気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: ドラマ


    『白衣の戦士!』10.3%スタートも“脱落者”続出!?「内容スカスカ」


    NO.7389295 2019/04/11 18:29
    『白衣の戦士!』10.3%スタートも“脱落者”続出!?「内容スカスカ」
    『白衣の戦士!』10.3%スタートも“脱落者”続出!?「内容スカスカ」
    4月10日、中条あやみと水川あさみのW主演ドラマ『白衣の戦士!』(日本テレビ系)がスタートし、平均視聴率10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。

    2ケタ発進となったものの、ネット上では「『次回はもう見ない』という声が相次いでいる」(芸能ライター)ようだ。

    「中条演じる立花はるかは、やる気はあるが空回りしがちな“元ヤン”の新米ナース。水川は、その指導係で婚活中の看護師・三原夏美役を務めます。『命と戦う場所』で登場人物たちが成長していく“お仕事ドラマ”ですが、恋愛やコメディ要素もある、比較的にぎやかな作品です。中条&水川のほかには、ジャニーズWEST・小瀧望、安田顕や沢村一樹などが出演しています」(同)

    第1話ではるかは、腸閉塞で入院中の高校生・細川潤也(鈴木仁)を担当することに。

    反抗的な潤也に対し、元ヤンの血が沸き立つはるかだったが、潤也の母・智子(富田靖子)がほとんど面会に来ていないと知り、ある行動に出る。

    一方、夏美はお見合い相手・里中詠一(田中幸太朗)からデートに誘われ浮かれるものの、そんな中で、潤也が病院から抜け出してしまう……という展開だった。

    「初回から視聴率2ケタとは調子が良いように見えますが、同枠前クールに放送された北川景子主演『家売るオンナの逆襲』が12.7%発進だったことを考えると、正直物足りません。しかも、同作は第8・9話の10.2%が最低視聴率で、『白衣の戦士!』初回とほぼ変わらない。その上、ネットユーザーの間では『あの内容で初回10%獲れたことが奇跡』『これじゃあ次回から数字は落ちる一方だろうね』といった声が出ています」(同)

    “新人ナースと先輩ナース”の物語という点で、1996〜2002年に観月ありさ&松下由樹のコンビで人気を博したドラマ『ナースのお仕事』(フジテレビ系)シリーズを連想した人は多く、放送前から「『白衣の戦士!』って『ナースのお仕事』のパクリ?」などと言われていた。

    「案の定、『そのまんま「ナースのお仕事」じゃん……やっぱりパクリなのか』『これなら「ナースのお仕事」を再放送してほしい!』『「ナースのお仕事」っぽいのに、「白衣の戦士!」の方が断然つまらない不思議(笑)』といった指摘が相次ぎました。やはり大ヒット作品と比べられると、『白衣の戦士!』は見劣りしてしまいますね」(同)

    また、今回が連ドラ初主演作となる中条に対しても、「ただでさえ内容スカスカのドラマなのに、中条みたいな“大根役者”のおかげでさらに安っぽく見える」「ヘタな人にコメディやらせると超サムイ」など、酷評が飛び交っている。

    「中条は、今年2月に三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE・登坂広臣とのW主演映画『雪の華』が公開され、昨年12月公開の映画『ニセコイ』でも、Sexy Zone・中島健人とW主演を務めています。しかし、もともとモデル出身ということもあり、演技面では彼女の実力を疑問視する声が少なくない。ちなみに、今作は元SMAP・木村拓哉と工藤静香の娘・Koki,が作曲し、三浦大知に提供した『片隅』が挿入歌として起用されていて、ネット上では『中条にKoki,と、“ゴリ押し芸能人”ばっかのドラマだな』『中条はゴリ押しされてるわりに演技上達しないし、Koki,のゴリ押しは度が過ぎる』などと呆れられています」(同)

    初回放送ではギリギリ2ケタに乗った『白衣の戦士!』だが、次回以降もこの数字を保てるだろうか……。
    【日時】2019年04月11日 15:01
    【提供】サイゾーウーマン


    【『白衣の戦士!』10.3%スタートも”脱落者”続出⁉「内容スカスカ」】の続きを読む



    (出典 realsound.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/03(水) 10:49:18.75 ID:B6i1Xvlf9.net

    NHK連続テレビ小説『なつぞら』が1日にスタートし、第1話目の平均視聴率が22.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。
    朝ドラとしては4作連続で20%台を突破で好発進となった。

