気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    2019年05月



    (出典 beef-6.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/05/01(水) 06:57:58.22 ID:XKQhDad29.net

     綾瀬はるか(34)に石原さとみ(32)、吉高由里子(30)に新垣結衣(30)。いま、ドラマの主演は彼女たちと相場が決まっている感がある。ところが、「ドラマのTBS」は、7月期の“本気枠”で思わぬ勝負に出た! 

     7月期のドラマでTBSがすでに発表したのは石原さとみ主演の「Heaven? ~ご苦楽レストラン~」。福士蒼汰や志尊淳といった配役からも気合いの入りようがうかがえるが、

    「火曜日22時からの放送なんですよね」

     と、TBS関係者が囁く。

    「うちのドラマは火、金、日。火曜日22時枠は若い女性向けで、視聴率より“話題性”重視の大穴狙いの枠。最近では、深田恭子主演の『初めて恋をした日に読む話』。ガッキーの『逃げるは恥だが役に立つ』が大穴的中の好例です」

     この枠で石原がどれだけ支持を得られるか見ものだ。

     そして21時の日曜劇場は、

    「高視聴率が望める人気ドラマ枠です。『下町ロケット』『天皇の料理番』といった、万人受けする“王道系”が多いのが特徴です」

     問題は、肝心要の金曜日22時枠。

    「通好みの作品が多く、うちの“本気枠”といえます。過去には石原主演の『アンナチュラル』、古くは『ふぞろいの林檎たち』『金曜日の妻たちへ』といった大ヒット作がこの枠でした」

     で、だ。石原から“本気枠”を奪ったのは……。

    ■米倉涼子を食った

     なんと、黒木華(29)である。先の関係者曰く、

    「まだ発表されていませんが、『凪のお暇(いとま)』。累計200万部を超える大ヒット漫画のドラマ化となります」

     彼女の起用にはもちろんそれなりの理由があって、

    「2016年春の火曜枠、『重版出来(しゅったい)!』で主演しています。平均視聴率こそ8%台だったものの、その1年前の『天皇の料理番』での好演とあわせて高評価でした。日テレの『獣になれない私たち』で嫌な女役を熱演し、テレ朝の松本清張作品『疑惑』の妖艶な演技は主演の米倉涼子を完全に食っていましたしね」

     そんな彼女について、

    「『はな』ではなく『はる』。この変わった読み方も彼女の活躍とともに浸透してきたのではないでしょうか」

     と語るのは、映画評論家の北川れい子さん。

    「ベルリン国際映画祭で銀熊賞を獲った山田洋次監督の『小さいおうち』では、いかにも昭和の女中という感じが出ていて素晴らしかったと思います。“しっかりした女優が出てきた”と強く印象に残りました」

    「凪のお暇」についても、

    「彼女なら大丈夫。回を重ねるごとに、観る人が主人公と一緒に成長できるような作品になるでしょう」

     と、早くも太鼓判を押す。しかし、彼女が通った追手門学院高校で演劇部顧問を務めていた阪本龍夫さんは、

    「マ、元気でやってくれさえすればいいですよ。こないだ、米倉さんと共演した『疑惑』を観ました。演技はうまいけど、米倉さんに比べると華がないね」

     勝負ドラマに必要なのは、華(はな)か、華(はる)か。

    「週刊新潮」2019年4月25日号 掲載

    5/1(水) 6:00配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190501-00560786-shincho-ent

    (出典 www.dailyshincho.jp)


    【石原さとみを差しおいてTBSドラマ「本気枠」に抜擢された黒木華】の続きを読む



    (出典 ryohappy.com)



    1 ブリティッシュショート ★ :2019/04/27(土) 23:25:08.10 ID:/+pVqo9R9.net

    堂本剛、40歳を迎えた心境語る「変わらない自分で生活できたら」

    Kinki Kidsの堂本剛が、13日に放送されたラジオ番組『堂本剛とFashion & Music Book』(bayfm/毎週土曜22:00~22:27)で、40歳になった心境を語った。

    4月10日に40歳の誕生日を迎えたばかりの堂本は、「不思議な気持ちでいっぱいです。自分が40歳になるときが来るんだなぁ」と感慨深げ。ジャニーズ事務所に入所した小学生のころを思い出しながら、「40歳までこういうお仕事を続けているとは想像がつかなかった。今のような生活をしてるとは思ってなかったし、辞めて海外にいるのかなっていうイメージだったので、現実はそうじゃなかったという気持ちです」と打ち明けた。

    続けて、「簡単なことじゃないけど、自分として生きていられるのが大事」だと語った堂本は、「40歳にはなりましたが、特に変わることもなく、普通に何となく過ごしていけたら。その中で出会う人もいれば、お別れする人もいるとは思いますけど、毎年毎年、変わらない自分で生活できたら。自分の体と相談しながら、色んなことにもチャレンジしていきたいと思っています」と40代への意気込みを語った。

    また、堂本は、自身の誕生日に合わせて、大好きなホットケーキの曲を作ったそう。「めちゃくちゃパーティーチューンですから。ほぼホットケーキしか言ってないけど盛り上がりますね」と自信たっぷりで、「5月のライブから多分やると思う。みんなが『ホットケーキ』って言いながら、手を挙げてる感じが異様なんで、早くやってみたい」と含み笑い。

    さらに、ソロプロジェクト「ENDRECHERI(エンドリケリー)」の新アルバムを制作中だと明かし、「全然ブレーキを踏んでなくて、ディープな曲をいっぱい作りました。早くみんなに聴かせたいっていう衝動に駆られています」とファンに向かって報告した。

    https://news.mynavi.jp/article/20190415-809484/


    【Kinki Kids堂本剛、40歳を迎えた心境語る。ソロアーティストとして「エンドリケリー」の新アルバムを制作中】の続きを読む


    STU48メンバーがジャニーズWESTの日記を”盗用”?疑惑 批判の声続出


    NO.7425730 2019/04/28 11:17
    STU48メンバーがジャニーズWESTの日記を"盗用"批判の声続出
    STU48メンバーがジャニーズWESTの日記を"盗用"批判の声続出
    アイドルグループ・STU48の新谷野々花が、ジャニーズ公式携帯サイトに掲載されたジャニーズWESTメンバーの日記を“盗用”したのではないかという疑惑が浮上している。

    独特なワードセンスや更新のタイミングから確信犯に近いとみられ、双方のファンの間で批判や擁護の声が飛び交っている状況だ。

    STU48はAKB48の姉妹グループで、瀬戸内7県を拠点に活動中。

    話題の新谷は2004年5月23日生まれの現在14歳で、「のんちゃん」の愛称でファンに親しまれている。

    そんな彼女がジャニーズWESTのファンを意味する“ジャスミン”である疑いが持たれ、ネット上で検証が始まった。

    「発覚のきっかけは、4月23日に新谷が『ブワー』とのタイトルで『STU48 Mobile』内のブログをアップしたこと。その中で彼女はゴールデンウィークの10連休に触れた後、『タピオカ カピバラ』『夜間押しボタン式かい』などと、突拍子もない単語を並べていました。この2つのワードは、ジャニーズWEST・重岡大毅が21日のWEB連載『な・に・わ・ぶ・誌!』に書いた内容とまったく同じなんです。また、重岡は普段から『ブワー』『ブワァー』といった表現を使っており、新谷の今回のブログタイトルと被っています」(ジャニーズに詳しい記者)

    さらには、重岡が2月11日に綴った一部の文章と、彼女の同16日のブログに一致点があるほか、重岡だけではなく、神山智洋の日記(2月2日付)のペットに関する記述と、同3日の新谷のブログも酷似していると、ジャニーズファンは指摘。

    特に「つまりみんなでまったりタイムです」(神山)「つまりまったりタイムです!!」(新谷)は、ほとんど一致しているため、偶然にしてはおかしいと、疑念を抱いたようだ。

    「STU48 Mobile」は月額324円(税込)で、Johnny's webも月額324円(税込)と、それぞれ有料制。

    つまり、“後出し”の形の新谷がジャニーズWESTのファンで、「な・に・わ・ぶ・誌!」を意図的に真似したと、予想しているのだろう。

    「新谷は愛犬を『コタ』と呼んでいるそうで、これもジャニーズWESTメンバー・小瀧望からヒントを得た名前だとジャニーズファンは指摘。『犬の名前コタなんでしょ。新谷野々花ちゃん、ジャニオタを敵に回したね』『愛犬の名前がコタはもう真っ黒』と、連載のパクリ説も確信していました。しかし、STU48ファンの書き込みによれば、実際の名は『小太郎』(こたろう)だといい、小瀧は無関係と主張。当然ながら、新谷のファンは彼女を庇っている人が多い印象です」(同)

    一方、騒ぎを把握した新谷は26日朝にライブ配信サービス「SHOWROOM」の放送にて、「本当にすみませんでした」「あのことについて本当のことを言うと……」と切り出し、自らの口で説明。

