気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: バラエティ



    (出典 nordot-res.cloudinary.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/16(土) 11:24:13.86 ID:EWjmHvC+9.net

    昨年“やらせ騒動”に揺れた日本テレビ系の看板バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜午後7時58分)に、再び困った事態が起きている。
    レギュラー出演中のデヴィ夫人(79)のヤル気が日増しに高まり、過酷なロケを熱望。
    同番組の新年会では、イモトアヤコ(33)が出演するロケを自分に譲るよう交渉しようとしたという。
    夫人の年齢を考えれば万が一の事態も起こりかねないだけに、スタッフも頭を抱えるばかりだという。

    昨年の年間視聴率で全日(午前6時~午前0時)、プライム(午後7時~午後11時)、ゴールデン(午後7時~午後10時)を制し、
    5年連続の3冠を達成した日テレ。今年も勢いは衰えず、1月の月間視聴率でも3冠を獲得した。
    その原動力となったのは、同局の看板バラエティー「世界の果てまでイッテQ!」だ。

    とはいえ、同番組は昨年11月に、人気コーナー「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」でヤラセ疑惑が浮上(同局は否定)し、このコーナーを休止した。
    番組の存続自体が危ぶまれたが、現在も放送中だ。

    それでも1月第4週(27日)の放送で「その他娯楽番組」部門トップの視聴率となる20・5%をマーク(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。相変わらずのドル箱ぶりを見せている。

    「やらせ疑惑が報じられてから、出演者たちのモチベーションはむしろ上がっている。5日に行われた今年のイッテQの新年会でも『より面白い番組にしよう』と盛り上がっていた」(関係者)

    そんな出演者の中で、がぜんヤル気になっているのが、不定期レギュラーのデヴィ夫人だという。

    6日に行われた自伝の出版イベントで夫人は、真剣な表情で「今、イモトアヤコさんがライバル」と告白。
    「私がしたいこと、私が行きたいところをイモトさんが全部やっちゃっているから」と、同番組で世界中で過酷なロケをこなすイモトに対抗心を燃やした。

    「実は今年の新年会で、デヴィ夫人はイモトに面と向かって、“海外ロケを少し譲って”と言おうとしていたんです。
    でも同じ会場にいたにもかかわらず、イモトを探し出せなかったようで。
    実はこの時、イモトはトレードマークの“太眉メーク”をしておらず、収録でしか会ったことのないデヴィ夫人は、本人を見ても分からなかったとか(笑い)」(関係者)

    ただ、デヴィ夫人がいくら体を張ったロケもそつなくこなすといっても、イモトのコーナーはやはり難しい。あまりに過酷すぎて年齢的にも危険性が高まるだけに、制作サイドも慎重にならざるを得ないという。

    「本人が『大丈夫』と言っても万が一が起きてしまったら抗議が殺到するでしょうし、やらせ疑惑どころの騒ぎじゃありません。
    今のご時世、収録中のケガなど、出演者の安全に局サイドは非常にナーバスになっている。たとえ元気でも、79歳の女性に無理をさせることはできませんよ」(日テレ関係者)

    それでもデヴィ夫人の情熱は衰え知らず。1月6日に放送された同番組の米国・ロサンゼルスロケで、出川哲朗らと体を張ったバブルボールに挑戦したが、そのシーンが丸々カットされてしまい激高。
    男性ディレクターにおかんむりで「アナタとはもう絶対にやりません!」などと怒りをあらわにしたことも、番組で明かされた。

    やらせ疑惑が降りかかった番組に、少しでも貢献したいとの熱い気持ちは分かるだけに、現場も悩ましい限りだ。

    https://news.nifty.com/article/entame/12275/12275-193050
    2019年02月16日 11時00分 東スポWeb


    (出典 news.walkerplus.com)


    【デヴィ夫人79歳が「イッテQ!」スタッフ悩ます「イモトさんの仕事したい」】の続きを読む



    (出典 articleimage.nicoblomaga.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/14(木) 12:29:18.16 ID:TGM/GL3A9.net

    毎週高視聴率を記録している『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)だが、ここのところ「なぜ好感度が低いの嫌われタレントばかり起用するの?」という疑問が相次いでいるという。

    2月7日放送回では、『NGT48』山口真帆への襲撃事件がいまだに解決されていない中で、同グループの荻野由佳が出演。荻野は山口と確執があるとウワサされており、
    「平気な顔してテレビに出てんじゃねーよ!」「いじめっ子を当たり前のようにテレビに出すその神経、ヤバ過ぎ」などと批判が相次いだ。

