気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: 映画


    Hey!Say!JUMP山田涼介『鋼の錬金術師』にブーイングの嵐で酷評レビュー相次ぐ - デイリーニュースオンライン
    11月15日、Hey!Say!JUMP山田涼介(24)主演の映画『鋼の錬金術師』(以下『ハガレン』)のジャパンプレミアが、東京・TOKYO DOME CITY HALLで行われた。主演の山田はもちろん、キャストの本田翼、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子らが勢ぞろいし、会場に華を添えていた。
    (出典:デイリーニュースオンライン)



    (出典 auctions.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/11/18(土) 08:01:12.03 ID:CAP_USER9.net

    11月15日、Hey!Say!JUMP山田涼介(24)主演の映画『鋼の錬金術師』(以下『ハガレン』)のジャパンプレミアが、東京・TOKYO DOME CITY HALLで行われた。
    主演の山田はもちろん、キャストの本田翼、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子らが勢ぞろいし、会場に華を添えていた。

    同作は、2001年~10年まで「月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載されていた同名マンガを原作とした映画。
    単行本は全27巻発売されており、累計発行部数は6,100万部を記録する大ヒット作だ。国内のみならず、
    海外にも熱狂的なファンを抱えている作品とあって、『ハガレン』の実写映画化が発表された際には、さまざまな反応が上がっていた。

    そんな中行われたジャパンプレミアだったが、終了後には参加したファンがネット上に“酷評レビュー”を続々と投稿。
    「『鋼の錬金術師』ジャパンプレミア行ってきました。見終わったあと号泣でした、クソ映画すぎて」「舞台あいさつはとても楽しかった。
    でも映画の内容が……原作ファンは見ないほうが吉です」「キャラクターの性格・設定を改悪してて胸クソ悪かったです。
    二度と見たくありません」という厳しい感想が多い。

    実写映画化が発表されてからというもの、『ハガレン』の原作ファンからは反発の声が多く上がっていたが、入場者特典が原作者の荒川弘氏による
    「描き下ろし特別編コミックス」だと発表されると、さらなる炎上が。
    実写映画に反対していた原作ファンも、「描き下ろし特別編コミックスを手に入れたい」という人は多い。
    しかし、コミックスを手に入れるためには映画を見なくてはならない……といったループが生まれてしまい、
    「このやり方は、原作ファンへの嫌がらせ」「映画を見たくないのに見なきゃ特典がもらえないとか、最悪だ」と、ブーイングの嵐となっていたのだ。

    そんなことも影響したのか、10月31日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)では、『ハガレン』の映画前売りチケットの売れ行きが芳しくないと報道されていた。
    同誌によると、生田斗真主演の映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』、
    嵐・二宮和也主演の映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』の3分の1程度の売れ行きとのことで、かなり苦戦を強いられていることがわかる。
    なお、興行通信社が発表した「全国映画動員ランキング」によると、『先生!~』は初登場5位、『ラストレシピ~』も初登場3位と、いずれも厳しい滑り出しであった。

    『ハガレン』ジャパンプレミアでは、同作がヒットした場合には「“続編”が作られる可能性もある」といった旨の発言もあったとか。
    12月1日に全国ロードショーが迫っているが、はたしてファンにはどう受け止められるだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1377014/
    2017.11.18 07:23 デイリーニュースオンライン


    (出典 biz-journal.jp)



    (出典 cinemagene.com)



    (出典 tr.twipple.jp)


    【【映画】Hey!Say!JUMP山田涼介『鋼の錬金術師』にブーイングの嵐で酷評レビュー相次ぐ?!】の続きを読む


    「AVみたい」の声も、広瀬アリス主演映画がランク外に - エキサイトニュース
    女優・広瀬アリスと、俳優・山崎賢人のW主演映画「氷菓」が、11月3日から公開。 三連休の初日にスタートとなった同作だが、なんと、初週から興行収入ランクキングのベスト10圏外という事態に。どうやら滑り出しは絶不調のようだ。 同作は、米澤穂信の人気小説が原作であり、 ...
    (出典:エキサイトニュース)



