気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    カテゴリ: 芸能



    (出典 www.newscafe.ne.jp)



    1 アブナイおっさん ★@\(^o^)/ :2017/04/27(木) 12:24:48.70 ID:CAP_USER9.net

     女優で歌手、神田沙也加(30)が俳優、村田充(みつ、39)と結婚することが26日、分かった。
    5月1日には個人事務所を設立し、母の歌手、松田聖子(55)から完全独立。最愛のパートナーと幸せな家庭を築いていく。

     97年に聖子と神田が離婚し、聖子のもとで育った沙也加は、中学3年だった01年に芸能界入り。
    だが、05年にロックバンドのギタリストだった交際相手(42)をめぐり、聖子と絶縁状態になり芸能活動を停止。1年半の休業を経て、ミュージカル女優の道を自ら切り開き、
    14年には映画「アナと雪の女王」の日本語版でブレークした。ともに出場した同年のNHK紅白歌合戦では、沙也加が歌う姿に聖子は涙するほど喜んだ。

     ただ、沙也加は今回、聖子との写真をインスタグラムに載せておらず、5月1日に伯父が代表を務める個人事務所を設立する。
    今後の母娘関係が気になるところだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12989607/


    【神田沙也加、母・松田聖子から独立へ 5・1個人事務所設立】の続きを読む


    高畑淳子 裕太さんについて聞かれ記者を一喝「人生台無しになった」 - livedoor
    昨年8月、高畑淳子(62)の長男・高畑裕太(23)が強姦致傷容疑で逮捕されたことは、まだ記憶に新しい。事件発覚当時、“大物2世タレント”のスキャンダルに、世間は大騒ぎ。淳子が行った“涙の謝罪会見”には報道陣300人が集まった。 しかし、その後事態が一変。有罪判決の ...
    (出典:livedoor)



    (出典 www.hochi.co.jp)



    0001 ストラト ★ :2017/04/28(金) 09:29:30.65 ID:CAP_USER9

    昨年8月、高畑淳子(62)の長男・高畑裕太(23)が強*致傷容疑で逮捕されたことは、まだ記憶に新しい。
    事件発覚当時、“大物2世タレント”のスキャンダルに、世間は大騒ぎ。
    淳子が行った“涙の謝罪会見”には報道陣300人が集まった。

    しかし、その後事態が一変。
    有罪判決の可能性も示唆されていた裕太だったが、被害女性との示談が成立し不起訴処分になったのだ。
    騒動から8カ月が経ったが、事件の傷が癒えない裕太は、いまだに“引きこもり生活”を続けているという。
    そんな息子に頭を悩ましている淳子が自宅から姿を現したのは、4月中旬の昼下がりのこと。
    彼女は周囲を警戒しながら愛車に乗り込み、自らの運転で都内にある老人ホームへ。

    「その施設には、淳子さんのお母さんが入ってらっしゃるんです。週に2回ほど、通っていらっしゃいますよ」(老人ホーム関係者)

    4月下旬、一家の近況を尋ねようとこの日も老人ホームから出てきた彼女を本誌は直撃した。
    「裕太くんは今、どうされていますか?」と聞くと「申し上げるつもりはありません」とひとこと。
    それでも記者が食い下がると、彼女はこう怒鳴りつけた。

    「ジャーナリストの端くれなら、本当のことを書いてくださいよ!」
    ――今までの報道で、どこが間違っているんでしょうか。
    「もうやめていただけませんか。それがどういう風に私たちに精神的影響を及ぼすか、お分かりになりません?」
    ――いや、しかし……。
    「もう、そっとしておいてください!彼は無実です!」

    会見以降、彼女が事件について口を開いたのは初めてだ。
    「何が事実と違うと思われているのでしょうか」と聞くと「もう不起訴になったんですよ。十分じゃないですか」と答える。

