気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    2018年08月



    (出典 55kengo.com)



    1 ほニーテール ★ :2018/08/20(月) 08:59:24.11 ID:CAP_USER9.net

    中学生教師と生徒の恋を描くTBS系ドラマ「中学聖日記」(10月スタート、火曜午後10時)で、主演有村架純(25)がひかれる中学生役に、同作で俳優デビューする岡田健史(けんし=19)がオーディションで抜てきされた。九州で生まれ育ち、今年3月に高校を卒業したばかり。まっさらなフレッシュさが決め手になった。このほど、都内で岡田が取材に応じた。

    テレビ、映画、舞台、まったくの出演経験なしからの大役でのデビューだ。記者に囲まれての取材も初めてという岡田は、緊張しながらも「選んでくださった方々への感謝の気持ちを持って、どんなことにも誠心誠意取り組みたいです」と堂々とあいさつした。

     有村演じる教師・聖がひかれる中学生の晶(あきら)役の選出は難航した。プロデューサーの新井順子氏は「資料だけなら500人以上、1年以上かけてオーディションした」と話す。岡田の純朴さやまっすぐなまなざしに、晶と通じるものがあった。今春、出演が決まると、発声や演技指導を受け、約1カ月前にクランクインした。

     撮影初日には、緊張で手と顔がしびれてしまうほどだったが、岡田は「毎日が楽しくやりがいがあります。できることもできなかったことも新しい発見があります」と前向きだ。

     有村からもらった手紙にも背中を押されている。「『一緒に突っ走っていきます。周りは岡田さんの味方です。クランクアップまで頑張っていきましょう』という内容でした。この場にいてもいいんだとホッとしました。本当に優しい方です。これからの俳優人生で大事な人との思い出をとっておきたいと思って買ったノートの最初に保管しました」と感謝した。

     今後、有村とのキスシーンも控えている。岡田は「中学生だから(キスも)かっこよくなくていいのかな。等身大でやれば、かっこ悪さが出ると思います。ドキドキです。緊張です」。有村は、岡田について「目がすごくすてきで、まっすぐに見てくださった。ピュアさ、まじめな素直なものがしっかりと目に表れている」とコメントした。

     芸能界入りのきっかけは中学1年の冬、地元の福岡でスカウトされたことだった。しかし岡田は、小学2年から野球に打ち込んでおり、高校も長崎の強豪校に進学。いずれ社会人野球で、というビジョンも持っていて、芸能界には興味を示さなかったという。

     転機は野球部引退後、演劇部の助っ人として参加した舞台だった。演じる楽しさを知った。5年間岡田と交渉を続けてきた事務所の思いも実った。当初反対していた両親もデビューに喜んでいるという。岡田は「演技は野球のように勝ち負けがはっきりしていないし、してないからこそ表現できることもある。目標は、ビジュアル的にではなく、美しい俳優になることです」と語った。【小林千穂】

    <岡田健史(おかだ・けんし)アラカルト>

     ◆生まれ 1999年(平11)5月12日、福岡県。

     ◆サイズ 180センチ、67キロ。野球部で鍛えた体から10キロ絞った。

     ◆特技 野球。ポジションはキャッチャー。

     ◆心掛け ごみ拾い。高校時代、野球部で取り組んでいたことが続いている。

     ◆モテエピソード 中学卒業時は学生服のボタンが袖に付いているものまでなくなった。父親も同じ逸話を持つモテ家系。

     ◆あこがれ 菅田将暉、山田孝之、イ・ビョンホン。

     ◆事務所の先輩 内山理名、黒木メイサ、南沢奈央、桐谷美玲、知英、高杉真宙。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00304751-nksports-ent


    (出典 i.imgur.com)


    【【イケメン!】 ドラマ「中学聖日記」有村架純の相手役、19歳新人の岡田健史に決定】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)



    1 ほニーテール ★ :2018/08/17(金) 21:16:56.67 ID:CAP_USER9.net

    「彼女が“やってみたい"っていうことは、だったらその背中を押すことしかできないし、自分が“ああしろ、こうしろ"は絶対にできないので。自分がこういうこと(芸能界)を続けられる限り、見せるしかないですよね」

    8月16日放送の『ミヤネ屋』(日本テレビ系)に出演した木村拓哉は、司会の宮根誠司との対談でモデルデビューした次女Koki,に触れられると「オヤジの背中を見せるだけ」と、父親の顔をのぞかせたのだった。

    「彼が家族、子どものことについてテレビで堂々と話すのは、これが初めてです。VTR出演だけに、制作側もカットできたはずですが、それをしなかった。

     つまりジャニーズがGOサインを出したということ。大げさな物言いですが歴史的“解禁"ですよ。ジャニーズタレントで、ここまでオープンに家族に触れたのは“3人目"ではないでしょうか」(芸能レポーター)

     押しも押されもせぬ大スター・木村拓哉は、人気絶頂時の'00年に工藤静香と結婚。以後2女をもうけるも一切、家庭の話を持ち出すことはなかった。

     それは女性に夢を与えるアイドルという立場上、「既婚者」「父親」という現実を匂わせるわけにはいかなかったからだろう。

    「たとえば同じく2児の父親であるV6・井ノ原快彦は、主婦向けの情報番組『あさイチ』司会を8年間にわたって務めましたが、自分の家族については話しませんでした。

     育児の話題が何度も出ているにもかかわらず、不自然に思えるほど徹底していました。それがアイドルの、ジャニーズの“ルール"なのでしょう」(同・芸能レポーター)

     しかし、ジャニーズには“例外"もある。それが近藤真彦と東山紀之の2人だ。いずれも既婚者で子どもを持つ立場ではあるのだが……、

    「マッチさんもヒガシさんも、テレビで子どものことを隠すことなく話題にしていますね。もはやアイドルを超越したというか、2人ともジャニーズ内では“幹部待遇"とも言われる大きな存在だけに、家庭を見せても立場が揺らぐことはないのでしょう。キムタクもすでに、彼らと同等の待遇で扱われていることが考えられます」(テレビ局幹部)

     妻の静香を含めて、メリー喜多川副社長とは家族ぐるみの付き合いをしているという木村。ジャニーズ残留を決めた時には“立場"が保証されていたのかもしれない。

     その残留についてだが、ひそかにこんな声も聞こえる。

    「今思えばですが、Koki,がトントン拍子にデビューできたのは、かなり前から道が用意されていたようにも思えます。仮にですが、木村さんが元メンバーらと一緒にジャニーズを退社していたら、こうはいかなかったかもしれません。娘の夢を実現させるためにSMAPを捨ててまでジャニーズに残った、というのは考えすぎでしょうか」(芸能プロ関係者)

    激しすぎるイメチェン

     一方で、今回のイメージチェンジは、木村を売るための事務所の“策"だとも。

     8月24日に主演映画『検察側の罪人』の公開を控えている。

    「嵐の二宮和也との共演作は、間違っても失敗することは許されません。公開まで1週間を切った今、これまでにはないほどの宣伝活動が繰り広げられています。なかには芸人と絡ませて一発ギャグを披露する番組企画もあるみたいですよ。嵐メンバーのように親しみやすく、身近に感じられる木村さんを前面に押し出しているのだとか」(テレビ誌記者)

     8月からスタートしたインターネット番組『木村さ~~ん!』でも、新しい顔を見せている。

    「第2回目の放送では、スタッフが用意したパーティーゲームに挑戦するという、ゆる~い企画。

     スタッフにイジられて笑われる姿は『HERO』(フジテレビ系)をはじめとしたカッコいい“SMAPの木村拓哉"を知っている側としては正直見たくはなかったですね。なんとも“バーゲンセール"のような安い売り方にも思えてしまいます」(テレビ局ディレクター)

     “オヤジの背中"はKoki,にどう見えているのだろうか。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180817-00013094-jprime-ent&p=2


    【木村拓哉が許された「家族トーク」から見える“幹部待遇”の立場】の続きを読む


    Koki,に思わぬ2世ライバル? 後藤久美子の長女エレナは本物セレブ


    NO.6873622 2018/08/19 10:09
    Koki,に思わぬ2世ライバル? 後藤久美子の長女エレナは本物セレブ
    Koki,に思わぬ2世ライバル? 後藤久美子の長女エレナは本物セレブ
    Koki,の活躍が目覚ましい。

    5月末に発売されたファッション誌で衝撃のモデルデビューを飾ったばかりだが、今月10日には、日本人初、しかも最年少でジュエラー『ブルガリ』のアンバサダーに就任。

    自身のインスタグラムは、フォロワー数が100万を超えるなど、いま、一番世間の注目を浴びている高校生ではないだろうか。

    さて、モデルデビューした芸能人二世といえば、ゴクミこと後藤久美子の長女・エレナを忘れてはいけない。

    昨年10月、母親が所属している芸能プロダクションに所属して活動を開始した。

    エレナとKoki,、同じモデルとして活動を始めたふたり。

    例えるなら、逆輸入国産車と純国産車みたいなものだが、今後ライバルとしてぶつかる可能性はあるのか。

    ゴクミがヨーロッパに渡っって20年以上がたつ。

    事実婚ではあるが、夫は有名なF‐1ドライバーのジャン・アレジ。

    スイス・ジュネーブにある古城に住み、パリ、モナコ、ニューヨークにも家があるという。

    これは、まごうことなきセレブだ! 娘をモデルにしたいなら、本場パリでも可能だと思えるのだが。

    「昨年、親子で『ブルガリ』のパーティに出席し、現在もそのイメージビデ..



