気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: 映画



    (出典 78.media.tumblr.com)



    1 湛然 ★ :2018/06/22(金) 05:08:02.15 ID:CAP_USER9.net

    2018-06-22 05:00
    『銀魂2』三浦春馬&窪田正孝が参戦 キャラクタービジュアル公開

     俳優の三浦春馬、窪田正孝が、空知英秋氏の人気漫画を実写化した映画『銀魂』の続編『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日公開)に出演していることが21日、わかった。真選組参謀として政治面で活躍する一方、剣の腕も一流という才人・伊東鴨太郎を三浦、音楽プロデューサーという表の顔を持ちながらも、武装集団・鬼兵隊に所属する裏の顔を併せ持つ河上万斉を窪田が演じ、共に福田雄一監督作品に初参加。完成度の高いキャラクタービジュアルが披露された。

     続編では、原作ファンからも人気の高い「真選組動乱篇」「将軍接待篇」の2つを合体したストーリーが展開する。キャストは主人公・銀時を演じる小栗旬を筆頭に菅田将暉(志村新八役)、橋本環奈(神楽役)、中村勘九郎(近藤勲役)、柳楽優弥(土方十四郎役)、吉沢亮(沖田総悟役)、長澤まさみ(新八の姉・妙役)、岡田将生(桂小五郎役)、ムロツヨシ(平賀源外役)、佐藤二朗(役柄不明)、堂本剛(高杉晋助役)が引き続き出演。新キャストとして、銀時ら万事屋の大家・お登勢役でキムラ緑子が発表されていた。

     三浦演じる伊東は、局長の近藤や局員からの信頼が厚い一方、副局長の土方とはそりが合わない犬猿の仲。そして真選組史上最大の事件を巻き起こす影のある役柄だ。独特な所作も事前に原作やアニメを参考に研究を重ねたといい、「メガネを触れるタイミングや、触れ方そのものにも注意した」と語っている。体幹を鍛えるトレーニングを積むなど入念な準備を重ねて撮影に挑み、殺陣などアクションにも挑戦した。

     窪田演じる河上は、ヘッドホンにサングラス、ロングコートを着こなし、背中には三味線を背負うという独特なスタイル。小栗とのアクションシーンが多く、「これまでにもアクションは多くやってきましたが、『銀魂』の殺陣は独特で“間合い”などをつかむのが難しかった。(銀時役の)小栗さんは身長も高く、手も長いのでリーチやエリアがとても広い。そこにも苦戦しましたが、演じるにつれて銀時と万斉の“気持ちがぶつかっていく”ことにつながったと感じています」と振り返っている。また、鬼兵隊の頭領である高杉役の堂本とは初共演になり、「高杉というキャラクターを演じる上でのオーラを感じ、刺激的でした。もっと長い撮影でご一緒してご飯を食べにいく仲になりたかったです(笑)」と印象を明かした。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    『銀魂2 掟は破るためにこそある』に出演する(左から)三浦春馬、窪田正孝 (C)空知英秋/集英社(C)2018 映画「銀魂2」製作委員会

    (出典 contents.oricon.co.jp)

    https://www.oricon.co.jp/news/2114106/full/


    【【映画】『銀魂2』三浦春馬&窪田正孝が参戦 キャラクタービジュアル公開】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 ひかり ★ :2018/06/19(火) 00:02:20.57 ID:CAP_USER9.net

    8月に行われる舞台「FREE TIME, SHOW TIME『君の輝く夜に』」で主演を務める稲垣吾郎(44)。11月に行われる舞台『NO.9‐不滅の旋律‐』や、来年公開の映画『半世界』でも主演に抜擢。
    役者として引っ張りだこ状態だ。

    「実は稲垣さん、来年公開の映画『ばるぼら』にも出演するんです。共演は二階堂ふみさん(23)。すでに撮影も始まっていて、6月末にクランクアップ予定です」(映画関係者)

    『ばるぼら』は、故・手塚治虫さん(享年60)が昭和48年に発表した作品。監督は手塚さんの息子で映画監督の手塚眞氏(56)が務めるという。

    「稲垣さん演じる主人公・美倉洋介は天才小説家として地位と名声を得ているものの、“異常性欲者”であることに悩んでいるという非常に変わった役柄。原作ではマネキンや犬と関係を持つシーンも
    描かれています」(前出・映画関係者)

