気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: ドラマ


    【BSスカパー】「銀河鉄道999」初実写ドラマ放送直前 栗山千明「腹くくるしかない」


    NO.6490327 2018/06/18 17:20
    「銀河鉄道999」初実写ドラマ放送直前 栗山千明「腹くくるしかない」
    「銀河鉄道999」初実写ドラマ放送直前 栗山千明「腹くくるしかない」
    18日20時より、名作漫画・アニメ「銀河鉄道999」が初の実写ドラマとしてBSスカパー!で生放送される。本放送に先立ち、18日午後、メーテル役の栗山千明、星野鉄郎役の前田旺志朗をはじめキャスト全員が劇...



    【日時】2018年06月18日 17:11
    【提供】シネマトゥデイ


    【【BSスカパー】「銀河鉄道999」初実写ドラマ放送直前 栗山千明「腹くくるしかない」】の続きを読む



    (出典 img.watanabepro.co.jp)



    1 ジョーカーマン ★ :2018/06/13(水) 12:16:07.56 ID:CAP_USER9.net

    俳優の鈴木亮平さんが主演を務めるNHKの大河ドラマ「西郷(せご)どん」の新キャストが発表され、AKB48兼NGT48の柏木由紀さんが出演することが13日、明らかになった。
    柏木さんが大河ドラマに出演するのは初めてで、西郷吉二郎(渡部豪太さん)の妻・西郷園を演じる。

    また、水川あさみさんが坂本龍馬(小栗旬さん)の妻・お龍を演じる。
    中岡慎太郎役で山口翔悟さん、伊藤博文役で浜野謙太さん、松平容保役で柏原収史さんも大河ドラマに初出演することも分かった。

    「西郷どん」は、明治維新から150年となる2018年に放送される57作目の大河ドラマ。
    薩摩の貧しい下級武士の家に生まれた西郷隆盛(吉之助)の愚直な姿に、カリスマ藩主・島津斉彬が目を留め、西郷は斉彬の密命を担い、江戸へ京都へと奔走。
    勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、革命家へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく……という内容。

    NHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000008-mantan-ent

    NHKの大河ドラマ「西郷どん」に出演が決まった柏木由紀

    (出典 storage.mantan-web.jp)


    AKB48 柏木由紀

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【AKB48】柏木由紀、「西郷どん」で大河ドラマ初出演! 】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 湛然 ★ :2018/06/12(火) 05:02:40.69 ID:CAP_USER9.net

    6/12(火) 5:00 スポニチアネックス
    相葉雅紀 初の獣医役、テレ朝10月新ドラマで“究極の癒やし”

     嵐の相葉雅紀(35)が、10月スタートのテレビ朝日新ドラマ「僕とシッポと神楽坂」(金曜後11・15)に主演し、心優しい獣医師役を演じる。

     相葉は日本テレビのバラエティー「天才!志村どうぶつ園」のレギュラーを務めるなど動物愛の深さで知られるが、獣医役は初めて。今ドラマは、たらさわみち氏の同名漫画が原作で、プロデューサーが映像化にあたり「イメージそのもの」と主演を即決した。相葉は「あったかいお話で、皆さんの金曜の夜を温かくできれば」と意気込んでいる。

     相葉が演じる高円寺達也は東京・神楽坂で動物病院を開業。気弱そうだが腕は確かで、動物たちを「シッポ」と呼び愛情たっぷりに接する姿から、「コオ先生」と親しまれ、街に欠かせない存在になっていく。

     相葉は子供のころ飼っていた犬を亡くしたときの悲しい思い出から「僕にとってペットは家族」と言い切る。その命を託される役だけに、思い入れはひとしお。出演決定後すぐ原作を読み「コオ先生はすごく人間味のある人。今から演じるのがとても楽しみ」と、役柄に魅了されている。

     ハートフルな雰囲気を高めそうなのが、レギュラー出演する犬の「ダイキチ」と三毛猫の「オギ」。相葉との交流は視聴者の顔をほころばせそうで、局は“究極の癒やし系ドラマ”を目指している。

     神楽坂はくしくも嵐の盟友、二宮和也(34)が07年に主演したフジテレビドラマ「拝啓、父上様」の舞台と同じ。その二宮は、放送中のTBSドラマ「ブラックペアン」で演じる傲慢(ごうまん)で冷酷な医師役が話題。好対照な役柄が相葉の新たなハマリ役となるか、注目だ。


    テレビ朝日ドラマ「僕とシッポと神楽坂」で初の獣医役を演じる相葉雅紀

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00000007-spnannex-ent


    【【ドラマ】相葉雅紀 初の獣医役、テレ朝10月新ドラマ『僕とシッポと神楽坂』で“究極の癒やし”】の続きを読む



    (出典 konin-todoke.com)



    1 ひかり ★ :2018/06/12(火) 00:07:28.96 ID:CAP_USER9.net

    「10月スタートの『月9』で織田裕二さんが10年ぶりに主役を演じます。その共演者が、鈴木保奈美さん。伝説の『東ラブ』以来、27年ぶりの“夢の共演”と
    なります」(テレビ局関係者)