    過去にも同番組では、炎上発言が話題になっていた『NGT48』中井りかが出演。生活保護の不正受給問題で、現在も嫌われ者である『次長課長』河本準一に至っては、準レギュラーのように出演しまくっている。

    田中義剛も“商品パクリ疑惑”などから北海道民からかなり嫌われているにもかかわらず、河本のように準レギュラー並みに出演。
    田中は青森県民代表として出演しているわけだが、ネット上では「こいつが青森県代表として出るのが嫌です。話を盛り過ぎてムカつく」
    「青森県民や北海道民からの田中義剛の嫌われっぷりは異常」「青森の裏切り者、田中義剛がまたデカい顔してる」と、出演するたびに罵声が飛び交う。

    コストカット重視で好感度は二の次

    「そもそも番組のMCが、セクハラ疑惑のみのもんたと、嫌われ女性タレントの代表格・久本雅美ですからね。
    他の番組に比べてこの番組の視聴者は、好感度を気にしない人が大半なのだと思います。
    そのため、ゲストに嫌われ者が出ることをスタッフが気にせず、こんなキャスティングになっているんですよ」(芸能記者)

    しかし、なぜ狙ったように好感度が低いタレントばかり集まるのだろうか。

    「人気のないタレントは、他の番組に呼ばれていない分、安価で仕事を請け負ってくれます。
    『ケンミンSHOW』は大勢のタレントを呼ぶ番組ですから、1人1人のコストを抑える必要があるため、そのような嫌われ者を多く呼んでいるのではないでしょうか」(同・記者)

    嫌われ者にとっては、ありがたい存在である『ケンミンSHOW』。この先のキャスティングもある意味注目だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1691795/
    2019.02.14 10:30 まいじつ

    ?


    【テレビの闇?なぜ『ケンミンSHOW』は“好感度低めのタレント”ばかり出るのか】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/05(火) 16:33:15.19 ID:PawBwNrU9.net


    2月3日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)でのスタッフの行動に、視聴者から非難の声が殺到している。

    この日の番組は人気企画『イモトワールドツアー』を放送し、イモトアヤコが中国・ハルビンへ。1月の平均気温がマイナス19℃という極寒の同市で、名物イベントという寒中水泳に挑むこととなった。

    本人は「やりたくない」と露骨に嫌がっていたが、出演中のドラマ『家売るオンナの逆襲』(同系)の番宣ができると聞き、渋々ながらもこれを受け入れることに。
    「1メートル泳ぐごとに1秒の告知タイム獲得」というルールのもと、早速スクール水着に着替えていく。

    しかし、プールは屋外のため、イモトは入水前から「寒い!」「ヤダぁぁぁ!」と大絶叫。
    飛び込み後もプール脇のはしごへ一直線に向かい、記録は6メートルに終わってしまった。

    “リアクション”を撮りたい名ばかりの告知
    プールから上がったイモトは現場スタッフに抱えられ、上着をかけられながら暖かい小屋へ。すると、番組スタッフがすぐさま駆け寄り、「イモトさん6秒! はいスタート!」と告知タイムの開始を急に宣言した。

    イモトは寒さのため咳き込むばかりで、一言もしゃべらないまま告知は終了。その後、“泣きの1回”で計12秒の告知タイムを得たが、2回目もプールから上がってすぐにスタッフが駆け寄ってきた。

    当然、2回目の告知タイムでも悶えるばかりで、まともな言葉をほぼ発せなかったイモト。すると、ツイッターには、

    《スタッフがイモトに塩対応過ぎて見てて不快になる》
    《それを笑って撮ってるのももはや怖い》
    《イモトいじめの度が過ぎてて胸クソ》
    《嫌がらせに近いわ》
    《これが面白いと思ってるの? ショーアップしたイジメみたいですごく不快》
    《イモトかわいそ過ぎるだろ…》

    など、スタッフの対応に苦言を呈するツイートが続出した。

    同番組はヤラセ騒動後も高視聴率を維持しているが、このまま“信頼の回復”をホッタラカシにして続ける意向のようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1680230/
    2019.02.05 11:00 まいじつ


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【イモトアヤコに『イッテQ!』スタッフのイジメ?「度がすぎる」「すごく不快」】の続きを読む



    (出典 buzz-netnews.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/03(日) 02:21:53.57 ID:cVgYgsDp9.net

