気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    2019年04月



    (出典 tonboeye.com)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/04/01(月) 17:28:37.47 ID:mscVDWGX9.net

    4/1(月) 17:14配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190401-00000366-oric-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


     モデルのMALIA.(36)が1日、自身のブログを更新し、2017年11月に結婚した元Jリーガーでファッションモデルの三渡洲舞人(26)と離婚したことを報告した。

     ブログでは「この度、私MALIA.は三渡洲舞人さんと話し合いの結果、結婚生活を円満に解消することに致しました」と発表。
    「私の最愛なる子供たちともしっかり話し合い、このような結論になりましたことを、ご報告いたします。こらからの未来を、神さまから授かった4人の子供たちの事を最優先に、大切に守りながら生きていこうと思っています」と思いをつづった。

     MALIA.は2002年、当時横浜F・マリノスの田中隼磨選手と19歳で結婚。長男を出産したが04年に離婚し、翌05年に総合格闘家の山本“KID”徳郁さんと再婚した。同年に次男、さらに翌06年には第3子となる長女を出産したが09年に再び離婚。
    15年元日に当時横浜F・マリノスの佐藤優平選手と結婚したが、17年3月に離婚し、同年11月に三渡洲と“4度目”の結婚。翌18年8月に第4子となる男児を出産している。


    【【“KID”元妻】モデルMALIA.、4度目の離婚報告 17年11月に三渡洲舞人と結婚】の続きを読む



    (出典 dot.asahi.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/31(日) 11:53:59.66 ID:bTQaEeGb9.net

    ダウンタウン松本人志が、31日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、自身の引退について言及する一幕があった。

    28日、歌手の森昌子が今年いっぱいで芸能生活を引退することを発表した。森は会見の中で、引退のきっかけについて昨年還暦を迎えたことを理由に挙げていていた。
    これについて東野幸治が、松本に「60歳ってやっぱり考えるもの?」と質問。

    それに対し「もちろん考えるでしょ、全然考えるんじゃない? 60ってやっぱり」と回答した松本は現在55歳。
    「俺も(60歳まで)あと5年だから」とし、続けて「上岡龍太郎さん、紳助さんが大体60手前ぐらいで辞めてらっしゃる」と述べた。

    さらにその上で、「その流れを汲んでると自分で勝手に思っている。そう考えると、まあまあ、そこまで長くないんじゃないかなあと思いますよ」と語っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16244507/
    2019年3月31日 11時20分 RBB TODAY


    【松本人志、自身の芸能界引退に言及「そこまで長くない」】の続きを読む


    4月期ドラマ「大ヒット&大コケ」業界予想 爆死するのは…


    NO.7360758 2019/03/29 15:09
    4月期ドラマ「大ヒット&大コケ」業界予想 爆死するのは…
    4月期ドラマ「大ヒット&大コケ」業界予想 爆死するのは…
    間もなく各局で4月期の連続ドラマがスタートする。

    1月期は、菅田将暉主演『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)が全話平均視聴率11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でトップ成績を収めたが、業界内で注目を集めている4月期ドラマはどの作品なのだろうか。

    「まず安定して視聴率が取れそうなのは、TBS日曜午後9時枠で福山雅治が主演を務める『集団左遷!!』でしょう。2013年の『半沢直樹』や14年の『ルーズヴェルト・ゲーム』など数々のヒット作を生み出し、内容も“社会派”の作品が好まれている枠ですが、『集団左遷!!』の原作も作家・江波戸哲夫氏の経済小説。同ドラマで三友銀行蒲田支店の支店長・片岡洋を演じる福山も、フジテレビ系で07〜13年にかけてシリーズ化した主演ドラマ『ガリレオ』は高視聴率を連発し、10年に主演したNHK大河ドラマ『龍馬伝』も大好評で、役がハマれば強いです」(テレビ誌ライター) 

    このように“安心材料”が揃っているだけに、『集団左遷!!』の視聴率にも期待が寄せられる。

    「TBS関係者も、平均14〜15%を視野に入れて制作しているのでは。唯一“不安要素”を挙げるとすれば、福山は16年4月期に主演したフジの“月9”ドラマ『ラヴソング』で全話平均8.5%とコケた“前科”があることですが、『集団左遷!!』では、福山の本領が発揮されるはずです」(同) 

    次に、『3年A組』と同じ日テレ日曜午後10時30分枠で放送される『あなたの番です』にも、マスコミ間で好意的な声が上がっているという。

    「原田知世と田中圭のダブル主演で、マンション住人たちの“交換殺人ゲーム”に巻き込まれる夫婦の姿を描くミステリードラマです。企画・原案は音楽プロデューサーの秋元康氏で、2クール連続、つまり半年にわたって放送されることでも話題になっています。プロットや脚本が非常によくできていると、早くも業界関係者の間で評判になっており、日テレが2クール連続という異例の編成を組んだのもうなずけます」(テレビ局プロデューサー) 

    日テレとしては、勝負作である『あなたの番です』の前に、『3年A組』がヒットしてくれたことが、大きな安心となったのかもしれない。

    「しかし懸念されるのは、『3年A組』が若手キャスト中心だったのに対し、『あなたの番です』はキャストの年齢層が幅広く、視聴者層も変わってくる点です。とはいえ、18年4月期の『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で大ブレークした田中をはじめ、実力派の役者陣が多く起用されているので、恐らくヒットすることでしょう。昨年の日テレのこの枠で放送された連ドラの視聴率は、軒並み全話平均が1ケタでしたが、『3年A組』に続いて『あなたの番です』でも数字が取れれば、先々も安泰と言えそうです」(同) 

    一方、すでに業界内で「コケそう」とウワサされている新ドラマも。

    「フジテレビ火曜午後9時枠の『パーフェクトワールド』です。主演・松坂桃李、ヒロイン・山本美月ですが、キャストより脚本が不安視されています。原作は漫画家・有賀リエ氏の同題作品で、18年には三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE・岩田剛典と杉咲花で映画化。そこから満を持してのドラマ化とあって、フジなりの意気込みは感じますが、脚本がとにかく重く、“今ウケるドラマ”とは真逆の路線です」(芸能プロ関係者) 

    内容はラブストーリーながら、事故により車椅子生活を送る鮎川樹(松坂)と、高校時代の同級生・川奈つぐみ(山本)の“すれ違い”が描かれるそう。

    近年、ネット上では「重苦しい連ドラを見るのは疲れる」と言われているだけに、確かに数字が伸び悩みそうな気配もする。

    「ちなみに、松坂は18年に主演した映画『不能犯』『娼年』『孤狼の血』でさまざまな賞を受賞するなど、その演技力は評価されていますが、主演ドラマではこれといった代表作がありません。一度数字が落ち込むと、最後まで右肩下がりの“爆死コース”となる可能性が、非常に高いとみられます」(同) 

    最後は、日本テレビ水曜午後10時枠の『白衣の戦士!』だ。

    中条あやみと水川あさみのダブル主演で、今人気の“医療モノ”だが、業界内からはネガティブな意見ばかりが聞こえてくる。

    「元ヤンキーの新米看護師・立花はるか(中条)と、婚活中の先輩看護師・三原夏美(水川)の“お仕事コメディ”が繰り広げられるという同作。昨今、ポップでハートウォーミングな作品が好まれるものの、こと医療モノに関しては、シリアス路線が求められています。山下智久主演の人気シリーズ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)もシリアスなストーリーをベースに、人気をキープしていますし。しかし『白衣の戦士!』は“医療モノなのに軽い”ため、あまり話題にもならなそうです」(芸能ライター) 

    良い意味でも、悪い意味でも、業界評を裏切る作品はあるだろうか。
    【日時】2019年03月29日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン


    【4月期ドラマ「大ヒット&大コケ」業界予想 爆死するのは…】の続きを読む


    芸人にはリスクの高い「バイキング」、大量卒業の一方、好評価な芸人とは


    NO.7365158 2019/03/31 15:19
    「バイキング」芸人に厳しい 大量卒業の一方、好評価な芸人とは
    「バイキング」芸人に厳しい 大量卒業の一方、好評価な芸人とは
    フジテレビ系ワイドショー『バイキング』から、人気者が次々と姿を消している。

    月曜日のIKKO、火曜日のサンドウィッチマンとYOUが、この3月をもって曜日レギュラーを卒業したのだ。

    「以前はゲストとレギュラー合わせて、コンスタントに5〜6人のコメンテーターが出演していた『バイキング』ですが、最近は4人くらいになることも多く、スタジオがちょっと寂しく感じる日もありますね」(テレビ誌記者)

    坂上忍の歯に衣着せぬ意見が持ち味の『バイキング』だが、レギュラーコメンテーターにとっては少々難しい点もあるようだ。

    「普通のワイドショーなら、比較的素直にコメントをしていれば問題ないのですが、『バイキング』の場合は、坂上さんから無茶振りをされることも多い。特に芸人さんに対しては、デリケートな事件なんかへのボケを求められることも珍しくない。そこでうまく返せればいいのだけど、仮にスベってしまったら、不謹慎な発言にもなりかねない。正直言って、芸人にとっては相当シビアな番組です。生放送だから、そのまま電波に乗ってしまうし、サンドウィッチマンなんかは卒業でホッとしている部分もあるのではないでしょうか」(制作会社関係者)

    高度なボケを必要とするうえに、炎上する可能性も高いということで、芸人にとってはリスクが高い『バイキング』。

    だからこそ、過去にも何人もの芸人たちがレギュラーを卒業しているという。

    「たとえば、雨上がり決死隊や小籔千豊さん、ケンドーコバヤシさん、友近さんなどは、芸人への負担が大きい番組の方向性と折り合いがつかなかったがゆえに卒業となったといわれています。坂上さんとの関係性がどうということよりも、生放送でこのスタイルの番組に出演するということに対する考え方の違いがあったのではないでしょうか」(同)

    そんななか、坂上からの無茶振りにもしっかりボケで返しているのが、おぎやはぎ・小木博明、フットボールアワー・岩尾望、ブラックマヨネーズ・吉田敬の3人だ。

    ある構成作家は、こう評する。

    「小木さんは飄々とした感じで、本音をズバッと言うタイプ。岩尾さんは、例え話なんかを交えつつ、ボケっぽい感じで正論を言うタイプ。そして、吉田さんは多少不謹慎になりながらも、自分の本能的な意見を言うタイプ。三者三様だけど、それぞれちゃんと笑いにつなげるコメントをしています。決して目立つものではありませんが、3人とも芸人としての高いスキルを確実に見せていて、本当に脱帽です」

    厳しい現場『バイキング』で、しっかりと仕事をこなす芸人たちは、もっと高く評価されるべきなのかもしれない。
    【日時】2019年03月31日 12:00
    【提供】日刊サイゾー


    【芸人にはリスクの高い「バイキング」、大量卒業の一方、好評価な芸人とは】の続きを読む



    (出典 number.ismcdn.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/31(日) 19:26:17.20 ID:bTQaEeGb9.net

    今年の1月8日に現役引退を発表し、新年早々日本中を衝撃に包んだ〝霊長類最強女子〟こと吉田沙保里。
    最近ではバラエティー番組の出演が激増し、本格的なタレント転身を図っているが、テレビ的に〝使える人材〟ではないのかもしれない。

    3月24日、吉田は2時間半にわたって放送された特番『緊急SOS! 池の水ぜんぶ抜く大作戦~湖ぜんぶ抜いた! モンスター巨大魚4トン~』(テレビ東京系)にゲスト出演。
    『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳とともに山口県萩市を訪れ、戦国大名・毛利輝元ゆかりの萩城のお堀の水を抜いて生物捕獲にチャレンジした。

    しかし、吉田は持っていた網に魚がかかった瞬間、悲鳴を上げ「気持ち悪い!」と叫びながら陸地に避難。淳が全長1メートルの巨大魚を捕らえた際も「やだやだやだ!」
    「キャー気持ち悪い!」と疎ましくした他、泥にハマって身動きが取れなくなり、自分でも「私、足引っ張ってるだけじゃん…」と珍しく弱音を吐いてみせた。

    期待と違う活躍にイラつく視聴者
    一方、同放送の別ロケに参加した橋本マナミ、稲村亜美らは泥の中でも果敢な動きを見せ、顔を汚しながらも巨大魚をキャッチする根性を披露。
    『AKB48』大家志津香に至っては泥に潜む魚に突っ込んでいくファイトも見せ、吉田より貢献していることは火を見るより明らかだった。

    視聴者からも、

    《化粧バッチリでキャーキャー気持ちわるーい言うだけで何しに来たんだ?》
    《AKBのヤツがやってるようなことが本来求められた役割なのに》
    《実は乙女らしいってギャップで面白くなるパターンもあるけど、この番組でそういうのはいらない》
    《吉田沙保里さん出演失敗でしたね。今まで役立たずだった俳優さんよりさらにいらなかった》
    《魚見て「きゃ~気持ち悪い」… じゃあ来るなよ うっとうしい こんなゲスト見たことねーわ》

    などといった意見が続出。助っ人のような扱いを受けながら活躍できなかった吉田に、厳しい声が上がってしまった。

    「吉田は4月から日本テレビ系の情報番組『ZIP!』の金曜メインパーソナリティーを務めます。
    しかしネット上の意見を見ると、この起用は評判が悪く、『朝はきれいなタレントや女優が見たい』『金曜だけは見ない』という書き込みもかなり散見されるのです。
    まだ慣れが足りないだけかもしれませんが、現時点で吉田のタレント転身は厳しいと言わざるを得ないでしょう」(芸能記者)

    レスリングのパワハラ問題ではダンマリを決め込み、その信頼を失墜させてしまった吉田。
    国民栄誉賞を獲得するほど慕われたかつての名選手は、タレントとして好感度を回復させることができるのだろうか…?

    http://dailynewsonline.jp/article/1753849/
    2019.03.31 17:30 まいじつ


    【吉田沙保里『池の水』出演も“アイドル気取り”に批判が続出「何しに来たんだ?」】の続きを読む

    このページのトップヘ