    91年、「月曜の夜は街からOLが消える」ほどの社会現象になった『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)。織田裕二(50)演じる“カンチ”と
    鈴木保奈美(51)が演じる“リカ”による恋愛絵巻の最終回は視聴率32.3%を記録。あれから27年の再会。当然、『東ラブ』の続編かと思いきや……。

    「米国の人気ドラマ『SUITS』のリメイクで、舞台を日本に移した弁護士ものです。織田さんが演じるのは、手段を選ばず訴訟での勝利を至上とする
    敏腕弁護士。鈴木さんは、織田さんの働く法律事務所の所長役といわれており、彼に強い信頼を寄せている役だそうです」(前出・テレビ局関係者)

    16年、柴門ふみがカンチやリカらの25年後を描いた『東ラブ』の続編漫画の連載を始めた際も、ファンは織田と鈴木による続編のドラマ化を
    熱望していたが――。

    「結果的に『東ラブ』は大ヒットしましたが、じつは織田さんは主役の“第一候補”ではありませんでした。
    のちに織田さんは“原作と脚本が自分のイメージと異なり、そのギャップを最後まで埋められなかった”ことも告白しています。織田さんにとって『東ラブ』は、
    世間の評価と相反して、苦い記憶が残ったままなんです。何度か続編や鈴木さんとの共演が浮上しても乗り気にはなれませんでした」(ドラマ関係者)

    その彼が、なぜ変心を?

    「『月9』視聴率が低迷するフジの上層部は“2人の共演は日本中の話題になる”と説得を続けました。40代で結婚し、1児の父親となった織田さんも、
    あまりのフジの熱意に押され、“50歳の転機”として熟慮。“成長した自分を、『東ラブ』的な恋愛ものとは違う作品で、鈴木さんにもう一度見てもらえれば……”と“
    苦渋の決断”をしたそうです」(前出・ドラマ関係者)

    27年後の“カンチ&リカ”は、舞台を法廷に変え、どんなドラマを繰り広げてくれるのだろうか。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180612-00010002-jisin-ent


    【織田裕二 鈴木保奈美と10月スタートの月9で共演!「東京ラブストーリー」以来27年ぶり共演の複雑な内情】の続きを読む



    (出典 www.crank-in.net)



    1 ニライカナイφ ★ :2018/06/06(水) 15:04:02.30 ID:CAP_USER9.net

    ◆柴咲コウ「テレ朝の看板・ドクターX」代わりのドラマ主役抜擢?

    テレビ朝日が人気ドラマシリーズ『ドクターX』に代わる企画を進行中で、そこに柴咲コウの名前が挙がっているという。
    ドクターXシリーズで主演を務めてきた米倉涼子が続編への出演に意欲を見せず、シリーズ継続が危ぶまれているためだ。

    「米倉はドクターXに出続けて、女優としてのイメージが固定されてしまうのを嫌がっています。
    それと、あまりにも人気が出てしまったため、視聴率が落ちたときに落ちぶれた感じになるのを避けたいという思いもあるようです」(テレビ雑誌編集者)

    しかし、テレビ朝日としても、超優良コンテンツと言えるドクターXをこのまま終わらせたくはない。
    そこで、ドクターXの流れを汲んだ新たな医療ドラマを構想中なのだという。

    「米倉の演じてきた大門未知子は一匹狼の医師で、卓越した手術技術を強引さが取り柄でした。
    しかし、放映中から『もう少し人情味がある医師がいい』という声も少なからずあった。
    いま医療ドラマは人気番組になりやすいコンセプトなので、これをみすみす手放すのは惜しいというわけです」(同・編集者)

    そんな新しいドラマの主役候補に、柴咲コウの名前が挙がっているのだ。

    ■柴咲を主役にしてどんな医療ドラマに?

    「柴咲は米倉より6歳年下で、両者ともに凛とした雰囲気が特徴の個性派女優です。
    しかし、米倉は豪快な感じで、柴咲は繊細で女性っぽさが光る。
    柴咲なら、女性っぽさを活かした医療ドラマができるのではないかというのがテレ朝の目論見です」(女性誌編集者)

    柴咲は、映画化もされたフジテレビの連続ドラマ『信長協奏曲』でヒロインを演じ、NHKの大河ドラマ『おんな城主 直虎』で主役を務めるなど十分すぎる実績がある。
    それに加えて、柴咲のスケジュールには怪しい点があるという。

    「柴咲はどういうわけか去年の後半から今年の後半までドラマの予定が入っていないのです。
    ドクターXに代わる新ドラマのオファーがテレビ朝日からあったからだとみられています。
    大役なので彼女も返事を保留中なのではないでしょうか」(同・記者)

    決定したら壮大なプロジェクトになることに違いない。

    写真:
    (出典 myjitsu.jp)


    まいじつ 2018.06.05 21:00
    https://myjitsu.jp/archives/53324


    【【ドラマ】テレ朝 『ドクターX』に代わる医療ドラマの主役に柴咲コウを抜擢か】の続きを読む

    このページのトップヘ