気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    2018年09月



    (出典 image.dailynewsonline.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/20(木) 07:23:29.25 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    歌手の浜崎あゆみ(39)が自身のインスタグラムに投稿した内容に注目が集まっている。
    浜崎は最近、母親の誕生日を祝っている写真を投稿し「顔は似ているけど性格が真逆」などとコメントを投稿し多くのファンを喜ばせたことでも話題となったばかり。

    そんな浜崎が16日に自身の楽曲『survivor』の歌詞の一部「だから君と僕は生き抜こう。」というコメントともに写真を投稿した。
    この写真にはリハーサル中と思われる浜崎が鏡に寄りかかり真剣な視線で取り組んでいる姿が写っていた。

    浜崎の投稿にネット上では、「あゆ、かっこいい!」「クールな佇まいで素敵です」「素の表情がかわいい」と称賛の声が集まっていた。
    しかし、その一方で、大きく露出された浜崎の肩にも注目が集まり、「肩の丸みが…」「ツアーが終わって太った?」
    「体調が悪そうで心配」「風格がすごい」といった主にコンディションを心配する声が噴出していた。

    また、浜崎が投稿した日は歌手の安室奈美恵(40)が引退の日でもあったことから「安室ちゃんが辞めてもあゆは辞めないで!」と応援する声も飛び交っている。
    同世代の安室が引退した今、浜崎は歌姫としての王道を歩んでいくだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1523167/
    2018.09.19 18:45 デイリーニュースオンライン


    【浜崎あゆみ、「体調が悪そう…」リハ中のクールな姿に心配の声が相次ぐ】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 ジョーカーマン ★ :2018/09/19(水) 09:20:57.57 ID:CAP_USER9.net

    女優の板野成美(23歳)が、9月18日放送のバラエティ番組「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)に出演。
    姉である歌手でタレントの板野友美(27歳)にムカついていることについて語った。

    板野成美は姉がAKB48にいた頃、自分も入りたいと考えたが、母親から「姉妹で同じグループで総選挙とかあると、姉妹の仲が悪くなる」と断固拒否されて、入れなかったと告白。  

    また、ちょっといいなと思っている男性と連絡先を交換しても、「今度、板野友美に会わせてよ」「お姉ちゃんとご飯行こうよ」と、姉狙いであることが多く、恋愛ができないと不満顔だった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15325904/

    「有田哲平の夢なら醒めないで」 板野成美

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    板野成美

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    板野友美、成美姉妹

    (出典 pbs.twimg.com)

    元AKB48 板野友美

    (出典 pbs.twimg.com)


    【板野友美の妹・成美、不満を告白「AKB48入りたかったのに…」】の続きを読む



    (出典 dot.asahi.com)



    1 ストラト ★ :2018/09/20(木) 15:58:08.86 ID:CAP_USER9.net

    俳優の船越英一郎の代理人弁護士が20日、船越の元妻で女優の松居一代が名誉毀損事件に関して不起訴となったことに、船越が「宥恕(ゆうじょ・寛大な心で罪を許すこと)」とするとした。

    代理人弁護士は書面で「検察庁から松居一代氏が深く反省し、もう二度と同じようなことはもとより、船越英一郎氏やその関係者を想起させるような表現は一切行わないと確約したことから、起訴猶予処分とする旨の連絡を受けました」と説明。
    この連絡を聞いた船越が「検察庁の説明を信頼し、今回に限り、松居一代氏を宥恕することと致しました」と、船越が松居を許したと報告した。

    宥恕とは、寛大な心で罪を許すこととされ、見逃してあげるという意味も含む。

    松居は昨年7月頃から、ブログや動画などを使って、当時夫だった船越を中傷したとして、今年6月に書類送検され、容疑を認めていた。
    9月19日に、東京地検は松居を起訴猶予で不起訴処分としていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000079-dal-ent

    船越英一郎

    (出典 i.daily.jp)


    【【俳優】船越英一郎、不起訴の元妻・松居一代を許す 「宥恕する」代理人弁護士が発表】の続きを読む



    (出典 www.ntv.co.jp)



    1 muffin ★ :2018/09/20(木) 11:11:17.69 ID:CAP_USER9.net

    打ち上げに全身黒のシックな出で立ちで参加した石原
     ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)の打ち上げで、思わず涙を流してしまう石原さとみ(31才)の姿があった。

    「他の人たちは3分程度のスピーチだったんですが、石原さんは10分近くも作品に対する思いを語っていました。でも、途中から泣きだしてしまって…ドラマにかけた熱意が強かった分、悔しかったのかもしれません」(参加者の1人)

     9月12日の夜、東京・原宿のイタリアンレストランで『高嶺の花』の打ち上げが行われた。主演の石原さとみ(31才)が演じたのは、華道の名門の家に生まれ、財力やキャリアに加えて美貌も持ち合わせた女性。ところが結婚式当日に破談となり、平凡な自転車店店主と恋に落ちてしまうという“超・格差恋愛”物語だ。