    そんな『ばるぼら』の撮影現場では、稲垣の“変身ぶり”が話題となっていた。

    「昔の稲垣さんは出番が終わると車に戻るなど、いつも1人。マネージャーも付き添っていて、どこか近寄りがたい印象でした。でも今は違います。現場ではマネージャーをつけていませんし、
    撮影の合間も車に戻らずみんなと楽しそうに談笑。いつも現場をウロウロしていますよ(笑)」(前出・映画関係者)

    昨年9月の再始動から8カ月。そうした変化が、さらなる仕事のオファーを呼び込んでいるようだ。

    「『ばるぼら』の現場は外国人スタッフがいて、いろんな国の言葉が飛び交っています。稲垣さんは『時代は変わったね』とつぶやいていましたが、彼もいい意味で変わった。みんな『また仕事したい』と
    言っていますよ」(前出・映画関係者)

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180619-00010000-jisin-ent


    【稲垣吾郎 手塚治虫原作、来年公開の映画で主演!俳優オファー殺到にあった変化】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 湛然 ★ :2018/06/11(月) 05:06:58.52 ID:CAP_USER9.net

    2018年06月11日
    堂本剛:実写版「銀魂」続編で高杉晋助役続投「今回も三味線を弾くシーンあります」

     俳優の小栗旬さん主演の実写映画「銀魂(ぎんたま)」(福田雄一監督)の続編「銀魂パート2(仮)」に、前作に引き続き「KinKi Kids」の堂本剛さんが出演することが11日、明らかになった。堂本さんは前作と同様、武闘派集団の“絶対的頭領”高杉晋助を演じる。右手でキセルを持ち、クールな表情を見せるビジュアルも公開された。

     高杉晋助は、小栗さん演じる主人公の坂田銀時のかつての仲間で最大のライバルの一人。妖艶な魅力と実力を兼ね備えた攘夷過激派武装集団「鬼兵隊」の頭領で、“最も危険な男”と称される。剣術の達人でもあり、前作では、銀時との壮絶な激闘、アクションシーンを披露した。

     「銀魂」は、マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2004年から連載されている空知英秋さんの人気マンガ。天人(あまんと)と呼ばれる異星人に占領された江戸時代を舞台に、なんでも屋を営む侍・銀時らが難題を解決する姿を描くSF時代劇コメディーで、テレビアニメも放送され、劇場版アニメも公開された。実写版続編は、坂田銀時役の小栗さん、志村新八役の菅田将暉さん、神楽役の橋本環奈さん、志村妙役の長澤まさみさん、桂小太郎役の岡田将生さんらの続投が決定している。

     ◇高杉晋助役の堂本剛さんのコメント

     今回、久しぶりの高杉役でしたが、特別な違和感もなく役に入ることができました。撮影中は監督から、感情が入り過ぎないようにと話もあり、僕自身、高杉はいろいろなことから距離をとって演じた方がいいと思っていたので、あまりしたたかに演じてしまわないように撮影中は常に意識し演じました。
    「銀魂」のような作品で、第一線でお芝居をされている方とご一緒できることはとてもうれしいです。前作に引き続き、今回も三味線を弾くシーンもあります。皆さんにはこのシーンも含めて、続編を楽しんでいただけたらうれしいです。


    映画「銀魂パート2(仮)」で高杉晋助を演じるKinKi Kidsの堂本剛さん(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2(仮)」製作委員会

    (出典 storage.mantan-web.jp)

    https://mantan-web.jp/article/20180610dog00m200029000c.html


    【【映画】堂本剛:実写版「銀魂」続編で高杉晋助役続投「今回も三味線を弾くシーンあります」】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/05(火) 05:08:04.80 ID:CAP_USER9.net

    映画「響-HIBIKI-」小説家・山本春平役は小栗旬、平手友梨奈演じる響と共演
    2018年6月5日 5:00 コミックナタリー
    https://natalie.mu/comic/news/285237

    手前から平手友梨奈演じる鮎喰響、小栗旬演じる山本春平。

    (出典 cdnx.natalie.mu)


    「響 ~小説家になる方法~」1巻

    (出典 cdnx.natalie.mu)


    上段左から北川景子、平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン。下段左から黒田大輔、小松和重、高嶋政伸、柳楽優弥、野間口徹、板垣瑞生

    (出典 cdnx.natalie.mu)


    柳本光晴原作による実写映画「響-HIBIKI-」の新たな出演者が発表。山本春平役を小栗旬が演じる。

    山本は経済的に苦しい生活を強いられながらも、芥川賞を目指す小説家。小栗は「演じた山本は個人的に背負っている思いが沢山あり、相当の情熱を捧げて小説を書いている人なので、それが崩れてしまったら、辛く悲しい人というイメージでした」と自身の役どころを述べながら、主人公・鮎喰響役を演じる平手友梨奈(欅坂46)について「色々なものを背負いながら頑張っている方だと思うので、それが響という役にマッチして、肝の据わっている10代だなと思いました」と語った。