    (出典 www.cinra.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/11/08(水) 18:33:03.54 ID:CAP_USER9.net

    広瀬すずの姉でタレントの広瀬アリスと山崎賢人のW主演映画「氷菓」が全国225館で三連休の11月3日に公開初日を迎えた。
    だが、出足は思わしくないようだ。

    「先日公開された妹のすずと生田斗真のW主演映画『先生!、、、好きになってもいいですか』も出足でつまづき、彼女主演の作品としては最低の成績となりそう。
    その負の流れではないでしょうが、同じくアリスが女子高校生役を演じた『氷菓』のレビューも芳しくなく、大コケの様相。
    妹の『先生!』は公開2週目で映画興行収入ランキング8位まで落ちましたが、姉の新作は初週からベスト10圏外という惨状です」(エンタメ誌記者)

    「氷菓」は米澤穂信氏の小説が原作だが、アニメ化されてからも人気が上昇。それを受けての実写化だったはずだが、期待したアニメファンにソッポを向かれてしまったようだ。
    ネット上のコメントも「なぜ、実写にしたか謎すぎる」「広瀬アリスがイメージと合わない」「アニメの余韻を壊したくない」と手厳しい。

    「もう一人の主演の山崎賢人も当たり外れが多く、今回も『また出てる』と揶揄されていますが、現在公開中の『斉木楠雄のΨ難』はヒット中。
    ですから『氷菓』不振の矛先がおのずと内容とヒロインのアリスに向かいそうです。実際、レビューにも『広瀬アリスの高校1年生役には無理がありすぎる』と厳しい意見が。
    アニメの評価が極めて高かっただけに、反動も大きいようです。
    彼女の女優ロードが心配ですね」(前出・エンタメ誌記者)

    姉妹そろって惨敗となれば、来年以降の軌道修正が必要かもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13860303/
    2017年11月8日 7時15分 アサジョ


    (出典 img.cinematoday.jp)


    (出典 www.cinra.net)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    前スレ                     2017/11/08(水) 09:00
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1510099220/


    【【映画】広瀬アリス主演「氷菓」が公開初週“ランク外”の大惨事!原作ファン「せめて妹に!イメージ合わない」】の続きを読む


    真木よう子、篠原涼子主演の映画『SUNNY』撮影中の突如降板に現場大混乱 - 週刊女性PRIME [シュージョプライム]
    来年公開予定の映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』に出演する真木よう子さんが、10月下旬に突如降板することになりました。彼女が出演するシーンの撮影が始まったばかりだったので、現場は大慌てですよ」(制作会社関係者). 『SUNNY』は、'11年に韓国で観客動員740万人 ...
    (出典:週刊女性PRIME [シュージョプライム])



    (出典 asajo.jp)



    1 すらいむ ★ :2017/11/09(木) 20:01:46.98 ID:CAP_USER9.net

    真木よう子、篠原涼子主演の映画『SUNNY』撮影中の突如降板に現場大混乱

    「来年公開予定の映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』に出演する真木よう子さんが、10月下旬に突如降板することになりました。彼女が出演するシーンの撮影が始まったばかりだったので、現場は大慌てですよ」(制作会社関係者)

     『SUNNY』は、'11年に韓国で観客動員740万人を記録したヒット映画を日本流にリメイクした作品で、主演は篠原涼子が務める。

    「篠原さん演じるアラフォーの主人公が、'90年代の青春時代を取り戻す物語です。日本版では、主人公のアラフォー時代を篠原さん、主人公の女子高生時代を広瀬すずさんが演じます」(映画ライター)

     大ヒット作のリメイクということで、出演陣も豪華だ。

    「篠原さんの親友役には、真木さん。さらに、渡辺直美さんや小池栄子さん、ともさかりえさんなど、主演クラスがそろっていますよ。監督は'11年の映画『モテキ』や'15年の『バクマン。』などを手がけた大根仁さんです。さらに、プロデューサーは昨年大ヒットを記録した『君の名は。』の川村元気さんが務めます」(同・映画ライター)

