気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: ドラマ


    米倉涼子を超えた?色香あふれる和服姿で武井咲の評価が急上昇! - アサ芸プラス
    7月10日、ドラマ「黒革の手帖」(テレビ朝日系)の記者会見が行われ、主役を務める武井咲が出席した。 武井が演じるのは、黒革の手帖を武器に銀座のクラブを大きくしようと奮闘するママ・元子。その役どころに合わせた純白の和服姿で登場した。 「これまでのイメージを覆すよう ...
    (出典:アサ芸プラス)



    (出典 i.ytimg.com)



    1 胸のときめき ★@\(^o^)/ :2017/07/14(金) 21:23:07.45 ID:CAP_USER9.net

    7月10日、ドラマ「黒革の手帖」(テレビ朝日系)の記者会見が行われ、主役を務める武井咲が出席した。

     武井が演じるのは、黒革の手帖を武器に銀座のクラブを大きくしようと奮闘するママ・元子。
    その役どころに合わせた純白の和服姿で登場した。

    「これまでのイメージを覆すような艶っぽさを感じました。美しい黒髪を後ろでひとつにまとめ、襟からは
    美しいうなじが顔をのぞかせる。いつの間にこんな色香を身に着けたのか、驚いてしまいました」(芸能ライター)

     共演する真矢ミキは「咲ちゃんがいるお店ならもう一度男装してでも行ってみたい」と武井の和服姿を絶賛。
    奥田瑛二も「着物姿の彼女がいると、ここは銀座かと思ってしまう」と目尻を下げた。

    「黒革の手帖」は2004年に米倉涼子主演でドラマ化され、平均視聴率15.4%の大ヒットを記録。
    米倉に比べると武井の演技力や艶のなさを心配する声が上がっていた。

    「今回の記者会見で、そんな不安の声を吹き飛ばすことができたのではないでしょうか。
    少なくとも艶っぽさに関しては米倉に負けていないと思います」(前出・芸能ライター)

    「黒革の手帖」は7月20日スタート。武井の色香が活かされる“濡れ場面”に期待したい


    (出典 www.asagei.com)

    http://www.asagei.com/excerpt/84998


    【米倉涼子を超えた?色香あふれる和服姿で武井咲の評価が急上昇】の続きを読む


    綾野剛 現場評ボロボロ!?「筋トレで1時間押し」に怒りの声噴出


    NO.5628307
    綾野剛 現場評ボロボロ!?「筋トレで1時間押し」に怒りの声噴出
    綾野剛 現場評ボロボロ!?「筋トレで1時間押し」に怒りの声噴出
    主演ドラマ『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系)が、全話平均視聴率7.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と大コケしてしまった綾野剛。

    さらに製作舞台裏では「撮影現場の空気を悪くしていた」と、関係者の間で悪評が立っていたという。

    「綾野が演じた主人公は、120年前に生まれた謎の“怪物”。二階堂ふみ演じる大学生のヒロイン・津軽と出会い、恋をするというストーリーですが、全話を通して最も盛り上がったのが、第1話で綾野が披露した“肉体美”。全裸での後ろ姿では、お尻のツーパックが丸見えで、入浴シーンでも、下半身こそ映らなかったものの、鍛え抜かれた腹筋が画面いっぱいに映し出されていました」(芸能ライター)

    どちらかといえば痩せ形のイメージが強い綾野だが、この“隠れマッチョぶり”には、女性視聴者から「ヤバすぎる!」「かっこいい……」と黄色い悲鳴が噴出。

    結局、綾野が肉体美を披露したのは初回だけだったが、視聴者に大きなインパクトを残したようだ。

    「綾野は、今年9月公開予定の映画『亜人』で、元軍人のテロリストを演じており、その役作りのために、かなりストイックに肉体改造に励んだといいます。彼も、自身の肉体の変化に手ごたえを感じており、『フランケンシュタインの恋』の現場では、筋肉が一時的に盛り上がる“パンプアップ”のため、粛々と筋トレをしていたそうです。共演者からのウケはよかったようですが、そこで綾野の『パンプアップ待ち』が発生してしまい、スタッフからはヒンシュクを買っていたんだとか」(芸能プロ関係者)

    綾野が自分の肉体にかける情熱は本物のようで、「なんと1時間以上も撮影を遅らせてしまい、関係者から『そういうドラマじゃないだろ!』『西島秀俊路線を狙ってるの?』と、ブーイングが巻き起こっていたそう。すっかり“面倒くさいナルシスト俳優”扱いとなってしまいました」(同)という。

    ドラマは大コケ、さらには現場評も下げてしまったという綾野。

    次回作では、汚名返上してほしいものだが、果たして――?

