気になるニュース

わたし的に気になる芸能ニュース

    2017年08月


    西野カナ、平成生まれ女性ソロ歌手初のドーム公演 衣装でも魅了 - スポーツニッポン
    歌手の西野カナ(28)が26日夜、京セラドーム大阪でコンサートを開いた。平成生まれの女性ソロ歌手によるドーム公演は初めて。3万5000人の大観衆と約2時間半、一人その声で対峙(たいじ)し、名実ともに国民的歌姫に上り詰めた。 涙があふれた。終盤、2008年のデビュー ...
    (出典:スポーツニッポン)



    (出典 timesletter.com)



    1 湛然 ★@\(^o^)/ :2017/08/27(日) 05:05:34.33 ID:CAP_USER9.net

    2017.8.27

    西野カナ 平成生まれ日本人女性歌手初ドームに「本当にありがとう」

     歌手の西野カナ(28)が26日、京セラドーム大阪でドームツアーの初日を迎え、自身初のドーム公演を行った。平成生まれの日本人女性ソロ歌手によるドーム公演は初めて。デビュー10年目にたどり着いたビッグステージで、「ここにいる全員で1つになって、思い出を作りたいと思います!!」と胸を高鳴らせ、得意の恋愛ソングをファン3万5000人に届けた。

     暗転したドームに大歓声が響き渡ると、ガーデンパーティーをイメージしたステージへ続く花道に、光が集まった。せり上がって姿を見せた西野は、初めての景色をぐるり見渡すと、「しかし、広いですね、京セラドーム。すごいね。バッチリやね」と満足感を漂わせた。

     初夏に髪の毛を30センチもカットしたが、「今日はちょっと巻いてみた」とウエーブがかかった新ヘアスタイルで、“夢舞台”へ気合を入れた。衣装は、蝶をあしらったイエロードレスや夏らしいブルーのミニワンピースなど、多彩にチェンジ。「トリセツ」「Girls」といった女心を歌ったヒット曲を、次々とたたみ掛けた。

     デビューイヤーの2008年、将来を嘱望され、世界的歌手のシンディ・ローパーの来日公演でオープニングアクトに抜てき。女子中高生から圧倒的な支持を集め、やがて「配信の女王」の確たるポジションを築いた。累計ダウンロード数は5500万を突破。昨年は日本有線大賞と日本レコード大賞の2冠を達成し、満を持しての初ドームとなった。

     クライマックスでは、新曲「手をつなぐ理由」(10月18日発売)を初披露した。新アルバム「LOVE it」(11月15日発売)のリリースも発表。10年間の歩みを振り返り、「みんなの言葉、笑顔が何にも変えられない私のパワーになります。本当にありがとう」と胸の内をさらけ出すと、感極まって涙があふれた。「Many Thanks」と命名した初ドーム公演で輝いた2時間半超に、看板通り、多くの感謝を込めていた。


    初のドーム公演で熱唱する西野カナ=京セラドーム大阪

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/27/0010498583.shtml


    【【音楽】西野カナ『平成生まれの日本人女性ソロ歌手による初ドーム公演!』ニュースに「こんだけ条件つけて、初と言われても…」】の続きを読む


    小柳ルミ子「野球はかったるい」稲村亜美「サッカーはヒーローが同じ」TBSで大激論 - スポーツ報知
    野球とサッカー、国民的スポーツはどっち? TBS系で26日に「ジョブチューン☆野球VSサッカー 国民的スポーツNo.1はどっち!?SP☆」(土曜・後6時55分)で番組を札幌、東京、名古屋、大阪、広島、福岡の5か所で観覧した計500人の視聴者がジャッジした。 この番組の裏 ...
    (出典:スポーツ報知)



    (出典 no1star-journal.com)



    1 o(^・-・^)o ★@\(^o^)/ :2017/08/27(日) 07:14:13.27 ID:CAP_USER9.net

     野球とサッカー、国民的スポーツはどっち? TBS系で26日に「ジョブチューン★野球VSサッカー 国民的スポーツNo.1はどっち!?SP★」(土曜・後6時55分)で番組を札幌、東京、名古屋、大阪、広島、福岡の5か所で観覧した計500人の視聴者がジャッジした。

     この番組の裏では、プロ野球のナイター6試合、J1のナイター6試合、J2のナイター7試合が行われている最中での放送。野球場、サッカー場の特徴的な座席やファンサービスを紹介。そして両競技の解説者やサッカーファン代表として小柳ルミ子(65)、土田晃之(44)。野球ファン代表として田中卓志(41)、稲村亜美(21)が激論を戦わせた。

     年間2000試合を見るという小柳は「私は実は野球も好きなんです。野球も好きなわたしがサッカーを見たら、野球はかったるくて見てられない」「90分集中しっぱなしよ。半端じゃない。頭良くなくちゃできない。野球は良くなくてもできる」と話していた。

     一方、“神スイング”と始球式でおなじみの稲村は「野球って、誰もがスターになれる。その日、ヒーローになれる。サッカーはだいたいゴールする人が決まっている」と印象を語っていた。

     観覧者500人による投票では280対220で野球の勝利だった。

    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170826-OHT1T50141.html

    1: 2017/08/26(土) 22:36:34.03 ID:CAP_USER9

    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1503771326/


    【国民的スポーツはどっち?サッカー派小柳ルミ子(65)と、野球派の稲村亜美(21)も大激論 結果は?】の続きを読む


    大島優子のセレブ感溢れる水着ショットにファン歓喜!


