気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    2019年01月



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/19(土) 21:25:15.00 ID:ul7cBk5w9.net

    フジテレビ木曜22時枠の連続ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』の第二話視聴率が、5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)に急落した。第一話は9.3%だったので約3ポイントの下落。
    内容を見れば、それも当然だろうと言わざるを得ない。

    第一話はアイドルグループの内輪もめとメンバーへの殺害予告→実はセンターのメンバーがトランスジェンダー(FtM)でアイドルを辞めたがっていた→グループが解散してハッピーエンド、というあまりに雑なつくりだった。
    そして第二話もあれこれ盛り込みすぎで、視聴者がドラマにのめり込める内容になっていない。

    大手広告代理店の女性契約社員が男性クリエイティブディレクターによるセクハラとパワハラ被害を訴えたという事件。
    会社側からこの事態を収束させるべく依頼されたスキャンダル専門弁護士・氷見(竹内結子)だが、女性は事件を告発するための記者会見を行ったうえ暴露本も出版するが、
    被害女性はこのディレクターとかつて交際しており、会社はこのディレクターの盗作行為を黙認するブラック企業状態で……と様々な問題を突き止める。結局、会社に謝罪会見をさせてディレクターは退社する。

    第一話もそうだったが、危機管理の超敏腕であるはずの氷見は、依頼人の望むような解決できているのかまず疑問になってしまう。
    アイドルグループの揉め事は、番組中にあるメンバーがセンターのメンバーを突き飛ばして炎上したことが発端だが、ファンに向けた説明もなく解散宣言をしただけで炎上が収まるはずがない。
    むしろグループ内のイジメ問題などが推測され、事態がますますカオス状態になるだろう。

    その第一話は、生放送でアイドルが謝罪し解散宣言した場面が、SMAPがかつて同局『SMAP×SMAP』でおこなった謝罪会見を彷彿させるとして話題になったが、
    第二話は一般女性がセクハラ被害を訴える記者会見をおこない暴露本を出したくだりなどが「詩織さんを連想する」とSNSで話題に。
    また激務の広告代理店という舞台から「はあちゅうの#metooを意識しているのか」との指摘もある。

    ドラマ制作側としては、時事ネタ盛りだくさんで“現代的なドラマ”だと言いたいのかもしれないが、どの事象も表面的かつ一面的な取り扱い方に終始しており、消化不良を起こしている。
    敏腕のはずの氷見率いるチームの解決方法にも、視聴者のみならずドラマ内の「世間」が全く納得していないだろうことがうかがえ、スカッと要素さえない。
    これまで取り上げたテーマはいずれもセンシティブだが、「トランスジェンダーってこんな感じだろう」「セクハラを会見で訴える女なんてこんなヤツだろう」といったイメージによる虚像が、風船のように軽い。

    映像はスタイリッシュ、役者陣も芸達者揃い、音楽もカッコイイ、なのにつまらない。
    理由は、「実はこうでした」「真相はこうなんです」という展開の仕方が稚拙だから、に他ならないのではないだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1658315/
    2019.01.19 13:05 wezzy


    (出典 news.walkerplus.com)


    【竹内結子の無駄遣い?ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』視聴率5.8%に急降下 【ネタバレ注意】】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)



    1 ひかり ★ :2019/01/20(日) 18:41:45.28 ID:AWmfsrkE9.net

     女優・高畑淳子の息子の裕太(25)が、ホテルの従業員への性的暴行で逮捕されたのは、およそ2年前のこと(不起訴)。
    いまだ叶わぬ表舞台のそのウラで、ひそかに恋を育んでいた。

     ***

     1月18日、裕太の姿は都内某所のライブハウスにあった。21時半頃、6人組が店を後にし、近所の居酒屋へと向かう。
    最後尾を歩くのは裕太。そしてよくよく見れば、先頭を歩くのはダンサーの菅原小春(26)だ。昨年末の「紅白歌合戦」では、
    徳島県から中継した米津玄師の出演時にパフォーマンスを披露し、話題を呼んだ。

    「実は裕太さんと菅原さんは、昨年3月頃から交際しているんです」

     と明*のは、舞台関係者。実はこの日、先のライブハウスでは菅原の姉であるタテジマヨーコが出演するイベントが
    行われていた。のちにギターケースを抱えたタテジマも合流したことから、“妹の彼氏”も交えての打ち上げというところだろうか。

     日付が変わって、午前1時過ぎ。菅原がひとり居酒屋を出て、流しのタクシーをつかまえた。乗り込むも発車はせず。追いかけるように遅れて裕太が現れ、
    ドア越しに菅原と言葉を交わす。他のメンバーの目を忍んでの、つかの間の“逢瀬”。その後タクシーは走り出し、
    裕太は夜の街を歩き出した――。