    【日時】2017年07月02日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン


    【綾野剛 現場評ボロボロ!?「筋トレで1時間押し」に怒りの声噴出】の続きを読む


    島津斉彬役に渡辺謙さん 来年の「西郷どん」 - 毎日新聞
    NHKは27日、鈴木亮平さんが西郷隆盛役で主演する2018年放送の大河ドラマ「西郷どん」の新たな出演者を発表した。西郷生涯の師となる島津斉彬役に渡辺謙さんを起用した。 渡辺さんは1987年の「独眼竜政宗」で主演。「俳優としての基礎を育てていただいた大河ドラマに ...
    (出典:毎日新聞)



    (出典 geinou-japan777.com)



    1 ひぃぃ ★@\(^o^)/ :2017/06/27(火) 12:12:20.62 ID:CAP_USER9.net

     俳優の渡辺謙(57)が来年のNHK大河ドラマ「西郷どん」に島津斉彬役で出演することが27日、発表された。2001年「北条時宗」以来17年ぶりの大河ドラマ出演になる。

     渡辺の大河出演は「山河燃ゆ」「独眼竜政宗」「炎立つ 第一部・第三部」「北条時宗」に続き、5作目。

     鈴木亮平(34)が西郷隆盛を演じる大河ドラマ57作目。渡辺演じる島津斉彬は島津家第28代当主。聡明で卓越した知識を持ち、壮大な政治哲学で時代を牽引したカリスマ。貧しい下級武士の西郷に、気骨と類まれなる才能を見出し大抜擢の登用をする。西郷生涯の師であり、その遺志を抱き続ける”偉大なる父”。

     渡辺は「俳優として基礎を育てていただいた大河ドラマに恩返しさせてもらう機会を頂きました。鹿児島で絶大な人気を持つ斉彬公ですが、彼の苦悩、無念、希望、勇気、さまさまな思いを感じながら生きていこうと思っております」と意気込んでいる。

     制作統括の櫻井賢氏は「主人公に最も大きな影響を与える島津斉彬役は、かつて大河ドラマの主演をつとめ、海外に活躍の場を広げられている渡辺謙さんです。西郷の生涯を生き抜く鈴木亮平さんが、俳優として、西郷どんとして、その大きな背中を追いかけ、大いにぶつかり合い、撮影現場に虚実ない交ぜの“師弟関係”が生まれ、大河ドラマ『西郷どん』に力強いエネルギーがあふれ出すことを期待しています」と話している。

     ほかに島津久光役に青木崇高(37)、斉彬の側室・喜久役に戸田菜穂(43)、斉彬の側近・山田為久役に徳井優(57)。

    2017年6月27日 11:35
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/27/kiji/20170627s00041000117000c.html

    画像

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【大河ドラマ】渡辺謙「西郷どん」で17年ぶり大河!島津斉彬役「恩返しさせてもらう機会」】の続きを読む


    ぼくらの勇気 未満都市:元ジャニーズJr.小原裕貴さん出演 矢田亜希子も ... - MANTANWEB(まんたんウェブ)
    20年ぶりにスペシャルドラマとして“復活”する「ぼくらの勇気 未満都市 2017」(日本テレビ系)に、元ジャニーズJr.で現在会社員の小原裕貴さんが出演することが26.
    (出典:MANTANWEB(まんたんウェブ))



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 湛然 ★@\(^o^)/ :2017/06/26(月) 05:07:44.39 ID:CAP_USER9.net

    2017-06-26 05:00

     1997年に放送されたKinKi Kids主演ドラマ『ぼくらの勇気 未満都市』の続編として20年ぶりに復活するスペシャルドラマ『ぼくらの勇気 未満都市2017』(7月21日 後9:00 日本テレビ系)に、
    オリジナル版にも出演していた女優・矢田亜希子(38)と、元ジャニーズJr.で会社員の小原裕貴さん(37)が出演することが25日、わかった。
    新キャストとして、向井理(35)、関西ジャニーズJr.の道枝駿佑(14)が加わることも決まった。

     20年前の連ドラ版では、大人が死に絶え、子どもたちだけになった無秩序な混乱が広がる街・幕原に潜入した高校生のヤマト(堂本光一)とタケル(堂本剛)が、さまざまな問題や事件を乗り越えながら仲間とともに、暴力に支配された子どもだけの街に秩序を取り戻していった。
    今回のスペシャルドラマでは20年後を描き、それぞれに迷いや葛藤を抱えながら大人になった彼らが“約束の年”に再会し、さらに強大な敵に立ち向かっていく。

