気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    2018年11月



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/31(水) 18:03:22.13 ID:CAP_USER9.net

    大相撲の元横綱・若乃花でタレントの花田虎上が、30日に自身のアメブロを更新。
    ステーキ専門の飲食店チェーン『いきなり!ステーキ』に行き、600gのステーキを完食したことを明かした。

    花田は「疲れてる、元気が出ない。という事でまた来ました!いきなりステーキ!結局毎日肉を食べています」と明かし、
    ハイボールを飲んでいる写真や大根サラダの写真を公開した。

    また、ブログでは「国産リブロースステーキ600グラム」をナイフで切って頬張っている動画なども公開、
    「今日の肉は脂身が多かった」としながらも「もちろん完食」と食べ終わった皿の写真を公開し、
    「600グラムでも足りなかった 次は700グラムにしようかな?」とまだまだお腹に余裕がある様子。

    これに対してファンからは「お兄ちゃんいい顔してますね。」「600って、スゲェーです」「たくさん食べて元気になって下さいね」「めちゃ美味しそう~!!」などのコメントが寄せられている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15526950/
    2018年10月31日 17時29分 アメーバニュース


    (出典 tblg.k-img.com)



    (出典 iwiz-cmspf.c.yimg.jp)


    【花田虎上、『いきなり!ステーキ』で肉600g完食も「足りなかった」】の続きを読む



    (出典 img.jisin.jp)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/10/31(水) 20:40:12.84 ID:CAP_USER9.net

    10/31(水) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181031-00000019-pseven-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    今月からソロコンサートが始まるASKA

     10月下旬、東京・目黒区の閑静な住宅街の各戸に1枚のビラが配布された。それは「認可保育所設置の検討について」と題され、1つの「計画地」が示されている。現在、そこにあるのは薄い黄色の塗り壁が印象的な100坪ほどの豪邸、ASKA(60才)の“元自宅”だ。

     2014年5月、覚せい剤取締法違反の疑いでASKAが逮捕されると、家主不在となり、2017年以来、ずっと売りに出されていたが…。

    「地下1階、地上2階建てで音楽スタジオまで備わる豪邸でしたが、なかなか買い手がつきませんでした。内覧した人からは“殴った後なのか、壁にボコボコと穴が開いていた。全体がカビている感じで、買う気にならない”という声もあったようです」(地元の不動産関係者)

     そんな豪邸にようやく買い手がつき、再来年の春、認可保育園になる計画だという。待機児童問題の解消につながる“よい買い手”が見つかったと思いきや、保育園の運営会社によれば、「まだ検討の段階なのですが、すでに多くの反対の声が届いています」(広報担当者)と言う。

     今年10月、東京・南青山で児童相談所などが入る複合施設開設計画に対し、一部の住民から「資産価値が下がるのでは」といった反対の声が上がる騒動があった。ASKAの“元自宅”周辺も、大物芸能人や政治家が多く住む高級住宅街だ。さらには“元事件現場”だけに、事情はますます複雑になっている。

     小さな子供を持つ近隣の母親は眉をひそめる。

    「覚せい剤をやっていた“現場”が保育園になるなんて、イメージが悪すぎます。いくら近所でも、さすがに通わせるのはためらいますね」

    「あの事件でマスコミが毎日集まってきた当時のことは、近隣住民のトラウマになっています。もう静かな環境を壊さないでほしい」

    “ASKA宅”のお騒がせはまだまだ続きそうだ。


    【ASKAの4億円豪邸が保育園になる計画浮上、近隣から反対も】の続きを読む



    (出典 realsound.jp)



    1 胸のときめき ★ :2018/10/31(水) 19:23:36.62 ID:CAP_USER9.net

    10月も終わりを迎え、秋ドラマの人気傾向も徐々に明らかになってきたこの季節。今期は、戸田恵梨香主演の『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)が、若手・中堅女優の主演作では独り勝ちの様相を呈している。

    同ドラマで戸田が演じるのは、若年性アルツハイマーに侵された女医。相手役はムロツヨシが演じ、病を越えた2人のラブストーリーが描かれていく。

    放送開始前、重い設定や古典的な恋愛ドラマが「現代にはウケないのでは」と不安視されていたが、初回視聴率は10.4%と二桁の好発進。さらにその後も10.6%、10.9%と、3話まで一度も数字を下げない“右肩上がり”で推移している。

    一方、他の女優主演ドラマはというと、有村架純主演の『中学聖日記』(TBS系)はここまで全話6%台で“消費税割れ”の大爆死。新垣結衣と松田龍平のダブル主演ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)も初回こそ11.5%だったものの、2話以降は8%台まで数字を落としている。


