気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: 映画


    瑛太、“ベストパートナー”新垣結衣への愛が爆発!?「好きです」「大好きです」 - エイガドットコム
    の完成披露試写会が9月20日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、ダブル主演を務めた新垣結衣と瑛太、共演の広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、森崎博之、中村アン、鈴木福、谷花音、田中美佐子、遠藤憲一、石川淳一監督が、上映前の舞台挨拶に立っ ...
    (出典:エイガドットコム)



    (出典 news.walkerplus.com)



    1 あちゃこ ★@\(^o^)/ :2017/09/20(水) 20:24:10.44 ID:CAP_USER9.net

     瑛太(34)が20日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた主演映画「ミックス。」(石川淳一監督、10月21日公開)
    完成披露舞台あいさつで、新垣結衣(29)に「好きです。告白です。大好き」と言い、観客を驚かせ、引かせ、笑わせた。

     舞台あいさつでは、劇中で卓球のミックスダブルス役を演じたキャスト2人ずつに「今だから言えるお互いの印象は?」と
    質問が飛んだ。瑛太は新垣との共演が初で「ガッキーとは、いつか共演してみたいと思っていたので、念願かなって幸せだった」
    と振り返った。卓球の練習がファーストコンタクトだったが、「横並びになった時に『これはいけますよ、気持ちいいですよ!』と
    テンション上がって、スイッチが入って」と、その後の共演に向けて好感触を感じたという。

     瑛太 初日からガッキーを知りたくて、質問攻めにした。僕が作品に対して、どういう熱量で(撮影を)やりたいか、
    今まで俳優をどういう心持ちでやってきたのか、とかを話し過ぎて、少し引かれた。周りの空気感を和ませる、気持ちのいい空間に、
    黙っていてもしてくれる。

     その上で、瑛太が「好きです。告白です…今だから言っていいことですよね…大好き」と言うと、新垣は
    「今だけじゃなく結構、前から言ってくれるんじゃないですか。ありがとう。引いてないですよ」と笑みを返した。【村上幸将】

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00007956-nksports-ent
    映画「ミックス。」の初日でレッドカーペットを歩く瑛太(右)と新垣結衣(撮影・酒井清司)

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    映画「ミックス。」完成記念イベントでファンにピンポン球を放つ新垣結衣(撮影・村上幸将)

    (出典 www.nikkansports.com)


    【瑛太、新垣結衣に「好きです。告白です。大好き」】の続きを読む


    川栄李奈 映画初主演にファンの祝福殺到 来年は飛躍の年に?


    NO.5796199 2017/09/19 19:06
    川栄李奈 映画初主演にファンの祝福殺到
    川栄李奈 映画初主演にファンの祝福殺到
    女優として活躍する元AKB48の川栄李奈(22)が、来年公開予定の映画『恋のしずく』で初主演を務めることが明らかになった。

    この発表に、ファンは大喜びしているようだ。

    この映画で川栄が演じるのは、ワイナリーで働くことを夢見る農業大学3年生の“リケジョ”橘詩織。

    しかし、彼女の実習先に決まったのは小さな酒蔵。

    彼女は、そこで日本酒の魅力に気づき、やがて蔵元の息子にひかれていくというストーリーだ。

    AKB48卒業後の川栄は、女優業を中心に活躍。

    2016年には映画『デスノート Light up the NEW world』に、デスノート保持者の1人、青井さくら役で出演。

    出演時間は短かったが、渋谷の大通りで笑いながら無差別大量殺人を行うという犯罪者役で、観客に大きなインパクトを与えた。

    またテレビドラマでは、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(NHK)、『僕たちがやりました』(フジテレビ系)などに出演。

    女優として着実にステップアップし、CMなどでも存在感を示していた。

    そんな川栄がついに映画初主演を飾るとあって、ファンは大興奮。

    ネットには「初主演おめでとう」「やっと“元AKB48”っていう肩書きのいらない女優が現れたな」「ビッグスクリーンに『川栄李奈』と堂々と映し出されるわけか」「間違いなくグループ卒業生で一番活躍してるよね」と、祝福のコメントがあふれた。

    「川栄は『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の実力テスト企画で最下位になり、“おバカキャラ”で一躍ブレイクしました。ただ最近では、そんなキャラにはもう頼らなくてもいいくらい、女優として高い評価を得ていますね。2018年は、『恋のしずく』の他にも2本の映画出演が決まっていて、勢いはとどまる気配がありません」(芸能誌ライター)

    ――来年は川栄李奈の“飛躍の年”になる!