     矢田は高校時代のヤマトの恋人・スズコ、小原さんはヤマトが名古屋から幕原に行くきっかけとなった親友・キイチ役として帰ってくる。

     小原さんは人気絶頂時の2000年、当時20歳でジャニーズJr.を卒業し、芸能界を引退したため、今作の出演は難しいかと思われていたことからファンを喜ばせそう。
    小原さんは「プロデューサーさんから話を聞いた時は驚きましたが、KinKi Kidsさんの記念すべき20周年に少しでも貢献できればと、出演を決意しました。
    演技は久しぶりでとても緊張していますが、みなさん温かい目で見守っていただければ幸いです」と呼びかける。

     矢田も「当時18歳だった私にとって、とても印象に残っている作品です。20年経った今、再びこの作品に参加させていただけることがとてもうれしく、大変感謝しております」と感慨深げ。
    「当時の映像を見返しながら、今現在では大人になったスズコという女性がどう生きてきたか、といろいろと想像をふくらませながら精一杯演じていこうと思っております。
    とにかく、現場に行くのが楽しみでもあり、同じ役柄を20年という月日が経ってから演じるということに、もうドキドキでした!」と胸を高鳴らせていた。

     また、新たなキャストとして、ヤマトやタケルたちと対立する組織のキーマンを演じる向井は「20年の時を経たこのドラマ。まず、参加させていただくことに感謝です。
    当時は描かれなかった新たなキャラクターですが、彼もまた同じ時代を生きた人間です。それがどう物語と絡むのか。彼の信念にもご期待ください」と呼びかけ。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    KinKi Kids主演スペシャルドラマ『ぼくらの勇気~未満都市 2017』に当時18歳(左)だった矢田亜希子が出演

    (出典 contents.oricon.co.jp)

    新たなキャラクターとして登場する向井理

    (出典 contents.oricon.co.jp)

    http://www.oricon.co.jp/news/2093077/full/


    【KinKi Kidsドラマに伝説のジャニーズJr.小原裕貴が帰ってくる「少しでも貢献できれば」】の続きを読む


    来年春の連続テレビ小説「半分、青い。」主演は永野芽郁さん - NHK
    連続テレビ小説に出演するのは初めてで、永野さんは「きのうの夜、オーディションに合格したと聞いて、実感がなく記者会見の会場まで来たが、今になって少しずつ実感が湧いてきています。主人公の鈴愛は私と同じように、失敗してもめげない『七転び八起き』という精神で生きて ...
    (出典:NHK)



    (出典 cdn.mdpr.jp)



    1 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ :2017/06/20(火) 16:51:38.21 ID:CAP_USER9.net

     女優の永野芽郁(17)が来年4月2日にスタートするNHK連続テレビ小説
    「半分、青い。」(月~土曜前8・00)のヒロイン・楡野鈴愛(にれの・すずめ)役に
    決まり20日、東京・渋谷の同局で発表された。

     小学3年の時、東京・吉祥寺でスカウトされ、芸能界入り。2009年、映画
    「ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル」で子役としてデビュー。10年から
    ファッション誌「ニコ☆プチ」でレギュラーモデルを務めた。映画「俺物語!!」
    「ひるなかの流星」などに出演している。

     NHK大河ドラマ「八重の桜」(13年)「真田丸」(16年)は経験しているが、
    朝ドラは初出演。大役を射止めた。永野は「昨日の夜聞いて、1日考えてたんですが、
    実感なかった。今になって私本当にやれるんだ、って実感して、うれしいです。
    自分らしく楽しくできたらいいなと思います」と意気込みを語った。

     「半分、青い。」は現在放送中の「ひよっこ」、次回作「わろてんか」に続く
    朝ドラ通算98作目。

     脚本はフジテレビ「ロングバケーション」TBS「ビューティフルライフ」などの
    大ヒット作を生み“ラ*トーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏
    (55)によるオリジナル作品。高度成長期の終わりから現代までを舞台に、
    岐阜県に生まれ、病気で左耳を失聴したヒロインが上京後の挫折、離婚などを
    経験しながらも明るく生き抜いていく姿を描く。障がいのあるヒロインは朝ドラ史上初。
    同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみとの恋模様も見どころになる。

     TBS「愛していると言ってくれ」でも聴覚障がい者の恋愛を描いた北川氏。
    朝ドラを手掛けるのは今回が初。「私も朝ドラも1961年生まれの同い年。
    やっと巡り合えた」と話している。今秋にクランクイン。

    スポニチ
    http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/20/kiji/20170620s00041000124000c.html

    (出典 m.sponichi.co.jp)


    【【NHK朝ドラ】永野芽郁 来春連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロインに】の続きを読む

    このページのトップヘ