気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: ドラマ



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 湛然 ★ :2019/02/13(水) 05:38:31.49 ID:IrgLqdgg9.net

    2019-02-13 05:14 オリコン
    沢尻エリカ、『白い巨塔』岡田准一の愛人役 印象は「思っていたよりチャーミング」

     女優の沢尻エリカが、テレビ朝日の開局60周年を記念し、5夜連続で放送予定のスペシャルドラマ『白い巨塔』に、主演の岡田准一演じる主人公・財前五郎の愛人・花森ケイ子役で出演することが発表された。

     原作は、1965、69年に新潮社より刊行された、作家・山崎豊子氏の同名長編小説。大阪の大学病院を舞台にした同作は、医療ドラマの枠を超えて人間の本性に迫り、山崎豊子作品の中でも“最高傑作”と言われている。

     財前の愛人でバー「ラディゲ」でホステスをしているケイ子。自立したひとりの女性として、大きな包容力をもって財前を支える彼女は、財前が心を許せる唯一の存在。医者を志していたケイ子は関西女子医大に入学するものの、医学界の封建制と矛盾だらけの人間関係に辟易(へきえき)とし、大学を中退。その豊富な知識と美貌、そしてホステスとして得た幅広いネットワークを駆使し、教授選を戦う財前を陰ながらバックアップしていく。

     正妻でもなく、同僚でもない、まして患者と医師という関係でもないケイ子は、財前のことを唯一“五郎ちゃん”と呼ぶ人物。呼称ひとつにも“愛人”という立場における強い信念がうかがわせる。そんなケイ子という役について沢尻は「世の中的には批判される立場にあるかもしれないですが…」と前置きをした上で、「ある意味、自分に正直に生きている人」と分析。

     役の設定上、岡田との共演シーンが圧倒的に多いようで、「撮影現場はすごく良い雰囲気です。今回共演してみて、思っていたよりもとてもチャーミングで面白い方なんだなと再発見しました。シリアスな方なのかな、という印象があったんですけど、ギャグを話されることもあり、『そういうことも言われるんだ!』という驚きも多いです(笑)」と印象を話していた。

     さらに『白い巨塔』という作品は「大人たちの黒い部分が渦巻く世界観がすごく印象的」と話し、「作品のいちファンとしても、この作品が今回どんな新たな形になって放送されるのか楽しみです」と、期待を寄せている。


    テレビ朝日『白い巨塔』主演の岡田准一演じる財前の愛人・ケイ子役は沢尻エリカ(C)テレビ朝日

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    https://www.oricon.co.jp/news/2129432/full/


    (出典 dorama9.com)


    【【ドラマ】沢尻エリカ、『白い巨塔』岡田准一の愛人役 岡田の印象は「思っていたよりチャーミング」】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/11(月) 20:44:21.83 ID:x6Lgl/wK9.net

    女優の有村架純(25)がインスタグラムを更新して話題になっている。
    有村が主演して2017年に放送されたNHKの連続テレビ小説『ひよっこ』は茨城県から出稼ぎのために上京した少女が描かれており、期間平均視聴率は20.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好記録を残していた。

    そんな中、有村は4日にインスタグラムを更新し、「『ひよっこ2』ポスターできました」とコメントし、ポスタービジュアルを披露。
    写真はウェディングドレスを着たみね子(有村)と、タキシードを着たヒデ(磯村勇斗)の笑顔が印象的な写真となっている。

    有村は放送日程について「NHK総合3月25日19:30~4夜連続放送です」と紹介。ファンに対して「お楽しみに」とつづっていた。
    この投稿に有村のインスタグラムには、「絶対見ます!」「これを楽しみにしばらく生きていける!」「来月まで待ちきれない!このコンビは癒しでしかない」といった声が集まっていた。

    朝ドラファンからの人気も高い作品となった『ひよっこ』。有村の宣伝によってファンの期待も膨らんだようだった。

    http://dailynewsonline.jp/article/1688340/
    2019.02.11 20:04 デイリーニュースオンライン


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    【有村架純、ひよっこ続編にファン歓喜「これを楽しみにしばらく生きていける!」】の続きを読む


