気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    2017年12月



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 あちゃこ ★ :2017/12/31(日) 20:16:27.85 ID:CAP_USER9.net

     女性6人組ダンス&ボーカルグループ「Flower」の藤井萩花(23)が芸能界を引退することが31日、
    分かった。公式サイトで発表した。

     藤井は頸椎椎間板ヘルニアのため、10月から休養していた。3年前から症状が出始め、今年7月に行われたイベント
    「E.G.EVOLUTION」から思うようなパフォーマンスができない状態だったという。

     「ヘルニアの症状が酷くなり、すぐに改善されるわけでもない今の状態を考えたとき、パフォーマンスを待ってくれる
    メンバーや周りのスタッフの皆さん、そして何よりも支えてくださっていたファンの皆さまにこれ以上ご迷惑を
    おかけしてしまうわけにはいかないという思いとともに、全く違う世界や場所で可能性を広げてみてできることや、
    新たに挑戦したいことをみつけて成し遂げたいという気持ちが日増しに大きくなっていきました」と自身の心境を告白。

     続けて「応援してくださった皆さんには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですが、一度芸能界という世界を離れ、
    これまでとは違う環境に身を置きアート、ファッション、絵や写真などを通じて表現できることを勉強する時間に
    費やしてみたいと思います」と芸能界引退を発表した。

     萩花は07年にファッション誌「ラブエリー」の専属モデルとして芸能活動を開始、特技のダンスを生かして10年に
    「Flower」のメンバーとなり、11年から「E―girls」での活動に参加した。17年に同グループから“卒業”。
    16年からは妹で「E―girls」の夏恋(21)と姉妹ユニット「ShuuKaRen」として活動していた。

    スポニチ
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/12/31/kiji/20171231s00041000195000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【Flower 藤井萩花が芸能界引退を発表】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 風吹けば名無し :2017/12/31(日) 13:43:17.17 ID:qXCqzDeKd.net

    ■村本大輔、風刺ネタで年末年始のお笑い番組呼ばれず

    社会問題を風刺した漫才を披露して話題となったウーマンラッシュアワーの村本大輔(37)が、年末年始のお笑い番組に呼ばれていないことに違和感を示した。

     ウーマンラッシュアワーは17日放送のフジテレビ系「THE MANZAI」で、沖縄の米軍基地や日米安保、北朝鮮問題などを盛り込んだ漫才を披露。


    【ウーマン村本「年末年始のネタ番組まったく呼ばれてない」「あれだけバズったネタなのに」話題にされない違和感を訴える】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 47の素敵な :2017/12/30(土) 22:56:24.14 .net

    乃木坂46はAKBグループを抜いた
    乃木坂46の「インフルエンサー」がレコード大賞をとった。
    非常に妥当な結果だ。

    今年は白石麻衣や松村沙友里の写真集の売り上げといい、
    圧倒的に乃木坂46の実力が開花した年だった。
    手もとに長澤ねるの写真集「ここから」があるが、この子も
    相当可愛い。

    AKB48の公式ライバルと言って乃木坂46が登場した時は
    シャレかと思っていたが、確実にファン層を拡大し、
    女性人気まで集めてしまって、とうとうAKBグループを
    実質的には抜いてしまったようだ。

    欅坂46も追い上げてきているから、AKBはかなり苦しい。

    AKBのライバルはNMBやSKEら地方グループかと思って
    いたのに、地方グループはAKBの補助みたいな扱いになって
    いるから、ライバルになれない。

    その上、渡辺麻友という唯一の正統派・美形アイドルが今年で
    卒業だから、来年のAKBは坂道を転がり落ちていく運命なの
    ではないか?
    危ないよ。これは危ないよ。
    https://www.gosen-dojo.com/index.php?key=joxrphcp3-1998#_1998 VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    (出典 extrending.com)


    【小林よしのり「乃木坂のレコード大賞は妥当。乃木坂はAKBを超えた!」「来年のAKBは坂道を転がり落ちていく運命ではないか?」】の続きを読む



    (出典 www.rbbtoday.com)



    1 Egg ★ :2017/12/31(日) 07:58:56.19 ID:CAP_USER9.net

    弱肉強食の芸能界。それだけに男性も女性も、芸能人には負けん気の強い人が多そうだ。中には気持ちだけでなく、その腕力が話題になることも……。そこで今回は、現在活躍中の女性芸能人の中で、最も「ケンカが強そう」だと思う人を20~50代の男性、各世代25人ずつ、合計100人に聞いてみた。

     まず、第3位はタレントの木下優樹菜(30)。2010年にFUJIWARAの藤本敏史(46)と結婚し、2児の母となった木下は現在はママタレとして活躍していて、インスタグラムのフォロワー数は400万人を超える。

     そんな木下は、昔から“元ヤンキー”とバラエティ番組などで公言しており、「ヤンキーの代表のような見た目や言動」(30代)など、“元ヤンキー”だったことを理由に挙げる人が圧倒的多数だった。さらに「夫婦喧嘩にも勝っているイメージだから」(30代)など、藤本を思うままにコントロールしているイメージも強そうだ。

     続いて第2位は、プロレスラーの佐々木健介(51)を夫に持つタレントの北斗晶(50)がランクイン。自身も元女子プロレスラーだけに、順当な結果とも言える。現役時代は“デンジャラスクイーン”と呼ばれ、ライバルと激しい戦いを繰り広げ、引退後は夫を尻に敷く“鬼嫁”キャラでテレビに引っ張りだことなった北斗。