    本人の言い分によれば、ブログを書く締め切りの時間が迫る中で、本来なら自分で考えなければならないものの、ネタに困る時があったという。

    そして、「たまによく、お姉ちゃんの友達が家に来るんですけど、それで(ブログを)その書く時に困ってて。『面白い文章考えてや〜』って言ったら、スゴい面白い文章を教えてくれて。あ、めっちゃ面白いじゃん! と思って。で、その文章を書いてしまって。本当に何も知らずに。その時は本当にもうフワ〜ってしてて……」などと緊張気味に話していた。

    こうした釈明を受けて、STU48ファンは「スルーする選択もあったけど、謝ってる。冷静に判断できるしっかりした子」「14歳の女の子を寄ってたかっていい大人が責めるな。誰だって失敗あるだろ。朝から可哀想なことさせやがって」「アイドルがジャニオタで何が悪いのかわからないし、ブログは丸パクリじゃないから著作権侵害には該当しない」と本人を擁護。

    さらには、「ジャニオタは有料サービスのSTU48 Mobileのブログを晒したから規約に違反してる」と、ジャニーズファンを糾弾するコメントも上がっている。

    一方、ジャニーズファンからは「『すぐに謝って偉い』って言う新谷ファンが怖い。無理のある言い訳ってわからない?」「姉の友達が『面白いから』って、ジャニーズブログの内容を提供する? 言い訳って感じ」「ブログ書けなくて、その文章面白いから丸パクリってヤバくない?」と納得していない声が多数上がり、わずかながら「もしジャニオタなら、こんなバレバレなことする?」とパクリ説を懐疑的にみる声も。

    「ほとんどのジャニーズファンは、女性アイドルがジャニタレ目的で芸能界入りするのを快く思っていません。過去には、デビュー前のプリクラや情報などが流出し、“オタクバレ”した人がいますからね。例えば、乃木坂46・白石麻衣は関ジャニ∞・安田章大ファンだったとして有名で、NGT48・中井りかはKis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔を応援していたと、ネット上で問題視されていました。さらに、キスマイ・玉森裕太ファン疑惑のある日向坂46・加藤史帆が、キスマイと4月19日の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で共演すると、放送前から騒ぎに。加藤は2年ほど前、ジャニーズJr.内ユニット・Travis Japanの七五三掛龍也と『つながっているのでは』と、真偽不明のウワサが出回った人物で、彼女を要注意人物として見ているジャニーズファンも多いんです。アンチを増やさないためにも、新谷のような紛らわしい行為は控えるべきでしょう」(同)

    新谷のブログがわざとだったのかどうかはわからないが、今後もジャニーズファンにマークされる存在になってしまったことだろう。
    【日時】2019年04月28日 08:00
    【提供】サイゾーウーマン


    【STU48メンバーがジャニーズWESTの日記を”盗用”?疑惑 批判の声続出】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 豆次郎 ★ :2019/04/30(火) 09:01:36.41 ID:fewBKvS29.net

    4/30(火) 5:58配信
    デイリー新潮

    平成の間に「キムタク」が出演したドラマは27本
     テレビドラマの平成史は、すなわち木村拓哉(46)の歴史である――。なぜ、そう言えるのか? それは彼の出演した作品の視聴率が、極めて高いからだ。

     ***

     まずは「平成の連続テレビドラマにおける、最高視聴率のベスト15」を表にしてみた。ご覧いただきたい。

     15本の作品中、木村拓哉の主演作は4本も入っている。こんな俳優は誰もいない。

     ちなみに16位は「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系列:平成2~23年)の34.2%。こちらは泉ピン子が主演。ベスト“16”をOKとするなら、彼女は「おんなは度胸」と併せて2本の作品で、平成のドラマ史に残る視聴率を叩きだしたことになる。

    (中略)

    ◆第5位「ラブジェネレーション」
    「“カッコいいキムタク”という木村くんの演技において、最終完成型にして頂点だと思います。まだ独身でしたから、ストレートな恋愛ドラマという題材も、とても似合っていました。あと男性の持つ“エッチ”な側面を、とても上品に演じていたのも、印象に残っています。キムタクドラマの王道と言えるのではないでしょうか」

    ◆第4位「華麗なる一族」
    「TBSの55周年記念という大作でした。木村くんがプレッシャーを感じているのが演技からも伝わってきて、そういう面でも画面に引きこまれましたね(笑)。私は木村くんのキーワードは『頑固』だと思っているんです。確かラストシーンを巡って、演出担当と相当な議論をしたという報道が当時、話題になったはずです。そういう木村くんの頑固さというか一徹さが、あのドラマではプラスに働いていたと思います」