    再評価されつつある戸田の実力

    『大恋愛』の第2話はバレーボール中継の延長で、開始時間を55分も繰り下げての放送だった。それにもかかわらず数字を上げたことで、業界では戸田の評価も高まっているようだ。

    「正直、業界ではいい意味で衝撃が広がっていますね。今はお涙系の恋愛ドラマがはやる時代じゃありませんから、放送前の『大恋愛』は“打ち切り作品”の最有力候補と目されていました。今年で30歳を迎えた戸田は本格派女優に脱皮しつつありますし、今後も業界内の需要は高まっていくでしょう」(テレビ雑誌編集者)

    一方、立場が危うくなりそうなライバルもいるようで…。

    「逆に言うと新垣は、今後が少し心配になります。戸田と新垣は年齢が同じ30歳で、芸歴や路線も同じような道をたどってきています。しかしここへ来て女優としての評価に差が開いたことで、新垣が戸田に“お株を奪われる”なんてことも十分考えられますよ」(同・編集者)

    戸田は新垣より一足先に“アイドル女優”から“女優”になったと言えるのかもしれない。

    https://myjitsu.jp/archives/66014


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    【【秋ドラマ】戸田恵梨香と新垣結衣「明暗」30歳“女優”として実力差クッキリ】の続きを読む



    (出典 news.walkerplus.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/28(日) 08:37:56.73 ID:CAP_USER9.net

    今年3月、オフィス北野を退社し、新たに立ち上げた会社『T.Nゴン』に移籍したビートたけし(71)。

    独立したことで映画製作からは一歩距離を取った格好だが、レギュラー番組を6本も抱え、精力的に仕事をこなしている。

    しかし、プライベートでは、たけし軍団のメンバーや若手芸人、俳優らと飲み歩くこともなくなり、「セミリタイアするのではないか……」との話も出ている。そんなたけしに、「声が出なくなった」と心配の声が関係者から上がっている。

    2017年10月に爆笑問題が所属する事務所のお笑いライブ『タイタンライブ』に「立川梅春」の高座名で出演した、たけしだが、

    「約25分、落語を披露したんですが、全盛期のキレとはほど遠く、言葉に詰まったり、息切れするなどしていました」(ベテラン放送作家)

    との衝撃的な目撃談も、すでに出ている。

    「90年代後半に、たけしさんはファンだという女子医大生に〝姉ちゃん、いい医者になりなよ?と声をかけたことがあったんです。
    ところが、その女性が医者になって、2005年頃に偶然再会。現在、彼女はたけしさんの主治医になり、健康管理に務めているといいます。たけしさん自身も、体の大きな〝変化?に気づいているようです……」

    たけしに近い関係者は、こう心配する。その一方で、

    「最近のたけしさんは、語尾が不明瞭で何を言っているのか分からないこともしばしば。言葉が聞き取れないため、テロップが入れられないことがあるんです」

    こう嘆くのは、ビートたけしが出演する番組を長年手がける番組制作ディレクターだ。続けて、「最近は急に感情的になったりするので、現場はヒヤヒヤしています」(前同)

    2015年には番組で共演したライターに、勘違いで「おまえ、なんか俺の悪口、週刊誌で書いていたらしいな。よく俺の番組出てこれたな?」と、アウトレイジばりの怖さで詰め寄ったこともある。

    どうやら〝感情?のコントロールがうまくできていないようだ。

    これは病気の兆候か。産業医で、「下村労働衛生コンサルタント事務所」代表の下村洋一氏が解説する。

    「隠れ脳梗塞は無症候性脳梗塞と言って無症状ですが、一過性脳虚血発作(TIA)の場合は、脳内で一時的に血流が悪くなって血栓ができ、
    一過性脳虚血発作を起こした結果、呂律が回らない、思うように言葉が出てこない、顔面麻痺のように顔が歪んでしまうといった予兆が見られます」

    しかし、あくまで一過性なので症状が収まり、本人に脳梗塞の自覚がなく治療しないこともあるという。

    「その結果、このTIAを何度も繰り返して、ついに本格的な脳梗塞を起こした典型的パターンが田中角栄元首相です。
    TIAは、それが脳のどの場所で起きたかで予兆の出方が異なります。
    記憶などを司る脳の側頭葉だと認知症のような物忘れ、前頭葉だと性格を司る部分なので怒りやすくなるなど性格の変化として表れる場合もあります。
    たけしさんがもし、こうした症状が出ているなら心配です。一度、精密検査したほうがよいかと思います」(前同)

    10月29日発売の『週刊大衆』では続けて、71歳のたけしを襲う脳梗塞の前兆について特集している。

    http://dailynewsonline.jp/article/1551131/
    2018.10.28 07:30 日刊大衆


    【ビートたけし(71)「声が出ない!」関係者が恐れる“脳梗塞”の前兆】の続きを読む

    このページのトップヘ