関ジャニ∞・錦戸の月9は有力株!? 1月期ドラマトップ&ワースト候補


NO.7161595 2018/12/29 14:51
関ジャニ∞・錦戸の月9は有力株!? 1月期ドラマ トップ&ワースト候補
関ジャニ∞・錦戸の月9は有力株!? 1月期ドラマ トップ&ワースト候補
2018年秋の連続ドラマは、米倉涼子が主演を務めた『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』(テレビ朝日系)が全話を通しての平均視聴率15.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でトップの成績を収めたが、すでに業界の注目は19年1月期のドラマに集中している。

そこで今回は、関係者に調査した新ドラマの前評判を紹介していこう。

「期待値ナンバー1なのは、北川景子主演で1月9日にスタートする『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)です。第1シリーズとなった16年の『家売るオンナ』は全話平均11.6%、17年のスペシャルドラマ『帰ってきた家売るオンナ』も13.0%を獲得した人気作品で、このたび続編を放送するとあって、再注目されています」(テレビ局プロデューサー) 

同ドラマは、不動産屋の営業で売上成績トップクラスの“家売るオンナ”こと三軒家万智(北川)が、大胆かつ豪快に家を売っていくという内容。

続編では“家売るオトコ”留守堂謙治(松田翔太)という最強のライバルが立ちはだかり、万智と火花を散らすようだ。

すでに作品のファンがついていること以外にも、強みがあるという。

「続編がトップ候補というのは、面白みに欠ける予想かもしれませんが……。変わり者の美女が主人公のお仕事ドラマというのは、『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)を彷彿とさせますし、また1話完結モノである点も、高視聴率が期待できる。前シリーズからのファンも多いでしょうしね。日テレは、10月期はおろか年間を通じて連ドラがコケまくりだっただけに、同作への意気込みは並大抵のものではないと思いますよ」(同) 

次に業界人から期待を寄せられているのは、フジテレビ系で1月7日に放送を開始する月9ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』だという。

「月9初主演の関ジャニ∞・錦戸亮が、科学捜査研究所の研究員・真野礼二を演じ、冷静沈着な鑑定で事件の真相を明らかにしていくという内容です。事件モノかつジャニーズ主演となれば、視聴率が期待できます」(マスコミ関係者) 

近年のフジは視聴率不振に悩まされており、かつては“看板枠”だった月9も低迷が続いていたが……。

「18年は、7月期の『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』が全話平均10.6%、10月期の『SUITS/スーツ』も10.8%と、3年ぶりに“2期連続2ケタ台”を達成。月9は路線変更してからいい波が来ているようなので、ぜひ『トレース』も後に続いてほしいところです」(同) 

一方で、業界内で先行きが不安視される作品も。

深田恭子主演で1月15日に放送開始の『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)である。

「同ドラマは、アラサーの塾講師・春見順子(深田)が、エリートな従兄弟・八雲雅志(永山絢斗)、不良高校生・由利匡平(横浜流星)、順子&雅志の同級生で匡平の担任教師・山下一真(中村倫也)というタイプの違う3人の男性との恋愛劇を、コメディタッチで描く作品です。漫画家・持田あき氏の同題コミック(集英社刊)が原作で、若い女性視聴者をターゲットにしているようですが、正直、それ以外の視聴者層には響かない気がします」(芸能雑誌編集者) 

深田は、16年にも、少女マンガ原作のドラマ『ダメな私に恋してください』(同)に主演し、全話平均9.5%を獲得していたが、今回は大コケもあり得るのだろうか。

「ただ、それよりも1月17日に初回を迎える『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系)の前評判が悪く、ワースト1位候補といわれています。同ドラマが放送される、テレ朝の木曜ドラマ枠は、数ある芸能プロのうち、研音とオスカープロモーション、ジャニーズ事務所で回す枠と言われていて、今回は研音の杉咲花が主演です」(同) 

ドラマの内容は、イベント会社に勤めることとなった派遣社員・的場中(杉咲)が、人の心を見通す特殊能力を使い、周囲の悩みを解決していくというもの。

脚本は、05年の『女王の教室』(日本テレビ系)や、11年の『家政婦のミタ』(同)などで知られる鬼才・遊川和彦氏が担当する。

「遊川氏のドラマとあって、話は面白いとは思いますが、『木曜ドラマ』枠は、『リーガルV』や『ドクターX』シリーズなど、硬派なドラマが人気だけに、視聴者層との相性がよくない気がします。あらすじを読む限り『深夜枠でも良かったのでは?』という声もありますね」(前出・プロデューサー) 

そんな1月期ドラマのラインナップには、“大きな特徴”があるとか。

「ずばり弁護士ドラマが多い点です。フジは竹内結子主演の『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(初回1月10日)、TBSは常盤貴子主演の『グッドワイフ』(初回1月13日)、日テレは坂口健太郎主演の『イノセンス 冤罪弁護士』(初回1月19日)をそれぞれ放送します。そもそも冬は在宅率が高いので、おのずと視聴率が上がるものですが、各局とも安定志向で、手堅く数字を取りに来ている印象ですね。この弁護士ドラマ3作品のうち、どれが人気を制するのかも見ものです」(同) 

果たして、スタートダッシュを決めるのは、一体どのドラマなのだろうか。
【日時】2018年12月29日
【提供】サイゾーウーマン



(出典 navicon.jp)








#1 [匿名さん] :2018/12/29 15:08

北川のはわかりきった内容だしな…錦戸のは前作の日テレの見たが滑舌が…期待してない中から良作出ることを期待する


#2 [匿名さん] :2018/12/29 15:23

科捜研のなんちゃらとか二番煎じ三番煎じじゃん(笑)

海外ドラマのCSIとか見たら日本のドラマなんてカスだね。
ましてやジャニタレか主演とか終わってるし(笑)
使う方も使う方だな・・・


#3 [匿名さん] :2018/12/29 15:36

ジャニタレはもういいよ
犬神家の一族の加藤なんちゃらってジャニタレも酷かったし


#4 [匿名さん] :2018/12/29 15:42

ダメだこりゃ


#10 [匿名さん] :2018/12/29 17:07

ジャニじゃつまらん‼️


#13 [匿名さん] :2018/12/29 19:17

観る気なっしんぐ‼️


#17 [匿名さん] :2018/12/29 20:50

どこでも構わんから時代劇やれ


#21 [匿名さん] :2018/12/29 21:28

科捜研の男(笑)


#23 [匿名さん] :2019/01/07 17:17

パクリもんやろ
科捜研の男ってなんだよ
他局の番組をパクるなよ
タイトルは原作と違って他局に寄せてるから完全なるパクリ
タイトルは『科学捜査研究所のナンパ師』にでもしろよ


#24 [匿名さん] :2019/01/07 17:19

錦戸はぶっちゃいくなくせにかっこ付けてるから好かん
悪ぶったかっこつけ
自分でかっこいいと思ってるんかね?






こちらもおすすめ!

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット