気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    2018年11月



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/29(木) 18:20:17.01 ID:CAP_USER9.net

    事実であれば、とても興味深い内容だろう。

    吉岡里帆が番組ロケ中に突如泣き出したという出来事をネットメディア「日刊大衆」が報じ、なかなかパンチがある内容ということで世間の注目を集めているようだ。

    その記事では芸能プロ関係者と名乗る人物の談話を紹介。その関係者によれば、11月23日に放送されたバラエティ番組「火曜サプライズ」(日本テレビ系)の
    アポなしロケに参加した吉岡は番組収録前にひょんなことがきっかけで泣き出してしまったという。
    その泣き出した原因というのが、共演の阿部サダヲがよく見たらイケメンという話題で現場が盛り上がっていた際、
    会話の中で「目を隠すと、佐藤健にそっくり」という話が出たそう。

    すると、吉岡は突然泣き出してしまい、ロケバスに駆け込んだという。

    「何でも、吉岡は『別れることになった佐藤健さんの名前を本番前に急に出されるなんて…私、このまま明るく本番をするなんて無理です!』と話して、ひどく落ち込んでしまったのだとか。
    元カレの佐藤の名前がふいに出てきたことで取り乱してしまったようですが、周囲は悪気があって、佐藤の名前を出したつもりもなかったようですから、その後、吉岡は気を取り直して、ロケに臨んだのだとか」(エンタメ誌ライター)

    この報道を受け、ネット上では「やっぱり2人は付き合ってたのか」と、吉岡と佐藤が交際していたという事実に驚いたうえで、「やはり佐藤は吉岡里帆のボディを堪能していたか」
    「里帆ちゃんを泣かせるなんて許せない」など、佐藤への嫉妬の声が上がっている。

    「吉岡は昨年8月、深夜に佐藤の自宅マンションに濡れた髪のまま通っていたと『女性セブン』に報じられていました。
    その時の記事では、吉岡と佐藤は共通の趣味を持っていて、佐藤の自宅や友人宅に夜な夜な集まり、朝まで遊ぶこともあると紹介されており、
    記事を読む限り、親しい友人といった感じの印象でした。
    しかし、プレイボーイの印象がある佐藤の家で一夜を明かしているということを考えると、男女の関係を疑ってしまうのも仕方がないところですから、
    今回の報道で『やっぱりか』と肩を落とした吉岡ファンも多かったようです」(前出・エンタメ誌ライター)

    吉岡を含め、今まで多くの女性を泣かせてきたことであろう佐藤。ただただ、うらやましいの一言に尽きる。

    http://dailynewsonline.jp/article/1589897/
    2018.11.29 09:59 アサ芸プラス


    (出典 kyou-kita.net)


    【やはりあの俳優と付き合ってた!? 吉岡里帆、「失恋ショックでロケ直前に号泣」報道の波紋】の続きを読む



    (出典 www.musicvoice.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/30(金) 16:39:58.95 ID:CAP_USER9.net

    歌手の西野カナが、11月25日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)に出演。自身の作詞法を大公開したのだが、ネット上ではその手法に賛否が別れている。

    この日の同番組は「共感ソング特集」と題し、世の女性が「これ、私のことだ!」と共感するような歌を徹底深掘り。
    若い女性を中心に絶大な支持を誇る西野をゲストに招き、共感される歌詞作りの秘密を聞き出していった。

    多数の「共感ソング」を持つ西野だが、中でも特に有名なのが、2015年リリースの『トリセツ』という楽曲。
    当時から「女心がそのまま表れてる」「分かるけど男からしたら面倒くさい」などと大論争を巻き起こしている同楽曲について、西野は作詞法を赤裸々に公開した。

    したたかな“マーケティング作詞法”
    西野はまず、“企画書”として楽曲のコンセプトや設定を考えだした後、一旦自身で詞を書きだすと告白。
    その後はアンケートや友人への取材を行い、多かった回答や自分の意見を交えながら歌詞に落とし込む“マーケティングリサーチ”手法を採っていると明かしていった。

    統計や聞き込みといった大掛かりな作詞法に、ネット上では驚きの声が続出。しかし一方で、

    《ネタ集めてるだけやん》
    《そりゃ多かった回答使えば共感を得られるわな》
    《何か薄っぺらい歌詞だと思ったら自分の経験じゃなかったのかよ…》
    《「トリセツ」を「私のための歌」って言ってる子がめちゃくちゃ多い理由が分かった》
    《共感性のために多かった回答を利用するって、要はウケだけを狙った産業音楽なのね》
    《アーティストなら人がどう思うかより自分の伝えたいことを詞に載せようよ》

