気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: ドラマ



    (出典 menslonelydisney.club)



    1 湛然 ★ :2018/02/18(日) 05:08:29.73 ID:CAP_USER9.net

    2018年02月18日

    木村拓哉&山口智子:「ロンバケ」以来22年ぶりドラマ共演で“元夫婦”に 久々の再会でハグ

     元「SMAP」の木村拓哉さんと女優の山口智子さんが、社会現象を巻き起こした1996年の大ヒット恋愛ドラマ「ロングバケーション」(フジテレビ系)以来、約22年ぶりにドラマで共演を果たすことが18日、明らかになった。山口さんが木村さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第6話と第7話(22日、3月1日放送)に出演し、木村さん演じる民間のボディーガード・島崎章の元妻・小田切仁美(おだぎり・ひとみ)を演じる。

     2人はこのほど東京都内で、微妙な距離感の“元夫婦”の再会シーンを撮影後に会見。22年ぶりのドラマ共演について、木村さんは「この作品に参加してくれることにすごく感謝しています。山口さんとの撮影は『これこれ!』っていう感じがすごくあった。本番でカメラが回っているのにどこかノンフィクションな感覚になってしまって、『あぁ、昔もこうだったな』って何度も思い出していました」としみじみ。山口さんも「ついにまた会えると思いましたね。うれしかった」と共演決定時の心境を明かし、撮影について「むちゃくちゃ、安心感があるの。『あー、これこれ!』って。本当に感慨深く幸せな撮影でした!」と振り返った。

     ◇瀬名と南に戻った? さながらロンバケ最終回

     撮影に先立ち、衣装合わせのために同局を訪れていた山口さんは、スタジオで撮影していた木村さんの元を訪問。久々の再会に戸惑ったのか、山口さんの姿を見たときもすぐにはその場を動けなかった木村さんだったが、大きく手を広げた山口さんを力強くハグし、そのまま抱き上げるという「ロングバケーション」の最終回で瀬名(木村さん)と南(山口さん)が繰り広げた名シーンさながらの行動に出たといい、山口さんは「その状況に、一瞬で時計が巻き戻ったような不思議な感動でした。22年じゃなくて、22秒しかたっていないんじゃないかなという感じです!」と笑顔で明かした。

     今回、山口さんが演じる仁美は、章より2歳年上の姉さん女房。15年前に章と結婚し、ひとり息子の瞬をもうけるものの、6年前のある出来事をきっかけに別々の道を歩むことを選択。しかし、ここ3カ月ほど、誰かに狙われていると感じ、章に警護を依頼してくる。再婚した夫は若く優秀な研究者で「夫婦仲もラブラブ」と息子から聞かされ、実は気が気でなかった章は、思いがけない仁美との再会に心をざわつかせる……という展開だ。

    (>>2以降につづく)


    連続ドラマ「BG~身辺警護人~」で22年ぶりにドラマ共演した木村拓哉さん(右)と山口智子さん=テレビ朝日提供

    (出典 storage.mantan-web.jp)

    https://mantan-web.jp/article/20180217dog00m200000000c.html


    【【ドラマ】木村拓哉&山口智子:「ロンバケ」以来22年ぶりドラマ共演で“元夫婦”に 久々の再会でハグ】の続きを読む



    (出典 cdn.mdpr.jp)



    1 カーディフ ★ :2018/02/16(金) 01:28:30.55 ID:CAP_USER9.net

    「現場で2人の間にはピリピリした空気が流れていましたが、まさか、中村がこんな形で実力行使に出るとは…正直、恐ろしい限りです」(TBS関係者)

     現場からこんな穏やかならぬ声が漏れ伝わって来たのが、女優の吉岡里帆(25)の民放連ドラ初主演作品「きみが心に棲みついた」(TBS系)。

     初回から視聴率は1ケタに低迷。ドラマの内容自体はまったく話題になっていないが、吉岡と共演するモデルで女優の中村アン(30)が13日、
    自身のインスタグラムで公開した写真が話題を呼んでいる。

     中村は、ドラマ放送の告知と共に、吉岡との笑顔のツーショット写真、また、その背後に共演する俳優の桐谷健太(38)の姿が映り込む写真を掲載。

     ネット上では桐谷について、「気になってしまう」との声が相次いでいるが、吉岡を案じる声もあがっている。

     「真っ白な肌の吉岡の顔がかなり丸みを帯びて移り、まるでお笑いコンビ・にゃんこスターのアンゴラ村長です。それに対して、中村はバッチリの“決め顔”で、
    そうなると当然、吉岡のブサイクさが際立ちます。中村のインスタなので、吉岡の事務所の許可を取る必要はありませんが、あまりにも露骨過ぎる“公開処刑”でした」(芸能記者)

    https://wjn.jp/article/detail/0190604/


    【【これはヒドイ】ついに吉岡里帆の“公開処刑”に踏み切った中村アン】の続きを読む



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 湛然 ★ :2018/02/15(木) 05:18:21.91 ID:CAP_USER9.net

    [2018年2月15日5時3分]

    斉藤由貴7カ月ぶりドラマ、三谷氏の「黒井戸殺し」

     不倫騒動で「西郷どん」出演を辞退した女優斉藤由貴(51)が、フジテレビ系スペシャルドラマ「黒井戸殺し」(4月放送)でドラマ復帰することが14日、分かった。

     昨年7月期のTBS系連続ドラマ「カンナさーん!」以来7カ月ぶりとなる。

     脚本家三谷幸喜氏(56)が、アガサ・クリスティの名作「アクロイド殺し」を日本で初めて映像化する、野村萬斎(51)主演のオールスターミステリー。


    7カ月ぶりにドラマ復帰を果たす斉藤由貴

    (出典 www.nikkansports.com)