    「福山じゃないなら見るのに」 早くもバッシングまみれの4月期ドラマ


    NO.7256747 2019/02/11 14:59
    「福山じゃないなら見る」 早くもバッシングまみれの4月期ドラマ
    「福山じゃないなら見る」 早くもバッシングまみれの4月期ドラマ
    1月期ドラマが後半戦を迎えようという時期だが、早くも、4月からスタートするドラマが発表され始めた。

    中には、早々に批判が集まっている作品もあり、TBS系日曜劇場の『集団左遷!!(仮)』もその一つ。

    福山雅治が同枠で初めて主演を務めるとあって話題を呼んでいる一方、ネット上での評判は芳しくないようだ。

    「福山は銀行の支店長を演じるそうですが、『何の役やっても福山本人』『演技力が求められるようなドラマ出て大丈夫なのか』『銀行の支店長にしてはあまりにも軽い風貌』といった声が上がっています。また、福山のドラマ主演は2016年4月期の月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)以来3年ぶり。『ラブソング』といえば、初回視聴率10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)からスタートし、その後は下降の一途。最低視聴率6.8%、全話平均視聴率8.5%と、月9とは思えない数字を叩き出す、散々な結果になりました。さらには、同年公開の主演映画『SCOOP!』も大コケ。『映画もドラマも滑ってるのに、何で主役なんだろう』『福山じゃないなら見るのに』といった声も噴出しています」(芸能ライター) 

    同じくTBS系で始まる、吉高由里子主演ドラマ『わたし、定時で帰ります。』も早々にバッシングを浴びているようだ。

    原作は朱野帰子の同名小説で、吉高はウェブ制作会社のOL役に挑戦。

    「必ず定時に帰る」ことがモットーのヒロインだという。

    「同作では、残業問題はもちろん、ブラック企業の問題も描かれるとのことですが、ネットユーザーからは『残念ながら、バリキャリ系の衣装着ても吉高は仕事ができる人に見えない』『この人は普通のOL役なんてムリ』などと指摘するコメントが。さらには、『「正義のセ」みたいな感じ? あれすごくつまんなかった』『「正義のセ」は、つまらなすぎて演技も役に合ってなかったよ』と、昨年4月期の主演ドラマ『正義のセ』を引き合いに出し批判する声も上がっていて、早くも暗雲立ち込めている状態です」(同)

    日本テレビでは、中条あやみと水川あさみのダブル主演ドラマ『白衣の戦士!』が波紋を呼んでいる。

    中条演じる明るい破天荒な“元ヤン新米ナース”と、34歳で婚活中の“がけっぷちナース”のナースコメディドラマだというが……。

    「あらすじが明らかになると、『「ナースのお仕事」みたい』『現代版「ナースのお仕事」か』というコメントが続出。観月ありさ&松下由樹のコンビで人気を博したドラマ『ナースのお仕事』(フジテレビ系)と設定が似ているといわれています。また、主演の中条については『かわいいけど演技はヘタ』『正直微妙じゃない?』『映画もコケてるのに、またゴリ推し?』といった冷たい声が寄せられてしまいました」(同)

    放送前から批判を集めてしまった3作。

    それぞれの視聴率の行方にも注目したい。
    【日時】2019年02月11日
    【提供】サイゾーウーマン


    【「福山じゃないなら見るのに」 早くもバッシングまみれの4月期ドラマ】の続きを読む


    「いだてん」絶不調!撮影現場を和ませる“アノ女優”とは?


    NO.7249139 2019/02/08 11:23
    「いだてん」絶不調!撮影現場を和ませる“アノ女優”とは?
    「いだてん」絶不調!撮影現場を和ませる“アノ女優”とは?
    NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』の視聴率が伸び悩んでいる。

    1月6日に放送された第1回放送が15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で発進すると、第2話は12.0%と下落、第3話は13.2%と少し上昇したものの第4話は11.6%、第5話は10.2%と、下降が止まらない。

    ドラマは来年の東京オリンピックを意識し、前回の1964年に開催された東京オリンピックまでのいきさつをテーマに描かれている。

    NHKは、朝の連続テレビ小説『あまちゃん』を大ヒットさせた宮藤官九郎を脚本に起用。

    日本で初めてオリンピックに参加した金栗四三役を中村勘九郎が、日本にオリンピックを呼んだ田畑政治役を阿部サダヲが演じ、ナレーションをビートたけしが担当するといった豪華な布陣となっているのだが……。