    などといった声も目立ち、楽曲同様に“賛否両論”を巻き起こす事態となっている。

    “アーティスト”に対して作家性やクリエイティビティを求めている視聴者は、まるでIT企業のようなヒットさせることを主眼にした“マーケティング作詞法”に裏切られたように感じたのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1591291/
    2018.11.30 10:30 まいじつ


    【“売れれば”いいのか?西野カナが公開した“作詞手法”に批判殺到?】の続きを読む


    渡辺謙の所属事務所、『とくダネ!』南果歩の独占インタビューに激怒!相次ぐ「記事削除」 に


    NO.7100518 2018/11/29 22:00
    渡辺謙の所属事務所、南果歩に激怒!相次ぐ「記事削除」
    渡辺謙の所属事務所、南果歩に激怒!相次ぐ「記事削除」
    11月29日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で放送された南果歩の独占インタビューを巡って、芸能メディア界隈に波紋が広がっている。

    放送後に掲載された各メディアの後追い記事が、次々と削除されているというが……。

    離婚後、初のテレビインタビューとなった南。

    放送では、今年5月に離婚した渡辺謙との結婚生活から、夫の不倫を知った経緯や心境など、あけすけに話していた。

    「渡辺は胃がん、南は乳がんと、夫婦はそれぞれがんを患い、手術を受けています。互いに支え合う美しい夫婦像と、各メディアでは盛んに取り上げられていたものですが、2017年3月に『週刊文春』(文藝春秋)報道で、渡辺とホステス女性の不倫関係が大々的に報じられました」(芸能ライター) 

    放送で南は、不倫については「記者の手紙で知った」と明かし、「頭が真っ白」になったという。

    心労から眠れなくなり、食事も満足に取れずで、8キロも激ヤセしてしまったそうだ。

    「その後は病院に通うこととなり、南は医師のすすめもあって一時は日本を離れていたと話しました。さらに、離婚の決定的な理由は不倫発覚ではないと断言しながらも、『決定的なことがあったけど、それはちょっとお話できない。(不倫が離婚の原因では)まったくない。私も(結婚は)2回目なので、最後まで一緒にいようと思っていた」などと、一部は含みをもたせたままでしたが」(同)

    そして放送終了後には、各スポーツ紙のウェブサイトが、南の発言を中心としたニュースをこぞって報じていたものの、午後にはそのほとんどが削除されてしまった。

    「実は渡辺の所属するケイダッシュが、今回の放送に激怒していて、各メディアに“後追い禁止令”を出しているんです。すでに掲載してしまった社もこれにならい、自主的に記事を削除しているようです。ケイダッシュ幹部は南の所属事務所や、放送したフジテレビにも怒り心頭で、今後は何らかの“落とし前”を要求するかもしれません」(芸能プロ関係者) 

    南は今回、出演する舞台『オイディプスREXXX』の宣伝の一環として、出演を引き受けたようだ。

    「しかし南は、一部女性誌の直撃にも、渡辺との離婚についてペラペラとしゃべっているだけに、本人からすれば『なぜ私だけ苦しまなければならないの』という心境なのでしょう。離婚成立から半年が経過していますが、まだまだ吐き出したいものは残っているようです」(同) 

    ここにきて突然の復讐劇を開始した南。

    不倫騒動の第2ラウンドが開幕してしまうのだろうか。
    【日時】2018年11月29日 18:38
    【提供】サイゾーウーマン


    【渡辺謙の所属事務所、『とくダネ!』南果歩の独占インタビューに激怒!相次ぐ「記事削除」 に】の続きを読む



    (出典 type.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/29(木) 20:38:16.11 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ『オリエンタルラジオ』中田敦彦が“絶口調”だ。11月21日放送の『オリエンタルラジオ中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』(ニッポン放送)で、
    東京・乃木坂にアパレルショップ『#HBW TOKYO』を出店したと発表した。

    中田は出店した経緯について「きっと人は何にでもなれるから、っていうことを、このラジオで半年間かけて俺は伝えたいと。それがテーマなんですよ」と語っている。

    これまでにも中田は、独自にグッズを販売。「幸福洗脳」というTシャツを1着1万360円で販売し、見事に爆売れしたそう。「先輩芸人の半年分の収入を1週間で稼いだ」と手応えを口にしていた。

