「アドリブです」とぶっちゃけ。ボクシング関係者が山根氏をもてなすために用意したとされる“おもてなしリスト”の存在について山根氏は「要求したこともないし、見たこともない」と反論を行っていく。

     フルーツやお酒などがズラッと並んだ、モニターの“おもてなし写真”を見ながら、山根氏は「私は、バナナは食べません。遠征の際は、家内がカンロ飴とチョコレートを持たせてくれるので、必要ない」とうわさを一蹴。辞任を決意した理由や好きな歌手、映画『ゴッドファーザー』などの矢継ぎ早に質問を受けるも、しっかりと笑いを誘う山根氏のコメント力に、リンゴも「吉本興業とかいかがですか!?」とオファー。すると「実はあるところからオファーが来ていて」と芸能事務所関係者から接触を受けていることを明かす。

     最後には、ボクシングの世界から“完全撤退”した山根氏が、秘めたある思いと共に「これからの人生は…」と気になる今後についても言及。一躍、時の人となった「男・山根明」の本音がさく裂する内容となっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00000359-oric-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【ボクシング】山根明前会長、芸能界に殴り込み? 関係者から「オファーがきている」】の続きを読む

    このページのトップヘ