    【日時】2017年09月19日 19:00
    【提供】日刊大衆


    【川栄李奈 映画初主演にファンの祝福殺到 来年は飛躍の年に?】の続きを読む


    ベネチア映画祭、是枝裕和監督の「三度目の殺人」は受賞逃す - TBS News
    イタリアで開催されていた世界三大映画祭の1つ・ベネチア国際映画祭の授賞式が9日開かれ、アメリカ映画「シェイプ・オブ・ウオーター」が最高賞「金獅子賞」を受賞し、是枝裕和監督の「三度目の殺人」は受賞を逃しました。 ベネチア映画祭の最高賞「金獅子賞」を受賞したのは、「 ...
    (出典:TBS News)



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/10(日) 08:45:28.48 ID:CAP_USER9.net

    第74回ベネチア国際映画祭の授賞式が9日夜(日本時間10日未明)に行われ、コンペティション部門に日本から唯一出品された是枝裕和監督(55)の最新作「三度目の殺人」(公開中)は最高賞「金獅子賞」を逃した。1997年、北野武監督(70)の「HANA−BI」以来20年ぶりの快挙となる日本作品の金獅子賞受賞はならなかった。


     金獅子賞は「パシフィック・リム」などで知られるメキシコ出身のギレルモ・デル・トロ監督(52)の「ザ・シェイプ・オブ・ウォーター(原題)」が受賞した。

     是枝監督は1995年のデビュー作「幻の光」以来、ベネチア映画祭22年ぶりのコンペ出品。「幻の光」は「金のオゼッラ賞」に輝き、今回、2度目の受賞を狙っていた。

     「三度目の殺人」は福山雅治(48)が初の弁護士役に挑んだ法廷心理サスペンス。カンヌ国際映画祭審査員賞に輝いた「そして父になる」(2013年)以来、福山と2度目のタッグを組んだ。是枝組に初参加の役所広司(61)は得体の知れない不気味な容疑者を怪演している。

     5日(日本時間6日)に公式上映。上映後は約6分間のスタンディングオベーションが起こり、是枝監督や福山は笑顔で観客に手を振って応えた。福山は拍手の瞬間について「監督が僕の膝に手を置いてくださった。ホッとされたのかなと思って、僕もその瞬間ホッとしてうれしかったです」と振り返り、安堵の表情を浮かべた。

     コンペ部門の、その他の主な受賞は次の通り(敬称略)。

     ▽銀獅子賞(審査員大賞)=「フォックストロット」(サミュエル・マオス監督)▽銀獅子賞(監督賞)=グザビエ・ルグラン監督(「親権」)▽女優賞=シャーロット・ランプリング(「アンナ」)▽男優賞=カメル・エル・バシャ(「インサルト」)▽脚本賞=「三つのビルボード」(マーティン・マクドナー)▽審査員特別賞=「スイートカントリー」(ワーウィック・ソーントン監督)▽新人俳優賞=チャーリー・プラマー(「リーン・オン・ピート」)

    写真

    (出典 m.sponichi.co.jp)


    [ 2017年9月10日 03:31 ] スポニチ
    http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/09/kiji/20170909s00041000457000c.html


    【【映画】<是枝裕和監督>「三度目の殺人」ベネチア映画祭金獅子賞を逃す コンペ部門】の続きを読む


    土屋太鳳『トリガール!』空席だらけの閑古鳥 出演映画が爆死続き


    NO.5770032 2017/09/08 08:24
    土屋太鳳『トリガール!』空席だらけの閑古鳥 出演映画が爆死続き
    土屋太鳳『トリガール!』空席だらけの閑古鳥 出演映画が爆死続き
    これが真の人気?女優の土屋太鳳(22)主演の映画『トリガール!』(9月1日公開)が9月4日、全国週末興行成績ランキング(興行通信社調べ)で公開初週からトップ10圏外であることが判明した。

    わずか36館で公開した『機動戦士ガンダムTHEORIGIN激突ルウム会戦』(9月2日公開)に敗北を喫し、土屋が新たな爆死女優に名乗りを上げた格好だ。

    ■『トリガール!』初週からトップ10圏外の墜落事故 
    『トリガール!』は滋賀県の琵琶湖で行われる「鳥人間コンテスト」を題材にした青春ドラマ。

    土屋の脇を間宮祥太朗(24)や高杉真宙(21)、池田エライザ(21)らが固め、監督は『貞子3D』や『ヒロイン失格』で知られる英勉監督がつとめた。

    4日に発表された全国週末興行成績ランキングでは、まさかのトップ10圏外。

    公開後すぐさま墜落事故を起こした。

    おまけに同作は、全国238館で公開されたものの、わずか36館で公開された8位の『機動戦士ガンダムTHEORIGIN激突ルウム会戦』、155館で公開された10位のジャッキー・チェン(63)主演『スキップ・トレース』(9月1日公開)に敗北したのだからシャレにならない。