    それに気を良くしたのか、今度は実店舗を出すことに。その店舗の目玉商品の1つであるシルバーアクセサリーのお値段は、何と13万円。
    中田は「ゴリゴリのアクセ見た? すっげーの置いてるからね、ぜひ試着してほしいんだよね。たっけーから! たっけーから! あの、それはなかなか買えないと思うんだけど(笑)」とラジオで宣伝。

    さらに「俺、タレントやってるじゃないですか。みんなが平日働いて、仕事終わりにどういう行動を取るかって考えたこともなかったから、そういうのが一個一個新鮮なんですよね」と経営戦略の楽しさを見出しているようだ。


    俺、タレントやってるじゃないですか
    しかし中田の態度にネット上では、

    《モノの言い方気を付けろよ》
    《すごい上からだね。何かこんなに調子こいちゃって大丈夫? と思う》
    《「俺、タレントやってるじゃないですか」の部分だけで腹が立つ》
    《ジュエリーや貴金属販売なんて、売れなくなった芸能人の定番のやり方》
    《幸福洗脳っていうテーマ? が気持ち悪い》
    《中田をオシャレと思ったことないのにアパレル? ただの勉強オタクが勘違いしちゃったの丸出し。 学習ドリルの監修でもしてれば?》

    などとボロクソだ。

    「中田は月額1000円で入会できるオンラインサロンも経営。サロン内ではオフ会やバーベキュー大会で中田に直接会うことができるというが、ライブのチケットを中田などから直接手売りされるといいます。
    このように“信者”を相手に稼いでいるので、アクセサリのデザインや品質は関係ないのかもしれません」(芸能記者)

    お笑い芸人としてはイマイチだったが“教祖”の素質はあるのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1590506/
    2018.11.29 19:00 まいじつ


    【もはや教祖!? 『オリラジ』中田敦彦が超高額アクセ販売に「人は何にでもなれるからっていうことを俺は伝えたい」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/19(月) 18:50:31.66 ID:CAP_USER9.net

    今年の8月に芸能界を「引退」した元フリーアナウンサーの小林麻耶さん。11月11日には、著書「しなくていいがまん」(サンマーク出版)を発売したのだが、これが売れ行き好調。早くも増刷が決まったという。

    「小林は、12日の自身のブログで『嬉しいご報告!』とタイトルを打ち『なんと!増刷!が決まりました 皆さまのおかげです。。。。。。。。本当にありがとうございます』と喜びを綴りました。
    さらに翌日のブログでも『またまた嬉しいご報告です!!』のタイトルで、『な、な、なんと!!!本日も、増刷が決まりました。
    発売初日、2日目と増刷が決まり、こんなに嬉しいことはありません…』と、2日連続で重版したことを報告しています」(女性誌記者)

    著書「しなくていいがまん」は、フリーアナウンサーからの転身、体調不良による強制終了、最愛の妹・麻央さんとの別れ、
    そして運命の出会いを経て結婚に至るまでの激動の半生を生きた小林さんが、今だからこそ伝えられる「自分らしく生きること」について綴ったもの。
    人間関係や仕事、結婚などをテーマに「がまんをしすぎない」ことの大切さを伝えている。

    本が売れない時代に発売2日で連続増刷とはすごいが、芸能界を引退したはずの小林さんに対しては「引退しきれない」「往生際が悪い」と揶揄する声があるのも事実。

    「実は彼女のブログのフォロワーは減り続けています。ちょっと前まではアメブロランキングも2位から4位をキープしていましたが、最近は10位以下(11月16日現在)。
    ブログ収入も大きく下がっているはずですから、著書のヒットはうれしいでしょう。また、麻耶さんは出版イベントに関して、出版社の担当者に自ら催促するほど積極的だとか。
    であれば、芸能界を引退しなくても良かったのではないかという声も出始めています」(スポーツ紙デスク)

    さらに増刷を重ねるなら、文化人枠で「芸能界復帰」もある!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1576956/
    2018.11.19 18:15 アサジョ


    (出典 scontent-dfw5-2.cdninstagram.com)


    【小林麻耶、著書が連続増刷するも深刻なブログの“フォロワー離れ”】の続きを読む

    このページのトップヘ