     当人たちは何と答えるか。菅原サイドは本人に代わり、姉が「(交際しているか)私の口からは言えません」と答える。
    一方の裕太も、本人ではなく母の淳子が対応し、こうほのめ*のだ。

    「もう、いい大人ですから……」

     関係者の間では“結婚”の2文字もちらつく2人の関係。1月24日発売の週刊新潮では、裕太と菅原のツーショットと併せ、
    詳しく報じる。

    週刊新潮WEB取材班

    2019年1月20日 掲載

    新潮社

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190120-00555430-shincho-ent

    (出典 www.dailyshincho.jp)


    (出典 www.dailyshincho.jp)



    (出典 robamimireport.com)



    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    【あの「高畑裕太」に恋人発覚? お相手は紅白“米津玄師コラボ”ダンサー】の続きを読む



    (出典 www2.myjcom.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/17(木) 17:46:49.47 ID:tqdvFewV9.net

    戦隊ドラマや仮面ライダー出身俳優で結成され、中高年女性を中心にじわじわと人気を集め、昨年末の『NHK紅白歌合戦』に悲願の初出場を果たした男性5人組のアイドルグループ『純烈』。
    キャッチフレーズの「夢は紅白、親孝行」を文字通り達成した『純烈』の初スキャンダルを1月10日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じ、大きな騒動となった。

    「今回、文春に報じられたのは純烈ではコーラスと振付を担当する、元『仮面ライダーアギト』(テレビ朝日系)出演俳優の友井雄亮(38)。
    友井は交際相手のA子さんにたびたび暴力をふるい、さらに妊娠していたA子さんが流産してしまうと、“逆によかったやん”と、心ない言葉で彼女を深く傷つけたそうです。
    また2016年頃にB子さんという40代の女性とも交際しており、B子さんの貯めていた3000万円を友井が使い込んだとか。
    『紅白』に出場した直後の、今年一年の活躍を期待するときにとんだ過去が明かされてしまったものです。ファンの胸中は計り知れません」(芸能記者)

    友井は1月11日に会見を開き、報道を認めたうえで「純烈のスローガンに反する行動をしてしまった。純烈を脱退し、芸能界から身を引きます」と引退を発表した。
    さらに友井をのぞくメンバー4名が1月15日に謝罪会見を開き、リーダーの酒井一圭(43)は引退した友井に対し、「僕の中でアイツは死にました」と厳しい言葉で決別を言い渡した。

    「純粋であり、かつ強く正しく節操や分別がある」「志を変えずに最後まで貫く」というスローガンで結成された純烈。だが、友井がそのスローガンを見事に裏切ってしまったようだ。

    「昨年3月に都内に1日限定でオープンされた居酒屋『純烈』の取材会で、実はリーダーの酒井がこの報道を予言していたんです。酒井は“メンバーがもてるんです、だからスキャンダル解禁は2019年。

    紅白に初出場してから”と語っていましたが、まさか本当のことになるとは……」(前出の芸能記者)

    自ら宣言した「スキャンダル解禁」の流れは止まらないのか、過去の女性関係トラブルも噂されている。

    「酒井は2001年に放送された『百獣戦隊ガオレンジャー』(テレビ朝日系)でガオブラック役を演じているんですが、
    実はヒロインのガオホワイト役を演じていた当時16歳の女優と交際していた過去があるんです。
    ドラマで共演して交際に発展するのは芸能界ではよくありますが、戦隊モノのヒーロー同士の恋愛は絶対タブー。
    さらに16歳の少女との交際ですからね。撮影中もデートやお泊まりをして、周囲にもバレバレ。
    もちろん二人は純愛で、友井のケースとは比べるまでもありませんが、ルール違反はルール違反です。
    これにはその女優のマネージャーもブチ切れていたようですよ。純烈メンバー3人は40代ですから人生経験もなにかと豊富です。
    過去を掘り返されると今の時代ではバッシングされてしまうようなことも、さまざま出てきそうです」(前同)

    これ以上、全国の女性ファンを失望させてほしくないが、はたして純烈の未来はいかに?


    http://dailynewsonline.jp/article/1655861/
    2019.01.17 17:30 日刊大衆


    (出典 asajo.jp)



    (出典 ssl-cache.stream.ne.jp)


    【【純烈】“妊娠流産”“DV”だけじゃなかった「純粋じゃなかった過去」】の続きを読む


    元貴乃花親方、河野景子が”ネタ切れ”…賞味期限はさんま次第!?


