気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: ドラマ


    キムタク、『A LIFE』共演の木村文乃の結婚祝いに花束贈る


    キムタク『A LIFE』共演の木村文乃の結婚祝いに贈った花束と ... - 週刊女性PRIME [シュージョプライム]

    木村拓哉が出演している『A LIFE〜愛しき人〜』(TBS系)は、今クールのドラマの中で、初回視聴率トップに輝いている。SMAP解散騒動もひと段落し、明るい撮影現場に通う ...
    (出典:週刊女性PRIME [シュージョプライム])



    (出典 tristone.co.jp)





    1 動物園φ ★@\(^o^)/ :2017/01/31(火) 21:08:08.17 ID:CAP_USER9.net

    2017年01月31日 18時30分 週刊女性

     昨年12月31日で、惜しまれながらも解散した国民的アイドルのSMAP。木村拓哉が出演している『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)は、今クールのドラマの中で、初回視聴率トップに輝いた。

    「現場は和気あいあいとしています。第2話で、病みあがりの院長を演じた柄本明さんに対して監督が“院長なのでどっしりした感じでお願いします”と言うと、木村さんは“院長! 切ったばかりなんですから、あまり動いちゃダメですよ”と冗談を言っていました」(制作現場スタッフ)

     出演者のなかでも、木村と浅野忠信は20年来の友人。TBSのドラマ出演が久しぶりとあって、変わってしまった局内に戸惑っている浅野の姿がよく見受けられたという。

    「今回は親友の木村さんのドラマとあって、“俺もやる”と参加を決意したそう。松山ケンイチさんと木村さんもパパ同士とあって、“最近、父親の負担って多いよね”“そうですね~”とイクメントークをしたり、クランクインの前に結婚を発表した木村文乃さんには“木村さん、木村です”と小さな花束をプレゼントするなど、木村さんがムードメーカーになっているようです」(芸能プロ関係者)

     出演者はみな、医療用語に苦戦。松ケンの台本には、サインペンで注意書きがたくさん書き込まれているそうだけど、最も多いのは主役の木村。

    「医療用語の発音なども、細かくメモをしているし、手術シーンの手際のよさもバツグン。手元がアップになる場面は、代役を立てるのが普通なのですが、撮影前から名医に技術指導を仰ぎ、すべて自分で演じるという徹底ぶりです」(前出・芸能プロ関係者)

    https://news.nifty.com/article/magazine/12148-20170131-8990/


    【キムタク、『A LIFE』共演の木村文乃の結婚祝いに花束贈る】の続きを読む


    園子温監督作「愛のむきだし」が連続ドラマとしてリブート決定! - 映画.com - エイガドットコム
    西島隆弘(AAA)と満島ひかりが共演した園子温監督作「愛のむきだし」(2008)が、連続ドラマとしてリブートされる。上映時間237分の長編として話題を呼んだオリジナル映画 ...
    (出典:エイガドットコム)



    (出典 img.omni7.jp)



    1 取り分 ★@\(^o^)/ :2017/01/28(土) 08:44:15.17 ID:CAP_USER9.net

    園子温の監督作「愛のむきだし」を再構成した「愛のむきだし 最長版 ザ・テレビショー」が、J:COMにて配信・放送される。

    2009年に公開された「愛のむきだし」は、神父である父親とのつながりを保つため盗撮のカリスマとなった青年ユウと、運命の女ヨーコの関係を軸にしたエンタテインメント作品。ユウをAAAの西島隆弘が、ヨーコを満島ひかりが演じ、安藤サクラ、渡部篤郎、板尾創路らも出演した。

    本作の上映時間は237分だったが、編集初期段階の“ファーストカット”は6時間あった。「愛のむきだし 最長版 ザ・テレビショー」はそのファーストカットをもとに、全編脚本通りに映画版を再構成し、各30分、全10話のテレビシリーズとしてまとめたもの。未使用シーンを1時間以上復元し、音楽や音響もすべて再構築。デジタル技術を駆使して2Kから4Kにアップコンバートを行った。

    この発表にあたり、園は「あの削除した台詞が、あの削除したシーンが、ついに帰って来た! あの名作が、8年ぶりに完璧な“ドラマ”になって帰って来ただけでも感動的なのに、久々に見るこの作品は、何もかもが今も新しい」とコメントしている。