    戦争で両親を亡くした少女・奥原なつ(広瀬すず)が、北海道・十勝の酪農家に引き取られ、やがてアニメーターを目指して成長していくストーリーが描かれている本作。
    朝ドラとしては通算100作目ということもあり、注目が集まっている。

    第1話では、東京大空襲が描かれたシーンでアニメーションが使用されるという異例の演出で好評を博したが、ほかにも視聴者から評判を呼んだ演出があったという。

    「オープニングもアニメーションで構成されており、ヒロインを想わせる少女と動物たちがたわむれるものとなっています。
    監修プロデュースをジブリの『となりのトトロ』『魔女の宅急便』などを手掛けてきた舘野仁美氏が務めていることもあり、第1話放送後、視聴者からは『ジブリみたいで可愛い!』
    『ジブリ感あって癒されるわ』といった声が聞かれました」(ドラマライター)

    また、第1話冒頭の、なつが麦わら帽子をかぶり、草原で絵を描いているシーンが『風立ちぬ』、
    東京大空襲のアニメーションは『火垂るの墓』に似ていると指摘されているほか、幼少期のおかっぱのなつ(粟野咲莉)と、
    ひげもじゃでなつに厳しく生きる術を教えていくおじいさん・柴田泰樹(草刈正雄)の組み合わせについても、
    「ハイジじゃん!」「少女と気難しいおじいさんってまんまハイジだよね」という声も寄せられている。

    「第2話では、なつが柴田家の面々に『私をここで働かせてください』と訴えるシーンもありましたが、それについても『千と千尋の神隠し』の状況に似ているという声もあります。
    また、剛男(藤木直人)が布団の中から妻の富士子(松嶋菜々子)に『俺も寂しいよ。ふ~じこちゃん』と呼びかけるシーンについても、『ルパンじゃん!』『思いっきりルパンのオマージュだった』と、
    『ルパン三世』の名セリフのオマージュではないかと指摘する声が続出しています」(同)

    このようなオマージュの連続に、視聴者やアニメファンからは「オマージュは見てて嬉しくなる」「オマージュ見つけるのすら楽しい」という高評価の声が続々集まっている。
    果たして今後もアニメ作品のオマージュは続くのだろうか。楽しみにしたい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16255959/
    2019年4月2日 18時0分 リアルライブ


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 www.asahicom.jp)


    【NHK朝ドラ『なつぞら』、視聴率が好発進 トトロ、ハイジ、ルパン…名作アニメのオマージュいくつ気付いた?】の続きを読む



    (出典 www.cinemacafe.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/03(水) 10:57:14.22 ID:B6i1Xvlf9.net

    昨年10月1日から放送されていたNHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』が、3月30日に最終回を迎えた。
    期間平均視聴率は前作『半分、青い。』の21.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を上回る21.4%を記録したが、これに疑問の声が続出している。

    「『まんぷく』は、『半分、青い。』に比べると評判がものすごく高い。天と地ほどの差です。
    それなのに、視聴率的にわずかしか違わないことに、視聴者は疑問を抱いているのです」(芸能記者)

    実際、ネット上では、

    《『半分、青い。』と大して変わらないのが衝撃》
    《あの最低作品『半分、青い。』に辛勝かよ…》
    《面白さは段違いなのに、この差は驚く》
    《数字的にはほぼ同じだよね。なぜ?》

    などといった声が上がっている。

    『半分、青い。』の21.1%という視聴率は、前作の『わろてんか』(20.1%)、前々作の『ひよっこ』(20.4%)よりも上である。

    「『半分、青い。』の謎の高評価は、視聴率の面だけではありません。
    3月30日にNHKで放送された『朝ドラ100作ファン感謝祭 思い出の名シーンランキング』でも、『半分、青い。』のシーンが2位にランクイン。
    1位は07年度後期の朝ドラ『ちりとてちん』、3位が13年度前期の『あまちゃん』、
    4位が01年度前期の『ちゅらさん』、5位が13年度後期の『ごちそうさん』となっており、2位というのはかなりの快挙です」(同・記者)

    “クソドラマ”すぎて歴史に残ってしまう?
    しかしこのランキングにも、

    《あんなにたたかれて不人気だった「半分、青い」が2位ってあり得ない》
    《半分青いとかマジっすか? どんな層に受けたんだろう?》
    《半分青いは忖度なのかな?》
    《半分青いはドラマとして成立してない! 土俵に上げるなと言いたい》