    「設定している時代の背景を丁寧に描いているため、ストーリーがわかりづらくなり、視聴者が物語についてこられないといった現象が起きているようです。それが視聴者離れの原因じゃないでしょうか」(テレビ局関係者)

    視聴率が上がらず、スタッフは頭を抱え、撮影現場にはピリピリとしたムードが漂っているというのだが、その空気を救っているのが、あの国民的女優だという。

    「このドラマの撮影が始まった昨年9月から金栗四三の妻役を務める綾瀬はるかさんが、ずっと現場の雰囲気を和気あいあいとしたものにしてくれています。最近は『論語』を読んでいるらしいのですが、『書いてあることが全然わからなーい』と大声で笑い飛ばし、スタッフの心をほぐしています。またジムに通い始めたようで、その成果をスタッフに見せるため腕立て伏せをしてみたり、とにかくマイペースで、周囲を温かい気持ちにしてくれていますよ」(制作会社スタッフ)

    クランクアップは今年の10月。

    長丁場な上に低視聴率で沈んでいる撮影現場を、綾瀬の人柄が和ませているようだ。
    【日時】2019年02月08日 08:00
    【提供】日刊サイゾー


    【「いだてん」視聴率絶不調!撮影現場を和ませる“アノ女優”とは?】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/05(火) 14:46:43.32 ID:PawBwNrU9.net

    現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」も、2月に入り“即席ラーメン”作りがいよいよ佳境。
    第18週「完成はもうすぐ!?」では、“鶏がらスープ”を完成させた長谷川博巳演じる立花萬平が、自宅の裏庭に建てた研究小屋に籠り、麺作りに明け暮れる日々を送っている。
    そんな中、なかなか“即席ラーメン”作りが始まらなかった事に対し「やっとかよ」といった視聴者のツッコミも上がっている。

    「10月に番組が始まって1カ月後くらいからネットでは『ラーメン作りはいつになるんだろうな』『ラーメン作りは来年からかな…』といった不満の声が聞かれました。
    実際に今回の朝ドラでラーメン作りが始まったのは、1月21日放送された第17週『ラーメンだ!福子!』からですから。放送開始から4カ月近くも待たされ、離れていった視聴者も多かったようです」(テレビ誌記者)

    ラーメン作りが始まった第17週の平均視聴率は21.8%と、かなり盛り返しているようだが、確かにここまでの道のりは長かった。

    「結婚前の幻灯機、戦争中の根菜切断機、戦後の製塩業、そしてダネイホンと、4カ月の間に様々な発明をして来た萬平ですが、
    モデルとなった日清食品の創業者・安藤百福も、萬平に負けず劣らずの発明家。
    幻灯機の開発や、製塩業を始め栄養食品の開発に取り組み、懇願されて信用組合の理事長になり、破綻して無一文になったことも事実。
    そういった意味では、創業者の半生を丹念に描いたともいえます」(芸能ライター)

    あと2カ月足らずで、チキンラーメンだけでなくカップラーメンの研究開発など、まだまだ話題は尽きない。
    しかし“もう一つ、何か足りない”と見る向きもある。

    「番組の公式ホームページの中で、萬平の妻である安藤サクラ演じるヒロインの福子は、『初めは耐えるだけの福子だったが、やがて夫を支え、背中を押し、引っ張っていく強い女に成長していく』とありますが、
    今の所は『夫を献身的に支えているだけ』にしか見えません。演技力に定評のある安藤だけに、今後に期待したいところですが…」(夕刊紙デスク)

    いよいよ完成に近づきつつある即席ラーメン。果たして“夫を引っ張っていく強い福子”を見ることができるのか。安藤演じる福子のサプライズにも、期待したいところだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1679973/
    2019.02.05 07:15 アサジョ


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【朝ドラ「まんぷく」即席ラーメン作りが遅すぎ!視聴者離れを止められるか?】の続きを読む

    このページのトップヘ