     主人公の親友という重要な役が決まっていた真木。一体なにがあったのだろうか。

    「10月初旬から、広瀬さんが演じる主人公の過去パートの撮影がスタートしていました。順調に撮影が進み、下旬から現在パートの撮影がクランクインする予定だったのですが、撮影前日に真木さんの体調不良を理由に中止になりました」(前出・制作会社関係者)

     翌々日には元気な姿を見せてくれると思っていたのだが……。

    「真木さんは現場に姿を見せることなく、そのまま降板することになりました。突然のことだったので、制作スタッフも動揺を隠しきれません」(同・制作会社関係者)

     とんだドタバタ劇だが、真木には“前科”がある。

    「今年の8月には、クラウドファンディングで集めた資金で雑誌を作成し、コミックマーケットで配ることを発表すると炎上。

     急きょ不参加になりました。さらに、今年の夏クールで放送されていたドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)のロケも体調不良でキャンセルしたことがありましたよ。“お騒がせ女優”の烙印(らくいん)を押されることになってしまいましたね」(ワイドショー関係者)

     真木の降板に関して、映画の配給元である東宝に問い合わせたが、期限までに回答はなかった。人気映画のリメイク作品ということで、制作側も意気込んでキャスティングしたことだろう。

     予期せぬ降板に真木の体調も気になるところ。今後の発表が待たれる。

    週刊女性PRIME 2017年11月9日 19時0分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13868635/


    【真木よう子、篠原涼子主演の映画『SUNNY』撮影中に「体調不良」で突如降板 現場は大混乱 ネット「本当にどうしちゃったの?」】の続きを読む


    二宮和也『ラストレシピ』が大コケ?!「前作5割減」の興行成績 映画の内容は好評価


    NO.5902383 2017/11/07 16:18
    二宮和也『ラストレシピ』が大コケ!「前作5割減」の興行成績
    二宮和也『ラストレシピ』が大コケ!「前作5割減」の興行成績
    11月6日、興行通信社による全国週末興行成績が発表され、嵐・二宮和也の主演映画『ラストレシピ 麒麟の舌の記憶』が初登場3位にランクインしたことがわかった。

    この結果に、映画ファンからは「嵐の二宮主演でこの大コケ……厳しいな」との声が上がっている。

    3日に公開された同映画は、絶対味覚“麒麟の舌”を持つ男が歴史に消えた幻のレシピの謎を追うというミステリー作品。

    『おくりびと』の滝田洋二郎監督を筆頭に、企画・秋元康、脚本・林民夫など豪華製作陣が集結し、キャスト陣も、主人公・二宮の脇を西島秀俊、綾野剛、宮崎あおい、竹野内豊といったそうそうたるメンバーが固め、公開前から話題になっていた。

    「全国312館で公開された『ラストレシピ』は、土日2日間に10万7,000人を動員して1億3800万円の興行収入を記録しました。これに対し、ネット上では『ヤバいレベルの大赤字では?』『これ最終興収10億いくのか? 東宝配給でこの数字はシャレにならないぞ』『もうジャニーズだけで客呼べる時代じゃないのか』と話題になっています。ちなみに二宮が『日本アカデミー賞最優秀主演男優賞』を受賞した映画『母と暮せば』との興収比は56.5%。同映画の最終興収は19.8億円だったので、『ラストレシピ』が10億に届かないという結果も十分ありえるでしょう」(芸能ライター)

    JALやセブン-イレブンなどともコラボし、宣伝は怠っていなかったものの、まさかの大コケスタートとなった『ラストレシピ』。

    こうなると心配になってくるのは、二宮の次回作だ。

    「2018年に公開される映画『検察側の罪人』で、二宮は木村拓哉と初共演を果たすのですが、すでに心配の声が上がっています。というのも、木村が今年主演を務めた映画『無限の住人』は初登場6位とスタートの時点で足踏みし、話題作の割りに客足が伸びず。このまま『ラストレシピ』が大コケしてしまうと、爆死した2つの映画の主役が『検察側の罪人』でタッグを組んでしまうことになるんです。ネット上では『「検察側の罪人」ヤバくない? 爆死コンビの映画とか誰が見るの?』『これは次もダメだろうな……』『公開前から、二宮と木村の映画は爆死確定っていうイメージが定着しそう』などの声が続出しています」(同)