    山本春平と鮎喰響。

    山本春平と鮎喰響。
    また6月1日にクランクアップした同作。平手は「クランクイン前は、初めての映画ということで、『無事に終われるか』という不安もありました。でも、共演者やスタッフの方が“鮎喰響”として接してくれたこともあり、お芝居をしているという感覚があまりなく、普通でいられました」と心境を語りながら、「この作品を観て、どう感じるかは人それぞれになると思いますが、小学生から大人まで多くの方に楽しんでいただける作品になったと思います」と自信を覗かせた。

    映画「響-HIBIKI-」はビッグコミックスペリオール(小学館)にて連載されている「響 ~小説家になる方法~」を原作とした物語。映画は9月14日に公開され

    ◆小栗旬コメント

    演じた山本は個人的に背負っている思いが沢山あり、相当の情熱を捧げて小説を書いている人なので、それが崩れてしまったら、辛く悲しい人というイメージでした。この作品は、自分たちも生きながら感じている「本当はこうしたいのに、こうしてはいけないよな」ということに関して背中を押してくれると思います。今回初めて共演した平手さんは、響という役柄があると思いますが、思っていたよりも、すごく“普通”な感じがしました。色々なものを背負いながら頑張っている方だと思うので、それが響という役にマッチして、肝の据わっている10代だなと思いました。また、月川組の雰囲気は『君の膵臓をたべたい』の時とあまり変わらず、皆が監督のために何かしようとか、監督を盛り上げようというムードが漂っていて素敵な現場だと思いました。

    ◆平手友梨奈コメント

    クランクイン前は、初めての映画ということで、「無事に終われるか」という不安もありました。でも、共演者やスタッフの方が“鮎喰響”として接してくれたこともあり、お芝居をしているという感覚があまりなく、普通でいられました。響という役の性格や行動に共感する部分はありましたが、演じる上では、身長を小さくしたかったです。誰に聞いても無理だと言われてしまいましたが(笑)小栗さんは撮影の合間に気さくにはなしかけてくださるなど、とても優しい方でした。山本という役を自然体で演じていらっしゃるように感じました。月川監督には、響のセリフについてなど相談することもありました。撮影以外の時間では子供のような一面もお持ちでした(笑)この作品を観て、どう感じるかは人それぞれになると思いますが、小学生から大人まで多くの方に楽しんでいただける作品になったと思います。


    【【映画】「響-HIBIKI-」小説家・山本春平役は小栗旬、平手友梨奈演じる響と共演】の続きを読む



    (出典 stardust.co.jp)



    1 muffin ★ :2018/06/04(月) 13:54:44.93 ID:CAP_USER9.net

    https://natalie.mu/eiga/news/285099

    志駕晃による小説「スマホを落としただけなのに」が実写映画化されることがわかった。

    本作は彼氏がスマートフォンを落としたことをきっかけに、身に覚えがないクレジットカードの請求やSNSのなりすましなど、思いもよらない騒動に巻き込まれていく派遣社員・稲葉麻美の姿を描くミステリー。
    麻美に予想外の出来事が起きるのと時を同じくして、人里離れた山の中で次々と若い女性の遺体が見つかり、連続殺人事件として捜査が始まる。

    麻美を演じるのは「パンク侍、斬られて候」「響-HIBIKI-」の公開も控える北川景子。
    オファーがあったときのことを「恋人がスマホを落としたことから、自分自身の過去、個人情報、SNSのアカウント情報、写真などが次々と流出し、人生が変わってしまう不運な主人公を絶対に演じたいと思いました」と振り返り、「本当の人と人の絆や愛は、スマホを通じてではなく、心で通じ合うものだというのが、この作品のテーマだと思っています」と述べている。

    また「リング」シリーズや「ホワイトリリー」で知られる中田秀夫が監督を務める。
    中田は「『出口なしの現代の迷宮』にあっという間に引きずり込まれていくヒロインたちに、思いきり感情移入しながら観てもらえる作品に仕上げたいと思います」とコメントした。脚本は「去年の冬、きみと別れ」の大石哲也が手がける。

    映画「スマホを落としただけなのに」の撮影は6月1日にスタートしており、7月5日にクランクアップ予定。11月2日に公開される。


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    【【映画】北川景子主演、志駕晃のミステリー小説「スマホを落としただけなのに」映画化、監督は中田秀夫】の続きを読む

    このページのトップヘ