    『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)が2019年春より深夜枠で、レギュラー番組として復活することがわかった。
    同番組は「しくじってしまった」著名人ゲストから授業形式で、しくじり回避法を学ぶバラエティ番組である。
    2014年10月に深夜番組としてスタートし、半年後の2015年4月にゴールデンタイムへ昇格するも、2017年9月に終了している。
    この終わり方が唐突であったため、一部では打ち切り説もささやかれていた。実際のところはどうであったのか。

    「確かに『しくじり先生』は人気があるにも関わらず、終わってしまった番組ですね。
    準レギュラー的に出演していたオリエンタルラジオの中田敦彦が、ダウンタウンの松本人志を批判したといわれた騒動の余波ともいわれていますが、
    実際のところは、番組の内容自体がヘヴィーなためにオファーしても断られる人が多くなったことと、
    リサーチや台本作りに時間がかかるため、番組制作体制が追いつかなかったのが実情のようです」(業界関係者)

    確かにレギュラー放送終了後も、3度にわたる単発特番が放送されている。
    特に2018年12月に放送された、南海キャンディーズの知られざる不仲の歴史は「神回」と話題になった。
    晴れてレギュラー復活となる番組にはどういった出演者が予想されるだろうか。

    「やはり『ゲス不倫』騒動で芸能界を追放されかけたベッキーが本命ですね。相手のゲスの極み乙女。
    の川谷絵音も『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演するなど、バラエティ番組を解禁していますから、出演の可能性はあるでしょう。
    ベタなところでは、睡眠薬などを飲んで自損事故を起こし、ごみ収集車に追突事故を起こして芸能活動を謹慎したインパルスの堤下敦も考えられます。
    さらに、マニアックなところではタレント活動開始を宣言している、日本ボクシング連盟の山根明元会長などもいます。
    深夜枠ですから、これまでにないテーマや人選もできるのではないでしょうか」(前出・同)

    ネット上では「この番組好きだったから復活は嬉しい」「深夜くらいのノリがちょうどいい番組だと思う」といった声が聞かれる。
    番組復活に対する期待は大きいといえそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1676618/
    2019.02.02 12:30 リアルライブ


    (出典 kyun2-girls.com)


    【「しくじり先生」復活! ゴールデン進出後、唐突に終了していた事情とは】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/01(金) 07:26:03.83 ID:nVsj0+xu9.net

    今年の放送より『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気企画「ゴチになります」に、女優の土屋太鳳とお笑いコンビ『千鳥』のノブが加わった。

    1年を通して“クビレース”を戦う企画なのだが、今回の新レギュラー加入は『ナインティナイン』矢部浩之の永久追放を意味していたらしい。

    矢部は同企画で負け越して“クビ”になっており、現在はレギュラー番組である『ぐるナイ』の「ゴチ」にVTR出演する程度にとどまっている。
    昨年12月には復帰を目指して企画に挑戦したが失敗。これにより、今年もVTR出演だけとなることが予想される。

    そんな中、後輩のノブが新レギュラーに決まってしまったのだ。

    「矢部がいない間の『ゴチ』は“ツッコミ不在”の状況になり、岡村隆史が空回りしているシーンが多く見受けられました。
    それでも新たなツッコミ役を入れてこなかったのは、矢部が復帰するための枠を開けておく必要があったから。
    しかし今回、ノブという気鋭のツッコミ芸人を入れ、矢部の枠を埋めてしまったのです」(芸能記者)

    冴え渡るツッコミが視聴者に大好評
    ノブの新規加入は番組ファンから大好評で、

    《新メンバーでノブ入れたの大正解だなぁ。落ち着いたトーンのツッコミがあると見やすいね》
    《ゴチ、ノブがツッコミまくってておもろい》
    《ノブのツッコミが安定してて楽しい》
    《ノブがいるから自然とツッコミが出るし今シーズンのゴチはすごく面白いかもしれない》

    などといった声が続出。“矢部待望論”など、まるでなくなってしまった。

    「ノブのツッコミはボケが面白くなくても笑いに持っていけるほど冴えており、平凡なツッコミしかできない矢部とは実力の差が歴然。
    もはや『ゴチ』に矢部が入る隙はなく、復帰してもノブに公開処刑されるだけですね。
    スタッフも2人の実力差は分かっていたはずですから、番組が矢部は“永久にいらない”と判断したのでしょう」(同・記者)

    後輩に引導を渡される形となった矢部。この先もどんどん仕事が奪われていくかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1674312/
    2019.01.31 17:30 まいじつ


    【ナイナイ矢部「永久追放」確定?『ゴチ』に復帰ナシとなった裏事情】の続きを読む

    このページのトップヘ