気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: ドラマ


    月9「民衆の敵」大爆死の篠原涼子 最終回 "聖夜に公開処刑" の危機?


    NO.5922611 2017/11/17 09:13
    月9「民衆の敵」大爆死の篠原涼子"聖夜に公開処刑"の危機?
    月9「民衆の敵」大爆死の篠原涼子"聖夜に公開処刑"の危機?
    また一人、フジテレビとの「絶縁女優」が誕生しそうだ。

    目下、視聴率が大爆死中の篠原涼子主演月9ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(フジテレビ系)。

    初回こそ9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録したが、2話以降は7%台に低迷。

    このままでは、月9ワースト記録である、西内まりや主演『突然ですが、明日結婚します』の全話平均6.7%という数字を下回る可能性も出てきている。

    「ドラマの内容が薄いことに加え、かなり早い段階から篠原主演の市議選モノとの情報がフジサイドから漏洩してしまった。リアル国政選挙直後の市議選モノというスケールの小ささもあって、ネット上では放送前からネガティブキャンペーンの嵐となっていました。そうした評判を耳にした視聴者の頭に“つまらないドラマ”というイメージがインプットされてしまったのも、不調の要因でしょう」(テレビ誌ライター)

    女性人気の高い高橋一生のパワーにも陰りが見え、この先、V字回復する要素がまったくないのが実情だ。

    篠原としても「月9史上ワースト女優」となれば、“主演女優生命”終了の可能性もあるだけに、ワースト更新の前に打ち切ったほうがまだマシにも思えるが……。

    「実は『民衆の敵』は、すでに全話分の撮影が終了しているんです。ですから、今から出演者を再び集めて、短縮版の台本で演じ直してもらうことなどできない。しかも最悪なことに、衆院選を避けて放送予定を1週ずらしたことで、最終回が12月25日になってしまった。他局はクリスマスにちなんだ華やかな特番を仕掛けてくるはずですし、はたして聖夜に政治モノのドラマを観たいと思う人がどれだけいるのか? 最終回でワースト記録更新ということも十分考えられます。低迷著しいフジは、ジャニーズから三くだり半を突きつけられたほか、松嶋菜々子、天海祐希、真木よう子から“もう二度と出たくない”と絶縁宣言されたともいわれている。篠原も、番組を盛り上げようとしないフジに、怒り心頭だそうですよ」(同)

    篠原とフジテレビに、“クリスマスの奇跡”が訪れることはなさそうだ。

    【日時】2017年11月17日 08:00
    【提供】日刊サイゾー


    【月9「民衆の敵」大爆死の篠原涼子 最終回 "聖夜に公開処刑" の危機?】の続きを読む


    ディーン・フジオカ、初主演作が大爆死!それでも「武井咲のせい」と言えない 事情


    NO.5918743 2017/11/15 11:16
    初主演作が大爆死!それでもディーンは「武井咲のせい」と言えない
    初主演作が大爆死!それでもディーンは「武井咲のせい」と言えない
    ディーン・フジオカの「民放連ドラ初主演作」は、どうやら“黒歴史”となりそうな気配だ。

    “逆輸入イケメン俳優”としてブレークしたディーンの主演ドラマ『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)が、視聴率1ケタ続きで大苦戦となっている。

    同作は人を脅すことで事件を解決する「脅迫屋」役のディーンと、お人よしの女子大生を演じる武井咲が織り成す“脅迫エンターテインメント”。

    しかし、視聴率は一度も10%を超えることがなく、第2話は初回の8.0%から5.7%へと急落。

    その後も回復の兆しが見えない。

    「視聴率三冠の日テレでは、久々の打ち切り候補となっています」(テレビ関係者) 視聴率低迷の理由については、ディーンの棒演技が指摘されてもいるが、“おディーン様”目当ての女性視聴者は「カッコイイ!」と大満足の様子。

    しかし、一般視聴者は武井の“あの部分”が気になって仕方がないようだ。

    「ドラマが始まる直前に妊娠を発表した武井のお腹に注目が集まっています。武井はどうもおなかが目立つタイプのようで、画面上でも妊婦なのを隠しきれていない。また、おなかを殴られるシーンでは、実際には殴られていないとわかりつつも、視聴者は思わずヒヤッとさせられたり、ヒールの高さやアクティブな動きが心配になって、内容がまったく入ってこないという声も聞かれます。収録現場では武井のつわりがひどくて、1シーン取るごとに休憩を入れなくてはならない。おなかが目立たない衣装に変更したり、脚本もアクションを抑えめにしたり、ゆったりした動きに変えるなど、収録に支障が出ているようですね」(日テレ関係者) 