    などと批判が続出。なぜ『半分、青い。』はここまで不人気なのに、結果を残しているのだろうか。

    「朝ドラは緩く平和な雰囲気が多いので、『半分、青い。』のようなハチャメチャな作品は、良くも悪くも目立って印象に残りやすいのでしょう。
    『イライラしながらも全部見てしまった』といった声もあり、怖いもの見たさ的な要素も含んでいたので、数字も取れたのかと。
    それに比べると、『まんぷく』は王道展開で、安心して見られる分、印象にもあまり残らなかったようです」(同)

    問題児だった『半分、青い。』と、優等生だった『まんぷく』。歴史に残るのは、『半分、青い。』なのかもしれない…。

    http://dailynewsonline.jp/article/1756849/
    2019.04.02 19:00 まいじつ


    ?


    【NHK朝ドラ感謝祭『半分、青い。』謎の高評価に疑問の声が続出!】の続きを読む



    (出典 news.walkerplus.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/02(火) 09:07:04.85 ID:UZvd9+rw9.net

    NHK連続テレビ小説『なつぞら』の第1話が1日に放送された。広瀬すず主演の本作。朝ドラ通算100作目で、
    第二次世界大戦後、北海道・十勝からアニメ制作を夢見て上京し、アニメーターを目指して成長していく女性・なつ(広瀬すず)が描かれる。

    第1話冒頭では、十勝の自然の中で絵を描くなつが、幼少期に経験した東京大空襲を回想するシーンがあったが、幼少期のなつや空襲の様子は異例のアニメーションで描かれ、
    オープニングもスピッツの曲をバックに、少女と動物のアニメーションが展開され、朝ドラファンや視聴者からは、「オープニングのアニメ癒された!」
    「朝ドラだし、空襲のシーンをアニメにしたのは重くなりすぎずにいいと思った」「世界名作劇場感があった」などの好意的な声が聞かれた。

    一方、主演の広瀬について、早くもネットから賛否が集まっているという。

    「冒頭で東京大空襲のシーンがあったものの、全体的な雰囲気は爽やかで、十勝の美しい自然と、親を亡くしたなつを引き取ってくれた十勝の一家の温かさが描かれました。
    広瀬は数シーンのみの出演でしたが、『やっぱり華があるから朝ドラに合ってる』『可愛らしいのに素朴だから今後も楽しみ』という声が上がった一方、
    画面に写った広瀬の髪の色がうっすらとした茶色だったことから、『茶髪に違和感ある』『時代的に広瀬すずの茶髪はおかしい』といった指摘も多々聞かれています」(ドラマライター)

    さらに、戦後間もない時代が描かれていることについて、なつを引き取った柴田剛男(藤木直人)が戦争帰りのはずなのに、あまりに明るいことや、服装などが綺麗すぎることについても、
    「戦争帰りであんなに真っ白な歯であんなに明るく振舞えるもんかね?」「みんなに戦後の傷みたいなのが感じられなくて戦後を見てる気が全くしない」
    「絵面がきれいすぎて、他の戦後の朝ドラと比べるとちょっと微妙」という厳しい声が寄せられている。

    第1話から賛否が飛び交うことになった『なつぞら』。果たして今度はどのような展開が待っているのだろうか。注目したい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1755273/
    2019.04.01 18:00 リアルライブ


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    【NHK朝ドラ『なつぞら』、初回から広瀬すずに賛否?】の続きを読む


    4月期ドラマ「大ヒット&大コケ」業界予想 爆死するのは…


    NO.7360758 2019/03/29 15:09
    4月期ドラマ「大ヒット&大コケ」業界予想 爆死するのは…
    4月期ドラマ「大ヒット&大コケ」業界予想 爆死するのは…
    間もなく各局で4月期の連続ドラマがスタートする。

    1月期は、菅田将暉主演『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)が全話平均視聴率11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でトップ成績を収めたが、業界内で注目を集めている4月期ドラマはどの作品なのだろうか。

    「まず安定して視聴率が取れそうなのは、TBS日曜午後9時枠で福山雅治が主演を務める『集団左遷!!』でしょう。2013年の『半沢直樹』や14年の『ルーズヴェルト・ゲーム』など数々のヒット作を生み出し、内容も“社会派”の作品が好まれている枠ですが、『集団左遷!!』の原作も作家・江波戸哲夫氏の経済小説。同ドラマで三友銀行蒲田支店の支店長・片岡洋を演じる福山も、フジテレビ系で07〜13年にかけてシリーズ化した主演ドラマ『ガリレオ』は高視聴率を連発し、10年に主演したNHK大河ドラマ『龍馬伝』も大好評で、役がハマれば強いです」(テレビ誌ライター) 