     案の定「鬼嫁と呼ばれている」(50代)という声の他、「ガタイが良い」(40代)、「強そうだから」(20代)など、やはり現役時代のイメージが選ばれた理由だろう。

    ■第1位はやっぱり“芸能界のご意見番”!
     そして見事、第1位に輝いたのは、歌手でタレントの和田アキ子(67)。“芸能界のご意見番”と呼ばれ、デビュー前は地元の大阪で女番長として鳴らしていたのは有名。さらに、後輩の芸能人が和田から受けた恐怖体験をテレビで披露することもあり、周囲から恐れられているイメージが強い。

     そんな和田を選んだ理由を見ると、「背が高いから」(40代)、「体と声が大きい」(50代)、「手が大きいこと」(40代)など体型に関する意見が多数。芸能界での影響力よりも、見た目の迫力が今回の結果につながったようだ。

     その他少数派だが、大島優子(29)に「小柄で身体能力が高そうだから」(50代)という意見や、剛力彩芽(25)に「笑顔の中に怖さがある」(30代)、石原さとみ(30)に「気が強そうだから」(30代)など、意外な人物の名前も挙がっていた。

     今回上位にランクインした芸能人たちを見ると、やはりビジュアル的にもキャラクター的にも強そうな人たちが、そのイメージどおり「ケンカも強い」と思われているようだ。

    2017年12月31日 07時30分 大衆
    https://taishu.jp/detail/30419/

    写真

    (出典 img.taishu.jp)


    【<ケンカが強そうな女性芸能人」ランキング>第3位はタレントの木下優樹菜、北斗晶が2位!第1位は?】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    1 きゅう ★ :2017/12/31(日) 07:39:23.03 ID:CAP_USER9.net

     2017年12月に「CM総合研究」が発表した「銘柄別CM好感度ランキング」によると、最も好感度の高かったCMは松田翔太(32)、桐谷健太(37)、濱田岳(29)らがレギュラー出演している「au」のCM。イケメンタレントや美人タレントが昔話のキャラクターになりきる「au」のCMはインパクトも好感度も抜群で、CMの成功例と言えそうだ。


    ●土屋太鳳
     一方、インパクトはあるが好感度がかなり低い「ウザすぎ!」と嫌われるCMも多数ある。例えば、10月からオンエアされている土屋太鳳(22)出演の「ダイハツ ブーン」のCMには批判が殺到。同CMで土屋の披露しているキレキレで奇妙な動きのダンスが「気味が悪い」とのこと。そこで今回は、2017年に「ウザすぎる」と批判を集めたCMと出演タレントを紹介していこう。


    ●鈴木奈々
     まずは、鈴木奈々(29)出演の「大阪王将 羽根つき餃子」のCM。同CMは「羽根つき」にかけて、「嘘つき」「餅つき」といった単語を鈴木がリズムに乗せて歌っていく構成だが、その中に、「腰つき」と歌いながら鈴木がガニ股で腰を振るシーンが。

     これには「下品すぎる」「こんなCMよく流そうと思ったね」「気持ち悪いとしか言いようがない」といったクレームが続出。だが何故かこのクレームが、「餃子の王将」を経営する「王将フードサービス」にも多く届いたよう。「大阪王将」と「餃子の王将」は名前は似ているが全く無関係で、「餃子の王将」はとんだとばっちりを受けていた。

    http://tocana.jp/2017/12/post_15525_entry.html
    http://tocana.jp/2017/12/post_15525_entry_2.html

    ●瑛太
    続いては、瑛太(35)が出演する「住友生命 1UP(ワンアップ)」のCM。瑛太が冴えないサラリーマンを演じる同CMは2015年からシリーズものとして続いていたが、2017年にウザさが爆発したようだ。

     2017年に新たに制作されたCMでは、定食屋の常連ぶりたい瑛太が、2度目の来店にも関わらず「いつもの」と注文して店員を動揺させてしまう。それでも瑛太は動じることなく、「いつもの、酢豚・餃子セット」と飄々と注文。これに対しネット上では「瑛太のキャラがムカつく」「頭悪そうというか気持ち悪い客だな」「そういうネタなんだろうけど、2回目で『いつもの』は頭おかしい」と批判を集めていた。


    ●石原さとみ
     最後は、石原さとみ(31)出演の「サントリー 鏡月」のCM。同CMもシリーズもので、2013年には、石原が口づけたグラスをカメラに向かって差し出しながら「間接キッスしてみ?」と語りかける演出が大きな話題に。

     しかし2017年にはあざとさがおかしな方向に進み、女性視聴者を完全に敵に回してしまった。17年制作の新CMでは、居酒屋で上司とサシ飲みをしている石原が、上司を誉めながらお酒をつくり、カメラに向かってグラスを差し出していた。これが「不倫にしか見えない」「あざとすぎて気持ち悪い」「女がお酒を作るって考えがそもそもアウト」と叩かれる羽目に。


    (出典 xn--o9j0bk7253fj2b.net)


    【【CM】石原さとみ、土屋太鳳… 2017年に「ウザすぎ」と不評だったCMと出演者4人!】の続きを読む

    このページのトップヘ