    実際、ネット上では、女性たちから「妊娠初期のつわりがひどい人の顔色。これってメイクではごまかせないんですよ」といった書き込みも見られる。

    安心してドラマが見られないというのも、視聴率低迷の理由のひとつになっているのが実情だろう。

    「ディーン本人は苦戦の理由を、日テレの番組宣伝のやり方に改善の余地があると指摘しているといいます。しかし、ヒロインの武井が番宣で稼動できないため、PRの手法に限度があるのは彼もわかっているはず。ディーンは初主演ドラマを何がなんでも成功させたかったはずで、全力を出せない武井に対しても、腹に抱えているものがあるのは間違いない。しかし、それを口にすれば、『妊婦批判』だと叩かれるのは目に見えていますから、のみ込むしかない。結果、イライラの矛先を日テレに向けるしかないのでしょう」(前出・テレビ関係者) 

    ディーンとしては、どこまで商品価値を落とさずいられるか、ドラマ後半に向けて、厳しい戦いを強いられそうだ。

    【日時】2017年11月15日 10:00
    【提供】日刊サイゾー


    【ディーン・フジオカ、初主演作が大爆死!それでも「武井咲のせい」と言えない 事情】の続きを読む


    乃木坂46西野七瀬、20cmばっさりショートが可愛すぎる “人生初の姿”に - モデルプレス
    【西野七瀬/モデルプレス=11月14日】乃木坂46の西野七瀬が、2018年1月クール放送の土曜ドラマ24枠『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』(テレビ東京系)で、俳優の野村周平とW主演を務めることが決定。初主演ドラマとなる役づくりのために髪を20cmカットし、人生初の ...
    (出典:モデルプレス)



    (出典 xn--zck8ci9591bzonbkq1xt.com)



    1 ジョーカーマン ★ :2017/11/14(火) 14:36:31.59 ID:CAP_USER9.net

    人気アイドルグループ・乃木坂46の西野七瀬が、テレビ東京系で連続ドラマ化される桂正和氏原作の『電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-』(1月スタート、毎週土曜 深0:20)にビデオガール・天野アイ役でドラマ初主演に挑むことがわかった。
    七瀬は原作漫画のキャラクターイメージに合わせ、髪を20センチ、バッサリ切って人生初のショートカットに。
    「一所懸命やるしかないです。私にできることはそれだけ。がんばります」と、気合十分だ。

    原作は、1989年から92年まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載された桂氏の代表作『電影少女』(集英社)で、高校生の主人公・弄内洋太が不思議なレンタルビデオショップで借りたビデオを再生すると、いきなり美少女“ビデオガール・あい”が飛び出してくるSF恋愛漫画。

    ドラマ『電影少女2018』は、原作から25年後の現代が舞台。両親の離婚を機に、叔父の洋太の家で一人暮らしをすることになった高校生の弄内翔が、25年前のビデオテープを再生すると、「ビデオガール・天野アイ」と名乗る美少女が画面から飛び出してきて…。
    「おまえのいいとこ、ひとつめーっけ!」と応援してくれるアイと、翔の3ヶ月におよぶ奇妙な共同生活を描く。

    主人公の翔役には、野村周平が決定。乃木坂46のメンバーとしてグループを牽引するだけでなく、9月に公開された映画『あさひなぐ』で映画初主演を務めた西野は、野村とダブル主演で作品を引っ張っていく。

    ドラマ出演について西野は「うれしい」という喜びと、「今回私が演じるアイは元気な子。自分とは性格がだいぶ違う」という少し不安と、「ジャンプの黄金期の作品ですし、知ってる人が多いみたい」というプレッシャーが同居している心境を吐露。

    ショートカットにして、「乃木坂を卒業したら切ろうかな、と思っていました。良い機会でした。切ってよかったなって。学生時代もずっと長かったから、人生初のショートカットです。ここまで、首が出ているのは初めてなのでスースーするから皆に風邪ひかないでねって言われました」と、感想を話していた。

    25年ぶりに封印が解かれたビデオガールは、「自分のことをオレっていうし、男言葉を結構よく使うし。一人だけ90年代のままの女の子」というなかなか難しいキャラクターだが、原作者の桂氏は「天野アイを演じてくれて、ありがとうございます!!昭和のキャラクターをどんな風に魅せてくれるのか、とても楽しみ!!!」と、大きな期待を寄せている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000300-oric-ent

    『電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-』ビデオガール・天野アイ役に抜擢 西野七瀬

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)

    乃木坂46 西野七瀬

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【乃木坂46】西野七瀬、『電影少女』アイ役でドラマ初主演 20センチ髪バッサリ 人生初のショートカットに 】の続きを読む


    石田ゆり子 江口洋介など「恋の過去」のある3人と共演へ - livedoor
    アンケートサイト『ボイスノート』が行った「秋ドラマ『恋人にしたい女優』ランキング」で、同率1位の松岡茉優(22才)と綾瀬はるか(32才)に続き、本田翼(25才)と並んで3位に石田ゆり子(48才)が食い込んだ。 1回りも2回りも年下の女優たちと肩を並べても見劣りしない魅力をもつ ...
    (出典:livedoor)



    (出典 tukatti.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/11/13(月) 07:39:11.91 ID:CAP_USER9.net