    「愛のむきだし 最長版 ザ・テレビショー」はJ:COMオンデマンドにて、第1話から4話が2月1日より、第5話から10話が2月15日より配信。またJ:COMプレミアチャンネルにて、第1話から4話が2月4日と11日、第5話から10話が2月18日と25日にオンエアされる。

    愛のむきだし 最長版 ザ・テレビショー
    J:COMオンデマンド
    第1話~4話:2017年2月1日(水)配信開始
    第5話~10話:2017年2月15日(水)配信開始
    J:COMプレミアチャンネル
    第1話~4話:2017年2月4日(土)、11日(土・祝)22:00~24:00放送
    第5話~10話:2017年2月18日(土)、25日(土)22:00~25:00放送

    園子温 コメント
    あの削除した台詞が、あの削除したシーンが、ついに帰って来た! あの名作が、8年ぶりに完璧な“ドラマ”になって帰って来ただけでも感動的なのに、久々に見るこの作品は、何もかもが今も新しい。役者達が活き活きと画面を走り抜け、完璧なハーモニーを奏でていた!

    ソース
    http://natalie.mu/eiga/news/218570
    「愛のむきだし 最長版 ザ・テレビショー」ビジュアル

    (出典 natalie.mu)


    【園子温の「愛のむきだし」再構成版が全10話のドラマに】の続きを読む


    桐谷美玲、女子力ゼロのリケジョに 4月ドラマ『人は見た目が100パーセント』主演 - エキサイトニュース
    女優の桐谷美玲が、4月スタートのフジテレビ系ドラマ『人は見た目が100パーセント』(毎週木曜 後10:00)に“女子力ゼロのリケジョ(理系女子)”役で主演することが25日、わかった。 モデル・女優だけではなくキャスターとしても活躍し、美容雑誌が選ぶ「2016年最も美しい顔」を ...
    (出典:エキサイトニュース)



    (出典 i2.wp.com)



    1 湛然 ★@\(^o^)/ :2017/01/25(水) 05:06:14.97 ID:CAP_USER9.net

    桐谷美玲「最も美しい顔」なのに女子力ゼロ役ドラマ
    日刊スポーツ 1/25(水) 4:56

     女優桐谷美玲(27)がフジテレビ系4月期ドラマ「人は見た目が100パーセント」(木曜午後10時)で、女子力ゼロの理系女子役で主演することが24日、分かった。

     桐谷はこれまで、米映画サイト「世界で最も美しい顔100人」に5年連続でランクインしているほか、昨年は美容誌が選ぶ、その年の「最も美しい顔」に選ばれた美貌の持ち主。


    ・フジテレビ系ドラマ「人は見た目が100パーセント」に主演する桐谷美玲

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170125-01769725-nksports-ent.view-000
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170125-01769725-nksports-ent


    【桐谷美玲 4月期ドラマ『人は見た目が100パーセント』主演に2ch嫌悪感】の続きを読む


    西内まりや月9『突然ですが、明日結婚します』の初回視聴率は!? 意外な感想も、今後の道のりが険しすぎる理由 - Business Journal (風刺記事) (プレスリリース)
    始まる前から「爆死の予感」ばかりが騒がれていた新"月9"ドラマ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)。制作発表では主演西内まりやはもちろん、山村隆太(flumpool)や沢村一樹も「突然出演に」というノリの発言をし、いかに「ツギハギ」なキャスティングだったのかを ...
    (出典:Business Journal (風刺記事) (プレスリリース))



    1 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ :2017/01/24(火) 10:10:19.72 ID:CAP_USER9.net

    スポーツ報知 1/24(火) 10:06配信

     23日に放送された女優・西内まりや(23)主演のフジテレビ系「月9」ドラマ
    「突然ですが、明日結婚します」(月曜・後9時)初回の平均視聴率が8・5%だったことが
    24日分かった。

     コミック誌「プチコミック」に連載中の同名漫画が原作。結婚して専業主婦になりたい女
    (西内)と絶対に結婚したくない男(山村隆太)が出会い、価値観が合わない中で
    次第にひかれ合っていくラ*トーリー。この作品で男性アナウンサー役で
    俳優デビューを果たした人気ロックバンド「frumpool」のボーカル・山村と
    西内のキスシーンも話題を集めた。