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201802140000767.html


    【「西郷どん」辞退の斉藤由貴、7カ月ぶりドラマ、三谷氏の「黒井戸殺し」で復帰】の続きを読む



    (出典 cdn.mdpr.jp)



    1 胸のときめき ★ :2018/02/05(月) 21:40:51.41 ID:CAP_USER9.net

     ドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)で初の連ドラ主演に挑んでいる女優の吉岡里帆に、「脱ぐ脱ぐ詐欺」の汚名が着せられようとしている。
    かつて面積の狭い水着グラビアで男性人気を博した吉岡が、1月16日放送の第1話で、このところ封印してきた肌見せを解禁。しかし第2話では打って
    変わって艶っぽいシーンがなく、「脱ぐと見せかけて視聴率を稼ぐ作戦」と、批判されているのだ。第3話ではアンダーウエア姿をたっぷりと見せたが、
    設定が痛々しいながら、また、脱ぐのでは?という期待だけは高まっている。

     その一方で、肌見せ封印の第2話には、別の観点からも吉岡に対する批判が寄せられているというのだ。テレビ誌のライターが指摘する。

    「本作はヒロイン吉岡を巡る三角関係がテーマ。第2話ではかつて自分をもてあそんでいた元カレへの未練を断ち切れない吉岡が、その元カレに
    『他の人に優しくしないで』と語るシーンがあり、ヒロインの発言に対して視聴者が『理不尽だ』といった不満や反発を抱いたようです。もっともドラマ内の
    セリフに批判が集まるのは、吉岡の演技がそれだけ真に迫っていたことの証拠。女優としては喜ばしいことですが、実はその演技に懸念の声もあがっています」

     とはいえ、ドラマとはあくまで演者が役を演じるもの。そんな当たり前のことは視聴者も理解しているはずだが、かつては強烈な役を演じたことで、
    演者の評価に影響を及ぼした例もあるというのだ。

    「07年に放送されたドラマ『ライフ~壮絶なイジメと闘う少女の物語~』(フジテレビ系)は、イジメられる側のヒロインを演じた北乃きいには当たり役となりましたが、
    イジメの主犯格を演じた福田沙紀には、そのイジメっぷりがあまりにもサマになっていたことから『本人も相当性格が悪いに違いない』『マジで後輩をイジメてそう』
    といった批判が集まったものです。そして福田自身にも『事務所から推されているから調子に乗っている』『ろくに挨拶もしない天狗』といった悪評があったことから、
    本作をきっかけに人気が急落し、表舞台から姿を消したと言われています。吉岡もその二の舞にならなければいいのですが…」(前出・テレビ誌ライター)

     確かに現在の吉岡は「売れたから調子に乗ってグラビアを封印するなど天狗になっている」との悪評もまとわりついている。ここは役柄のマイナスイメージが本人に
    影響しないよう、制作側にも細心の注意が必要となりそうだ。


    (出典 www.asagei.com)

    https://www.asagei.com/excerpt/97905


    【吉岡里帆、“脱ぐ脱ぐ詐欺”より懸念される「女優生命の危機」】の続きを読む



    (出典 s1.dmcdn.net)



    1 きゅう ★ :2018/02/04(日) 14:30:25.25 ID:CAP_USER9.net

     江口洋介、斎藤工、菜々緒ら長身の共演者を揃えた元SMAPの木村拓哉主演ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)だが、絶妙な“撮影マジック”が用いられていることを、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

     木村の身長は公称176センチ。SMAP時代は最長身の香取慎吾が183センチだったが、「香取と並ぶと明らかに10センチほどは違う。キムタク本人はやたら身長のことを気にしており、いつしか“シークレットブーツ疑惑”もささやかれるようになっていた」(テレビ局関係者)。

     そして迎えた今回のドラマ。BG=ボディーガードを演じるとあり、江口、斎藤は180センチ超え、菜々緒も170センチ超えとあり、木村の“身長問題”がクローズアップされることになりそうだったのだが…。

     同誌によると、木村が長身の共演者と対峙するシーンは、背の高さが分からないように撮影しているのだとか。

     画像を斜めにしたり、遠近法を使うなど、身長差が出ないようにしているというのだ。

     また、共演者が座っている時は木村が立ち、共演者が立っている時には木村が座るという“技術”も用いられているというのだ。

     「木村のドラマは演出のみならず、共演者との身長差にも配慮しないといけないのでカット割りがかなり面倒。その点、共演者がほかのジャニーズタレントや子役だとそのあたりを気にしなくていいのでありがたい」(映画業界関係者)

     1日放送の第3話の平均視聴率は13・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。第1話は15・7%、第2話は15・1%でダウンしてしまったが、同誌によると、なんと、1話あたりの制作費は1億円オーバーとみられるとか。

     このまま視聴率がダウンし続けるようだと、シャレでは済まされないようだ。

    http://wjn.jp/article/detail/5804996/

    (出典 images.wjn.jp)


    【【ドラマ「BG」】お見事! キムタクのある問題を巧みに誤魔化す“撮影マジック”】の続きを読む

    このページのトップヘ