    アンケートサイト『ボイスノート』が行った「秋ドラマ『恋人にしたい女優』ランキング」で、同率1位の松岡茉優(22才)と綾瀬はるか(32才)に続き、本田翼(25才)と並んで3位に石田ゆり子(48才)が食い込んだ。

    1回りも2回りも年下の女優たちと肩を並べても見劣りしない魅力をもつ石田は、「奇跡のアラフィフ」の呼び声も高い。
    昨年の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)以来ドラマに雑誌に引っ張りだこで、現在は、篠原涼子(44才)主演の『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)に、子育てと仕事に奔走する元新聞記者役で出演中。

    そして、来年1月クールの木村拓哉(44才)主演ドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)に、厚生労働大臣役で出演する。

    「拳銃などの武器を持たず要人を守るボディーガード(BG)の世界を描いた作品で、
    木村さんの同僚を斎藤工さん(36才)、ライバルを江口洋介さん(49才)が演じます。彼らが命を賭して守るのが、石田さんというわけです」(芸能関係者)

    だが、往年のドラマファンたちは石田と「3人の男たち」の名前に心のザワつきを抑えられない。なぜかというと、石田はそれぞれと「恋の過去」があるから。

    トレンディードラマ最盛期。主役の2人以上に気になったのが石田と江口の恋の行方。

    2人は1991年、36.7%の視聴率を記録した人気ドラマ『101回目のプロポーズ』(フジテレビ系)で共演。
    武田鉄矢(68才)演じる達郎が勤める会社の受付嬢役だった石田に、達郎の弟・純平役の江口が思いを寄せていた。

    「当時の石田さんは『お嫁さんにしたい女優ランキング』で上位に入るマドンナ的存在。
    石田さんが武田さんばかり気にして、江口さんの恋心は完全に一方通行。視聴者をやきもきさせました」(テレビ局関係者)

    木村とは淡い恋だった。1995年の『人生は上々だ』(TBS系)で共演。

    「石田さんは浜田雅功さん(54才)と、木村さんは戸田菜穂さん(43才)と結婚する役でしたが、心の底では石田さんは信頼を寄せ、木村さんも淡い恋心を抱いていました。
    2人が結ばれることはありませんでしたが、お似合いに見えたんですよね…」(前出・テレビ局関係者)

    そして斎藤とは2年前の『医師たちの恋愛事情』(フジテレビ系)に同僚医師役で出演。

    「年下男子の斎藤さんに、仕事人間で結婚願望のない石田さんが惹かれていく姿に同年代の女性はキュンとさせられました。
    作中同様に会見で2人が披露したハグは、伝説として語り継がれています」(前出・テレビ局関係者)

    甲乙つけがたい「恋の通信簿」。新ドラマでの恋模様が気になる。

    ※女性セブン2017年11月23日号

    http://news.livedoor.com/article/detail/13882513/
    2017年11月13日 7時0分 NEWSポストセブン


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【石田ゆり子 キムタク主演ドラマの3人の男との共演に往年ドラマファンザワつく?】の続きを読む


    ディーン・フジオカ主演ドラマ苦戦で漏れてきた現場の“不協和音” | アサ芸 ... - アサ芸プラス
    イケメン“逆輸入俳優”としてブレイクしたディーン・フジオカ。放送中の主演ドラマ「今からあなたを脅迫します」(日本テレビ系)が1ケタ視聴率続きで大苦戦を強いられている。
    (出典:アサ芸プラス)



    (出典 www.cinemacafe.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/11/12(日) 14:45:45.10 ID:CAP_USER9.net

    イケメン“逆輸入俳優”としてブレイクしたディーン・フジオカ。放送中の主演ドラマ「今からあなたを脅迫します」(日本テレビ系)が1ケタ視聴率続きで大苦戦を強いられている。

    「話題性抜群のフジオカについては言うまでもなく、原作は人気小説、ヒロインには結婚と妊娠を発表したばかりで話題性の高い武井咲を配し、日テレとしてもこのドラマには、かなり期待していました。
    ところが、視聴率はこれまで3回の放送で一度も10%を超えることはなく、局内もザワついています」(日テレ関係者)

    そうした中、当のフジオカ本人はドラマの苦戦の理由を、同局の「番組宣伝のやり方」に改善の余地があると指摘しているというのだ。

    「もともと、ディーンさんはミュージシャンとしても活動するなど、自己プロデュース能力にも自信を持っているだけに“数字”の悪さを受けてドラマを制作・放送する日テレサイドに対する言いたいこともあるんでしょう。
    ただ、ドラマの制作班を中心に『こっちだけのせいにされても…』という声も局内では起こっているんです。」(前出・日テレ関係者)

    現場の空気はかなり重いようだが、何とかフジオカとスタッフもより意思疎通を図り、その宣伝展開も合わせて、後半盛り返していただきたいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1374969/
    2017.11.12 09:59 アサ芸プラス


    【ディーン・フジオカ主演ドラマ苦戦で漏れてきた現場の“不協和音”】の続きを読む

    このページのトップヘ