     前クール、この時間放送のHey!Say!JUMP・山田涼介(23)主演の
    「カインとアベル」の初回の視聴率は8・8%だった。
    (数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170124-00000036-sph-ent


    【【意外に高い?!】西内まりや主演フジ新月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」初回視聴率8・5%】の続きを読む


    木村拓哉 ドラマ関係者に100万円ジャンパー配り焼肉決起会 NEWS ... - NEWSポストセブン
    SMAP解散騒動では“ひとりぼっち”となり、解散の戦犯扱いされた木村拓哉(44)。だが、解散後、初となる主演ドラマの撮影の舞台裏では“男気”を見せていた。TBS関係者が ...
    (出典:NEWSポストセブン)



    (出典 dorama9.com)



    1 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ :2017/01/23(月) 09:05:07.94 ID:CAP_USER9.net

    NEWS ポストセブン 1/23(月) 7:00配信

     SMAP解散騒動では“ひとりぼっち”となり、解散の戦犯扱いされた木村拓哉(44)。だが、解散後、
    初となる主演ドラマの撮影の舞台裏では“男気”を見せていた。TBS関係者が語る。

    「木村さんから総勢60~70人のスタッフ全員にプレゼントが配られた。チーム一丸となって盛り上げていこうと、
    現場の士気はかなり高まったそうです」

     このドラマは、初回視聴率14.2%と好スタートを切った『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)。木村にとって
    解散後の初主演作であり、過去に自身が『ビューティフルライフ』(2000年)や『GOOD LUCK!!』
    (2003年)で30%超の高視聴率を叩き出してきた「日曜劇場」枠ということもあり、スタート前から
    大きな話題を集めていた。

     当然、TBS側の力の入れようも半端ではない。

    「キャストには『プライド』(フジテレビ系)以来約13年ぶりの連ドラ共演となる竹内結子に加え、
    浅野忠信や及川光博、松山ケンイチなど豪華な顔ぶれを揃えた。キムタクが初めて外科医役に挑むとあって、
    監修は天皇陛下の執刀医で知られる天野篤氏にお願いした」(前出・TBS関係者)

     そんな期待のドラマのチーム全員に配られたプレゼントとは何か。番組スタッフの1 人が明*。

    「木村さんが自腹で作って下さった紺色のジャンパーです。事前にスタッフの男女別にS・M・Lのサイズを調べ、
    年末に皆に配ってくれたんです。裏地に取り外し可能なフリース素材のインナーがついていて、トータル
    100万円くらいかかっているはずです」

     ジャンパーの左胸のワッペンに刻まれていた文字にスタッフたちは心を打たれたという。

    「ドラマの舞台となる壇上記念病院を表わす『DANJO MEMORIAL HOSPITAL』に加え、
    サ*イトルの“愛しき人”をもじって『MY LOVELY CREW』と書かれていたんです。

     SMAPのことがあっただけに、“愛しき仲間”というこの言葉からは、木村さんのこのチームへの想いが
    伝わってきましたね」(同前)

     ジャンパープレゼントだけではない。クランクイン前には、異例ともいえる“決起集会”を木村が主催している。

    「11月下旬、主要キャスト、プロデューサーらを都内の人気焼肉店に集めて顔合わせを兼ねた食事会が
    行なわれました。木村さんはひとりひとりにこの作品に懸ける思いを語っていましたね。もちろんお支払いは
    全部木村さん持ちでした。

     また現場では及川さんや松山さんだけでなく、ドラマではあまり絡みのない菜々緒さんにも声をかけるなど、
    “座長”としての気遣いを見せています」(同前)

     年末には他のSMAPメンバーが木村抜きで焼き肉屋に集まっていたと報じられたが、木村は心機一転、
    新たなチームとともに歩み出しているようだ。

    ※週刊ポスト2017年2月3日号

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170123-00000002-pseven-ent&p=1
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170123-00000002-pseven-ent&p=2


    【木村拓哉 ドラマ関係者に100万円ジャンパー配り焼肉決起会】の続きを読む

    このページのトップヘ