    NO.7204405 2019/01/19 13:32
    元貴乃花親方、河野景子が"ネタ切れ"…賞味期限はさんま次第!?
    元貴乃花親方、河野景子が"ネタ切れ"…賞味期限はさんま次第!?
    元フジテレビアナウンサーの河野景子が13日、トークバラエティ番組『行列のできる法律相談所3時間SP』(日本テレビ系)に出演、昨年離婚した元夫、元貴乃花親方から、明石家さんまとの共演をプッシュされたことを明かした。

    番組では、もともと河野が新人アナウンサー時代からさんまに好意を持っていたことや、結婚直前や離婚直後の今回などの節目にさんまと共演したことに触れた。

    これに、さんまは「離婚原因は俺!」などとマイナストークを笑いに変えてフォローした。

    在京情報番組スタッフは「河野さんはもちろん長男の花田優一、元貴乃花親方と、とにかく昨年はワイドショーに何度もネタを提供してくれた。登場人物それぞれがキャラ立ちしており、何か起こしてくれる。我々にとっては、これ以上ないおいしすぎる人たちです」と語る。

    だが、相撲部屋を閉じて相撲協会を退職、さらには離婚と、ある意味、いきつくところまでいってしまった状態の花田一家。

    このままいけば、確実にネタ切れするのは時間の問題だ。

    この救世主としてさんまに期待したいという。

    「今回の共演で元夫妻はもちろん、優一くんのことも知っており、それをうまく仕切って笑いにできるのはさんまさんだけでしょ。登場人物誰とも共演があり、それぞれから信頼されているのは大きいですね。河野さんはこのまま、メディアでの露出を増やしていきたいだろうけど、とにかく飽きられたら終わりですから。再婚、国政進出などまだまだ花田一家は話題がある。それをどう料理するか。彼らの賞味期限は、さんまの腕次第といっても過言ではありません」(芸能関係者)

    お笑い怪獣の手腕に期待したい。
    【日時】2019年01月19日 10:00
    【提供】日刊サイゾー


    【元貴乃花親方、河野景子が”ネタ切れ”…賞味期限はさんま次第!?】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/01/18(金) 21:10:18.82 ID:zBxCEoLj9.net

     NGT48の山口真帆がファンの男から暴行を受けた事件が、いまだ波紋を広げている。

     8日に山口がツイッターなどで告発したことにより、明らかになった今回の事件。10日には運営側からの説明がないまま、山口が公演中に謝罪したことにより、騒動はさらに炎上し、14日になって運営会社AKSが初めて会見を行ったものの、山口側と公式発表の見解が異なることもあり、ネットではいまだ混乱が続いている。

     そんな中、15日になって新潟商工会議所がNGT48を起用した「新潟港開港150周年記念スペシャルムービー」の動画を非公開にしていることが判明。またローソンでも、NGT48とコラボした企画「NGT48×ローソン おいしいパンをつくり隊キャンペーン」について、ページは残っているものの、メンバーが出演している動画が非公開となっている。

     そんな中、同日にNGT48を起用したCMを中止にしていた新潟の食品メーカー「一正蒲鉾」は中止発表直後に株価が上昇。ネットからは「日本国民の正義感って捨てたもんじゃない」「運営が思っているほど、世間は甘くないってことが証明された」「投資家たちも一正蒲鉾がまともな企業って判断したんだろうね」といった声が集まっている。

    「ネット上ではNGT48を起用している企業などの一覧が作られており、NGT48の起用中止を企業側に求める動きも出ています。今後も“NGT降ろし”が加速していく可能性も否めないでしょう。NGT48関連のニュースは新聞などでも、今や『芸能』ではなく『社会』面で扱われており、歯切れの悪い運営にもますます批判が集まっている状態です」(芸能ライター)

     一方、15日には元ももいろクローバーZの有安杏果からの芸能界復帰発表後に、ももクロ公式サイトが「仕事じゃないお知らせ」として、「これからのストーリーお互い頑張ろうね」とコメントを掲載。ネットからは、「NGTと比べてまさに神対応」「比べるものではないけど、天と地ほど対応が違う」といった声も寄せられていた。

     一部では、事件に関与した男が山口ではなく、別のメンバーの「太客」だったとも報じられている。アイドル界のみならず、経済界や社会全体に広がった今回の騒動。果たして今後のNGT48の活動はどうなるのだろうか――。

    2019年01月16日 18時20分 リアルライブ
    https://news.nifty.com/article/entame/rl/12184-45413/


    【【NGT48】ももクロの評価が上がり、CM中止企業の株価上昇? NGT事件の意外な影響】の続きを読む

    このページのトップヘ