    NO.5742479 2017/08/26 22:20
    大島優子のセレブ感溢れる水着ショットにファン歓喜!
    大島優子のセレブ感溢れる水着ショットにファン歓喜!
    元AKBの大島優子さん(28)が2017年8月23日、自身のインスタグラムを更新し、ワンピース型の水着ショットを公開。

    「綺麗」「艶やか」といったコメントのほか、横から撮られたショットにファンからは歓喜の声が相次いでいる。

    ■「いつまでも見ていたい」
    この日、大島さんのインスタグラムには“「今年の水着はワンピース型」とのコメントと共に、ビキニではなく白と黒のシンプルな格子模様が印象的なギンガムチェック柄のワンピース型水着が披露された。

    「絵になる」「ええ女」「いつまでも見ていたい」といったコメントが寄せられているほか、大きめのハットをかぶり、プールサイドに座りながらどこか遠くを見つめたセレブ感漂う写真となっているため“「マダム優子って雰囲気。」「セレブマダムて感じやん!」「大人の上品な色気を感じます」「貴婦人の様ないでたちですね。」とのコメントが。

    また写真を良く見てみると、エプロンのように横があいたデザインとなっているため、“「横からって、いいですね〜」「よっ、横から............」「もっとアップの写真を!!!」「横・・ ありがとうございます」など歓喜の声が相次いでいる。

    【日時】2017年08月24日 13:16
    【ソース】J-CASTニュース


    【大島優子のセレブ感溢れる水着ショットにファン歓喜!】の続きを読む


    ベッキー「舞台出演決定」も、世間の関心はいま一つ!? - 日刊大衆
    ベッキーにとっては久々となる舞台出演だが、世間からの関心は、残念ながらいま一つのようだ。ネットには「特に興味は湧かないかな」「もともと女優じゃないしなあ」「好きにやったらいい。私は見に行かないけど」「え、誰が観に行くんでしょう?」と、冷ややかな反応が相次いだ。
    (出典:日刊大衆)



    (出典 ent.smt.docomo.ne.jp)



    1 プーアル ★@\(^o^)/ :2017/08/24(木) 20:01:39.25 ID:CAP_USER9.net

     8月17日、タレントのベッキー(33)が自身のインスタグラムを更新。11月に舞台に出演することを報告した。

     この日、ベッキーはインスタグラムに「お知らせです。11月に、舞台をやらせていただきます。タイトルは『三途会~私の人生は罪ですか?~』です」とコメントした。

     この舞台は鈴木おさむ氏(45)が作・演出を担当し、主演は今田耕司(51)が務める。物語は、“死の一歩手前”の人たちが、三途の川の前で会議をするというもので、
    ベッキーの役どころはまだ明らかになっていない。ただ、舞台への意欲は十分のようで、インスタにも「心をこめてがんばります」とつづっている。

     ベッキーにとっては久々となる舞台出演だが、世間からの関心は、残念ながらいま一つのようだ。ネットには「特に興味は湧かないかな」「もともと女優じゃないしなあ」「好きに
    やったらいい。私は見に行かないけど」「え、誰が観に行くんでしょう?」と、冷ややかな反応が相次いだ。

    https://taishu.jp/detail/29117/


    【ベッキー「舞台出演決定」も、世間の関心はいま一つ】の続きを読む


    宮川大輔 元相方・星田英利に電話で「寂しい」…引退宣言後すぐに連絡 ... - デイリースポーツ
    お笑いタレントの星田英利(46)が26日、読売テレビ「八方・陣内・方正の黄金列伝」に出演し、昨年12月にインスタグラムで突然、引退宣言したものの即座に撤回した騒動を ...
    (出典:デイリースポーツ)



    (出典 yakudati-jyouhoukan.com)



    1 ニライカナイφ ★@\(^o^)/ :2017/08/26(土) 18:41:28.73 ID:CAP_USER9.net

    お笑いタレントの星田英利(46)が26日、読売テレビ「八方・陣内・方正の黄金列伝」に出演し、昨年12月にインスタグラムで突然、引退宣言したものの即座に撤回した騒動を振り返り、引退を考えた理由を告白した。
    「芸人としての衰え」を感じたことが理由だった。

    星田が昨年末に起こした騒動を、MCの陣内智則がツッコんだ。
    「突然だったんですか?お酒飲んだ勢いでやってしまったのでは」と尋ねた。

    星田は「突然じゃないです。みんなそうおっしゃるんですけどアルコールはまったく入れてない」と酒の勢いに任せてやったことではないと述べた。
    「夏ぐらいから相談してたんです」と吉本の幹部の名前をあげ、「ゲリラ的なものをやらないと退路を断たないと、辞められないんじゃないかと思った」と話した。

    何で辞めたいと思ったのかを聞かれ、星田は「2年くらい前から芸人としての衰えをすごい感じていて」と告白。
    「反応が遅くなったりとか、共演者の女の子がいても名前を知らなかったり。後で聞いたらすっごい有名な子なのに」と具体的に話した。

    陣内が「その日の反省というのは誰にでもある」と星田に限ったことではないとフォローすると、星田は「その量と回数が増えたのかな」と答えた。


    (出典 i.imgur.com)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170826-00000053-dal-ent


    【ほっしゃん。(星田英利) 突然の引退騒動の理由を激白…】の続きを読む

    このページのトップヘ