    ――ご本人がお話しされるべきでは。
    「いやです。(裕太が)いやだって言ってます!不起訴になった時点で、もう“潔白”じゃないですか!」

    強*致傷罪は非親告罪だが、結果的には示談が成立して被害女性が告訴を取り下げたため、裕太は釈放されている。
    しかし、その後も両者の言い分は真っ向から対立している。
    性交渉について、裕太側は「同意があったという認識」と主張。
    これに対して被害女性は『週刊現代』のインタビューで「同意はなかった」と反論している。
    淳子の主張する“息子の潔白”とはどのような意味なのだろうか――。
    さらに、記者が再び話を聞こうとすると、彼女はこう一喝した。

    「あの子の人生が台無しになったんですよ!」
     
    ヒートアップした彼女の勢いはもう止まらない。

    「私たちのところにくるのなら、相手の女の人と“あの男”のところにもちゃんといきなさいよ!」

    “あの男”とは、被害女性から連絡を受けて、事件を警察に通報した男性を指すのだろう。
    この男性については一部メディアで「暴力団関係者」と報じられ、さまざまな憶測も飛んだ。
    謝罪会見では「本当に申し訳ないという言葉しか見つからないです」と涙ながらに語っていた母だが、いまや思うところがあるらしい。
    彼女は最後に「本当のことを書きなさい!」と念を押すと、走り去っていった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170428-00010000-jisin-ent

    高畑淳子

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【高畑淳子、初めて語った“怒り”の胸中 記者を一喝「裕太の人生が台無しよ!」「本当のことを書きなさい!」】の続きを読む


    深田恭子 亀梨の「おいでよ」でKAT-TUN決起集会に同席 - エキサイトニュース
    KAT-TUNの亀梨和也(31才)と交際中の深田恭子(34才)が、KAT-TUNの決起集会に同席している場面をキャッチした──。 重厚な鉄の扉を開けて薄暗いエントランスを抜けると、毛足の長いブラウンの絨毯が続き、その先には天井まで届くほどのガラス張りの巨大なワイン ...
    (出典:エキサイトニュース)



    (出典 static.pinky-media.jp)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/ :2017/04/26(水) 20:18:02.71 ID:CAP_USER9.net

     KAT-TUNの亀梨和也(31才)と交際中の深田恭子(34才)が、KAT-TUNの決起集会に同席している場面をキャッチした──。

     重厚な鉄の扉を開けて薄暗いエントランスを抜けると、毛足の長いブラウンの絨毯が続き、その先には天井まで届くほどのガラス張りの巨大なワインセラー。その奥に、趣向を凝らしたいくつかの個室が並んでいる。

     4月中旬のある夜、そんなセレブ感漂う都内の高級カラオケバーの一室に、『KAT-TUN』の亀梨和也、上田竜也(33才)、中丸雄一(33才)の姿があった。

     昨年3月に田口淳之介(31才)が脱退し、「充電期間」という事実上の活動休止状態にあるKAT-TUN。2001年に6人で結成された同グループは、赤西仁(32才)や田中聖(31才)が抜け、現在は半数に。だが、苦楽をともにしてきた残る3人の結びつきは強い。上田は翌日、自身のブログにこう綴っていた。

    《昨日は久々にKAT-TUNで宴開いたぜ! いろいろ話してさらにやる気が出たぜ! みんな頑張ってる。俺ももっともっと頑張らねば!!》

     そんな3人の“決起集会”に、「特別なゲスト」がいたことはブログでは明かされていない。宴が始まったのは夜10時半過ぎ。1本10万円以上する高級シャンパン「サロン」で乾杯し、夜は更けていった。

     日付が変わってすぐ、店の前に1台の車が止まった。降りてきたのはマスク姿にきらきらと輝くストーンが埋め込まれたヒールを履いた1人の女性。KAT-TUNメンバーのいる個室へと入った彼女は、2人掛けのソファに座る亀梨の隣にそっと腰をおろした。その女性は、深田恭子だった。

     亀梨と深田の熱愛が発覚したのは昨年11月。2015年の映画『ジョーカー・ゲーム』、直後のドラマ『セカンド・ラブ』(テレビ朝日系)での連続共演がきっかけでふたりは交際をスタートさせた。