    【日時】2018年08月18日
    【ソース】週刊女性PRIME


    【Koki,に思わぬ2世ライバル? 後藤久美子の長女エレナは本物セレブ】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)



    1 かばほ~るφ ★ :2018/08/19(日) 10:58:33.63 ID:CAP_USER9.net

    アルフィー高見沢 芥川賞に意欲満々…初小説「音叉」が3万2千部のヒット
    2018.08.19.

    ロックバンド・THE ALFEEの高見沢俊彦(64)が18日、東京都千代田区の文藝春秋社で
    「高見澤俊彦」名義で7月に出版した初の小説「音叉」の発売記念サイン会を行った。

    発売1週間で重版がかかり、現在3万2000部を売り上げるヒット作に、
    高見沢は「本当にうれしいです。それしかありません」と笑顔。
    それでも、出版された作品を改めて読んだ際の感想を
    「曲と一緒で、万全を期してやっても、ちょっとした不満は残りますよね」と吐露した。

    その上で、「それが次に解消できれば。一作書けたんですから次もやりたい」と次回作への強い意欲を表明。
    「音楽家と小説家と、今流行の大谷選手のように二刀流でいきたいなと思います」とノリノリで宣言した。

    次回作については「ひとつ腰を据えて、曲で言えばラブソング、っていう世界が面白いかな」と構想を説明。
    さらに「『音叉』の勢いがまだ残ってますので、消さないようにちょっとずつ書いています」と、
    すでに執筆に入っていることも明かした。

    幼少時から読書が趣味だったといい、「密かに音楽家よりも小説家に憧れていた時代もあった」という。
    45年のキャリアを誇る作詞との違いを「歌詞の場合は、多少言葉が稚拙であっても、メロディーが補ってくれる。
    小説の場合はそういうものがないですかディテールや性格、キャラクターも含め、
    非常に細かく表現していかなければいけなかったところが、しびれるほど面白かったですね」
    と熱っぽく語った。

    メンバーの坂崎幸之助(64)、桜井賢(63)にも発売日に渡したたというが、
    いまだに感想は受け取っていないという。
    それでも「2人とも、僕が小説を書いたことにあまり驚かないんですよ。いつか書くと思ってたらしい。
    『必ずギターケースに単行本が入ってたじゃん』って言われましたね」と、結成40年を超える絆を感じさせた。

    「音楽は45年もやってますと、楽しいよりもきつくなる部分があるんですけど、
    小説の場合はまだ楽しい部分がある。まだプロになっていないからかな」と自嘲気味に自己分析した高見沢。
    「音楽の脳と執筆の脳は、違う気がするんですよ」と持論も展開した。

    64歳での処女作に「還暦過ぎてのデビューですから、遅いかなとも思いますが、
    夢の形に年齢は関係ないのかなと」としみじみ。
    芸能人の小説といえば、15年に芥川賞を受賞したピース・又吉直樹(38)の「火花」が有名だが、
    高見沢も「音楽の世界では賞にはあまり縁が無かったけど、本の世界では頑張りたいですね」と意欲を見せていた。

    デイリースポーツ on line
    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/08/19/0011555972.shtml
    サイン本をファンに手渡す高見沢俊彦(右)=東京都千代田区の文藝春秋


    (出典 img.mixi.net)



    (出典 www.rbbtoday.com)


    【THE ALFEE・高見沢俊彦(64)、芥川賞に意欲満々…初の小説「音叉」が現在32000部のヒット】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 かばほ~るφ ★ :2018/08/19(日) 10:43:36.30 ID:CAP_USER9.net

    大島麻衣、30歳迎え3rd写真集『I am』発売 テーマは「オトナかわいい」
    2018-08-19 10:00

    タレントの大島麻衣(30)が、9月10日に3rd写真集『I am』を発売する。
    AKB48第1期生として活躍し、2008年の卒業後はバラエティー番組を中心に幅広く活動している大島。
    本作は、10年に発売した『Fairy Tale』以来、8年ぶりの写真集となる。

    今回のテーマは「オトナかわいい」。今作では、30歳を迎え、さらにオトナの色香をまとった大島を表現。
    ロケ地はタイ・サムイ島とパンガン島で、透き通るようなビーチと喧騒が同居する2つの島で
    水着姿はもちろん、ランジェリーショットにも初チャレンジしている。

    大島は「『30歳アニバーサリー写真集』として30歳の今の大島麻衣をたくさん納めた写真集です!
    過去にやったことのないランジェリー姿での撮影など新たなことにもチャレンジしました」といい
    「大人になった私を、たくさんお見せできたらなとがんばったので、
    少しは色気を纏ったであろう大島麻衣の姿をぜひご覧ください!」と呼びかけている。

    ORICON NEWS
    https://www.oricon.co.jp/news/2117845/full/
    大島麻衣の3rd写真集『I am』

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【【画像】大島麻衣、30歳迎え3rd写真集「I am」発売 テーマは「オトナかわいい」】の続きを読む

    このページのトップヘ