    興収で苦戦している『ラストレシピ』だが、映画の内容はかなり好評。

    ウェブサイト「ぴあ 映画生活」でも88点という高い満足度をたたき出しており、“口コミ”で評判が広がる可能性は十分にあるかもしれない。

    『検察側の罪人』のためにも、せめて10億円のラインは超えてくれるといいのだが……。

    【日時】2017年11月07日 15:10
    【提供】サイゾーウーマン


    【二宮和也『ラストレシピ』が大コケ?!「前作5割減」の興行成績 映画の内容は好評価】の続きを読む


    【映画】生田斗真主演「先生!」初登場5位の大コケ?!


    NO.5887910 2017/10/31 16:48
    生田斗真主演「先生!」初登場5位の大コケ! 「広瀬すず推しが敗因」
    生田斗真主演「先生!」初登場5位の大コケ! 「広瀬すず推しが敗因」
    10月30日、興行通信社による全国週末興行成績が発表され、生田斗真と広瀬すずが主演を務める映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』が初登場5位にランクインしたことがわかった。

    この結果に、映画ファンからは「これは予想外の大コケ」といった驚きの声が上がっている。

    『先生!』は、累計発行部数570万部を突破した河原和音氏の同名少女漫画を映画化したもの。

    高校2年生の響(広瀬)が、世界史の先生である伊藤(生田)を好きになってしまうという禁断の恋愛模様が描かれる。

    「28日に、全国336スクリーンで公開された『先生!』は、オープニング2日間で動員10万人、興行収入1億2700万円を記録。最終興収10億円突破が当面の目標となるスタートで、映画ファンからは『「先生!」豪快にコケたな』『期待はずれな結果』『「先生!」やばい。スクリーン数かなり多かったのに、この結果は残念すぎる』などの声が上がっています。また今週のランキングでは、どちらも公開2週目の『ミックス。』が3位、『斉木楠雄のΨ難』が4位と、『先生!』より上位にランクイン。そのため、『2週目の「斉木」にまで負けるってヤバい』『「先生!」に食われて「ミックス」が順位を落とすかと思ってたけど、「先生!」がしょぼすぎたな』などの呆れた声も漏れています」(芸能ライター) 

    人気漫画の映画化ということで結果に期待がかかっていた『先生!』。

    コケてしまった原因はどこにあるのだろうか。

    「最近公開された少女漫画原作の映画と『先生!』を比べると、今年2月に公開された川口春奈と山崎賢人が主演の『一週間フレンズ。』は全国305スクリーンで公開され、初週3位。

    オープニング2日間で動員12万5,000人、興収1億5,300万円を記録しています。

    また、今年5月に全国301スクリーンで公開された、山本美月とHey!Say!JUMP・伊野尾慧の主演作『ピーチガール』も初週3位。

    オープニング2日間の動員は12万人、興収1億4,300万円でした。

    映画ファンは『先生!』がコケた理由を、『女性向け作品なのに、生田斗真じゃなくて広瀬すずを推した結果がコレだろ』『純粋ど真ん中、直球勝負で、広瀬すずの底力に賭けたんだろうけど、ダメだったみたいだね』と考えているようです」(同) 

    なお同作のエグゼクティブ・プロデューサーを務めたのは、映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の企画プロデュースを務めた平野隆氏。

    どちらも人気漫画を実写化した作品にもかかわらず結果が振るわなかったため、「『ジョジョ』と『先生』のプロデューサーが同じなの笑う」と、苦笑されているようだ。

    果たして、今後どこまで成績を伸ばせるのか、次週以降の動向が注目される。

    【日時】2017年10月31日
    【提供】サイゾーウーマン


    【【映画】生田斗真主演「先生!」初登場5位の大コケ?!】の続きを読む

    このページのトップヘ