    「でもお互いトップアイドルと女優同士、おおっぴらに外でデートすることはなかなかできなかったんです」(ふたりの知人)

    続きはソース元記事で
    NEWS ポストセブン 4/26(水) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170426-00000017-pseven-ent


    【深田恭子 亀梨の「おいでよ」でKAT-TUN決起集会に同席】の続きを読む


    観月ありさ「26年連続30回目」連ドラ主演 業界が使いたがるワケとは? - THE PAGE
    「26年連続30回目」の連ドラ主演を続けている、観月ありさ. 女優・観月ありさ(40)が「26年連続30回目」の連ドラ主演を続けている。芸能界にあって、主演を務めることのできる女優はほかにもいるが、これだけの期間に渡って連続しての主演となると観月以外に思い当たらない。
    (出典:THE PAGE)



    (出典 everyday-e-news.com)



    1 シャチ ★@\(^o^)/ :2017/04/27(木) 14:00:51.46 ID:CAP_USER9.net

    女優の観月ありさ(40)が芸能界を辞めようと考えていた過去を明かした。

     27日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」で観月ありさがデビューから現在までについてのインタビューに応じた。

     観月は1989年にドラマ「教師びんびん物語」で脚光を浴び、「放課後」で連続ドラマ初主演。
    歌手としてもヒットを飛ばし瞬く間にトップスターとなったが、そのおかげで普通の生活がままならず
    「登校するだけで人だかりが出来てしまった」と、当時の苦労を振り返った。さらに
    「気の強いイメージから恐い人と思われてしまった」と続け、「芸能界を辞めようと思った」と、
    精神的に追い詰められていた事を明かした。

     そんな観月を救ったのが96年に放送されてヒットしたドラマ「ナースのお仕事」の朝倉いずみ役だったという。
    ドジで明るいナースの役のおかげで「イメージを変える事が出来た」と、観月は笑顔を浮かべた。
    「街で『これからも頑張ってください』と言われるようになって、それが活力になった」と、“朝倉いずみ”への感謝を語った。

    日刊スポーツ 4/27(木) 13:29配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-01814152-nksports-ent
    画像 観月ありさ

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【観月ありさ(40)「怖い人と思われ…」引退も考えた過去】の続きを読む


    神田沙也加、村田充と結婚へ 父・神田正輝との3ショットをInstagramで公開 - ハフィントンポスト
    女優の神田沙也加さん(30)が4月26日、俳優の村田充さん(39)と結婚することを、自身のInstagramで発表した。父・神田正輝も交えた3人の写真も掲載した。 沙也加さんは「仕事の面もより一層充実させていけるよう精進してまいります」などと次のように記した。
    (出典:ハフィントンポスト)



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 Egg ★@\(^o^)/ :2017/04/26(水) 13:03:52.67 ID:CAP_USER9.net

    歌手の神田沙也加と俳優の村田充が26日、それぞれのSNSで結婚を発表した。それを受け、ネットでは、神田が神田正輝と松田聖子の娘だと知らなかったというツイートが飛び交い、驚く声が上がった。

     神田と村田はそれぞれインスタグラムとブログで結婚を報告。神田は、父である神田正輝と、村田との3ショットをアップし、「仕事の面もより一層充実させていけるよう精進してまいります」とつづった。

     そんな沙也加の母が、歌手の松田聖子であることを知らない世代も多いようで、ツイッターには「松田聖子の娘だと知って色々驚がくしている」「松田聖子の娘だと知って戸惑いを隠せない」「松田聖子の娘だってことを初めて知って凄い衝撃」などの声が。

     逆に言えば、沙也加が聖子の“七光り”を利用せずに今の立ち位置を築いた証拠でもあるが、昭和世代からは「松田聖子の娘と知らない世代がいる事の方が衝撃」「まじで…?」「時間の流れに震えた朝」「ジェネレーションギャップ」と、驚きの声があがっていた。

    デイリースポーツ 4/26(水) 12:44配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000051-dal-ent


    【<結婚の神田沙也加>松田聖子の娘と知らない人続出にネット驚愕「まじで?」】の続きを読む

    このページのトップヘ