    観客の評価は賛否両論で、非難は「演出も脚本も映画としてのレベルではありませんでした」「演技力が乏しいのにオーバーな演技ばかりでうるさいだけ!漫画らしいが面白くもないギャグばかりで情けない」と辛辣だ。

    また公開当初から「鳥ガールならぬ閑古鳥という異常な状況下での鑑賞となりました」「割と映画館ガラガラですけど大丈夫?」と惨状の報告が相次ぎ、爆死の兆候が漂っていた。

    「今週の週末興行成績ランキングでトップ3に入った『関ヶ原』や『怪盗グルーのミニオン大脱走』『ワンダーウーマン』に比べて、観客ターゲットが曖昧。『鳥人間コンテスト』というややニッチな題材もうまくハマらなかった。主演キャストの演技も熱血一辺倒で暑苦しく映り、どうも成人層に避けられたようだ」(映画ライター)

    土屋の最近の出演映画を振り返ると、連続テレビ小説『まれ』(NHK)で共演した山賢人(23)と挑んだ『orange-オレンジ-』こそヒットしたものの、その後『兄に愛されすぎて困ってます』や『青空エール』『PとJK』など出演作がどれも爆死ぎみだ。

    そして『トリガール!』は大爆死に至っている。

    土屋は今、まるで爆死請負人のような立場に身を置きつつある。

    ドラマやCMにも引っ張りだこで知名度バツグンなのに、なぜ映画ファンにこうも受け入れられないのだろうか。

    「演技は、明るく前向きで正義感の強さが前面にあふれ出て、朝ドラ時代のテイストが一向に抜けない。また山や有村架純(24)、菅田将暉(24)、広瀬すず(19)たちと一緒に“青春映画の主演ローテーション”の一人に数えられ、土屋の存在に『飽きた』という声も少なくない。つまり賞味期限切れ。もっと役の幅を広げないと、いよいよ危ない」(報道関係者) 

    今後『8年越しの花嫁』や『となりの怪物くん』への出演がすでに決定している土屋。

    見る者を惹きつける好演で、世間の評価を覆すことはできるのだろうか。

    【日時】2017年09月08日 08:05
    【提供】デイリーニュースオンライン


    【土屋太鳳『トリガール!』空席だらけの閑古鳥 出演映画が爆死続き】の続きを読む


    デキは悪くないが…実写版“ジョジョ”記録的大コケの敗因 - 日刊ゲンダイ
    鳴り物入りで今月4日に公開された、山崎賢人(22)主演映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」が苦戦中だ。 同作は世界的にも人気の同名コミックを初めて実写化。若い女性にファンが多い山崎を主演に抜擢し、原作ファン以外の動員も見込んでいたの ...
    (出典:日刊ゲンダイ)



    (出典 biz-journal.jp)



    1 名無しさん@涙目です。 :NG NG BE:829826275-PLT(13931).net


    デキは悪くないが…実写版“ジョジョ”記録的大コケの敗因

     鳴り物入りで今月4日に公開された、山崎賢人(22)主演映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第
    一章」が苦戦中だ。

     同作は世界的にも人気の同名コミックを初めて実写化。若い女性にファンが多い山崎を主演に抜擢し、原作ファン以外の
    動員も見込んでいたのだが、「全国週末興行成績ランキング」では2週目にして早くも10位圏外に。どこの劇場も閑古鳥
    が鳴いている。

    「スペインロケまで敢行しただけに大赤字。ネット上では原作ファンの罵声が飛び交っています」(映画業界関係者)

     そんな状況を打開するためか、18日には本編のオープニング映像13分をYouTube上に公開。すると、ネット上
    では「こんなに公開したら見た人に対しても失礼!」など更なるバッシングの嵐が巻き起こってしまったのだ。

    「タイトルに『第一章』とある通り、すでに『第二章』の製作が決定済み。本編も明らかに続編につながっている。出資し
    ているTBSはこのところ映画事業が好調だったがまさかの誤算。映画のデキ自体は決して悪くないのですが、原作ファン
    向けなのか若者向けなのかターゲットがはっきりしなかったのが敗因でしょう」(映画ライター)

     それでもスポットCMでは「大ヒット公開中」の文字が……。このぶんでは「第二章」の集客にも苦労しそうだが、もう
    引き返せない。
     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00000007-nkgendai-ent

    画像

    (出典 www.cinra.net)


    【デキは悪くないが…実写映画ジョジョ 記録的大コケ? 三部作決定してるのにどうしたらいいの…】の続きを読む

    このページのトップヘ