    「相手役に昨年放送のNHK朝ドラ『ひよっこ』でブレークした、ロックバンド・銀杏BOYZの峯田和伸さん(40才)を迎え、脚本は野島伸司さん(55才)。話題性に富んでいて、始まる前から局内では“これは高視聴率が狙えるぞ”と期待されていました」(テレビ局関係者)

     しかし、読みは外れた。視聴率は初回こそ11.1%だったものの、その後は下落が続き、1ケタ台で安定してしまっていた。

     冒頭の打ち上げはそんな“惨敗ムード”を感じさせない明るい雰囲気で始まったのだが、最後に石原が挨拶に立つと雰囲気が一変したという。

    「石原さんは7~8年前に野島さんと初めて食事をした時に、“経験の少ない今のあなたではラブストーリーは書けない”と言われて、かなり悔しかったそうです。それから奮起した彼女はさまざまな経験を積んで、昨年、野島さんに逆オファーし、『高嶺の花』が実現したと熱く語っていました。でも、視聴率という結果が出なかったことに対し、その後は“勝てなかった”“悔しい”“全責任は私です”“ご迷惑をおかけしました”と、涙を流し始めて…会場は静まり返ってしまいました」(前出・参加者)

     石原がこれほどまでに「勝ち負け」にこだわったのは、“ライバル”の存在もあるという。それは同じ事務所で年齢も近い綾瀬はるか(33才)である。

     石原とは裏腹に、綾瀬が主演を務めた『義母と娘のブルース』(TBS系)は絶好調。初回は11.5%と『高嶺の花』と変わらなかったが、その後は右肩上がりとなり、9月11日放送の第9話は17.3%(関東地区)と今クールドラマで最高をマークした。

    「2人のライバル関係は2004年頃から始まっています。綾瀬さんの出世作となったドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS系)は、もともと石原さんが主役を務める予定でしたが、他の仕事の都合上、白血病に冒されたヒロインとして坊主頭になることができず、出演を断念しました。自分の“代役”だった綾瀬さんが、あのドラマでブレークしたことに、内心悔しい思いはあったでしょう。

     石原さんとしては、舞台経験も重ねて、“演技力でも私が上”という自負もありますが、綾瀬さんは出演するドラマがことごとく当たるので、忸怩たる思いがあるのではないでしょうか」(芸能関係者)

     石原は『高嶺の花』が始まる前は、「ラ*トーリーはこの作品で最後にしようと思っていた」とスピーチで語っていた。しかし、この低視聴率を受けて、「もうちょっと(ラ*トーリーを)続けてみようと思います」と前言撤回。この言葉に、それまで息をのんでいた出席者から、拍手が巻き起こったという。

     二次会では、この日に放送された最終回を参加者全員で視聴。ちなみに最終回の視聴率は11.4%と番組最高を記録した。石原の熱い女優魂が通じたのかもしれない。

    ※女性セブン2018年10月4日号

    2018.09.19 16:00
    https://www.news-postseven.com/archives/20180919_764434.html?PAGE=1#container

    (出典 img2.news-postseven.com)


    ★1が立った日時:2018/09/19(水) 19:54:30.70

    前スレ
    【芸能】石原さとみ、ドラマ『高嶺の花』打ち上げで「悔しい」「全責任は私」と涙 ★2
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537369401/


    【石原さとみ、ドラマ『高嶺の花』打ち上げで「悔しい」「全責任は私」と涙】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/20(木) 08:19:52.88 ID:CAP_USER9.net

    女優の川口春奈さんが9月18日、友人でモデルの岡本あずささんとアミューズメントパーク「富士急ハイランド」で遊んだことをInstagramで報告。
    アトラクションで乗り物酔いしてしまったそうで、完全なグロッキー状態になった動画を公開しています。はるるのライフはゼロよ!

    「乗り物酔いでグロッキーな人と、ただただ可愛いハツラツ美女」とコメントを添えて、岡本さんと水上ボートに乗っている2ショットムービーをアップした川口さん。
    カメラを構える岡本さんは元気そうにピースサインをキメていますが、隣の川口さんは生気のない目や半開きの口など魂の抜けた表情を浮かべており、
    今にも天に召されそうな瀕死状態で横たわっています。意識が途切れそうだ……。

    投稿時には元気になっていたようで、「昔はどれだけ乗ってもへっちゃらだったのに、、三半規管を鍛えたいものです」とリベンジに燃えるようなコメントも残した川口さん。
    また岡本さんは、「グロッキーになりノックアウト寸前な川口さんでしたが」と大型ジェットコースター「FUJIYAMA」に乗る前の川口さんの姿をInstagramにアップ。
    直後にグロッキーになるとは思えない余裕の表情を浮かべていますが、あえなくFUJIYAMAの餌食になってしまったようですね。

    ファンからは、「はーちゃん大丈夫ですか?」「ホントに具合悪そう」「完全に目がいってますな」「想像以上に死んでる感じがびっくり」など心配のコメントが続々。
    「なかなか見れない光景」「グダグタをアップするところが大好き」など女優らしからぬ顔を見せた投稿に親近感を覚えた人もいたようでした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00000088-it_nlab-ent
    9/19(水) 18:12配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    【【人気女優の顔じゃない!】川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」】の続きを読む

    このページのトップヘ