    このように“安心材料”が揃っているだけに、『集団左遷!!』の視聴率にも期待が寄せられる。

    「TBS関係者も、平均14〜15%を視野に入れて制作しているのでは。唯一“不安要素”を挙げるとすれば、福山は16年4月期に主演したフジの“月9”ドラマ『ラヴソング』で全話平均8.5%とコケた“前科”があることですが、『集団左遷!!』では、福山の本領が発揮されるはずです」(同) 

    次に、『3年A組』と同じ日テレ日曜午後10時30分枠で放送される『あなたの番です』にも、マスコミ間で好意的な声が上がっているという。

    「原田知世と田中圭のダブル主演で、マンション住人たちの“交換殺人ゲーム”に巻き込まれる夫婦の姿を描くミステリードラマです。企画・原案は音楽プロデューサーの秋元康氏で、2クール連続、つまり半年にわたって放送されることでも話題になっています。プロットや脚本が非常によくできていると、早くも業界関係者の間で評判になっており、日テレが2クール連続という異例の編成を組んだのもうなずけます」(テレビ局プロデューサー) 

    日テレとしては、勝負作である『あなたの番です』の前に、『3年A組』がヒットしてくれたことが、大きな安心となったのかもしれない。

    「しかし懸念されるのは、『3年A組』が若手キャスト中心だったのに対し、『あなたの番です』はキャストの年齢層が幅広く、視聴者層も変わってくる点です。とはいえ、18年4月期の『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で大ブレークした田中をはじめ、実力派の役者陣が多く起用されているので、恐らくヒットすることでしょう。昨年の日テレのこの枠で放送された連ドラの視聴率は、軒並み全話平均が1ケタでしたが、『3年A組』に続いて『あなたの番です』でも数字が取れれば、先々も安泰と言えそうです」(同) 

    一方、すでに業界内で「コケそう」とウワサされている新ドラマも。

    「フジテレビ火曜午後9時枠の『パーフェクトワールド』です。主演・松坂桃李、ヒロイン・山本美月ですが、キャストより脚本が不安視されています。原作は漫画家・有賀リエ氏の同題作品で、18年には三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE・岩田剛典と杉咲花で映画化。そこから満を持してのドラマ化とあって、フジなりの意気込みは感じますが、脚本がとにかく重く、“今ウケるドラマ”とは真逆の路線です」(芸能プロ関係者) 

    内容はラブストーリーながら、事故により車椅子生活を送る鮎川樹(松坂)と、高校時代の同級生・川奈つぐみ(山本)の“すれ違い”が描かれるそう。

    近年、ネット上では「重苦しい連ドラを見るのは疲れる」と言われているだけに、確かに数字が伸び悩みそうな気配もする。

    「ちなみに、松坂は18年に主演した映画『不能犯』『娼年』『孤狼の血』でさまざまな賞を受賞するなど、その演技力は評価されていますが、主演ドラマではこれといった代表作がありません。一度数字が落ち込むと、最後まで右肩下がりの“爆死コース”となる可能性が、非常に高いとみられます」(同) 

    最後は、日本テレビ水曜午後10時枠の『白衣の戦士!』だ。

    中条あやみと水川あさみのダブル主演で、今人気の“医療モノ”だが、業界内からはネガティブな意見ばかりが聞こえてくる。

    「元ヤンキーの新米看護師・立花はるか(中条)と、婚活中の先輩看護師・三原夏美(水川)の“お仕事コメディ”が繰り広げられるという同作。昨今、ポップでハートウォーミングな作品が好まれるものの、こと医療モノに関しては、シリアス路線が求められています。山下智久主演の人気シリーズ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)もシリアスなストーリーをベースに、人気をキープしていますし。しかし『白衣の戦士!』は“医療モノなのに軽い”ため、あまり話題にもならなそうです」(芸能ライター) 

    良い意味でも、悪い意味でも、業界評を裏切る作品はあるだろうか。
    【日時】2019年03月29日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン


    【4月期ドラマ「大ヒット&大コケ」業界予想 爆死するのは…】の続きを読む

    このページのトップヘ