    ◆第3位「ビューティフルライフ」
    「『ラブジェネレーション』の木村くんが最もカッコいいキムタクなら、こちらの沖島柊二という役は、最高の“はまり役”でしょう。美容師という設定が完璧で、『いそうでいない、超リアルな夢の王子さま』でした。また彼の持つ頑固さが、職人気質とかプロ意識と通じる部分があって、美容師役に説得力を与えていたと思います。大好きで繰り返し見ているうちに、『やっぱりストーリーはベタだね』と我に返るんですけど(笑)木村くんが常盤貴子さん(46)が演じる町田杏子に惹かれていく姿がとても丁寧に描かれています。だからベタな展開だと気づいても、最後まで面白く見られるんです。ラストシーンも珠玉という表現がぴったりで、本当に傑作だと思います」

    ◆第2位「CHANGE」
    「『ええっ、CHANGE!?』と怒る人もいるかもしれないですね。役は内閣総理大臣。これほどリアリティがゼロの役はないでしょう。でも、ファンとして声を大にして言いたいのは、“史上最年少”の首相なんていう滅茶苦茶な役を演じられるのは木村くんだけということです。実際、もし木村くんが政界に進出すれば、首相になるのは間違いない(笑)。この作品はキムタク演技の“力業”が、ぎりぎりでドラマを成立させている。それが面白い。多分、多くの人は『HERO』を1位か2位にすると思いますが、木村くんの演じる久利生公平という検事はあまりにも完成しすぎて、隙のなさが好きになれません。対して『CHANGE』の朝倉啓太首相は隙だらけですけれど、キムタクのドラマ史上屈指の愛すべきキャラクターだと思います」

    ◆第1位「ロングバケーション」
    「俳優としての木村拓哉は、この作品で花開きました。“キムタク演技”の原点と言える、記念碑的なドラマだと思います。オンエア当時、SMAPファンの心がわしづかみにされたのは、木村くんの演じる瀬名秀俊も、山口智子さん(54)の葉山南も、共に人生最悪の状況で、それを慰め合うというストーリーだったからです。ご存知の通り、SMAPは遅咲きのアイドルとして、芸能界で苦労を重ねてきました。そうしたグループの持つ不遇の歴史が、瀬名秀明という役にフィットしていました。当時は若手だった竹野内豊さん(48)、稲森いずみさん(47)、松たか子さん(41)、広末涼子さん(38)が注目されたドラマでもあります。共演の人たちの知名度も高めながら、木村くんは『ロンバケ』で日本一のスターに駆けあがっていきます」

     木村拓哉は11月に47歳になる。つまり今年、元号は令和に代わり、キムタクの“アラフィフ”が現実のものになっていく。今後、テレビドラマや映画で、彼はどんな演技を見せるのだろうか? 

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190430-00561077-shincho-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 up.gc-img.net)


    【平成の間に「キムタク」が出演したドラマは27本 ファンが選んだベスト5を発表】の続きを読む


    サバンナ高橋、親族がみんな歯医者で「まぁまぁボンボン」


    NO.7430411 2019/04/30 15:00
    サバンナ高橋、親族がみんな歯医者で「まぁまぁボンボン」
    サバンナ高橋、親族がみんな歯医者で「まぁまぁボンボン」
    サバンナ・高橋茂雄が、4月26日放送の『ザワつく金曜日!一茂良純ちさ子の会』(テレビ朝日系)で実家の家業について語った。

    高橋は「実家が歯医者さん」と語り出し、「祖父、父、兄、親戚のおじさん、いとこも基本、歯医者さん」と親族に歯科医が多いことを明かした。

    数秒で虫歯を治す最新のレーザー治療の情報が紹介されると、高橋は「こんなの紹介されたらウチの兄貴(の歯科医院が)つぶれちまう」と嘆いていた。

    高橋は2018年6月17日放送の『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)でも家庭について触れている。

    彼は「今考えるとまぁまぁボンボンでしたね。(親は)車を、クラウン、ボルボ、アウディに乗ってました」とお坊ちゃん育ちだと告白。

    さらに、初めて虫歯ができ、「やっと実家が歯医者さんという “お得” を感じてムチャムチャうれしかったんですよ」と切り出した。

    父に治療を頼むが「いや、患者さん待ってるから後で」と言われ、少年時代の高橋は「何のために歯医者の家に生まれたんや」とブチ切れ。

    怒った彼は近所の別の歯医者に行くと、「高橋さん家の茂雄くん来てるけどどうする?」と父に連絡を入れられたことを明かしていた。
    ..



    【日時】2019年04月29日
    【ソース】Smart FLASH


    【サバンナ高橋、親族がみんな歯医者で「まぁまぁボンボン」】の続きを読む

    このページのトップヘ